2014年07月31日

今日から出勤

あぁ、一週間のリフレッシュ休暇も終わってしまい、本日より出勤。淡路島の3日間が終わって観光もせずに家に帰ってきたのは、方向音痴な私としては「一人旅が苦手だから」というのが一番の理由だったのですがたらーっ(汗)、結局残り3日間のんびり過ごすことは一日たりともなかった…って、全部娘の行事なんだけど…。ふらふら

まず、月曜日は娘の付き添いで耳鼻科へ…。耳の近くに腫瘍ができ、普段かかりつけの耳鼻科より「手術をするなら(うちではできないので)紹介状を書きます」と言われて、この日は市内のS浜松病院へ行くことになりました。車(セダン)

午前中がまるまる潰れることは覚悟していたものの、何かにつけて待ち時間が発生し、終わってみれば、14時オーバー…いやぁ、腹ペコでした。まぁ、手術しなくても済んだのと、紹介してもらった先生曰く「若い人なら切りたがったかもしれないけど…」という、ドラマのような現実を知ったのが、今回の収穫でしょうか(大きい病院では良くある話かもしれないけど…)?

そして、火曜日。この日は市内の各中学生が主に合唱を中心に(我々の世界では合唱祭に近い)演奏を行う“市音研”を聞きに行きました。娘達の学校の出番は昼一=13:00だと聞いていたので、行ってみたら見事昼休み中で、パンフレット13:25〜とか書かれている。更には娘達の出番は昼から数えて13番目…あぁ、この日も待ち時間発生です…。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、娘達の学校は吹奏楽部のコンクール前の演奏を聞かせてもらいましたが、良くも悪くも予想通りの演奏でした。収穫ではないんだけど、記憶に鮮明に残ったのは、宮川彬良“えんぴつのみかた”をやった学校。ど真ん中に男の子二人が陣取って、一人はソリスト、そして一人は…。

風邪をひいているのか、しきりに鼻(水)をふいているのだが、ステージ上ではただでさえ(背が高くて)一人目立つ中、途中、鼻が手についたのが気になったようで、ハンカチ登場…ふいてはまたしまって…再び出して…の繰り返し…。爆弾 この曲には“動き”もあって、全体の動きに注目したくても、どうしても“そこ”に注目は集まってしまう…中学生の間でも「演奏中はお静かに!」とはいえ、笑わずにはいられない状態だったようです。たらーっ(汗)

水曜日は“高校説明会”ということで、前日に 娘「どうやって行ったら良いのか教えて」。(中学校よりチャリは禁じられているため)車orチャリで行動する私には、交通機関の説明をするのが難しく、結果的に「(どうせ休みだから)送ってやる」となったわけでして…。

まぁ、朝早く起きて娘を送って、8時ちょいには帰宅して、以降は休暇ラスト1日をのんびりくつろぐモードになりました。めざましじゃんけんが出来なかったのが残念…って、毎週応募しても当ったことはないので、そこまで“残念”ではないんですけどね…。パンチ
posted by chachu at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

三善晃を唄う会(その3)

自分のパート=Bass陣は(特にLowが)初日からの出席率が高く、パートバランス的には“強過ぎ”と感じました(そんな話がどこからともなく聞こえてきたし…たらーっ(汗))。アマチュア合唱でこんなに鳴っちゃうBassは「男声合唱団とかでもなかなかいないんじゃないかな?」と思わせるほどでした。るんるん

そんなわけで、個人的には低音を出すことよりも、“やわらかく”を心掛けて歌ってみました。とにかく、強者揃いでしたが、N先生から「Bassうるさい」と言われることもなかったので、Bassだけ浮いちゃってることもなかった…のかな?目 ただ、先生から(SATB並びを)女声前、男声後ろという練習始まって即変更はありましたけど…。

とにかく、一番舐めていた『山田耕筰による“三”つの歌(by 先生の当日マイクパフォーマンス…というか単なる間違い)』の中の“待ちぼうけ”がスピーディで、トラップにハマりまくって、個人的にはかなりヤバヤバ。ふらふら

まぁ、本番までに軌道修正はかけた(「ルンとランは最悪間違っても…」と開き直ったら、音に集中できて良い結果を生んだ)ものの、「アンコールではこれをシャッフルでやる」なんて話を(当日に)聞いた時には、冷や汗再び…ってな感じでした。あせあせ(飛び散る汗) 結果として、“有言実行(しかもこの曲含めて3曲)”されたわけですが、なんとかなってホッとしてます。

地球へのバラード(通称:地バラ)』からも3曲やりましたが、唯一歌ったことのあるこの組曲は、過去の記憶の中にそれなりに残っていた分、(音源を何度か聞いてるうちに思い出し)苦労は最も少なかった。その分、『五つの童画』より“どんぐりのコマ”は事前準備もかなり時間を費やしましたし、練習にも最も時間をとっていた(パート練習もあったし…)というほどの難曲でした

それ以上に、男声合唱“黄金の魚”(『クレーの絵本 第二集』より)が指揮者より最もダメ出しされた曲でしょうね。何しろ先生には“アルミの魚”とか言われちゃうし…。爆弾 「二日目にはせめて銅くらいまでは頑張ろう」なんて冗談も飛び交う中、メンバーも増えて主旋律が充実したのか、段々良くなっていきました。

個人的にも1曲とはいえ、男声合唱が最も楽しみでしたので、沢山練習できたのはこれはこれで良かったかなぁと…いや、アルミ魚で終わってたら、さすがにそう思ってないだろうけどね…。たらーっ(汗)

ちなみに、帰り道はOさんと二人で浜松に向かいました。帰りのバスは三宮で下車して、二人で中華街まで歩いて打上げ…あっ、ここに“刺激”はなく、“いつもの”(あっ、二人で飲み会は長い付き合いの中で初めてかもしれないけど)宴でした。とにかく、リフレッシュ休暇をここにあてた価値はあったと思います。わーい(嬉しい顔)

来年のこと(お金と時間さえあれば出たいのは間違いないんだけど)や3月の神戸でのジョイントコンサートのこと(はて、何のことでしょう?)はこれからゆっくり考えていきたいと思います。るんるん
posted by chachu at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

三善晃を唄う会(その2)

昨日の記事では宿泊初日の話が中心になっちゃいましたが、2日目の宿泊は知った仲=Oさんとでした。ということで、“交流”こそはないものの非常に“”なものでした。ただ、Oさん、一週間前に娘の部活の大会を見に遠征した関係で、目覚ましがそのままセットされていたと予測されますが、4時前に携帯アラームがなって、時間が時間だし、かなり長い時間鳴っていたため、緊急TELの心配をし、起こしてみたら、単なる目覚ましとのことで…。時計

しかも、本人、翌朝にはそんな時間に目覚ましが鳴ったことはもちろん、私が起こして「今何時?」とか聞いたことすら「覚えてない」という酔っ払いぶりで、「何だよ結局私だけ寝不足かよぉ…」ってな状態。ふらふら まぁ、本番を前にして、3時過ぎまで飲んでた人もいたらしいので、それに比べればよっぽど寝てるかもしれないけど…。あっ、でも個人的にはこっちのハプニングとは一緒にしてほしくないかも…。どんっ(衝撃)

成果発表会”は練習をずっと行ってきた場所=収容人数200人程度のホールに30数名(だったと思う…)の観客。でも、「成果発表会とはこうあるべき(まぁ、もちろん客がいっぱいの方が良いかもしれないけど…)」という姿を見た気がします。浜松のとある“塾”(って、バレバレだけど)にも、これを参考にしてほしかったなぁ…(まぁ、ホールとっちゃったみたいだし、今更な話だけど…)。

せっかくやるんだから、誰でも&どこでも良いから第三者に耳にしてもらわなければ意味はない」(by 塾でのA先生のコメント)というのが、ここではまさにそのまま実行されておりました。大きいホールとって構えるのは“成果発表会”ではなく“演奏会”だと思うし…おっと、話が違う方面へ行ってしまった。パンチ

話がそれた“ついで”に本番のTシャツ。「強制ではありませんが…」と言いながらも、「“今後”のためにも…」とか、雰囲気的には和を乱す感があったので、1000円というかなりリーゾナブルな金額だったので、購入しました。

で、実は今回〇金Tシャツを持参していて、「あわよくば多くのメンバーにBGの名前&存在を覚えてもらおう」とか思い、本番で披露しようと狙っていたのですが、それは叶わぬ夢(夢で終わるべきだったかもしれないけど…)となりました。

あっ、でも「名前&存在を覚えてもらう」という目的は、達成できちゃってますね…。何しろ2日目の飲み会にてTシャツお披露目したら、「写真撮らせてください(大阪のノリ?)」とか、「これが噂の…」とか言われたりしましたんで…。カメラ とにかく、これで今後BGの団長が参加したら、初めてなのに妙な親近感がわくことでしょう…但し“周囲”が(ちなみにうちの団長は三善ファンだけど、休日仕事の人なのが残念…)。爆弾

練習での度重なるシャッフル練習は楽しくて仕方がなかった。色々な人との交流ももちろんなんですが、自分のパート以外の音が近くで聞こえてくるというのは嬉しいですね。一回目からN先生の奥様が隣で、本番もたまたまご一緒させていただいたし…運もよかったというか、それだけ歌える人が揃っているんで、音外すとか、隣なのに難しい音の箇所でSilentになるとか(一般合唱団では結構体験させられること)はなかったです。(また(だ?)明日へ続きます)るんるん
posted by chachu at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

三善晃を唄う会(その1)

7月25日(金)〜27日(日)の3日間『三善晃を唄う会 in 淡路島』に行ってきました(言うまでもなく歌い手として…)。朝8時台の新幹線で、いざ神戸へ!静岡から出発のNさん(この会には常連さん)とは新神戸改札で待ち合わせ。

個人的には、どうせなら新幹線も一緒に行動したかったのですが、私が一緒だと寝させてもらえないのが嫌だったみたいで…。もうやだ〜(悲しい顔) というのは、冗談(で良い…と思うたらーっ(汗))で、彼女は指定席、私は自由席と階級の差ですかね?爆弾 だとすると、もう一人の浜松常連Oさん(2日目から参加)は、VV練習を終えて夜行バスで移動したようなので、私のが階級は上ということで…(おいおいパンチ)。

淡路島へは、東は千葉から西は大分まで(で良かったよなぁ)の合唱マニア(たぶんこの書き方が一番しっくりくると思う もしくは“猛者”でも良いかもしれないけど…)が集まりました。それだけ三善ファンもしくはこの会のファンが日本中にいるということなんでしょうね。

もちろん、出不精(毎日“お楽しみ会”という名の宴状態なので、体重が心配…って、それは“デブ”症パンチ)で井の中の蛙状態にて何年と過ごしてきた自分(H合唱団にいた頃は3年に一回“舫の会”に参加してましたが…それも懐かしき過去)には、良い刺激以外の何ものでもなく、3日間を適度(かどうかはちょっと疑問だけど…)な緊張感で、とにかく楽しんできました。そんな中、一言モノ申すと…って、だったら最終日のアンケートに書いときゃ良いんだけど…。パンチ

あえてアンケートには書か(け)なかったのは、個人的な話なので書くと誰が書いたかバレバレになるからなんだけど…。もちろん、宿泊が見知らぬ人と一緒なことに対してではなく(それは“交流”という意味ではむしろありがたいこと)…。宿泊リストを見て、初日のパートナー(?)が“実行委員長”でもあり、Bassの大御所(“ボス”とか、“ドン”とか“重鎮”とか全てがしっくり来る感じ)のSさん。

私、平静を装っていましたが、実は「(最もくつろげるはずの)宿泊部屋でもリラックスできなかった」というのが本音でして…。たらーっ(汗) まぁ、イビキも全くなく夜はとても静か=寝やすい、かつ長旅&練習で疲れてるため=寝やすい2 はずなのに、ここだけの話なかなか寝付けませんでした…。夜

せめてもう一人くらい相部屋にしてくれてればなぁ…(もちろん、部屋で実は音取りさせられてたとかの苦経験は一切ないんですけど、出ている“オーラ”が違うからねぇ…)。あっ、メンバーでこの記事見た方、本人に口をすべらす際には、“オーラ”の話だけに留めてくださいね。爆弾

あっ、そのおかげで、3日目には「車乗ってくか?」と声をかけてもらえるまでに成長?(注:飲み会続きなので“整腸”はしてませんどんっ(衝撃))したので、この部屋割にある意味“感謝”ではあります。ただ、初参加(=様々な人と初対面の人間)の部屋割としては、同じくらいの年の人とバカ騒ぎできるモードが私の想定でしたので…まさに“想定外”(あっ、“サプライズ”と読んでくださいねパンチ)な出来事でした。

一応、フォローも入れておくと、運営サイドの方達は、良く動いておりましたし、私にも良くしていただきました。そんなわけで、彼らの忙しさは十分に伝わってきましたので、さすがにそんなことまで気にまわす余裕なんぞなかったとは思います。えっ、フォローになってない?爆弾(明日へ続く)
posted by chachu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

7連休?

勤続5周年ごとに取得可能となるリフレッシュ休暇。昨年はリフレッシュでもないのに2カ月近く欠席してしまいましたがたらーっ(汗)、今年は一週間の(病欠でない)お休みをいただきます。もちろん、今回はこれが延長になることはない…と思います(おいおいパンチ)。

ちなみに、明日より3日間淡路島に行ってきます。目的は普通なら“観光”なんでしょうけど、大方の予想通り(?)合唱。がく〜(落胆した顔) 『三善晃を唄う会』に初参戦してきます。VV代表のOさんより毎年誘われていた(って、個人的にではなくあくまでも団員皆に声掛けしてますけど…)ので、これを機に行ってみようかと思い…(ただ、私がさっさと参加表明をしたからなのか、今年はVVからはたったの二人だけ…もうやだ〜(悲しい顔))。

そんなわけで、楽譜は今年に入って間もなく着々と揃えはじめました。ただ、一番楽しみな男声合唱曲(1曲しか歌わないのはちょっと寂しいけど…)が、『クレーの絵本第2集』より“黄金の魚”。受注生産(5部以上)でしか手に入らないじゃないかぁ!どんっ(衝撃)

ということで、Big Goldメンバーに希望者を募ってみたら、今後やるかどうかもわかないのに、(自分を含めて)8人の申し込みがあり、思わず「さすが!」と思ってしまった。手(チョキ) まぁ、(自分の担当月が来たら)5年以内に1曲は練習することを誓いました。とはいえ、一年〜一年半に一回しか自分の番はまわってこないし、次回(来年3月くらいかな?)の曲は既に決めてあるので早くても3年後くらいだよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

なお、最近になって事務局から2000円(送料込み)で1冊からでも手に入ることがわかりましたが、後のカーニバルということで…。というか、(仕事はコンピュータでも)会社は楽器業界ですんで、社割効いて送料無料の方が望ましいし、「5人なら集められる」と確信(?)してたしねぇ…。

そんなわけで(?)、明日から(VVも休んで)淡路島で久々の合宿気分を味わってきます。もちろん、練習するだけではなく、その成果発表も行います。

日時:2014年7月27日(日) 12:30開場 13:00開演
場所:淡路市立サンシャインホール(東浦バスターミナルすぐ)
演奏曲:@山田耕筰による五つの歌より「赤トンボ」「待ちぼうけ」「からたちの花」
    A五つの童画より「どんぐりのコマ」
    B地球へのバラードより「鳥」「夕暮れ」「地球へのピクニック」
    C女声のための三つの抒情より「ふるさとの夜に寄す」
    D男声合唱クレーの絵本第2集より「黄金の魚」

さぁ、VVのヒットラー波乱(後日語ります)のことは忘れて、今日は最後の悪あがきに入ります。
posted by chachu at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

ヴォア・ブルー・ゴールド?

Big GoldのYouTubeチャンネルに、3月に福島市音楽堂で行われた声楽アンサンブルコンテスト全国大会の演奏をアップしました…って、もう10日経っちゃいましたけど…。たらーっ(汗) ヴォア・ブルー(ヴォア・ヴェールの男声合唱組のことで、女声はヴォア・ジョーヌになります)として出演しましたが、指揮者も練習中に何度か「Big…」とか口をすべらせたように、ヴォア・ゴールドみたいなもんでしょう(通称はVBGと呼んでいました)。がく〜(落胆した顔)

何しろ、本家=9人、Big Gold=9人で同数、合計で14人です。えっ、計算が合わない?そもそもBGはVVメンバーより男声合唱やりたい人が集まったので、掛け持ちも多かったりします(=5人)。えっ、それでも数字が合わない…とか思った人は大したもんです(?)。まぁ、細かいことは気にせずに…。どんっ(衝撃)

DVDから映像を、CDからは音源を抽出して…」とか一応思ったものの、やったことがない(=面倒とも言う?)ので、DVDからそのまま(音も)抽出しております…。まぁ、そもそものYouTube担当は休団(退団?)しちゃってるしなぁ…って、責任は私にあるんですけどね(過去記事で書いてるけど、あえてリンクはつけません…)。あせあせ(飛び散る汗)

間宮芳生 『混声合唱のためのコンポジションT』第T楽章

言うまでもなく、VVサイド(?)の曲。県大会ではBassソロは(0.1tメガネな彼が喉を壊したため)、代わりに私がソロしてますが、この日はその“リベンジ”となり、逆にちょっとうらやましかったかなぁ(せっかくソロやるなら響きの快適なホールの方が良いし…ふらふら)。さぁ、VV演奏会ではどっちがソロやるんでしょうね?

E.Whitacre 『Lux Aurumque』

こちらはBGサイドの曲。最低でも9声が必要とされるため、最初は「まともに人が揃わずに不人気投票で落とされるのでは?」なんてことも懸念していましたががく〜(落胆した顔)、今年2つのステージで歌うことになるとは夢にも思っていませんでした。このホールでこの曲が歌えたのは良き想い出です。わーい(嬉しい顔) なお、BG団長は仕事のため不参加となりましたが、さぞかし羨ましがっていることでしょうね。

ちなみに、BGはステージにあげると一気に愛想つかしちゃう人が多いのか、不人気投票で落選してしまうことが多かったりします。たらーっ(汗) そんなわけで、今まで同じ曲をステージで歌うことは最大で2回までです…。さて、10月の市民合唱祭で当選する曲が何になるか…今月末の結果が楽しみです。るんるん
posted by chachu at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

BD?

…とはBlu-ray Discの略。ちなみに“BG”とは男声合唱団Big Goldの略…って、今回の内容とは全く関係ないし…。パンチ

愛知県のローカルヒーロー『黄金鯱伝説グランスピアー』の第二シーズンの放送が終了し、合唱仲間の愛知県民KさんよりDVD録画を持ってきてもらいました。ちなみに彼女はこのヒーローのことを鯱(シャチホコ)の印象が強い影響か、“シャチホコイダー”とか言いそうになりますが、それは『天体戦士サンレッド』に登場する愛知県ヒーローキャラで、全く関係なかったりする…。たらーっ(汗)

最初のシリーズが終わった際にも第二シーズン放送決定の情報は得ていたが、いつ始まるかのチェックを怠っていたら、彼女から件名に“残念なお知らせ”とか書いてメール送信されてきたので、何かと思えば、「既に第二シーズンが始まっている」と4月上旬に連絡をもらう。そんなわけで、第二話からの予約をお願いすることとなりました。

7月最初に最終回を迎え、せっかく持ってきてもらったにもかかわらず、「どうやら、再放送が始まるみたいなので、第一話も入れてもらって…」という要望にも応じてくれたものの、時既に遅し…。最終回から間もなく再放送が始まっていたため、再び第二話〜状態…。ふらふら そんなわけで、3日前のVV練習後にありがたく(メディア代のみ支払って)いただきました。

「さぁ、録画を観るぞ!」と挿入してみると…えっ、“No Read”? その後の数回の入れ直しにも反応してくれることはなく…。PCにてチャレンジするも認識することはなし…。軽いショックを受けて、とってくれた相手にメールしてみる…。彼女の返答は見れるかどうかのチェックだけはしてくれていたようですが、再度、返却してくれればチェックしてみるということでした。

そんなわけで止む無くDVDをケースにしまおうとすると、<タイトル>から察しがつく通り、そこに小さく書かれていた“BD”に目がいったわけでして…。我が家でBDを観ることのできる機器は…ということで、久々にPS3の電源がオンされました。はい、これにて無事解決となったのでした。CD

いやぁ、前回は2枚だったのに、「良く1枚で収まったなぁ」とか不思議には思っていたものの、メールでのやりとりはずっと「DVDよろしく!」とかでしたので、全くBDだとは思っていなかった。私「せめて、一言言ってくれれば…」 Kさん「私にとってはDVDもブルーレイも同じ」 〜いや、違うと思うんだけどたらーっ(汗)、好意で録ってもらってこれ以上のツッコミは今後頼めなくなるんでやめておきました。

肝心なストーリーは…長くなったのでまた別の機会にしますか…。爆弾 とにかく、ボスとなる黒鯱=名古屋ジョーを演じた南翔太は『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の主役・レイ=レイモン。このことからも分かる通り、ローカルヒーローとは思えない、力(製作費?)の入れ具合を感じさせる作品となっております。ぴかぴか(新しい)
posted by chachu at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

♪デデレクデン バラン

昨日(いや、本日も開催されてますが…)は、合唱講習会=コーラスクリニック(静岡県合唱連盟主催)にモデル合唱団の一つとして参加してきました。参加団体は言うまでもなく(私の所属している合唱団の中で唯一連盟に加盟している)VV=ヴォア・ヴェールです。

講師は昨年に引き続き、コンクール全国大会の常連団体ESTを指揮する向井正雄氏。とはいえ、昨年VVはコンクール出演したので、課題曲の講習だったと思うのですが、私はコンクール不参加を表明していたため(一応「出ても良い」とは言われたものの)不参加でした。

で、今回“診”てもらった曲はといえば、間宮芳生コンポジションT第U楽章。向井先生より初っ端から「何故この曲を選んだか?」という厳しい(?)質問が飛んで、思わず指揮者Oさんがそれっぽいことを語っていたが、団員からすれば「単なる指揮者の趣味です」といったところ。爆弾

それはさておき、「過去の日本の名曲を“今”どのように表現するか?そして、私だったらどの方向に向かおうとしているのか?」なんてことに着目点を置いて、講義は進められました。現代は鈴木輝明、信長貴富、松下耕などの影響もあってか、作曲家も歌い手も音の精度が上がっている。そんな中で、過去には東混ですら楽譜と異なる音で歌ってしまっている、間宮ハモリや間宮遊び(=ぶつかる音)をいかに理解して歌うか…。

ということで、個人的に1ページ目の8小節目のBass音がCDの(間違った)音が耳に残っていてうまく歌えず、実はそこだけ抽出したMIDIも作成してあったのですが、指揮者から何も指摘がなかったので放置しておいたパンチ箇所が向井先生の耳にとまってしまい、(少なからずも聴衆もあるため)結構恥ずかしい思いをすることとなりました…最近の練習でBassが集中砲火(って大袈裟かもしれないけど)受けるのは結構久しぶり…。たらーっ(汗)

あっと言う間の1時間で、打ち上げ会場に向かう中、思わずOさんに、「結論から言えば、音をちゃんと取るということが、今日最も学んだことですよね」とか雰囲気重視で音取りに重きを置かない指揮者にツッコんでみたり…。どんっ(衝撃) あぁ、これで逆に、しばらく8小節目でいじめられるだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、時間が余ったらやる予定だったブルックナー『Locus Iste』は、事前練習こそやったものの、向井先生からは一言も触れられることはなく、思わず一言「やっぱり、予想通りだったなぁ」と…。爆弾
posted by chachu at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

11分の2の確率?

今週末(といっても今日までだけど…)は3日連ちゃんで合唱練習。そして、一昨日は月に一度の男声合唱団Big Gold dayでした。昨日も非常に出席率が良く一名のみの欠席。とはいえ、それでも計11名の少人数合唱団ですが、各パート2〜3人いるだけで練習も充実します。るんるん

で、昨日の“課題曲”はと言えば、Josquin des PrezMissa Mater Patris』より“Gloria”。宗教曲と言えば、今まではTop Tさんが出した(2曲中)2曲のみが宗教曲でしたが、Tさん以外のメンバーでは初の宗教曲となりました。皆川達夫編曲版で、違う編曲者にて学生時代に歌った人が一人…やっぱり学生時代の癖はしっかり体にしみこまれているんでしょうね…。たらーっ(汗) 所々で軌道修正が必要な箇所があったようです。いやぁ、最近歌った曲は数年経つとすっかり「歌ったはずなんだけど」状態なのに、不思議なもんですねぇ…。どんっ(衝撃)

それはさておき、そもそもはグリークラブアルバムや多田武彦曲を中心に練習していく予定だったはずのこの合唱団。3巡目にして皆やりたい放題になっている(っていうか、2巡目からそんな傾向はあったけど…)のは、果たして喜ぶべきなのか…(?)。

まぁ、それでも楽譜で言えば4ページ程度。音的にも現代曲のような複雑なハモリもないので、難易度高めとはいえ、予習時にもそんなに苦戦することはありませんでした。ということで、1回の音取りを済ませ、とりあえず通るまでに成長して(?)、選曲者のIさんもかなり満足気味でした。

何しろ、30年以上温め続けてきた(?)曲なんだそうで、ずっとこの曲を歌える“環境”を探していたようです。そんな曲をBGに持ってきてくれたこと自体が事務局としては嬉しいです…いやぁ、普段は「宗教曲はどうも苦手…」とか言っている人の発言には思えないけど…。パンチ ということで、後半を前に「これにて終了」しても(Iさん的には)良さそうな空気が漂っていました。がく〜(落胆した顔)

で、後半。10月の浜松市民合唱祭出演に向けて、久々の人気投票を開催するに当たり、とりあえず、現在生き残っている(欠席者を除く)曲を一通り歌ってみました。この日は年齢の高い順にアラカルトしてみました。50代3人、40代3人、30代3人…おぉっ、私真ん中辺にいるぞぉ(ていうか、20代2人はまだ一巡目も回ってきていないんだけどね…)。爆弾

無理矢理感(団長が最後だったので、自分まで回るか結構焦っていたと思うけど…)もありましたが、何とか9曲をこなすことができました(“例の曲”以外は途中止まらずに一応通ったしね)。ということで、全部で11曲の中から、果たしてどの曲が選ばれるのでしょうか?個人的には邦人曲と海外曲を1曲ずつやりたいなぁ…。いずれにしても、今月末まで人気投票やってますので、よかったら投票を…って、メンバーじゃなきゃ出来ないっつうの!爆弾

<次回練習>
日時:2013年8月21日(木)19:00〜21:30
場所:曳馬協同センター301会議室
練習曲:多田武彦"遠いところで子供達が歌っている"(「若しもかの星に」より)
問合せ:コメント欄にお願いします(見学者も歓迎です!)
posted by chachu at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ピクミン3

piku3.jpg嫁から誕生日プレゼントとしてもらった『ピクミン3』。現在の私はゲームよりもドラマの方が優先順位が高いため、再会の花園(って、完全に序盤なんだけど)のボス=ヨロヒイモムカデ戦を前にしばらく遠ざかっておりました。たらーっ(汗)

で、春のドラマも終了して、ボス戦を何とかクリア…それでも何となく乗り気になれない。方向音痴の私はゲームでは更に方向音痴であることに気付かされたわけで…ふらふら。そう、マップがないと結局道に迷い思ったように進めないわけでして、結局、また同じ日の朝に遡ってプレイすることが頻繁にあったりして…。たらーっ(汗)

何気にYouTubeで攻略動画をのぞいてみると、あれっ、マップ表示できるの?十字キーの下ボタンでマップが表示できることに気付かされたわけで、そこには果物の場所も表示されるし、日没で隊から外れてしまったピクミンの居場所まで確認できる…。しかも、場所を指定すれば自動でその場所に向かってくれるではありませんかぁ!ただ、この機能に頼り過ぎると(敵の居場所まではわからないので)、気が付けば火だるまとかは結構あるんだけどね…。どんっ(衝撃)

そんなわけで、マップの存在が私のやる気を一気にアップさせ、現在は最後のエリア“哀しき獣の塔”を残すのみとなりました。はい、ピクミン全部が揃いました。赤・青・黄は毎度お馴染みですが、今回はガラスを破壊する岩ピクミン(イメージ的には2の紫ピクミンとちょっと被ってる気もするけど、まぁ、こちらはデブというより、頑丈をイメージしてるのかな?)と空を飛ぶことができる(水エリアにも連れて行ける)羽ピクミンが新登場しております。

主人公(って、ピクミンが主人公な気もするけど)アルフ、チャーリー、ブリトニー…おぉっ、ピクミン初の女性主人公じゃないですかぁ…と思えば、色気はなく、食い気人一倍のキャラだった…。爆弾 まぁ、それでも食糧を計画的に皆で分けて食べてる点は「さすが女性」といったところでしょうか(って、女として見てる人はほとんどいないだろうけど…どんっ(衝撃)

で、食いしん坊といえば、2に登場したルーイ。今回もせっかく救ってあげたのに、翌日には食糧全部盗んで逃げるという相変わらずなどうしようもないぶり…。さすがに再度救われた際には、「あんたは一生しばられてなさい」とか思った人も多いことだろうなぁ…。フリーダイヤル

あっ、エンディングよりも完全クリアを目指す私としては、最後のエリア(果実は0)に行く前に(現在食糧ストックは40日分近くあるので充分なんですが)果実コンプリートを目指します。そんなわけで、エンディング報告は(夏ドラマも揃ってきているし) お盆休みの宿題にする予定(?)です。
posted by chachu at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする