2009年09月30日

♪土曜の夜はTVを観よう

こちら葛飾区亀有公園前派出所♪ by 両さん『こちら葛飾区亀有公園前派出所』〜ちなみに、同じ香取慎吾(↑は“両さん”名義ですけど…)が歌っている
♪いただきま〜す おっはーでマヨチュッチュ by 慎吾ママ『慎吾ママのおはロック』は似ていると思ったら、同じ作曲家でしたか…。

てなわけで、9月26日(土)に最終回を迎えた『こち亀(実写版)』…。(仮面ライダーとかと違って)「通常のドラマは終わるのが早いなぁ…」とか思ったが、8月からの放送開始でしたので、通常のドラマよりももっと早かったんですね…(全8話)。たらーっ(汗)

香取氏の演じた両さんはなかなか良い味を出しておりました。頑張って声まで雰囲気を作っていたおかげもあってか、自分のことを“わし”と呼ぶ姿も、終盤は大分抵抗なくなった感じでした(褒め言葉)。私的には、最初の方と終わりの方はしっかり観ましたが、土曜の夜ということもあるし、一話完結型なので見逃しても大丈夫という安心感でパンチ、途中が結構抜けちゃってます…。あせあせ(飛び散る汗)

原作では、両津の破天荒な行動に笑わせてもらうことがほとんどで、そんな中に、(稀にではあるものの)下町で育った男だけに、義理人情を重んじる姿に感動をそそられる…まぁ、ギャグ漫画だと思って読んでるから、そういう話はやっぱり印象に強いんだろうなぁ…(いや、実際ギャグ漫画だし…爆弾)。

そういったこともあって、最終話は「読者が選ぶ “泣ける” エピソード不動のNo.1」の“浅草物語”(57巻に収録)が放送されておりました。護送中に逃走した犯人・村瀬は両津の幼馴染で、両津が村瀬を説得して自首をさせようとする…そんな中、幼い頃に遊んでいたベーゴマが二人の友情をつなぐ…原作はそんな話。130巻過ぎまで集めて、(山止たつひこ版の6冊とカメダス以外は)古本屋入りしてしまっただけに、今では読むことが出来ないのですが、こういう時に読み返してみたくなるんだよなぁ…。ふらふら まぁ、現在166巻まで発売してますんで、さすがに再コレクトするようなもったいないことはしませんけど…。

おっと、話が漫画の方にそれましたが、個人的には御所ヶ原金五郎之助佐ヱ門太郎(ヤクザの組長)を演じた西田敏行(第4話)と、本田速人を演じたウッチャンナンチャンの内村光良(第7話)が結構気に入っております。あっ、もちろん主役の慎吾両津も好演だったと思います。

ちなみに、こち亀で私が何気に気に入っている日暮熟睡男(4年間寝続けているためオリンピック男とも呼ばれるが、起きた時には予知能力を発揮し大活躍する…いや、そういう能力がなきゃ、とっくにクビだろうが…たらーっ(汗))が登場した第3話は……残念ながら見逃してしまいました…。ふらふら
posted by chachu at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

悔しいですっ!

by ザブングル…こんなに悔しい思いをしたステージは久しぶりです…。ふらふら

一昨日はアクトシティ中ホールにて、浜松市民合唱祭が行なわれました。私は2団体での出演。なお、プチ・ヴェールは市民合唱祭(団員のうち、浜松市民は半分もいないんですけど…たらーっ(汗))への初参加となりました。

ただ、基本的に各団体から一名お手伝いを出さなければならない中、プチは(お手伝いタイムの)午前中に練習を入れてしまったため、VVから二名の手伝いを出すことになり、その一人として、うちの嫁がやることとなった。ということで、問題はうちの子達をどうするか…結果的に、午前中は自由行動(いや、家で留守番していただけだと思うが…)にして、昼食時間に我が家から最寄のマックに、私&子供が待ち合わせということにさせていただきました。まぁ、練習に付いてきてもやることないしね…。たらーっ(汗)

プチ・ヴェールは信長貴富編曲の『ア・カペラ カーペンターズ セレクション』より、
We've Only Just Begun / Top of the World
の2曲を披露。“Top of…”は6月の県民合唱祭でもステージにあげてますので、その時に比べて進歩はあったと思う。特に今までのプチ文化(?)にはなかった“暗譜”を、ほとんどの人がトライしたことに意義があったんじゃないかな? えっ、私? もちろん、暗譜で立ちましたとも!…いや、Bassは歌詞ほとんどなかったからねぇ…。爆弾

で、問題の(?)ヴォア・ヴェールですが、今までの練習でも全く経験しなかった事故が起こっちゃいました…。もうやだ〜(悲しい顔) 曲は三善晃作曲『五つの日本民謡』より
1.阿波踊り / 4.ソーラン節
阿波踊りについては、練習始めた頃にあまりの難しさに、「もしかしたら、(ステージにあがることなく)このままお蔵入りしてしまうかもなぁ…」とか思っていたが、これをステージにあげた勇気(?)とそれなりに歌えたことで、(まだまだ改善の余地はあるとは思いますが)そこそこ満足しております。

はい、問題は“ソーラン節”の方…。まぁ、それぞれのパートが掛け合いをしたり、独立していたり等で、客先の知り合い等もあまり気付いていなかったことに、ちょっと安心しつつも、終わりの方=楽譜で言えば2ページ分…完全にずれちゃったことに気付いた私は(このまま歌いきってしまおうかとも考えたが)、一回立て直そうと歌うのをやめた…。そうしたら、もう修復不能(というか、Bassだけが乱していたわけではないし、かといって責任転嫁もしたくないので…まぁ、そういうこと(???)にしておいてください)。結局、最後の3小節だけ歌ってTHE ENDとなった…。ということで、<タイトル>へ…。とりあえず、自分で演奏を耳にしてみたが、確かに主旋律が歌い続けているので、思ったほどの大事故を感じさせなかった…でも、気付かれないというのも“存在感”が…ねぇ…。爆弾

もちろん、今回のステージだけで民謡は終わることなく、12月のステージでも(更に一曲プラスされてたらーっ(汗))披露予定…。この悔しさをバネにして、是非とも次のステージで“リベンジ”を果たしたいと思います! 有終の美を飾れることにご期待ください!(…って、次が最後だと勝手に決めつけているがパンチ

ちなみに、そのショックでブログが2日間お休みになった…わけではなく、昨日が出張で帰りが遅かっただけですので、ご心配なく(?)。どんっ(衝撃)
posted by chachu at 18:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

魔王アリーノー!

本日、ゲームショップ=GE○に行ったのですが、どうも視線の先は“プレステ3”だったりして…。中古で80GBタイプが19,980円とか見ると、ついついサイフ(ワイフ?)と相談したくなります…。たらーっ(汗)

本日は、『レイトン教授と最後の時間旅行』を攻略した記事をアップしてから、約3週間ぶり(久々)の“ゲームカテゴリ”となります。

最近、プレイしていたゲームといえば、ニンテンドーDS『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』&『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』。前にも書いた通り、息子の誕生日プレゼントですが、すっかり私物化させていただきました…。爆弾

有野の挑戦状.jpgこちらは、ジャンルとしては“ゲームinゲーム”となっており、要は主人公となる自分の分身が、1980年代へとタイムスリップさせられ、現代に戻ってくるためには、ゲームの各挑戦状をクリアするしかない…てなわけで、1980年代っぽいゲーム(いずれもその頃に発売された何らかのゲームをパクって…じゃなくて、モデルとした“オリジナルゲーム”)を次々と攻略していくんですが、アクション好きな私にとっては、懐かしさと、(延々とゲームをやるのではなく)それぞれのゲームに与えられる挑戦状をクリアしていくのが結構楽しく、夢中になってしまいました…。たらーっ(汗)

“1”ではやっぱり“からくり忍者ハグルマン”がイチオシです。ちなみに、こちらは1〜3までが収められているのですが、3は名前だけ同じなだけで、はっきり言って全く異なるアクションゲーム…個人的には、1&2の方のハグルマンが好きです(からくり扉の開け閉めで敵をはさんで倒していく…最初は踏みつけのみでやってたら、息子に指摘されたがく〜(落胆した顔))。

“2”の方は、“デーモンリターンズ”がスーパーマリオブラザースっぽくって、良い感じでした。あっ、それとテトリスとぷよぷよを足して2で割ったような“トリオトス”(落ち物パズル)は挑戦状をクリアしてからも、一度やり始めると止まらない中毒性を持っております。

もちろん2作品とも最後は全てのエンディングを見る必要があるため(裏技を使いつつパンチ)、それぞれをクリアし、真のエンディングまでたどりつきました。更に、“2”に関しては、ストーリーとは別に、本日の挑戦なんてモードがあり、毎日異なる挑戦が与えられる…割とすぐクリアできるものが多いのですが、これもなかなか楽しめます。ゲーム

ただ、RPGも1つだけあるのですが、個人的には、相変わらずやらされてる感たっぷりだったなぁ…。あせあせ(飛び散る汗) 言うまでもなく、裏技使ってエンディング見ちゃいました…。爆弾

あっ、是非このゲームの第3弾も作っていただきたいですね!その時は、私が購入したいと…(って、これだけやり込んでいれば当然だぁ!)。どんっ(衝撃)
posted by chachu at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

♪青春時代の 真ん中は

道に迷っているばかり〜♪ by 森田公一とトップギャラン『青春時代

9月も下旬になってますので(いや、別にわざと下旬を待っているわけではないのだが…たらーっ(汗)ゲッサン10月号(創刊5号)のことでも書こうかと思います。

ゲッサン5号.JPGまずは、表紙ですが創刊号以来のあだち充QあんどA』が飾っております。今回の背景色も白…あっ、創刊の時は何気にクリーム色でしたか…。単行本もそんな色合いになっていくのでしょうか?とりあえず、この表紙の裏には“ゲッサンSSC 11月より発売決定!!”ということで、5タイトルの(言うまでもなく)1巻が発売されるようで、その1つに『QあんどA』も含まれております。

まぁ、ゲッサンは全作品目を通してますんで、単行本の発売されるそれぞれの作品を解説しようか、検討中…もちろん、私的にはあだち充作品は、間違いなく書くとは思いますが、単行本は(内容がわかっているだけに)中古まで待つ可能性が大かと思います…。ふらふら あっ、おそらく来月号までの6話くらいで、単行本一冊分になると思いますんで、来月号も購入することが前提にはなるんですけどね…。とにかく、5作品を5日連続で記事にするような行為は間違ってもやりません(やれません?)ので、ご安心願います(?)。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、今月の『QあんどA』は第5話にして、ようやく高校生活が始まっております。もちろん、主人公・庵堂厚とヒロイン・前沢遊歩は予想通り(作者の都合通り?)、同じクラスになってます!とはいえ、今の所“ただのクラスメート”なんですけどね…。もうやだ〜(悲しい顔)

そして、担任の先生はといえば…どこかで見た顔かと思えば、『クロス・ゲーム』3巻にて、スピードガンを持った太った男が、樹多村光の球速を何度測定しても135キロで、「おまえの体重だろ」と突っ込まれたり、注釈として135キロの担当編集者は小学館に実在しますとか書かれていた、市原さん(…って、別に知り合いでも何でもないんですけど…パンチ)じゃありませんかぁ!今後も、ほとんど登場の機会はないのかもしれませんがたらーっ(汗)、また是非いじられキャラ(?)として頑張っていただきたいと思います。いや、現在はゲッサンの編集長代理やってるような偉い人のような気もするんですが、まぁおもしろければ良いか…。爆弾

で、そんな先生が歌おうとした瞬間に黒板消しが上から落っこちてきて、結局歌わず仕舞いだったのが、<タイトル>の曲…。まぁ、どうでも良いんですけどね…。爆弾

あっ、それと先月まで新人の作品には“ルーキーファイル No.00○”と記されていたのですが、今月号にその文字は消えておりました。5ヶ月も連載すれば、もうルーキーも“卒業”ということでしょうか? ただ、その割には、巻末の「仕事場見たいし」というコーナー(漫画家の仕事場見学レポートみたいなヤツ)で、今月は何故か多くのゲッサン作家陣や上記の編集長代理やらも一緒にラスボス?のあだち充の所へ訪問しているのですが、そこではかなりのミーハーぶり(あれ、ルーキーに限らずか?)が報告されておりましたけど…。ふらふら
posted by chachu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

四国からのプレゼント for me

(私を除く)家族3人のシルバーウィーク中の愛媛旅行にて、伯母さんからたっぷりとおみやげをいただきました。なお、その一つである“一六タルト”はあっという間に跡形もない姿(?)になってしまいました。ご馳走様です!揺れるハート

で、そんな中、うちの嫁(子供達含む?)から、私個人宛でのおみやげもいただきました。あっ、でも最終的にお金は私が払ったので、それを“おみやげ”と言うかどうかは、疑問を残しますけど…。たらーっ(汗) そのおみやげはといえば、“四国ロボ”だぁ!

四国戦隊 四国ロボ…四国を舞台にロボット達の熱き戦い
四国4県を代表する土佐・讃岐・伊予・阿波の四体の戦士
四国ロボ.JPGリョウマ号…マッコト!トサノカツオハ コジャント ウマイゼヨ!!
ウドンガーS…ナンショーン!サヌキウドン イッペンタベテンマイ!!
アワオドリA…ホナケンナ!アワオドリ オモッショイカラオドルンダジョ!!
イヨカンダム…ナンゾナ!イヨメイブツ イヨカン ジャケンタベマッショイ!!


とりあえず、鉄人28号・マジンガーZ・アフロダイA・ガンダムから、とってつけられた名前なことは間違いないかと思います…。なお、この写真で紹介できなかったんですが、ウドンガーS(いや、Zが反転した文字なので、Sなのかは定かではなかったりしてあせあせ(飛び散る汗))の頭には、しっかりと“うどん”が入ってます(油揚げやかまぼこも含めてね!)。そんなわけで、これだけの頭のでかさを誇っているわけなんですが、それでもイヨカンダムの顔のでかさには負けてるかもしれないなぁ…。ふらふら

それと、個人的に気になったのが、土佐・讃岐・伊予・阿波と言われて、皆さんどれがそこの県だかわかりますか?…と質問している私ですが、地理も歴史もとにかく社会は苦手です…。爆弾 土佐=高知、讃岐=香川、伊予=愛媛、阿波=徳島のようです。(えっ、そんなもん常識?)あせあせ(飛び散る汗)

あっ、ちなみに阿波については現在合唱団VVにて“阿波踊り”を歌っているので、さすがに答えられますが、ほかは一週間後に抜き打ちテストされたら、間違える可能性もあるかもなぁ…(おいおい)。ふらふら
posted by chachu at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

インフルエンザ疑惑?

シルバーウィーク(私にとってのもうちょっとで5連休?)もいよいよ最終日となりました。

で、唯一の半出勤となった昨日…この日はうちの家族3人が2泊3日の四国旅行を終え、帰ってくる予定の日だったのですが、朝7時から電話が鳴る…。電話 嫁からだった。

電話の内容はといえば、娘が39度近い熱を出したらしく、保険証の番号を教えてくれとのことだった。「行く直前が息子で、帰りが娘かい〜!」なんて朝から突っ込む元気もなく(というか、長電話しているほど朝の支度に余裕もないし…いやいや、娘を思いやる私ってことでパンチ)、朝は事務連絡だけで終わる。

仕事に行き、上司から客先アポの関連で来週の予定を聞かれるが、そこで「もしかしたら、娘がインフルエンザかもしれないので、その場合は…」と念のため告げておく。ちなみに、家族にインフルエンザが出た場合は、自分の仕事がどんなに忙しかろうが(…って、本日も出勤日なのに有休とってるぐらいなんで、あくまでも“仮定”の話だが…ふらふら)、会社に出勤はできなくなるのが(割と最近出た)指針みたいです…。

そんな発言をしてから、プライベートでもいろいろ心配事が…。日曜の合唱祭、娘を一日家に置いておくわけにもいかないだろうし、もしかしたら私自身も感染しちゃう可能性もあるので(合唱団の中には妊婦さんとかもいるし)出演しない方が良いかも…なんてところにまで心配は深まる(…っていうか、自分のことより、娘の心配しろよパンチ)。

午前の仕事を終え、家に帰り、早速嫁の携帯に連絡…。留守電かよ〜!たらーっ(汗) で、その後嫁から電話も入り、「現在岡山に向かっている」と言う。あれ、熱はどうなったんだぁ…?

結果的に、単なる風邪であり、娘の熱は朝連絡があったその時間をピークに、病院、伯母の家に戻って、と時間と共にどんどん下がっていき、電車に乗る頃には、37度代までさがっており、それで一時はあきらめかけた浜松帰宅を予定通り実行したみたいです…。帰ってきても熱があったとはとても思えないほど元気だった…。あせあせ(飛び散る汗) それにしても、39度の熱が半日で平熱なんて、なんちゅう回復力なんだろう…。フリーダイヤル

ということで、明日の出勤は、@正直に話す A冗談っぽく笑い話にして済ませる B聞かれない限り黙っている さて、どの対応で行こうか…ちょっと気が重かったりして…。ふらふら
posted by chachu at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

言ってみてぇ〜!

by 今泉 〜いや、酒の力を借りなくても、結構言いたいこといってる気もする私ですが…。たらーっ(汗)

今度の日曜日に市民合唱祭も控えておりますので、この辺で合唱ネタも書かないとね…とは言いつつ、このBlogを読んで合唱祭に行こうと思う人はまずいないとは思いますけど…。もうやだ〜(悲しい顔)

9月18日。この日は本番まであと2回となった通常のVV練習。もちろん、今度のステージもア・カペラ曲のため、指揮者の横にある(いや、指揮者が持参しているのだが…たらーっ(汗))キーボードで音を取るだけなら十分なので、ピアノを使っての練習をすることはほとんどない。ただ、11月の国民文化祭の練習もいつやるかわからないため、一応借りているだけのようです。

そんなわけで、さすがに使わないことを「もったいない」と思ったのでしょう、所々でピアノに向かっていたOさん。しかし、ほとんど意味はなさず…来週の練習ではキャンセルしようかなんていう話になりかけたのですが、会計の方から「心配しなくても大丈夫」といった余裕のある発言が飛び出す…。そんなわけで、<タイトル>へ…。爆弾

ちなみに、合唱団プチ・ヴェールの方は、常日頃から安い会場を借りていて、本番前だけは奮発してちょっと広めの部屋(といっても、VVの通常練習場所とほぼ同じ大きさ)で練習するわけなんですが、通常プチ練費用の3倍近い金額…(もちろん、ピアノは借りてない)。会場を予約してからも「良いのかなぁ」という気持ちになっていた担当の私…。ふらふら てなわけで、是非ともこんなセリフを言ってみたいなぁと思ってしまった。あせあせ(飛び散る汗)

それと、さすがに2週間前ですので、そろそろ決めなければならなかったソロ・solo(?)。『阿波踊り』のソプラノのソロ×2名を決めるために、いきなりのオーディションが開催された。で、例の“浮いちゃうソロ”をとりあえず、パート別でやるとアルトが一番上手く、ソプラノがやるとちょっと上品な感じ(思い切れない…実はやりたくないからという説も…爆弾)で、男声は…やるだけ無駄だった(…というか、普通やらせないだろっ!どんっ(衝撃))。

最終的に“浮いちゃうソロ”の方は、アルトから選抜されることになって、まさか自分になると思わなかったS「え〜、今までソロなんか一度もやったことないですよ〜!」と悲鳴をあげていた。合唱生活で初のソロがこれというのも、ちょっと気の毒(?)な気もするが、これが最初で最後のソロとならないよう祈るばかりです…。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、私は自慢じゃないが、浜松に来てから所属した合唱団の3団体全て=男声合唱団F、大人数混声のH合唱団、(VVの合併前の姿である)GGE にてそれぞれソロは経験しているのですが、VVに入ってから(はや3年が過ぎましたが)、未だソロはやったことはない(…というか、選曲的にも巡り合えてないんですが…たらーっ(汗))。ということで、もしも私にチャンスが訪れたりした日には、前述のSさんのセリフを是非言ってみたいと思います(但し、カッコ書きで(VV来てから)を挿入してね)。パンチ

最後に人気漫画『クレヨンしんちゃん』の作者・臼井儀人氏のご冥福をお祈りいたします(いや、今日の話題とは何のつながりもないんですけど、漫画好きな私としてはどうしても書いておきたいと思い…あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

“別マガ”って?

あぁ、CMで♪集英社の雑誌です〜 とかやってたヤツ?…って、それは“別マ”=別冊マーガレットじゃあ!爆弾 いや、CM自体は週刊マーガレットだったかも…(少女誌には興味ないので記憶は定かではないなぁ…)。たらーっ(汗)

今月の9日に、講談社より本格ファンタジー誌(と書かれている)が創刊されました。その名も“別冊少年マガジン”、略して“別マガ”…と私は読んでます…。パンチ

別マガ.JPGそこには、私も全33巻をオールコレクトした『金色のガッシュ』を描いた雷句誠氏が新連載を開始するということで、創刊号の表紙はもちろん、巻頭カラーで72ページもの執筆を行なったり、真島ヒロとのビッグ対談を行なったりと、初っ端から特別扱いされております。

ガッシュ終了後もチョコチョコ雷句氏のBlogはチェックさせていただいてましたので、講談社で連載を開始することはチェック済でした。まぁ、さすがに(訴訟も起こしてますんで)小学館で描くことはあり得ないんでしょうけど、サンデー寄りな私としては、ちょっと複雑な心境かなぁ…。まぁ、かつての石ノ森章太郎氏のように、契約社員じゃないんだから、「力さえあれば、どこでも好きな雑誌で描けるような環境になってほしいなぁ」と思う気持ちもありますけどね…。

なお、新連載を始めたのが『どうぶつの国』という作品で、モノコというタヌキ(注:着ぐるみではなくタヌキです、またタヌキ以外の動物は普通(?)です)は3ヶ月前に両親を失って(=山猫に喰われた)おり、一匹ぼっちで満足な食料にもありつけない中、川から流れてきた“赤ちゃん”=捨て子を拾う。そこは“どうぶつの国”であり、その赤ちゃんが人間であることをまだ知らない。それでも、マナコはその赤ちゃんを救おうと必死になって、“温もり”を与え続けます…。そんな二人(一人+一匹?)が、生きるために戦う…といった物語のようです。

ちなみに、ゲッサンを買いに行った時に、横にこの雑誌があるのはわかっていたものの、特に手は出さなかったのですが、本屋の脇のご自由にお持ちくださいコーナー(?)にて、お試し読み用というのがあって、そこには『どうぶつの国〜エピソード0〜』という(週刊少年マガジンで読み切りで描いていた作品かと思いますが)番外編的なもので、タヌキはほとんど登場せず、2頭の山猫の出会いが描かれている作品がありました。で、これを読んで、かつ創刊号は380円という、ファミ通よりも安い金額(比較対象がそっちかい爆弾)というのと、家族に話をしたら、各100円ずつ出してでも欲しいということだったので、Getいたしました(おいおい)。がく〜(落胆した顔)

まぁ、お試し用を読んで買ってしまうパターンは、売り手側の思うツボなのかもしれませんが、買ってみたら中に別冊の付録が入っておりました。「この金額で付録までつけてくれるのかぁ」と一瞬喜んだものの、その別冊は、“お試し読み用”だったりして…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

♪ひとりじゃないって すてきなことね

…まぁ、たまには一人なのも素敵なことかもしれない…(?)。爆弾 
by 天地真理『ひとりじゃないの

シルバーウィーク2日目。現在独り身となってしまいました…(注:変なことしでかして嫁が実家に帰ったわけではない…)。ふらふら

本日より二泊三日にて、私以外のうちの家族3人は愛媛県へと旅立ちました。あっ、妻にとってのおばあちゃん(子供達のひいばあちゃん)がそこにはおり(もう100歳過ぎてたと思う…)、現在寝たきりではあるものの、なかなか遊びに行くこともできない(長期連休は大概私の実家=埼玉に行くことがほとんどなので…)ため、今回久しぶりに(その面倒をみてくれている)伯母さんの家へと遊びに出掛けて行きました。新幹線

なお、私は残念ながら今回は3連休…。あっ、あくまでも会社のカレンダー上の話で、出勤日となっている22、23日ですが、一日は先週定時後に客先行ってセットアップした際に残業手当てが出ないために、その分の半振休(…って、そんな名前の休みは実際には存在しないんですけど…あせあせ(飛び散る汗))、そして、もう一日は有給休暇にしちゃったので、結果的にはもうちょっとで5連休…ってな感じですけどね…。がく〜(落胆した顔)

で、そういう時に限ってドキドキさせられる場面が今回も登場(?)。18日の合唱団VVの練習の時にも調子が悪くてとっても眠そうにしていた息子。昨朝起きて熱を測ったら、37度ちょっと…。たらーっ(汗) 食欲はあったので、しっかり食べてとにかく一日寝かせておきました。眠い(睡眠) そのおかげもあってか、熱は37度代にとどまり、夜にはかなり元気を取り戻しておりました。いずれにしても、現在も特に連絡はないので、元気に過ごしていることかと思います。ということで、愛媛県にお住まいの方、インフルエンザを持ち込んではおりませんので、ご心配なく…。爆弾

あっ、それと私がいかないこともあってか、義姉も同じ目的地へと出掛けている模様…。ただし、一緒にではなく、一人車で…。車(セダン) いやぁ、いくら高速道路乗り放題1000円とはいえ、大阪圏(対象外)通るし、本州〜四国間はどっかの橋も渡ると思うし…まぁ、それでも新幹線で行くよりは安いとは思いますが、一体いつ到着するんだろう?爆弾 いや、それでも明日一日は車で行動できるのは嫁にとってはありがたいことかもしれません…。ちなみに、同乗(同情?)のお誘いもあったようですが、場所が場所だけに即パスだったみたいです…。

おっ、たった今、嫁から電話がありました。無事到着したようです。わーい(嬉しい顔) えっ、お姉さんは既に着いてる?どういうこっちゃ? まぁ、私にはあまり関係のない話なので、良しとしておこう…。フリーダイヤル
posted by chachu at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

♪燃えろ×4 ロボコ〜ン

by 速水けんたろう『燃えろ×4 ロボコン!!』〜1999年にTV放送された『燃えろ!!ロボコン』の後半からのオープニングテーマです。この当時NHK“おかあさんといっしょ”で歌のおにいさんをつとめていた速水けんたろう氏が歌っていたため、子供達も何度か聞いているはずなのですが、どんな歌い出しだったかを聞いても、誰も答えることはできなかった…。

そりゃあ、あれからかなりの年月経ってるから当然なのかもしれませんが、私の幼少時代に放送された、水木一郎の歌う ♪デンデンガンガンホイデンガン… は私的には(30年以上経てども)今でも忘れることはない曲だったりするんですけど…(あっ、思い入れが違ってたっけ…)。たらーっ(汗)

そんな私が幼少時代(1974年10月)に夢中になって、何と2年半もの間放送された『頑張れ!!ロボコン』が35周年を迎えようとしております。ちなみに、『仮面ライダー』でさえも2年間の放送でしたので、特撮ヒーロー(いや、“ヒーロー”とは言い難いか…あせあせ(飛び散る汗))物としては最長ではないでしょうか?

なお、こちらも石ノ森章太郎作品だったりします。ただ、他のヒーローものとはかなり路線の異なっており、ジャンル的には“ホームコメディ”にあたる作品です。 人に役立つことをすることで与えられる100点満点を目標に、お手伝いロボとして頑張るも、失敗ばかりが目立ち、0点をとることもしばしば…といった半人前のドジロボットの心温まる物語です。

ロボコン.jpgそんなロボコンのDVD-COLLECTIONが10月21日に発売されるそうです(23,100円)…って、まだ1ヶ月以上あるんですけど…。ふらふら で、そのDVDの発売を記念したDVD(…って、何じゃそりゃあ!どんっ(衝撃))が昨日(9月18日)に発売されたようです=『ロボコン 1st エピソードコレクション』。こちらは何とお値段980円とかなりリーゾナブルだぁ!

この安さには裏がある」と思った方、良い読みです!爆弾 例の如く(?)、全国のローソンにて発売されるPPV機能付DVDだったりします…。そんなわけで、最初に観られるのは2つの話だけ…。たらーっ(汗) あっ、ただ“がんばれ!!”の初話と“燃えろ!!”の初話というリメイク版の方も一緒に味わえるのは嬉しいかもしれませんね。

メタルヒーローシリーズと平成仮面ライダーシリーズの狭間(?)となり、1999年に放送された『燃えろ!!ロボコン』。まぁ、メタルヒーローも“ロボタック”やら“カブタック”やらと、コメディ路線になってたし、ロボコン終了後は同じ石ノ森作品でバトンタッチできているので、タイミング的にはGoodだったと思います。ちなみに、あまり話題にはなってませんが、一応、こちらも“10周年記念”だったりします…。加藤夏希ファンの方は、彼女の女優デビュー作品(ヒロイン役=ロビーナを演じておりました)を是非一度ご覧あれ〜!フリーダイヤル

あっ、うちの娘の保育園時代、私や息子がヒーロー作品のビデオをレンタルしようとした際に、「ロボ根性がいいよ〜!」というのが口癖だったことがありました。そして、私も自分が見たくないチャンネルにまわされた際に「ロボ根性がいい!」という必殺技(?)を模倣させていただきました。そう、都合が悪い時の“ロボ根性”…ちょっと懐かしい思い出だなぁ…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする