2009年10月31日

♪イクササ〜イズ

by 名護さん〜こちらも2つ前の仮面ライダーになりますんで、ちょっと懐かしい響き(注:仮面ライダー響鬼のことではないパンチ)になりましたね…。

オフィシャルデータ84.JPG仮面ライダー オフィシャルデータファイル』のことを書くのは実に半年ぶりになります(いや、その名前は様々な記事に登場させている気もしますが…ふらふら)。なお、現在は84号まで発売されております。もちろん、オールGetしております!

毎週火曜日に発売され、私は最寄の本屋に土日に買いに行くことがほとんどです。ところが、80号を過ぎたあたりから、おそらく入荷数を減らしたと思われ、82号、83号と私が買いに行く時には姿はありませんでした。ふらふら

そんなわけで、この2冊を取り寄せ…で、もうこの際なんで、以降の号も取り置きしてもらうよう手配をかけました。ちなみに、デアゴスティーニのHPから定期購読(バックナンバーも含めて)して、(送料も無料で)自宅に直接届けてもらうことも可能なようでしたが、私が通う最寄の本屋では、スタンプカードがあり、500円毎に一つスタンプを押してくれて、30個でスタンプが一杯になり、これにより500円の買物券として使用可能になる。本屋では珍しいサービスなんじゃないでしょうか? まぁ、本屋に行くこと自体はそれほど苦にならないので(というか、むしろ好きなんで…たらーっ(汗))、もっと早くから取り置きにしてもらえば良かったかと…(どうせ、最初からオールコレクトするつもりだったし…)。ふらふら

で、日曜日(10/25)にお願いしたら、2日後(10/27)にはTELにて連絡がありました。「取り寄せの2冊が入った」というTELと「定期購読分が入った」というTELが別々で…。がく〜(落胆した顔) 同じ注文書に書いて、しかも「定期購読分の連絡は特にしなくて結構です」と断っておいたのですが、意味なかったですね…。どんっ(衝撃)

いずれにしても、3冊まとめて、昨日(ちょうど半休とってたし)取りに行きました。ちなみに、今日もハイパーホビーやら、小学四&六年生やらを買いに行ったんで、実際には今日でも良かったのですが、毎月10・20・30日はスタンプ倍押しデイだったんで…。たらーっ(汗) ただ、店員さんが新人っぽくて、いつも通りのスタンプ数だったんで、(昨日わざわざ行った意味もなくなるんで)「あれ、今日は倍押しじゃないんだぁ…」とちょっと嫌味っぽく言っちゃっいましたけど…。どんっ(衝撃)

なお、77号以降から突然のようにキバ関連のデータファイルも追加され、「100号まででちゃんと完結するんだろうなぁ?」という不安要素も残してますが、きっと大丈夫…なんだよなぁ…。たらーっ(汗) とりあえず、以降は全ての号にキバ関連シートが入ってますんで、計画通り…ということにしておこう…。

とにかく、100号まであと約4ヶ月。売り切れの心配もなくなったんで、できるだけスタンプ倍押しデイを狙って取りに行くようにしましょうか?パンチ
posted by chachu at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

♪どっちにしても×2 微妙なとこね

by 松居直美『微妙なとこネ

埼玉に住む祖父(私の実父)の、浜松7泊8日ツアー(?)も無事終了しました。

私の方は今週は外出の日々が続いておりましたが、本日はちょうど空き日だったので、半休をいただき、祖父を送っていきました(もちろん、浜松駅までですけど…)。車(セダン) 最近事務所にいることの多い私ですが、今週は外出が続き、昼食は全て外食(土日も含めると7日連続だったりして…あっ、でも日曜はマックのドライブスルーで買ったものを家で食べたので、“外食”と呼んでよいのかよくわからんが…がく〜(落胆した顔))。とにかく、体重計にはのりたくない気分です…。たらーっ(汗)

更には、昨晩は祖父のために、家族皆で、(祖父ではなく、娘が指定の)くら寿司へと行ってきました。一応、息子が好きなのがハンバーグなので、私「(息子の希望が良いか、娘の希望が良いか)どっちにする?」と意地悪な質問をしてみたところ、その時は笑ってごまかしていたが、翌朝、祖父「そんなの選べないよ」と嫁に嘆いていたとか…(とりあえず<タイトル>へ…)。なお、私は寿司になると思い込んでいたので、その日の昼にちょうどハンバーグ食べたところだったりして…。パンチ

行った方ならご存知の通り、くら寿司では、食べ終わった皿を返却する口があり、5枚入れるとゲーム画面が動き出し(ルーレットスタート!)、それで“あたり”が出るとオマケがもらえる…というのが、子供が行きたがる一番の理由だとは思います。

普段は割と小食な娘ですが、寿司となれば話は別。家族全員、昨日もとってもよく食べて、5人で50皿以上をたいらげちゃいました…。(注:オマケ目当てではない)うち2回の当たり〜! 更にそのうちの一つはレアと書かれている“くら吉”のストラップ…まぁ、個人的にはヒーローモノじゃないんで、興味ないんですけど…。爆弾

ちなみに、昨晩は娘もちょっと寂しかったのか、「おじいちゃんと一緒に寝たい」と言うので、祖父の泊まっている隣の部屋へと布団を移動…。実は祖父の方が、さすがに大きくなった(小4)ので、そろそろお風呂や一緒に寝るのは遠慮しようとしていたのですが、逆に娘の方は全く気にしていない様子でした。

で、朝起きて、私が部屋をのぞいてみたら、祖父のお腹の上に娘の足がしっかりのっかってました…。ふらふら むしろ、これが理由で遠慮していたのかもしれないなぁ…。たらーっ(汗) まぁ、それも一つの想い出になれば…って、悪夢にうなされていたらどうしよう…。どんっ(衝撃)

いずれにしても、今日は長旅から帰宅し、ゆっくりと寝られることでしょう!
posted by chachu at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ゲッサンSSC 第一弾<その3>

11月12日の発売日まであと2週間となったゲッサン少年サンデーコミックス。私の方も、順調に(?)紹介を続けております。
<その1>あだち充『Q&A』
<その2>石井あゆみ『信長協奏曲』

本日は、モリタイシまねこい』<私的評価:☆☆☆☆★>を語りたいと思います。なお、モリタイシは名字が“モリ”で名前が“タイシ”です(最初、モリタ・イシかと思ってたりして…パンチ)。

ホンチー.JPGこちらは、一言で言えば、モテナイ男が高嶺の花に挑むラブコメディーです。主人公となる園田波留(ハル)は高校二年生の地味〜な男の子。女の子と対話をすることも正直苦手としている…。それに対し、クラスメートの本田知華子はといえば、顔はもちろん、スタイル抜群、成績優秀、運動神経も抜群で、全てがハイクォリティーな女の子。更に性格まで良いときては、もう全男子憧れの女の子以外の何モノでもない…。

あっ、ただ話が進行していくと、音痴&味オンチ&方向オンチという3オンチ揃い踏みであることが判明するんですけどね…。たらーっ(汗) あっ、ただ1巻ではそこまでは収録されないと思います(おいおい)。パンチ

当たって砕けることすら出来ずにいたハルに、怖いお兄さんから無理やり買わされた“招き猫”が彼の運命を変える(?)。その招き猫に祈ったら、突如として現れた生のしゃべる招き猫、その名も、招木猫太郎。呼ばれて飛び出て…ってな雰囲気(?)で登場してみたものの、彼(?)は金運祈願の担当で、恋愛は専門外…。果たして、ホンチー(ハルがこっそりと呼んでいる本田知華子のことだが、本人を前にしては、今の所、とても呼べそうにない…たらーっ(汗))への思いが伝わるのはいつの日か…ってなストーリーです。

毎回2話掲載なのが特徴で、注目は第10話の扉絵となるシャワーシーン…って、猫太郎のだったりして…。爆弾 そこには、“サービス、サービスぅ♪”とか書かれており、「どこがじゃあ!」と健全な男性なら誰しも突っ込むところでしょう!がく〜(落胆した顔) あっ、これも残念ながら一巻には登場しないよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

♪めだかの兄妹が川の中

大きくなったら♪ …う〜ん、めだかなら良いけど、人の場合は水着に困っちゃうんだよなぁ…。爆弾 by わらべ『めだかの兄妹

うちの兄妹はスイミングスクールに通っている。いや、もう“通ってい”と書くべきだろうか? 本日を以って、娘はスクールをやめることとなりました。

何事にも飽きっぽい娘ですが、一応約二年間続けたことになるので、まぁ、長続きした方だと思います。これで、残すは習字と生け花となり、生け花の方は月一程度で500円/回なんで、もう一つくらい習い事しても良いかと思い、私「そろばんはどう?」と(おそらく断られることを予想しながらも)聞いてみたが、即脚下だった…。爆弾 え〜い、高校くらいになって、「やっぱり習っておけば…」とか後悔するんじゃないぞ〜!ふらふら

実は一ヶ月以上前から、(なかなか進級できなくてへこんでいたのか?)娘「やめたい」と言い出したのですが、半月以上前に申し出をしないと、やめられないことがわかり(どうせ月謝も払うんだからもったいないし…たらーっ(汗))、翌月=今月いっぱいまでは頑張って通ってもらうことにした。

ちなみに、親的な事情を言えば、ちょうど水着もきつくなってきており、そのスクール指定の水着が結構高く、「買ってあげて、すぐやめるとか言われたらどうしよう(娘の場合は有り得る話なんだよなぁ…たらーっ(汗))」と思っていた矢先だっただけに、結構ラッキーな話だった…(おいおい)。がく〜(落胆した顔)

ところが、その申し出を出す直前に、娘「やっぱり続けたい!」とか(母親に)言ったらしく、私の帰りを待って、娘が相談してきた。こんな時は、まず自分の意志ではなく、どうせ友達に「やめないで!」とでも言われたんだろう…そういう甘い言葉に弱いのは、自分の娘ゆえとっても気持ちがわかるんだよなぁ…。ふらふら 

いずれにしても、私「例えば、○級合格するまでは頑張りたいといったような、自分の意志で続けたいわけじゃないなら、もうやめな!」と言ったら、あっさり、娘「うん、やめる」だって…。どんっ(衝撃) そんなちょっとした騒動もあったものの、本日にて無事卒業(と言ってよいのか?)です。

まぁ、娘は部活もやっているので、無理に習い事に行かなくてもしばらくは良いかもしれません。まぁ、スイミングに投資した分は、来年の(浜松の小学五年生恒例の)“30分回泳”だけは泳ぎ切っていただかないとねぇ…。がく〜(落胆した顔)

あっ、兄はまだ続けるみたいです。こちらは、昨年30分回泳終わってるんで、親的にはやめてもらっても、全然OKなんですが…(おいおい)。パンチ
posted by chachu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

♪さわやかに富士はそびえて

輝くしずおか♪ by 南荘宏作曲『しずおか賛歌〜富士よ夢よ友よ

先日行って来た“モザイカルチャー”や、私も出演する“国民文化祭”…どちらも現在開催中で、前者は日本で初開催の花と緑の国際イベントであり、後者は国内最大の文化イベントである。そんな大きなイベントに、ヒーローの姿が全くないことにショックを受けている人も多いことだろう?(えっ、私だけ?)パンチ

最近、こういうイベントにつきものとなったのが、“マスコットキャラクター”であり、ここに採用されるのは(ヒーローではなく)いわゆる“ゆるキャラ”がほとんどではないでしょうか?まぁ、ローカルヒーローを紹介できない分、たまにはそんな“ゆるキャラ”にスポットをあててみたいと思います。

マスコットキャラ.JPGまず、写真上が『浜松モザイカルチャー世界博2009』のイメージキャラで、その名も“モザイ”…って、まんまかよ〜!爆弾 で、手にしているものなんだかわかりますか?だんごを食べ終えた串でもなければ、必殺仕事人やるためのかんざしでもありません…。パンチ 指揮棒です…えっ、それくらいわかる? 人と自然のシンフォニーの指揮者として活躍するモザイカルチャーの妖精だそうです。他に、バイオリンや太鼓を持っている姿も見かけるので、人員不足で指揮者と演奏者を兼ねていると解釈すれば良いのかな?爆弾

なお、浜松市出身の方がこのキャラ作ったそうです。チケットやら無料パンフやら、もちろん携帯ストラップ等の商品展開も含めて、あらゆるところに登場しているので、浜松市民以外でも名の知れたキャラとなったことは間違いなし???

次に写真下が静岡国文祭のマスコットキャラの“ふじっぴー”。こちらは、静岡県のマスコットキャラでもありますので、静岡県民だったらさすがに「見たことない」という人はほとんどいないと思われます。平成12年2月14日のバレンタインデー生まれですんで、現在9歳ということになります。身長は173.776cm、体重は137.76kg、靴のサイズが37.76cm…まぁ、要は“3776”という富士山の標高をアピールしたいんだろうねぇ…。

とりあえず、5日前のローカルヒーローネタ=富士山ライダーMAXのように、最大拡張身長3776mということはないようで、身長は至って人並みで何か安心しますが、体重およびその姿は、やっぱりメタボ対策が必要でしょう!爆弾

そんな“ふじっぴー”の得意なことの一つに、「しずおか賛歌を歌うこと」とあるんで、しばらく耳にしていないものの、とりあえず<タイトル>に出してみました。で、更にもう一つ特技があり、「ロダン体操を踊ること」なんだって!フリーダイヤル ロダン彫刻のポーズを真似しながら、しずおか賛歌にのせて体操するもの…ちなみに実際に体操している姿を私は拝見したことはない…。たらーっ(汗) ということで、残念ながら役に立たない特技で、今後もマニアックな特技のまま、日の目を見ることはないんだろうなぁ…。爆弾
posted by chachu at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

♪なんにもしないでおしりをふっていた

by 木下牧子作曲『44わのべにすずめ

昨日は月に一度の合唱団プチ・ヴェールの練習だった(ということで、珍しく二日連続の合唱ネタでするんるん)。先月に市民合唱祭も無事終了し、今月からは1月末に行なわれる、アンサンブルコンテスト(通称:アンコン)に向かって本格始動といったところでしょうか…。

例年、アンコンには2曲で出演しておりますが、今回は<タイトル>の曲、一曲だけにかけてます!…いや、理由は曲が長いからで(約4分30秒)、もう一曲入れるとすると、かなり短い曲でないと収まらないためというだけなんですが…。ふらふら

いずれにしても、現状のTenor一人では格好がつかないんで、上層部(…って、プチにそんなのあったっけ?パンチ)が必死にくどいたようで、昨日はTenorに見学者が2名…というか、見学したらほぼ入団状態であることも本人達理解した上での参加だったようでした…。がく〜(落胆した顔) 一応、アンコンまでの期間限定にて、更に平均年齢を若返らせる新しい2つの血が送り込まれる結果となりました(?)。

ただ、そんな時に限って、定期メンバーのTenor1名(というか、彼も実際にはバリトンなのを無理してテノール歌わされてるんですが…たらーっ(汗))は欠席。ふらふら 新入団員二人で1パート(しかもDivisionあり)だったため、若い男の子にはやさしい(?)指揮者Kがテノールの音取りを中心に指導。Bass陣はTenのための鍵盤音が聞こえるように、抑制して歌うハメとなった。これを、昨日紹介した俗語表現するならば、“4.5帖のシチュエーション”=隣の部屋には聞こえなく、かつ指揮者に辛うじて聞こえるレベル(?)…ってな感じでしょうか?

そんなわけで、比較的音が簡単で、そこそこ音の取れているBassはほとんど放っとかれ状態で、
K「Bassは何にもしないで!」とまで言われる始末…。あっ、<タイトル>の歌詞から歌ってという意味でしたか、失礼しました…。爆弾

ちなみに、その発言で、あえて歌わずにいたら、指揮者の怖い視線が飛んできたようで(私は楽譜を注視していたので気付かなかったんだが…パンチ)、
K「何にもしないんなら、おしり振ってて!」と言われたので、
私「じゃあ、おしり振る方、頑張ります!」と返してみたら、何故か謝られた…。がく〜(落胆した顔) こんなやりとりしてて、新入団員達がどのように感じたかは、考えないことにしよう…。たらーっ(汗)

なお、合唱団VVも次回のアンコンには混声合唱として出演予定です(昨年は、女声=ヴォアジョーヌで出演し、男声陣はプチに流れてきた)。いずれにしても、VVメンバーでも、他合唱団と掛け持ちの人もおり、(一団体しか出演できない関係上)別の合唱団に参加している人もいますんで、そういう意味では、今回は私もフリーな立場で出演団体を決めたいと思ってます…。とは言うものの、もし、「VVに出演する」と言って、指揮者(or Bass陣)に断られたらどうしよう…。爆弾
posted by chachu at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

6帖アパート住まいのシチュエーション?

はばたく静岡国文祭”も、昨日開幕いたしました! とか書きながら、西部地域はそんなに盛り上がっている感じしませんけど気のせい?爆弾 それはさておき、開催中とはいえ、自分達が出演する“合唱の祭典”も最終日(11月7〜8日)なんで、まだ結構日がある気がしてのんびり感なのは私だけなんだろうか…(?)。フリーダイヤル

いずれにしても、イベント前だからといって、相変わらずマイペースな合唱団VVの練習。先週(23日)も、暗譜の練習なんぞにも若干チャレンジしたものの、「これから頑張ります」的な人もたくさんいたりして…。あせあせ(飛び散る汗) えっ、私ですか? 前回の伊豆練習で突然やることになった曲は除いて、結構いけそうな感じです…とか余裕こいてる時に限って、本番でやっちまった状態になったりしますけど…。ふらふら

後半のOさん練習は(もちろん国文祭の曲もいつもよりは(?)やったんですが…)どちらかといえば、(12月の芸術祭で歌う予定の)三善晃日本民謡に力が入っておりました。

で、今回も市民合唱祭ステージのリベンジをはかるべく、ソーラン節にも結構時間を使ってましたが、そこで指揮者Oさん曰く、
Oさん「6帖くらいの学生さんが住んでいる(壁の薄い)アパートで、かつそこには、怖いヤクザ系の人が住んでいるのを想像して、自分達には聴こえるように、隣の家には聴こえないように歌ってみて!
とのこと。さぁ、皆さんだったらこれを聞いて、どのように表現するでしょうか?爆弾

もちろん、我々VVメンバーの人達も、どう歌ったら良いのか、躊躇している人がほとんどで、Oさんの思い通りにはならなかった。ここでの目的は、「(自分の音やリズムばかりに気をとられてないで)皆でお互いの声を良く聞き合って、縦の線を揃えましょう!」ということだったのですが、あえて、こういう表現をするのがOさんの良い所(なのかぁ?がく〜(落胆した顔))。

というか、怖いお兄さんが近隣に住んでいるアパートで、合唱の練習は普通しないでしょう!爆弾 私だったら、もうちょっと、安全地帯な家に住む友人のお世話になると思うんですけど…。ふらふら

そんなわけで、この練習が個人的には非常に斬新なものとなりました。というか、全国の合唱団みても、そんなシチュエーションで練習しているところはないでしょう!どんっ(衝撃) ということで、今後自分の声量をコントロールする際には、“6帖(or 4.5帖)アパートバージョン”とか、“防音マンションバージョン”とか活用していきたいと思いますんで、私のBlog読者の方は良く覚えておきましょう(おいおい)。パンチ
posted by chachu at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

“モザイカルチャー”って?

昨日より、埼玉に住む祖父(私にとっての父)が浜松に遊びに来ております。今回父を呼んだ目的(?)は大きく二つ。一つは、9月19日〜11月23日までの約2ヶ月間に渡って開催中の“モザイカルチャー”に行くことで、もう一つは孫達の学習発表会を参観すること…だったのですが、学習発表会の方は、12月への延期が(結構前ですが、遊びに来る予定を立てた後に)決定してしまいました。もうやだ〜(悲しい顔) インフルエンザが原因なのかな?でも、冬にやるともっと流行っている可能性もあったりして…(?)。たらーっ(汗)

そんなわけで、唯一の目的となってしまった(いや、孫の顔を見に来ることが一番の目的なんでしょうけど…)『浜松モザイカルチャー世界博2009 浜名湖立体花博』へ、本日家族5人で行って参りました! 2004年にも“浜名湖花博”なんかが開催されてますし、花好きにとっては嬉しい街なんだろうなぁ…私にはそのありがたみはイマイチ伝わりませんけど…。爆弾

モザイ.JPGそんな私ですんで、最初に“立体花博”とか“モザイカルチャー”とか聞いて、とりあえず、想像…。
私「花の肝心な場所を見えないようにするイベントか?」…って、モザイクカルチャーかい!(注:本気で思っているわけではないので…たらーっ(汗)) あっ、ただ、モザイク(幾何学模様)とカルチャー(文化)の造語なのは確かなようなので、“モザイクカルチャー”でもまんざら間違ってはいないようですけどね…。

場所はフラワーパークで、普通に我が家から行くと車で30分くらい。ただ、このイベントの開催中はそこの駐車場はバスのロータリーと化し、結構離れた指定駐車場(1000円)からシャトルバス(こちらは無料)で行くようになっている。で、通常は有料のはまゆう大橋が、期間中無料ということもあり、初めて利用してみましたが、我が家からは遠回りで、距離的にはもちろんのこと、時間的にも恩恵をうけることはなかったなぁ…。たらーっ(汗) まぁ、浜名湖が一望できて、父は喜んでましたけど…。

出展された作品は、大きくわけると2タイプ=2D or 3D作品になるんですが、個人的にはやっぱり、3D作品の方がリアル感があって良いなぁ(もちろん、2Dでも迫力ある作品もありますが…)。入場前の3Dうなぎ犬展示がお気に入り作品の一つだったりして…。たらーっ(汗) いずれにしても、全部で91もある作品を、フラワーパークをぐるりと一周回るように展示してますんで、良い運動になりますがく〜(落胆した顔)…じゃなくて、見応えたっぷりです。更には、温室やローズガーデンも従来通り営業してます(?)んで、滅多に行くことのない花好きな方は、そちらも是非ともお楽しみください!

ちなみに、朝の地点で、わずかながら雨が降ってましたが、私達が見学中はほとんど降られる事はなく、ほぼ見終えたあたりから、そこそこ降り出して来ました。本日は娘が習い事(時間は朝から夕方までいつ行ってもOK)だったので、習い事の先に出掛けるか、後で出掛けるか、迷いましたが、先に行って正解でした!

人は結構多かったですが、作品が大きいだけに(急いで見ようと思わなければ)特に足止めされてしまうこともないかと思います。なお、最も混雑を感じたのは、入り口横のみやげもの売場だったりして…(帰りではなく、行きに寄っておいた方がBetterだなぁ)。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

ゲッサンSSC 第一弾<その2>

<その1>で、あだち充Q&A』を書いてから5日…おぉ、私にしては良いペースだぁ!がく〜(落胆した顔)

今回は、石井あゆみ信長協奏曲』<私的評価:☆☆☆☆★>です。なお、(前回語るのを忘れてましたが)☆×5がコミックスを買うくらい、または買おうか検討したいくらいおもしろい、☆×4がおもしろい、☆×3がまぁまぁ、☆×2がイマイチ くらいに考えていただけると…って、とりあえず、☆×2以下の作品は紹介する気はないですけど…(いや、ゲッサン連載作品はレベル高いと思うし、少なくとも2月までの発売予定作品は全て紹介予定です…)。たらーっ(汗)

信長協奏曲.JPG信長協奏曲…協奏曲と書いて、“コンツェルト”と読む。信長とは言うまでもなく、織田信長を指しますが、別に信長がオーケストラになるわけではありません…。爆弾

現代を生きる高校一年生のサブローが、戦国時代にタイムスリップしてしまう話。勉強嫌いで、歴史なんぞにはもちろん興味のない男が壁から落ちた先が、何と織田信長の背中の上だった…。若かりし信長は病弱(いや、実際がどうだったかは私も知らないが…たらーっ(汗))だったようで、何と安息の地を求めて、逃げ出そうとしている最中だった。運が良いのか悪いのか、サブローの顔は信長に瓜二つ…ってなわけで、本人の意志と無関係に身代わりとなることとなってしまった。ふらふら

もちろん、それまでの生活がそれまでだっただけに、品行方正で名高いふるまいなんぞできるはずもなく、周りからは“うつけ”になったと言われる始末…。そんな“サブロー信長”が「歴史だけは変えてはならない」と、天下をとるべく(?)奔放奮闘する物語です。果たして、現代に戻れる日は来るのでしょうか…って、そんな日が来たら、この漫画終わっちゃうんでしょうけど…。爆弾

個人的には、小学校の頃からずっと社会(歴史に限らず…)は、嫌いな教科だったことがトラウマになっているようで(?)、漫画でも歴史モノには興味を示さないのですが、この漫画は現代の高校生活から始まるし、絵も見やすいので、全く抵抗なく読み始めることが出来、以降も楽しく読ませてもらってます。ルーキーファイルNo.004ですが、初めての連載とは思えないほど、絵もストーリーも安定しております!

ただ、第3話の巻中カラー以外は、掲載されるページが毎回最後…。「個人的には結構おもしろいと思うんだけど、周囲はそうでもないのかなぁ?」なんて心配なんかもしちゃったりして…。そうしたら、そんな思いは私だけじゃなかったようで、ゲッサンの公式サイトの方でも、(私と同様の)意見がよく寄せられるが、心配ないです…てな内容が書かれておりました。あえて“しんがり”に“大抜擢”しているんだとか…。

ちなみに、最近あだち充がお気に入りの漫画作品の中にも、(ゲッサン作品では唯一)この『信長協奏曲』があげられております…あっ、ただそれを紹介しているのは、あだち氏本人ではなく、太った編集こと(?)市原さんだったりしますけどね…。ふらふら
posted by chachu at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

♪富士は日本一の山

by 文部省唱歌『ふじの山』 注:ワールド一の山ではありません…ってわかる人にしかわからないネタですいません…。あせあせ(飛び散る汗)

(既に10日経ってしまったがたらーっ(汗))伊豆の国市で国文祭の合同合唱練習やったあの日。実はその前の通常VV練習地点で、「集合時刻に遅刻するかもしれない」と申し出ている人がおりました。結果、やっぱり遅刻…たらーっ(汗)。ただ、その場合は小笠PAで合流するということも予告していたようです…そう、間違いなく“計画的犯行”だぁ!爆弾

ということで、浜松ICに乗って、20分くらいで早速休憩タイムとなってしまった。とりあえず、時間もあったので店内をぷらつく…。すると、目にしたことのない私の好きそうな携帯ストラップが置いてあった…。その名も、“富士山ライダーMAX”だぁ!

富士山ライダー.JPG富士山ライダーMAX
(表面)
熱いマグマを内に秘め、皆が待ってたスーパーヒーロー
日本最大級巨大化ライダー ここに誕生

(裏面)
世界遺産を目指し、悪の秘密結社“ゴミラー”と戦い続ける。
最大拡張身長3776m
体内に潜むマグマパワーは世界最強!!


私のGetしているローカルヒーローのストラップは、戦隊モノばかりだったのですが(でないとキリがないし…)、ライダーモノで地元静岡のヒーローモノとなれば、やっぱり買わずにはいられないだろう(?)。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、今日、ちょうど静岡市へ(もちろん仕事で)上司と外出した際にも、ここに寄ったのですが、その際には見かけなかった。もしかして、売り切れ?あるいは、販売中止(おいおい)?パンチ …いや、別に今日はトイレ休憩と飲み物買いにちょっと寄っただけなので、単に見落としただけかもしれないのだが…。たらーっ(汗)

参考までに、仮面ライダーJが巨大化した場合が約40m。おぉ、それと比べても100倍近いということになるではないかぁ!○rico(注:先頭はO(オー)じゃなく○(まる=隠してるつもり…)ですんで…パンチ)のCMにて、オキテ破りの倍率で、怪獣よりもヒーローがメチャクチャでかくなっちゃうヤツがあったけど(これ、結構好きだったわーい(嬉しい顔))、それですら顔負けですなぁ…。爆弾

まぁ、ローカルヒーローだからこそ、何とでも書けちゃう(撮影ないし…)ところでしょうね。是非とも、敵のゴミラーの身長を公開していただきたかったなぁ…。それと、デカイことはわかったが、強さはあくまでも潜在能力は世界最強なのは分かったが、実際は大したことないと解釈すれば良いのだろうか?…あっ、地元のローカルヒーローだけに応援しなきゃいけなかったっけ…。パンチ
posted by chachu at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする