2009年06月30日

♪We've only just begun to live

by 混声合唱のためのア・カペラ カーペンターズ セレクションより『We've only just begun to live

一昨日は合唱祭後(注:合唱最後ではないパンチ)のプチ・ヴェールの初練習…ということで、個人的苦手科目(?)の“音取り”がメインの練習となりました。

昨年は、翌年2月のアンサンブルコンテストまでかなり時間があったこともあり、中だるみ状態となってましたが、今年はどうやら、9月末の浜松市民合唱祭にも(指揮者も、団代表も愛知県民なんですけど…あせあせ(飛び散る汗))出演予定のようで、(あくまでも月1ペースを仮定した場合ではあるものの)たるんでいる時間もなさそうです。ダッシュ(走り出すさま)

なお、信長貴富編曲『混声合唱のためのアカペラ カーペンターズセレクション』に収録されている曲は6曲。“Close to You”と“Top of the World”を合唱祭で披露し、
「今度は“Superstar”をやるのでは?」と勝手に予想していたものの、見事にハズレ…。ふらふら 前日(のしかも夜)に指揮者よりようやく練習する曲がメールで伝えられ、ほとんどの人は初鍵状態で臨んだ…あっ、事前に知らされていても、しっかり予習をしてくる人はほとんどいない気もするが…。爆弾

音はさほど難しくないものの、16分音符と8分音符ミックスが盛り沢山なんで、リズムがわからない所も盛り沢山…。ふらふら 思わず指揮者が一言、
指揮者K「うちらって、リズム感なかったんだね
〜今更何をおっしゃるやら…そんなことはとっくに気付いてもらえてるかと…(おいおい)。たらーっ(汗)

女声陣(特にソプラノ)は割と(もちろん英語の)歌詞付けまでやっちゃってましたが、かたや男声陣(相変わらずたった3人ですけどもうやだ〜(悲しい顔))はといえば、リズムでほぼキャパシティを超えてる(注:肥えてるではないふらふら)状況でした…。

で、合唱祭では講師の先生から、「練習会場は小さなスペースではないですか?ある程度大きなキャパで日頃歌っていないと、ダイナミックがつきませんよ。」といった、そのものズバリなご指摘もいただいたので、指揮者を前に取り残し、歌い手達は(狭いながらも)最後尾で歌ってみたりもしました。講師の先生も講評した甲斐があったのではないかと…いや、過程だけでなく、結果を出さないと意味がないって…。パンチ

いずれにしても、約3ヵ月後のステージに向けて、歌詞がリズムに乗り切れないなんてことのないよう(レベル低〜っがく〜(落胆した顔))、少しずつ焦っていきたい(?)と思います。
posted by chachu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

“音楽で描け”って、どんな漫画?

小林まことイブニングで連載していた『関の弥太っぺ』(原作:長谷川伸)も先週発売号にて完結したようですね…。もうやだ〜(悲しい顔) 私は(予想はつくとは思いつつ)イブニングは買ってませんので、近場の本屋に行った際に、ついでにパラパラと立ち読み(注:あくまでも立ち読みが目的ではないあせあせ(飛び散る汗))した程度ですんで、詳細は単行本が登場した際(8月ごろでしょうか?)に語らせていただくこととします。

小林まこと作品にしては、(珍しく原作ありきの作品なのでその世界観を壊さないようにといった配慮でしょうか)ギャグの少なめな、なかなかシリアスなストーリーでしたが、シリアスな小林まこと作品といえば、やはり『シロマダラ』があげられるかと思います(というか、私の知る限り、ギャグが全くないのはこの漫画だけなんじゃないかと…)。

シロマダラ.JPGシロマダラ<KCコミックス・全1巻>1980年1月号より月間少年マガジンにて連載…あっ、“全”という書き方が正しいかどうかは疑問です…何しろ“未完”ですんで…。たらーっ(汗) (一応、『青春少年マガジン1978〜1983』内では“30年経った今も中断中”とか描かれている)

こちらは、少年院上がりの北上良という左眼横に大きな縫い傷が特徴の青年の物語。流血が当り前のように登場するヤクザな漫画で、何度も書くようにギャグの全く存在しない超シリアス作品です(1・2の三四郎からはとても想像つかなかった)。

実は(こちらも青春少年マガジンを読んで知ったのですが)作者が高校生の時に144ページの大作として仕上げ、1979年夏に月刊少年マガジンの編集者・栗原氏に見せたところ、<タイトル>のように「これを描くのであれば…音楽で描け」とか(描くなんて本人一言も言ってないのに)言われて、ついその気になったらしい…。ただ、この作品のどの辺が“音楽”なのかは、少なくとも私の感性からは全く理解ができない…。爆弾

私は単行本登場から数年経った中学時代に、何とバザーで50円で売られているのを見つけ、中身は全く確認しないまま(小林作品というだけで)買ってしまったのだが、個人的には読み終えて、「こんなの小林作品じゃないよぉ〜!」とか思いながら、(続刊も出ないので…)最終的には古本屋行きとなってしまった(今にして思えば、ちょっと悔やまれる…ふらふら)。 なお、これを友人に貸してあげたら、友人の間では好評だったんですけどね…。あせあせ(飛び散る汗)

この三四郎とシロマダラの連載2本体制で無理がたたって、突然の休載となったことをきっかけに、原稿を落とすことに味をしめたようですが(?)、『関の弥太っぺ』も『青春少年マガジン』も(短期連載ということもあり)落ちなかったようで、何よりです(?)。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 19:23| Comment(4) | TrackBack(3) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

♪さあ行くんだ その顔を上げて

by ゴダイゴ『銀河鉄道999』…えっ、EXILE?…知らんなぁ…。爆弾

昨日は、子供達の小学校で(近隣の2小学校+1中学校合同での)講演会が行なわれた。ちなみに、我が家は興味もなく、申し込みすらしていなかった。あせあせ(飛び散る汗)

だったら何でそんなことを話題にするのかといえば、そのオープニングセレモニーだかで、バトン部と金管バンド部がステージに立つということで、金管バンドに所属する娘に、
私「聴きに行かなくても良い?」と確認すると、最近の娘の良く使う話法にて
娘「来てくれると嬉しいけど、別に良いよ」と微妙な答え方をしてくれるため、結果行くこととなった。フリーダイヤル

(一緒に行けば良いのに)嫁のギリギリ出発に耐えられず先に小学校へ向かったが、どうやら受付をしている…。たらーっ(汗) まぁ、素通りできそうだったのですが、気の小さい私はとりあえず嫁を待つことに…。パンチ

そうしたら嫁は(受付の人が知り合いだったのか)堂々と
嫁「最初の演奏だけ見て帰りますけど…」とか言いながらも、聴講者にサービスされるいうペットボトルまでもらっているじゃないかぁ…。羨ましいぞ、嫁!がく〜(落胆した顔)

会場=体育館に入ると、既に娘達は前に並んでいた。入るや否や、娘と目を合わせ私が「おっ!」という顔をすると、娘も思わず照れ笑い…いやぁ、行った甲斐がありました(おいおい)。どんっ(衝撃)

今年=小学四年生より部活に入れるようになったため、先月の運動会の際にはタンバリンのみだった娘だが、今回はグロッケンも担当するという…。 で、“グロッケン”って何だ?たらーっ(汗)…あぁ、キン肉マンに登場するベルリンの赤い雨を必殺技に持つ超人…って、それはブロッケン(Jr)じゃあ!パンチ

グロッケンとは、鉄琴の一種なんですけど、私が子供の頃は、“鉄琴”で一括りになっていたような気がするんですが、どうでしょう? とにかく、周囲(=吹奏楽出身の嫁やら、合唱関係の楽器業界の面々)にそんなことを質問しようものなら、必要以上に解説が入るので、深くは問わないようにしようかと…。フリーダイヤル

いずれにしても、5分程度(2曲)の演奏を聞いて、さっさと帰ってきたのですが、娘たちも演奏を終えたら同様にさっさと帰ってきておりました。席には結構余裕があった気はします(特に招待席だかはガラガラだった気がするんですが…たらーっ(汗))が、子供達が席を埋めるには至らなかったようです…。

なお、よくよく聞いてみたら(この講演会は3校での持ち回りなので)、うちの子達の小学校での開催は3年後になるため、来年・再来年は出演したくても不可のようです。ちなみに、このことは娘も知らなかったみたいですけど…。ふらふら

演奏曲は2曲とも運動会で聞いた曲(だったと思う)で、そのうちの一曲が<タイトル>の、私にとっては懐かしの曲。娘に歌詞を知っているかを尋ねると、娘「わかんない」の一言で会話終了…。吹奏楽は歌詞を覚える必要がなくて良いの〜…とか思ってみたものの、私の所属する合唱団でも暗譜の文化はなかったんだった…。爆弾
posted by chachu at 13:25| Comment(6) | TrackBack(5) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

♪微分 積分 2次関数

絶体絶命 赤点ね♪ by おニャン子クラブ『およしになってねTEACHER

一児の父親となって、ますます好調(…って何が?どんっ(衝撃))のVV指揮者Hさん。昨日の合唱練習時、久々のホワイトボードも登場しました。f→piu f→mf→mpと指定されたH氏自ら作曲した楽譜上で、どういう表現をしてほしいかを解説。

そもそもは“piu f”とは、前より強くを意味するため、その前に書かれている強さによって、都度異なる(今回の例で言うと、前がfですんで、fより強くを意味する)といった説明から始まり次第にエスカレート(?)することとなりました。

人間の持つ個々人の声の声量の範囲には、限界があり、これらを歌い手が楽譜の指示の通りに表現しようとすると、表現しているつもりでも聴き手側にはあまり伝わらないことが多い(大人数合唱団では該当しない気もしないでもないが…とか、そういう突っ込みはさておき…たらーっ(汗))。では、それを聴き手に伝えるためにはどうしたら良いかを、グラフ化して教えてあげましょうコーナー(?)が開催されておりました。シャープダイヤル

そこで、グラフで示しながら、理系チックに“微分”なんて言葉も飛び交うもんだから、うちの嫁(詳しく聞いたことはないが、高校の数学の授業はおそらく子守唄状態ふらふら)が、「微分とか言われると良くわからない」とか言い出したもんだから、話はますますエスカレート…。爆弾

てなわけで、猿にはわからない音楽用語としての微分・積分(但し、VV専用の“隠語”?がく〜(落胆した顔)
微分…エッジをたてること…若いこと
積分…反応が悪い…年寄りのこと

確か、そんな解説をホワイトボードに堂々と書いていた気がする…。たらーっ(汗) 昨日はVVの最長老はお休みだったため、個人的にはその人の反応が見られないのは残念だった…。爆弾 いずれにしても、昨日の練習に欠席したVVメンバーには上記は是非楽譜に記していただきたいと…って、昨日は誰もそこはメモってなかったと思うが…。がく〜(落胆した顔)

指揮者によっては、「メリハリをつけて歌いましょう!」の一言で済む話が(まぁ、それがしっかり表現できていない歌い手側の責任なんですけど…ふらふら)、ここまで白熱するとは思ってもみませんでした。もちろん、この説明が終わってから、途中練習参加の方々にも、このホワイトボードからは何のことやらさっぱりわからんだろうとは思ったけど…。ふらふら

いずれにしても、個人的判断としては、若い人達が先頭切ってしっかり表現してくれれば良いのだと解釈した(おいおい)。がく〜(落胆した顔) てなわけで、シニア合唱団の皆様からのクレームをお待ち…しておりません!爆弾
posted by chachu at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

“もうじき”って…

1ヵ月後くらいのこと?フリーダイヤル

ゴールデンウィークに埼玉の実家に帰った際、子供達それぞれが祖父よりゲームを買ってもらった…ということで、兄の方は既に報告済みでしたが、妹の方は全く書いてませんでしたね…。たらーっ(汗) 妹が買ってもらったのは、DSソフト『マリオ&ルイージRPG3』でした。

マリオ&ルイージ3.jpg当初、親が誕生日プレゼントした『リラックマ みんなでごゆるり生活』はほとんどやらずに上記をプレイしていて、一週間も過ぎた頃だったか、
娘「もうじきエンディング見れかも」とか言っていた。
いやいや、マリオのシリーズで、攻略本も買わずにそんなにあっさりエンディングなんぞにたどりつけるはずもない…と私は思ったが、「マリオの奥深さを存分に知るが良い」と何も言わずに放っておいた。爆弾

ある日、気付いたらリラックマばかりをやるようになっていたため、
私「もう飽きたの?」と聞くと、どうやら行き詰ったようだ。ふらふら 
私「攻略本買えば…」と言うも、娘「机の上の自分の本棚がいっぱいで、入りきらないから買わない」だそうだ。まぁ、私の本棚(いや、正しくは家族共有の本棚たらーっ(汗))にしまっちゃダメとか言ってもいないのに、自分で勝手に自分のゲームやら本やらを移動させただけなので、入りきらないならそっちに置いても構わないんですけど…。あせあせ(飛び散る汗)

とにかく、本人がそれで良いなら、(私もRPGには興味ないし…パンチ)無理にお金を使う必要もないと思い、放っておいた。

で、先日、息子と一緒にGEOへサイクリング(?)した際に、このゲームの攻略本(中古)が売られているのを発見。娘に何の連絡もせずに、買ってしまいました…。爆弾 もちろん、最終的にお金を払うのは娘。「“別にいらない”とか言われたらどうしよう」とか…う〜ん、ちょっとは考えたかもしれないなぁ…。パンチ

とにかく、家に帰ると即、娘に向かって、私「攻略本、中古で買ってきたから、550円頂戴!」で、以降会話も成立し、娘も喜んでいたので問題はないでしょう!がく〜(落胆した顔)

で、もうじきエンディングだったかどうかといえば、言うまでもなく序盤で苦戦していたわけで、実際は全体の1/3程度のところ(本人はそれでも“半分くらい”と言い張っていたがたらーっ(汗))だった。いずれにしても、つまずいていたところもようやく攻略法がわかり、現在娘の『マリオ&ルイージRPG3』への熱が戻ってきております。ゲーム

ただ、(発売近辺の)過去のCM等で私が魅かれかけたように、あくまでも任天堂のRPGですんで、アクション要素が全くないということはあり得ないわけで…(だいたい、実際のジャンルはアクションRPGに区分されている気がするし…あせあせ(飛び散る汗))。

最近では「AボタンとBボタンを一緒に押す」のが難しいとか言っており、兄が手伝っておりました。ただ、兄もアクションがそんなに得意なわけではなく、人差し指と中指を使って押していたため、私「ABボタンは親指で二つ一緒に押すのが普通じゃないのか?」と疑問を抱く…まぁ、要するにやりやすい方法でやれば良いのですが…。がく〜(落胆した顔)

で、娘も私が言った様に、親指でやってみたら、うまくできたようで喜んでおりました。わーい(嬉しい顔) ということで、再度アクションで苦戦したら、次回は是非私にプレイさせてもらいたいと…。爆弾
posted by chachu at 18:36| Comment(0) | TrackBack(7) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

♪コンコンコンコンーピューター

おやまのきつねの コンピューター♪ by おかあさんといっしょ『きつねのコンピューター

私の仕事でサポートしているソフトウェアには、上位互換はあっても下位互換はないため、バージョンアップする際に弱い立場(要するに下請けさん)の会社には取引先の出方を待ってから、アップするようアドバイスしております。

そんなソフトウェアのメーカーから最近良く送られてくるのが、拡張子pptxの資料…。要するにMicrosoft Office 2007用のファイル。ちなみに、現在私の使っているのはOffice 2003。さて、この場合って、どっちの立場が強いんでしょう?フリーダイヤル …まぁ、会社の場合は、いつでも2007にあげることは可能なんですが、実際使っている人達からもあまり良い噂は聞かないので、私はそのまま2003を使っております…。

てなわけで、メーカーから送られてくるdocxやらpptxファイルはMicrosoftのページで提供されている互換機能パックを入れて読めるようにはしてあります…。

で、仕事から離れて、家でのこと。嫁に知人からメールで送られてきたWordファイルが“docx”だったらしい…。もちろん、我が家もOfficeを都度バージョンアップなんかしてMicrosoftの策略にハマるつもりもない(し、そんな金もないがく〜(落胆した顔))ので、Office2003を使用。当然、そのままでは読むことはできないので、互換機能パックをダウンロードする必要がある…ということまでは嫁の方もわかったようでした。

ただ、そこからが問題なのですが、そのページの注意書きとして
互換機能パックをダウンロードする前に、必ず Microsoft Update で優先度の高い更新プログラムをすべてインストールしてください。
とか記されていることを鵜呑みにし、まずは更新プログラムをインストールしようとトライしたら、1時間くらいしてからエラーを起こし、更に再チャレンジしても同様で、午前中の数時間を無駄に過ごしたらしかった…。ふらふら

そんなわけで、私はまずは相手に2003でも読めるように保存して送りなおしてもらうよう頼むことを推奨。そこから長電話は始まったものの、結論的には、
相手「そういうこと、良くわかんないのよね」だったらしい…さすが、オバタリアン(失礼)。爆弾 指定保存時にファイルの種類をかえるだけの気がするんですけど…何が難しいのか、そっちの方が良くわかんないよ〜…。たらーっ(汗)

なお、我が家としては、常日頃からWindowsの自動更新はオンにしてあるので、話をしていくうちに、本当にそんな更新が必要なのかと思い始め、仕舞いには、
嫁「Internet Explorerも8にしなきゃいけないらしい」と言うので、
私「肝心なプログラム(=互換機能パック)はインストールしてみたのか?(大体、私の会社のPCはそんなこと(=IEのバージョンアップ)やってないし…)」と確認してみると、そこで会話はストップ…。信号

で、結局問題なく互換機能パックはダウンロード&インストール完了。もちろん、相手の送ってきたファイルも問題なく開けたようでした…。mail to

Office2007を使っている比率がどの程度なのかは知りませんけど、世間的にはまだまだ旧バージョンの人も多いと思うんで、前に進んでいくこと(=最新にする)は止めませんけど、だからといって、旧バージョンの人の立場は下請け企業ではないと思うので、2007をお使いの(特にコンピュータは苦手という)方々、そこんとこよろしくです…。ふらふら
posted by chachu at 18:44| Comment(2) | TrackBack(3) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

♪行け〜かぜの如く〜魔界の剣士〜よ

by JAM Project『牙狼-SAVIOR IN THE DARK-

昨日の『ロンドンハーツ』(テレ朝系 21:00〜)はご覧になられたでしょうか?「この子は伸びる♂ イケメン博'09」と題して、14人もの女芸人達が集まって、自分がイチオシの若手イケメンを紹介するというこの企画…。個人的には“ドキっ!女だらけの大妄想大会”というサブタイトルをつけたいほどの各女性陣の暴走ぶりを拝見させていただきました。ふらふら

もちろん、男の私にとっては、どんなイケメンが登場しようとも、ニタ〜ッとかしてしまうことは決してないのですがたらーっ(汗)、個人的興味は、特撮ヒーローがそこに何人登場するかだったりした…。目

カブト俳優.JPG初っ端から来ました、北陽 虻川イチオシの佐藤智仁。こちらは、『仮面ライダーカブト』にて、準主役とも言うべきポジションの加賀美新(かがみあらた)=仮面ライダーガタック(カブトがメインならそれに続くのは当然の如くクワガタモチーフのライダー)を演じておりました。主役のカブト=天道総司(演:水嶋ヒロ)がとってもクールだったのに対し、加賀美は正義感に燃えるメチャクチャ熱いタイプの男でした。

ヒゲははやしていたものの見てすぐガタック役だということには気付きましたが、「そんな芸名だったか?」と思い、カブト本を引っ張り出してみたら(…って、多分ネットで調べたほうが速いと思いつつ…たらーっ(汗))やはり当時の芸名とは異なっておりました(=佐藤祐基)…まぁ、どうでも良い話かもしれませんが…。爆弾

それと、当時はあまり“イケメン”という感じはしなかったのですが(失礼たらーっ(汗))、現在の活躍ぶりを見てみると、なかなかの2枚目ぶりでした。やはり、近くに水嶋ヒロやら山本裕典といったイケメンがおりましたので、そのせいかもしれませんね(?)。

椿鬼奴イチオシ…小西遼生 →『牙狼-GARO-』にて主役・冴島鋼牙=牙狼(ガロ)役を演じた。
北陽 伊藤オススメ… 松田悟志 →『仮面ライダー龍騎』にて準主役・秋山 蓮=仮面ライダーナイト役を演じた。

〜14人中3人ですかぁ…思ったより少なめでしたね…。がく〜(落胆した顔)

それと番組終わり際にも、次点(?)のイケメンが紹介されておりましたが、こちらにも特撮ヒーロー出身者が3名ほど(全てライダー出身)がおりましたが、気付いたでしょうか?(えっ、そういうチェックの仕方をしているのは私だけ?どんっ(衝撃)) ただ、それよりも何よりも、小西遼生氏(こちらも放送時の芸名は違ってます:小西大樹)の紹介映像がほとんど変身後(=黄金騎士ガロ)だったことが、我が家的には最大のヒットでした。椿鬼奴、ありがとう!爆弾
posted by chachu at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

♪あっあっあらし×2 ゲームセンターあ〜ら〜し〜

by 水木一郎『ゲームセンターあらし

私が小学生だった頃、ブロックくずしから始まり、インベーダー、ギャラクシアン…今思えば、当時のアーケードゲームは非常に単調なものだったが、当時にしてみれば、これで十分過ぎるほどの楽しさを提供してくれた。あっ、もちろん今も昔も小学生のゲームセンターへは立ち入り禁止だと思いますんで、私もお菓子屋の前に一機だけおかれたゲーム機にてプレイしておりました(返って、この方が目立ったりして…)。たらーっ(汗)

そんな1980年代(…えっ、上記のゲームは70年代でしたか…ふらふら)のレトロなゲーム調に仕上げ、8つものゲームを収録しているのが、ニンテンドーDSソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』であり、こちらは2007年11月に発売されました。個人的には、“ゲームセンター○○”と聞くと、どうしても<タイトル>の“ゲームセンターあらし”を思い出さずにはいられない…ということで、<タイトル>との関連はそれだけです…。爆弾

話を戻して、よゐこの有野が監修したこのゲームは売れ行きもなかなか好調だったようで、今年の2月には“”までもが登場し、うちの息子が何気に興味を示すようになった。ちなみに、アクションゲームが中心なので、私も1が登場した頃から興味はあったのですが、そのまま見送りとなっておりました。

アリーノ.jpgで息子が、忘れもしません私の誕生日に攻略本を先行投資したのが、実はこのゲームの攻略本だったりする(1&2の両方が収録されて、1680円とちょっとお高め)。なので、誕生日プレゼントの希望はこの地点で決まっておりました。ゲーム

ただ、どちらかを誕生日プレゼントで、どちらかを自分の小遣いでGetする予定だったみたいですが、Amazonにて価格を調べたら、両方合わせても、娘のリラックマより安い金額でしたんで(うち一つは中古になりましたが)、2つをプレゼントしてあげました(恩着せがましいぞ!パンチ)。

息子には珍しく、あっちやったりこっちやったりということもなく、現在1のみをプレイ中。ただ、セーブデータが一つしか作成できないため、ひたすら息子のみがプレイしております(えっ、それが当然?たらーっ(汗))。単純にレトロ風ゲームをプレイするわけではなく、各ゲームには4つの挑戦状があり、要するに同じゲームでも攻略法も挑戦により都度異なってくるのが、楽しさの幅を広げているかと思います。

なお、私が手伝ったのが2回ほど…。“コズミックゲート”というシューティングゲームの 挑戦4:スコア20万点を目指せ! が息子には大変そうだったので、私が意地を見せ1回でクリア。それと、“ラリーキングSP”というレースゲームの 挑戦2:コース2を2分28秒以内にゴールせよ!…こちらは、苦戦させられましたが、何とか親としての面目(?)を保ちました…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 18:59| Comment(2) | TrackBack(2) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

MD発PC経由CD-R着

個人的には、PCが終点のはずだったのですが…(?)。たらーっ(汗)

合唱団プチ・ヴェールに入団してから1年以上が過ぎ、3つのステージを経験させていただきました。ステージを終えると録音された自分達の演奏MDが、一つだけ各団に渡される。

で、VVの場合は指揮者(兼団員)が多くの人が聴けるようにと、MP3に変換してブリーフケース等にアップしてくれる。これは、私的にはありがたいですが、そういえば、PC持っていない人は結局自分から借りようとしない限りは、耳にすることはないということになるんですね…(それでも、「貸してくれ」とか言っている場面に遭遇したことはない気がするけど…えっ、携帯でも機種によってはMP3も聴ける?)。

個人的には、どんな演奏であれ、自分の歌ったステージはとりあえず耳にしてみたいもの(それを聴いて、反省して、更にはその反省を次回に活かすとかは、別にしてね…パンチ)。ところが、プチでは誰もMP3への変換をやってくれる人がいなかった…というか、PC持っている人自体が“少数勢力”だったりして…。ふらふら ちなみに、今年のアンサンブルコンテストの時は、ステージ後の練習時に皆で聴きましたので、耳にはしているんですけどね…。がく〜(落胆した顔)

まぁ、MDからテープに落とすのでも、悪くはないんでしょうが、カセットテープも大分廃れてきてるしねぇ…。いずれにしても、こういうのは大概は言い出しっぺがやることになるわけで…。

ということで、結局私が、オーディオとPCをつなぐ接続コードを購入(長さによって異なるが、私が買ったところでは1mが600円台、2mが800円台だったと思う)。音質にこだわるならこんな金額じゃ済まないんだろうが、とにかく、テープのように劣化しなければ良いというレベルなんで…。たらーっ(汗)

自分の立ったステージ3つ分のMDを希望したところ、何故か2008年アンコン(プチ初ステージですが、私はVVで出演)のMDが最初に私の手元に…。プチ代表であり、いつも隣のBASS・T君より、
T「ついでに、これも変換してもらって、CDにコピーしてもらえると…
…“ついで”って何だ?爆弾

IT業界にはいるものの、とあるアプリケーション以外にはほとんど無知(無恥?)な私…。たらーっ(汗) MP3から音楽CDデータへの変換はどうやるかわからないし…とか思いながらも、とりあえず、ネット検索してみたら、簡単にできるじゃないかぁがく〜(落胆した顔) というわけで、CD-R作成まで担当することとなりました…(てなわけで、<タイトル>へ)。たらーっ(汗)

なお、こんな時くらいしか活用のチャンスのないこのコード。個人で楽しむだけではなく、団にも貢献する結果となった(と思う)ので、MLで冗談交じりで団費で持ってくれないかを交渉…。結果は…配線…じゃなくて敗戦。というか、返信のない全くの無視状態だぁ!爆弾 こうなったら、昔のテープとかを(劣化しないように)MP3へ変換して個人で無理やり楽しんでやる〜とか思ってみたものの、テープの劣化は既に手遅れだった…。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by chachu at 18:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

♪朝は寝床でグーグーグー

by ザ50回転ズ『ゲゲゲの鬼太郎』…泉谷しげる、熊倉一雄、吉幾三…自分がしっくりくる歌い手さんを入れてください…。カラオケ

ところで、6月の第三日曜日と言えば…何の日でしたっけ?爆弾
今日はスーパーヒーロータイムも(ゴルフ放送にて)なかったので、“寝て曜日”にしようと思ったものの、結局8時前には起床…。すると、
息子「肩でもお揉みしましょうか?」と言ってきたので、その言葉遣いが既に無理してる度メガパー(?)だったため、受け入れ拒否…。たらーっ(汗)

そこに娘が続く。 娘「絵本でも読んであげようか?」と私に寄って来る。その絵本とは…よく見たら私の“ゲッサン”じゃないですかぁ…。爆弾 ということで、もちろん読んでもらうことはありませんでした…。本

てなわけで、気を取り直して、誰が何と言おうと今日は平凡な日曜日。そして、昨年12月20日に公開された『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』のDVD&ブルーレイ発売日でもあります(DVD:3990円、ブルーレイ:5040円)。

ゲゲゲ爆裂.jpgこの4月から『ドラゴンボール改』の放送が始まり(こちらは、来週よりいよいよ孫悟空とベジータの戦いが始まります)、何とも中途半端な状態で放送を終了してしまった、アニメ版の『ゲゲゲの鬼太郎』。日本妖怪四十七士の設定が、案外我が家としては好評だったようで、「今日は○○県の妖怪だぁ」とか言いながら、うちの子供達も注目しておりました。ところが、突然の放送終了を知らされ、思わず、うちの子達、
「静岡県は四十七士が登場して良かったぁ」とか言ってたりして…。ちなみに、静岡県は“波小僧”です。

てなわけで、「自分の県の四十七士はいつ登場するんだ?」と楽しみに待っていたのに結局登場しなかった県にお住まいの方必見(?)の劇場版。こちらでは、四十七士が勢揃いしているようですので…。でも、私としては、別に波小僧は楽しみじゃなかったりして…どちらかといえば、“ナミゾウ(by ONE PIECE)”の方が良いなぁ…。パンチ

なお、豪華限定版も存在するようで、こちらには“妖怪四十七士遊戯札”って、まぁ要はトランプなんですけど、そんな封入特典もあるようです。もちろん、トランプといえば52枚。残りのカードにどんなキャラが使われているのか気になるところです…って、我が家はどのみちレンタル(あっ、レンタルはもう6月12日から始まってたのかぁ…)なので、気にしても意味はないんですけど…。たらーっ(汗) (豪華限定版 DVD:7140円、ブルーレイ:8190円)
posted by chachu at 16:42| Comment(0) | TrackBack(6) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする