2017年08月16日

忘れ物?

昨日まで二泊三日(13〜15日)にて、埼玉の実家に家族三人で帰っておりました。はい、我が家は四人家族ですので、今回パスとなったのは娘…。まぁ、受験生なので「無理しなくて良い」と伝えたところ、浜松に残ることとなりました。

予定の時間よりも早く支度ができたので、予定より30分以上前に出発。何しろ、この日は迎え火だったので、実家経由で墓参りにも行く必要があったため(何かあると困るんで)、早く出られるに越したことはなかったので…。

そうしたら、出発後2kmくらい行った頃でしょうか?嫁「携帯忘れっちゃったかも…どうしよう?」とのことで…。結局、早めの出発の意味は(無意味とは言わないけど)あまりなかったよなぁ…。

とはいえ、東名は順調に通り過ぎ圏央道に入って間もなく(厚木にて)昼食を済ませる。相変わらず圏央道の八王子付近は渋滞ゾーンとなりましたが、まぁ、ここは良くも悪くも予定通りということで、とりあえず、3時のおやつには余裕を持って(おいおい)、祖父家に到着。以後は問題なく、墓参り&迎え火を済ませることとなりました。

嫁の仕事の関係で(二泊三日が限界ですんで)、送り火を任せて帰ってくることとなりました。帰り道も(↑と同様の渋滞はありましたが)順調に帰って来ました。ただ、(関東に向かったのだから当然ではあるものの)行きも帰りも雨に降られる(それほど激しい雨にこそ当たらなかったものの)のには気持ち的にも下り気味でした…。
posted by chachu at 13:42| Comment(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

人数次第?

昨日は合唱団VVの練習。ちなみに、先週自転車で練習に行き激しい雨で楽譜にも多少の影響を受けたこともあり、また空は見事に曇ってましたので、しっかり天気予報をチェックし、降水確率が高かったため車で行きました。帰りの時間にはやっぱり雨…。 まぁ、少しは学んだかな…って、時間が経てばまた同じことを繰り返す気も…。

ちなみに、この日の最初の練習曲はといえば、信長貴富『ノスタルジア』より“この道”。とりあえず、10月の市民合唱祭の候補曲ということで…とはいえ、(6月以降に)音取り練習をちょっとやった程度で終わっていた気がする…。

現在、主として練習しているのは、Josu ElberdinCantate Domino』とJosquin Des PrezAve Maria』の2曲。とはいえ、『Ave Maria』は2週間前にはじめた曲だったりしますが…まぁ、それはさておき…。

ただ、『Cantate Domino』のたっぷりなDiv.により、果たして本番にそれだけの人数が集まるかどうかが疑問視されるわけでして…。その本番出演者の人数次第で上記2曲のどちらかを歌うんだとか…。

この曲の選曲者のTさんが過去に(福島の)声楽アンサンブル全国大会で聞いたので「少人数でも何とかなる」というふれこみだった気もしますが、実際最近練習参加の実メンバーは10人程度だからなぁ…。いや、仮に本番集まるにしても、練習で決めるべきなのでは?と思ってしまったのは私だけでしょうか? まぁ、そんなこと言ってる余裕もない状況かもしれないなぁ…。

それはさておき、昨日は久々にBass若手F君が練習にやってきました。久しぶりにBass下が複数人で、ちょっと嬉しかった。就職活動も一区切りしたようで、これで少し楽ができる…のかな?
posted by chachu at 18:51| Comment(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

Breath of the Wild<その2>

ゼル伝.jpg誕生日プレゼントで嫁さんからもらった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(我が家はWiiU版ですが…)。一昨日にようやくエンディングを見ることとなりました。何だかんだと3ヶ月以上かかっちゃってますね…。

まぁ、メインチャレンジを中心に進めてラスボス=ガノン戦に向かえる状態までだったら1ヶ月くらい(だったと思う…って、もう過去の話であまり記憶になかったりして…)でしたが、そこから真のエンディングを見るべく“ウツシエの記憶”(って、これもメインチャレンジの一つではあるけど…)で13枚の写真をGet。

そして、「ハートの器ももう少し増やさないと…」と試練の祠巡りをはじめたら、気楽に楽しめる(まぁ、ゼルダらしく謎解き要素が多分に含まれていて…って、攻略記事見ながらなので、謎解きを純粋に楽しんではいないのだが…)分、ハマってしまい、結果的には120ある祠全てを巡ることとなりました。

とはいえ、力の試練に関しては、小型ガーディアンとの戦いになるわけで、とりあえず最初は序位のみに留めて、服が強化されてきたところで中位も行けそうだなと感触を得て…。極位に関しては最後まで残してある状態…。まぁ、そこまで来た地点で克服の証も100を超えているわけで、中途半端の嫌いな私としては結果的にコンプリートを目指しちゃうことに…。やってみたら、(強化されている分)それほど苦戦はしなかったですけどね。

で、ハイラル城にある最後の祠=サス・コサの祠をGetした地点で、とりあえず、城巡りをしていたら、気が付いたらボスの所まで辿り着いていたわけでして…。最近すっかり受験モードなので一人寂しく?プレイしている中、娘がたまたま近くにいたこともあって、そのままガノン戦に突入しちゃいました。

とはいえ、ジャスト回避(敵の攻撃をタイミングよく避けたりすることで発動するバトルテクニック)を最後までほとんどやらず仕舞いで来てしまった私。ウルボザの怒りを発動させて半ばゴリ押しでエンディングを迎えることになってしまった…。 そんなわけで、そのウルボザの怒りGetの雷の神獣ヴァ・ナボリスが私にとっての真のボスだったかもしれない…。
posted by chachu at 19:16| Comment(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

毛布猫?

一昨日の放送にてNHK総合『ブランケット・キャッツ』が最終回を迎えました(毎週金曜日 22:00〜22:49 全7話)。とりあえず、4話目以降は裏の『ハロー張りネズミ』を録画予約して、合唱団から帰って間もなく視聴を続けて欠かさずチェックしました。

家具修繕店を営む椎名秀亮が、亡き妻が残した7匹の猫の新たな飼い主を探す…といった展開。猫を譲ると言いながら、3日間のトライアルだの、自宅を拝見だの、食事は決められたものだの、今まで使用していた毛布を近くに置いてやってくれだの何かと注文が多いわけで…。

そんなこともあって、序盤は最終的には買うのをやめるパターンだったので、このまま毎週主人公入れ替わり(いや、一応主人公は西島秀俊演じる飼い主・秀亮ですが、毎週の訳ありゲストが物語が動いていくわけでして…)で一匹も制約しないのかと思いきや、3話では(制約しなそうな雰囲気で)逆に制約となったわけで、以降は「今週はどうなる?」とその点も個人的には見所にはなりました。

それにしても、まず家具修繕していて近くに猫を置いておいて大丈夫なのか?=爪でバリバリやられちゃうのでは?なんて余計な心配をしてみましたが、そこはさすがドラマと言うべきか、そのようなお邪魔は一切入りませんでしたね。

吉瀬美智子演じた獣医師の藤村美咲。幼馴染なだけに何かにつけて秀亮に口出ししたりして、個人的にはおせっかいにしかうつらなかった…。もちろん、恋心を抱いているが故であることを考慮するべきなんでしょうけど、それでもなぁ…動物病院経営しているんだから、人のことに構っている暇はないんじゃないかと…。

とりあえず、最終話ではその恋にそれなりの進展はあったわけでして、美咲にとっては世話焼いた甲斐あったということなんだろうけど、ぶっきらぼうな秀亮とは今後も喧嘩は絶えないことでしょうね…。(個人的評価:4)
posted by chachu at 18:48| Comment(0) | ドラマ(特撮以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

1曲だけ?

何気に1年半近く毎月16件ずつアップしてきたこのBlog。何故16なのかと言えば、まぁ、「月半分以上は書きたいなぁ」なんて気持ちから…。とはいえ、最近はその数字にこだわりすぎて、何か惰性で記事書いている感も否めない…。

夏バテ気味なこともあってか、体調的(病面?)にも最近はあまり良くない…。まぁ、演奏会も終了して特に書きたい記事がとりたててあるわけでもないので、無理はしないでこのBlogも続けていこうかと…。

で、昨日は合唱団VVの練習日でした。ちょうど私が練習場所に到着した頃に発声練習も完了し、(先週は前半部分のみ音取り&歌詞をつけた)ジョスカン・デ・プレの『Ave Maria』を練習。

対位法(ポリフォニー)が用いられているこの曲。一番最初は全く同じ旋律をパート別に2小節ずつずらして進行していく…(高音パートと低音パートでオクターブ違うけど…)。レガートに歌うということにこだわるのはわかるんだけど、ここにこだわって最初のページからなかなか先に進まなくて、どうなることかと思いましたが、先週行ったところまでを歌い前半練習を終えました。

そして、後半はてっきりJosu Elberdin『Cantate Domino』になると(勝手に予想して)楽譜の準備をしておいたら、上記曲の続きを引き続き練習。結局、この曲だけでこの日の練習は終わってしまった。

ただ、これにて一通りの音取り&歌詞付けを終了することになったので、個人的にはありがたかった(いや、曲は沢山歌いたいけど、いつまでも音取り練習中心だとモチベーションが…)。まぁ、良くも悪くも指揮者一人体制だからこそ出来る技(?)で、かつてのVVで1曲だけで練習が終了することはあり得ないことでしたからね。

練習を終えて外に出てみると…。はぁっ、なかなか激しく雨が降っているじゃないですかぁ…。自転車で練習に行ってしまった私。傘もなく、ビショビショになってしまいました…。楽譜も少し濡れてしまいましたが、それでも被害は最小限にとどめたかな?(練習している曲=楽譜が少ない分?)
posted by chachu at 09:55| Comment(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

YouTubeにつどい

第2回静岡県男声合唱のつどい』が終了してもう一週間が過ぎました…というか、まだ一週間しか経っていないというのが正直なところでしょうか?

実行委員長(by 静岡男声合唱団の団長)より合同ステージ=信長貴富新しい歌』の演奏が7月26日にアップされております。行動の素早さにビックリさせられます。


ちなみに、1995年の第1回の時にはCDで演奏を聴いた際に、「(出演者以外への)流出禁止!」なんて声もあがっていました(どこまで本気だったかはさておき…)。まぁ、(今回のAOIでの演奏も同様ですが)アクトシティのホールの響きに助けられたことは確かだったし、生の演奏は大人数の勢いとかで視覚的にも助けられている部分はあるからねぇ…。

逆に、録音はどうしても粗が目立ってしまうので、冷静に演奏を聴いた時に思わず「あぁ〜っ!」なんて声をあげたくなることも良くある話なわけでして…。 もちろん、今回の演奏も例外ではないわけですが、演奏を耳にする前に実行委員への打診メールが飛んできて、「演奏を耳にしてから…」なんて返答しちゃうと、どうしても弱気になっちゃうので、「アップしたい」という気持ちを優先しました。

一部の合唱団ではもう信長貴富の曲への拒否反応を示したり…なんてことも耳にして、やっぱりそこは「世代の違いなのかなぁ」と思ってしまう面もあったわけですが、個人的には“チャレンジ”(いや、BGにとってはこの言葉が当てはまるかどうかは疑問を残しますが)して良かったと思ってます。
posted by chachu at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

予習no文化?

先週は(男声合唱のつどいの)本番前日だったこともあり、珍しくお休みすることとなったヴォア・ヴェールの練習。その日に新曲が登場したようです。その曲といえば、ジョスカン・デ・プレの『Ave Maria』。

残念ながらこの曲も団員からのプレゼンで決まったわけではなく…。指揮者Oさんの選曲。まぁ、自分の本当にやりたい曲はまだ迷走中(?)のようですが、アンサンブル練習用として、ルネサンス作品を取り上げようということのようです。なので、ステージにあげるか否かとかは特には考えてないんじゃないかな?

いずれにしても、上記曲を練習し始めたことの連絡を受けたのが練習日の3日前のこと。譜読みのできない私としては、いつもなら予習=音取り音源作成に努めるのですが、まぁ、たまには初見も良いかと…。 いや、それでもPDF楽譜のありかも伝えられたので、ここはちゃんとダウンロードして、YouTubeにて演奏を耳にするくらいはしていったので、軽〜い予習はしていったということで…。

そうしたら、Bassは私一人…。何となく予感はしていましたが、久しぶりに余裕のない練習となりました。結構遅れてK君がやってきて、以降隣の声を良く聞きながら歌えたのは私的には(周囲の声を耳にしようと努力した分?)返って良かったかもしれません…。

で、演奏時間にすると5分近くかかる結構長めな曲なので、この日の練習としては半分くらいの音取り&歌詞に留めて前半練習を終了することとなりました。それでも、時間は既に21時が迫っていたりして…(普段は20時半より前に休憩が入る)。まぁ、指揮者が一人なので時にはこういう練習があっても良いのかもしれませんが、つい練習に熱が入って休憩が延びた…というわけではないのがねぇ…。
posted by chachu at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

屋根裏でギターを弾く少年?

東海テレビ制作の“オトナの土ドラ”枠にて毎週土曜23:40〜翌0:35に放送されていた『屋根裏の恋人』が7月22日の放送にて最終回となりました。

いわゆる昼ドラ(って、見たことないので良くわかっていませんが)のドロドロ不倫ドラマが展開されていくことは最初からわかっていたわけで、個人的には絶対に気に入るはずのないドラマだったのですが、他の民放ドラマが6月に続々と終わっていくオフシーズンだったこともあり、録画をそのままにし、時間のある時に視聴して、結局、最終話まで見てしまいました。

主婦・西條衣香を演じる石田ひかりが主演。で、元彼の瀬野樹(演:今井翼)が不倫相手であり、“屋根裏”の恋人でもあるわけでして…。う〜ん、ずっと屋根裏で生活を続けていることにはかなり違和感を感じた。トイレや飯をどうしていたのかとかツッコみたくなる人も多かったんじゃないかと思うけど、まぁ、ドラマだと思っておくことにしましょう。

ちなみに、ダンナの西條誠(演:勝村政信)も予想通り不倫をしているわけでして…。その相手が衣香の親友であるはずの菅沼杏子(演:三浦理恵子)だと言うんだから、個人的には「勘弁してくれよ〜!」ってな感じ。

更には、誠の継母であるはずの西條千鶴子(演:高畑淳子)も誠に恋しちゃってるって、「おいおい」ってな感じ…。もちろん、この恋が実るはずもないわけで、単なる嫁に散々な嫌がらせする姑的な立場で十分だったんじゃないかと…。

とりあえず、誠の罪を樹が被って、チャンチャン(この結末も納得いかなかったけど…)なのかと思いきや、ラストには謎の少年が登場して屋根裏でバイオリンを弾いている…これは一体何? もう本当にモヤモヤ感満載でしたが、期待値薄かった分、割り切れた…かな?(個人的評価:2)
posted by chachu at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(特撮以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

静岡県の男“声”集まれ〜!<その11>

第2回静岡県男声合唱のつどい』が無事終演しました。普段の自分の演奏会時は“歌うだけ”の立場ですが、今回は企画段階から実行委員として関わってきて、とにかく心配事は絶えなかったわけでして…。普段の自分がいかに楽しているのかを思い知らされたなぁ…。

それはさておき、残響の心地良いAOIでの演奏会。小さめのホールですので、618名というキャパの中、500人超の来場があったようです。まぁ、ここに(自分を含めた)BGメンバーの貢献は薄かったんですけどね…。この集客力は地元の静岡男声合唱団あってであることは間違いないです。いずれにしても、ご来場いただいた方、ありがとうございました。

Big Goldとしては、2ステの岳南メンネルステージで多田武彦十一月に降る雨』を一緒に演奏。「せっかくの“合同”演奏会なので、こういうコラボがあっても良いのでは?」というIさんの提案にのったわけですが、少ない練習の中で自分達なりに賛助できたと自負しています…って、この曲歌えたことも嬉しかったしね。

3ステの単独ステージでは4曲(Ola Gjeilo 『Ubi Caritus』、sea shanty 『Sailing, Sailing』、遠藤雅夫『深い眠りに包まれて』、上田真樹『酒頌』)を披露。2日前の練習で感触もつかめてましたので、“BGらしい”演奏はできたと思います。まぁ、もっと歌い込めばまだまだできるメンバーなので、「もったいない」感もないと言えば嘘になりますが、あくまでも「欲を言えば」ということで…。

合同ステージとしては、OPで『富士山』より“作品第壱”、合同ステージ=6ステで信長貴富新しい歌』全5曲、アンコール(ようやく公開できる…)は、熊本民謡『おてもやん』、宮城民謡『斎太郎節』を歌いました。大人数合唱ですのでどうしても大味な演奏にはなっちゃいましたが、それでも合同で信長曲に挑めたことに自分的には満足しています。

練習時には司会進行をやったり、(打ち上げも含めた)会計を引き受けたり、各団の実行委員の話(まぁ、メールでのやりとりがメインなので、顔が見ないことも影響していると思うけど)がなかなかまとまらなかったり…何かと苦労も絶えなかったことも演奏会が終わったから言えることですが、いずれにしても(会計の数字も無事あったし、予算オーバーすることもなかったし)色々な意味でホッとしています。自己満足かもしれませんが、このような合同演奏会が出来たことを誇りに思います!
posted by chachu at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

BG本番前練習

さぁ、第二回静岡県男声合唱のつどいがいよいよ明日となりました。で、昨日は男声合唱団Big Goldの月イチ練習日。とりあえず、6月の合同練習後に臨時練習やったので、今月は1回のみで本番に臨みます…まぁ、短期集中型の合唱団ということで…。

ちなみに、昨日の練習は言うまでもなく、この演奏会に向けた練習になるわけでして…。BG単独ステージとしては、以下、4曲を演奏します。

1.Ubi Caritus (作曲:Ola Gjeilo)
2.Sailing, Sailing (traditional sea shanty 編曲:Roger Wagner)       
3.深い眠りに包まれて (作詞:柴野俊彦 作曲:遠藤雅夫)
4. 酒頌 (作詩:William Butler Yeats 訳詩:林望 作曲:上田真樹)


ラテン語、英語で日本語2曲といつものアラカルト感出した選曲となります…って、そりゃあ、選曲者が別々なんだから当然なんですけどね…。ちなみに、Big Goldは第3ステージとなりますが、第2ステージの岳南メンネルコールの最後の曲多田武彦十一月に降る雨』も一緒に歌わせてもらいますので、各所で〇金Tシャツ姿を拝むことになるかと…(?)。

それはさておき、昨日の練習。さすが本番前というだけあって、全員出席となりました。 良い練習ができたと思います。課題がないと言えば嘘にはなるけど、BGらしいステージは展開できそうな感じです! ご来場予定の皆様、どうぞお楽しみに!

<次回練習>
日時:2017年8月24日(木)19:00〜21:30
場所:曳馬協働センター303講座室
追加曲:なごり雪
問合せ:biggold0822@gmail.com
posted by chachu at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする