2009年12月30日

New SUPER MARIO BROS.Wii<その4>

子供達に一週間遅れて、私の冬休みが始まりました。本日より7連休。今日は清水、明日より埼玉と連休のほとんどを実家で過ごすこととなります。Blogも連休に入りますんで、よろしくです…。

で、10日前まではWorld5の砦にいたんで、「年内は間違いなく満喫できるでしょう!」と前回語った『NewスーパーマリオブラザーズWii』の話題ですが、現在どこにいるのかと言えば、World8の砦…。おっと、かなりペースアップしちゃいましたねぇ…。たらーっ(汗)

まぁ、断言通り年内は満喫できそうですが、このペースアップは臨時収入より得ることのできた自分自身へのクリスマスプレゼントとも言うべき、ニンテンドーDSソフト『ゼルダの伝説 大地の汽笛』をGetして未プレイであることが一番の原因かと…。爆弾

それはさておき、World8(火山地帯)はさすがに最終ワールドだけあって、毎度のことながら難易度高いです…。もちろん、8-2にある隠しゴールもファミ通攻略ページ(結局12月24日に発売された1100号も出張のお供に買っちゃったんで(現在発売中)、付録の攻略手引き書は永久保存版となるでしょう…攻略本買う必要ないし…)のおかげで難なくクリア。一気に8-7に進める状態ではあるのですが、もちろん、スターコインコンプリート目指している私には関係ない!地道に一つ一つステージを片付けていっております。

で、マリオが帽子を被ってない姿を目撃。「あれ、どっかで落としちゃったのか?」と結構あせる…。というのも、『スーパーマリオ64』(or 64DS)の時に、ハゲたかジャンゴ(砂漠ステージ)で何度となく帽子を奪われた忌まわしき記憶が蘇ったからだぁ…。ふらふら

結局、マリオの残り数が99となりこれ以上増えない状態になると帽子ぬぐんですね…。紛らわしいことしないでくれよ〜!(いや、過去のマリオを知らない人にはちっとも紛らわしいことじゃないと思いつつ…)爆弾

いずれにしても、実家帰省にWii本体持って行った場合は(えっ、「絶対持って行くだろう」って……正解パンチ)浜松に戻ってくる頃には、エンディング拝めてスターコインもオールGetしていることと思います…多分ですけど…。あせあせ(飛び散る汗)

ということで、皆さん良いお年を!わーい(嬉しい顔)
posted by chachu at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ゲッサンSSC 第三弾<その2>

現在ゲッサンで連載されている作品は23作品(うち漫画は21作品)なんで、半分以上は語ったことになるんだなぁ…。で、12作品目の紹介となる本日は、あおやぎ孝夫ここが噂のエル・パラシオ』です。

エルパラ.JPGエル・パラシオ”とはスペイン語で“宮殿”という意味らしいですが、だから何だということわけではありません…。パンチ この漫画におけるエル・パラシオ(通称:エル・パラ)とは、女子プロレス団体名を表しております。

小学校高学年でプロレスにハマった私ですが、女子プロレスには全く興味を示さなかったし、プロレス好きの友人も同様だった。というか、もし女子プロレス観戦が趣味の人がいたとしても、そんなこと口に出そうものなら、冷ややかな目で見られること間違いなしだったんで、隠れファンならいたのかもしれませんけど…(?)。たらーっ(汗)

とにかく、「女子プロレスなんてオヤジのエロ目線で見るもんだ」と思っていた当時の私ですが、そんなオヤジ年齢になった今でも別に見たいとは思わんなぁ…というか、放送自体やってるんでしょうか?

そんな話はさておき、これは5人の女子プロレスラー(って、たった5人でどうやって対戦スケジュール組むんだろう?)の住む家(兼道場)に一人の男が迷いこむところから話はスタートする。いや、迷いこんだわけではなく、実際には“連れ込まれた”んですけど…。その男は交通事故にあいそうになったのを、思いっきり吹っ飛ばされることによって、救われたらしいのだが、本人は吹っ飛ばされた際に頭を強打し、記憶喪失になってしまった。そんなわけで、とりあえず彼も一緒に住むこととなる…。家

美女5人(いや、一人はずっと覆面つけて生活もしているので美人かどうかはわからんが…たらーっ(汗))に囲まれて、何と羨ましいんだろうとか思ったら大間違い。命の恩人(一応)であり、エル・パラの(“悪”の?)リーダー的存在・須弥仙桜花(しゅみせん おうか)曰く「私の“下僕”」だそうだ。そう、言うこと聞かないと「腕ずくでも…」となるため、従わざるを得ない…。もうやだ〜(悲しい顔) 更には名前を“忠輔”とか勝手に付けられちゃってレフェリーまでやらされる始末…。ふらふら

まぁ、それでも意図せず胸に手が当たってしまったり、マタに顔を押し付けられてみたりほか、思わぬ役得ハプニング(?)が続出します…。ということで、(オヤジのエロ目線ではなく)健全な少年誌レベル(?)のセクシーショットはこの漫画にお任せってな感じでしょうか?あっ、単なるH漫画ではなく、ドタバタ喜劇な生活も楽しませてくれるし、個人的にはこの人の描く絵も結構好きです。<私的評価:☆☆☆☆★>=おもしろい

…う〜ん、昨日の<タイトル>“くいこみ?”、今日の方がふさわしかったかもしれないなぁ…。爆弾
posted by chachu at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

くいこみ?

合唱団プチ・ヴェールも昨日で歌い納め(今月2回目)。アンコンまで1ヶ月を切った昨日、BassもTenorもAltもアンコン出場予定者が全員揃いました!…あれ、1パート抜けてる気が…。爆弾

多分、Tenorが揃うのは(本番を除いて)今回の練習が最初で最後…。たらーっ(汗) 音は結構外してくれましたが(失礼パンチ)、やっぱり隣のパートの声が良く聴こえてくるのは嬉しいもんですねぇ!るんるん

なお、合唱団VVでは子供を連れて行く我が家ですが、(夫婦参加でも)近所の公民館(徒歩一分)で練習ですんで、私「何かあったら、公民館においで!」と言って、何の心配もすることなく子供を置いて出かけていきました。がく〜(落胆した顔)

そんな中、久々の新入団員が参加!ちょっと前に合唱団VVに入団したSopの一人なのですが、VVが既にアンコン定員(16名)満状態ですんで、プチの方に参加要請したら、気持ちよく参加してくれました。

そして、新しい人が参加すると、必ず出てくるのが年齢の話。こういう話が年配の人を来にくくする環境を作っている気がするんですけど(…って、そんな内部事情は誰も知らないかぁたらーっ(汗))。いずれにしても、ますます平均年齢を下げる結果となり、私は小さくなってるしかなかったですねぇ…って、なってないかぁ…。爆弾

その新入団員にメンバーの紹介をしていた際、私と嫁をセットで紹介したらしく、(合唱団VVにも数回来ているにもかかわらず)そこで初めて、私達が夫婦であることを知ったらしい…。メーリングリストで、クリスマスイブをビジネスホテルで寂しく一人過ごしたことを書いたせいか(単に年齢差があるからかもしれんがふらふら)、私のことを何か警戒している雰囲気があったのは、私が独身だと思っていたからに違いない…。爆弾

あっ、肝心の練習はといえば、練習曲は言うまでもなく、木下牧子『44わのべにすずめ』をやりましたが、「そこそこ形になってきたかなぁ?」といった感じです。とはいえ、ベースの“アラ”がほとんど目立っていない状況ですんで、まだまだ課題はいっぱいあったりしますけどね…。

速いテンポで“べにすずめ”を連呼するこの曲。特に女声が歌いにくそうでした。個人的にはそれほど言い難いとは思わないですが、とりあえず、早口言葉で連呼してみて感想を聞かせて下さい…。がく〜(落胆した顔)

そんな中、指揮者Kが「食いつきが悪い」ことを指摘したかった際、思わず「“くいこみ”と言いそうになった」と、(言わなきゃ良いのに)暴露。その後、「変なこと想像しないように!」とか言うが、ほかに何を想像すればいいんじゃあ爆弾 ということで、<タイトル>にしてみましたが、皆さんは何を想像したでしょうか?目
posted by chachu at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

♪十人十色 ぼくを選んだこと後悔させない

by 大江千里『十人十色

昨日は娘の習い事がWヘッダーでした(最近、“W”という文字を書くとどうも仮面ライダーを想像せずにはいられなかったりして…パンチ)。午前中が生け花で、午後が書道でした。

そして、実は書道は昨日で終了…。10月末でスイミングを辞めて、「またやめるのか?」と思われるかもしれませんが、辞めるわけではありません。ましてや、態度が悪くてクビになったわけでもありません…。爆弾 書道の先生はおばあちゃん先生であり、体調が思わしくないようで、今年いっぱいで引退されるようです…。

ちょうど一週間前に、クリエート浜松にて開催された書道展に出展しており(娘が通うようになってからは始めての出来事ですが、もしかしたら出展はしていたが娘は声がかからなかっただけかもしれないんでふらふら、その辺は不明です…)、家族揃って見に行きました。それぞれの気に入っている四字熟語等が展示されておりました。ちなみに娘は“十人十色”で、私「もしかして、画数少なくて済むから選んだ?」と、相変わらず意地悪な質問をしてみたりして…。パンチ

で、何級まで進めたかといえば、少なくとも履歴書等に記入できるようなレベルまではほど遠かったことだけを述べて、級自体は公表しないことにしておきます。たらーっ(汗)

ただ、最終的に得られた級が、今までの級に比べて下がっていたらしく、過去に合格したはずの級よりも下がるなんてことは、どう考えてもおかしいと思い、私「先生に確認してみな!」と言い、一応本人も確認したようなんですが、そこはさすがにおばあちゃん先生。良くわからないことを言ってごまかしたとか…。爆弾 まぁ、本人今後は別の場所に習いに行く意志もないようなのでたらーっ(汗)、何級だろうがあまり関係ないのかもしれませんけど…。

なお、この書道教室は開始時間が特に決まっておらず、土曜日(or 水曜日)の自分の都合の良い時間に行けば良かったんで、娘は10時過ぎくらいか午後一番で通っていたのがほとんどでした。で、数ヶ月前のこと。我が家の留守電に入っていたのが、「今度の教室は予定があるため、早く閉めたいので、18時までに来てください」とのことでした。えっ、18時?この教室って、毎回18時には終了していると思ってたんですけど…。爆弾

留守電にメッセージを残すのは私もあまり得意ではないし、おそらく得意な人は少ないとは思うのですが、この先生が留守電に吹き込む時は、とにかく長い…。たらーっ(汗) 長いが故に、結果的に何が言いたかったのかが良くわからないことがあったりするのですが、この電話もそんな謎の電話(?)の一つ…。ふらふら そして、この謎は結果的に“お蔵入り”となってしまった…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

♪あわてんぼうのサンタクロース

クリスマス前にやってきた♪ by 小林亜星作曲『あわてんぼうのサンタクロース

一泊二日で病院へ行ってきました。あっ、別に入院していたわけではありません…。たらーっ(汗) 仕事=PC関連の納品・セットアップ作業でした。

勝手に行動すると逆に怒られるので、「指示を待ってその指示通りにやる」という、ある意味“気楽”な作業なんですが、その分“待ち”がかなり入ります。まぁ、「待っているのも仕事のうち」と言われればそれまでなのですが、結構これが苦痛だったりします。まぁ、私は運搬班の仕事がない時は、セットアップ班の手伝いにまわってましたんで、これでも“待ち”は少ない方だったんで良かった方ですが…。

ということで、今年のクリスマス・イブは22時過ぎた頃にビジネスホテルでコンビニ飯を食べ、クリスマスの日も終日病院で過ごし、辛うじて日が変わる直前に自宅に帰るという、非常に寂しいものでした…。もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、実際には年末・年始が本番のこの仕事で、私は冬休みは会社のカレンダー通り(要するに一日も参加しない)なので、とりあえず仕事に協力できてホッとしているといったところです。

ちょっぴり心配だった子供達へのクリスマスプレゼントも無事届いていたようです。一度寝たら、朝まで起きることのない嫁だったので、(さすがに小学六年生になればサンタの正体も知っている)息子に
私「朝枕元にプレゼントなかったら、押入れ(の天袋)から自分で出してくれれば良いから」と言っておいたので、これが嫁へのプレッシャーになったのかもしれません(?)。爆弾

当然のことながら、昨日の合唱団VVの練習=歌い納めにも欠席。昨年も“暮れ済ます会”と命名したこの会。今回は日程的にもクリスマスに行なうこととなったこの会は、今年も“暮れ済ます会”として実施されました…って、別に名前はどうでも良いのですが…。爆弾 うちの子供達も企画に加わったこの会は、とりあえず、うちの人達は楽しんできたようです。

あっ、クリスマスケーキは私の出張を配慮してくれた嫁が、一日前(23日)に買ってきてくれたので、家族と一緒に食べることができました(とりあえず、<タイトル>へ)。バースデー あっ、出張メンバーの中にコンビニで“チキン”を買っている人の姿もあったりしました。そういえば、私が買った弁当も気付けば“チキンピリ辛弁当”だったりして…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ゲッサンSSC 第三弾<その1>

久々の一日二件目の投稿となります!1月12日に発売されるゲッサンSSC(少年サンデーコミックス)も4作品ありますんで、今後も発売前まで週一ペースで書いていきたいと思ってます。

本日は(“自主”ですけど)休暇だったので、(埼玉から遊びに来ている)父親を都田町(市内ですが、車で40分くらいかかります…)に連れて行った帰り、自衛隊付近で航空機がかなり飛び交っており、かなり低空を飛んでいるのを見ることにちょっと驚いていたうちの父親…。すっかりこの環境に慣れてしまっていて、かつ航空機に興味のない私にとっては、単なる騒音以外の何ものでもなかったりして…。爆弾

そして、本日紹介する、原作:犬村小六 漫画:小川麻衣子 『とある飛空士への追憶』も飛行機好きが読んだら、きっと夢中になるんだろうなぁ…。見開きで描かれているシーンも結構あるしね!飛行機

飛風士.JPG以前にも書いた通り、こちらは元はライトノベル(ガガガ文庫にて発売中)。レヴァームと天ツ上という二つの国で戦争が続く中、レヴァーム傭兵パイロットの狩乃シャルル(いやぁ、“狩野”じゃなくて本当良かったよなぁ…爆弾)がある日突然極秘任務を託される…それが、レヴァーム王家の次期皇妃であるファナを後席に乗せて、単機でファナを本国へ送り届けるといったもの=海猫作戦

もちろん、敵の潜む中央海突破がすんなり行なわれるはずもなく…ってな展開ですが、容姿とは裏腹にちょっとドジなファナと、健全な男らしさ(要するにエロさ)を持つシャルルの、二人の関係が徐々に近づいていく…といった“身分を超えた恋愛”の行方の方が個人的には気になるところです…。まぁ、あだち充のように、男女どちらが読んでも楽しめそうな漫画で、連載開始時にも「雰囲気的には女性に喜ばれそうな感じ…とか言いながら数ヵ月後に夢中になってるたら…」なんてことを書きましたが、今のところ“夢中”になるまでには至ってないなぁ…。<私的評価:☆☆☆★★>(=まぁまぁ)

なお、こちらが連載開始されたのが9月号=創刊第4号。にも関わらず、もう1巻が登場するというのは、評価したいところです(まぁ、初回連載が72ページを誇ってますんで、余裕で単行本出せちゃうんですけどね)。

ルーキーファイル008の小川麻衣子氏が影響を受けた漫画家はといえば、あだち充氏と真斗氏の二人をあげておりました。真斗氏のことは良くわかりませんが、あだち充作品の影響は、結構受けている感じがします。全体的にかなりスッキリ系な絵で、うちの息子も今月号のゲッサンの“とある”ページにて、思わず、「手抜き?」と語っておりました。私も息子に同じだったりして…。爆弾 だって、ページの半分は真っ白なんだもん…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROUGAN?

蒼天の拳21.JPG蒼天の拳』の最新刊=21巻を手に入れました。ちなみに、今回もブック○フにて…(350円)。今月上旬に発売されたばかりだというのに、もう中古で売られているなんて…素早くゲットできたのは嬉しいですが、世の中にはいろいろな人がいるもんですねぇ…。たらーっ(汗)

20巻にて“天授の儀”に勝利した拳志郎の目の前に現れたのは、北斗神拳伝承者達の“鎮魂の塔”。そこで拳志郎は北斗神拳と西斗月拳の歴史(哀しみの歴史)を知ることとなる。そして、そこには我が身の出生の秘密も隠されていた…ってな展開。

20巻で終わりも見えてきたこの漫画ですが、逆に21巻では「そんなに簡単には終わらせないよ」ってな雰囲気も漂ってました。まぁ、『蒼天の拳』が終了したら、原哲夫もいよいよ引退なんて話も出ているので、コミックバンチとしても簡単に終わらされては困る(いや、20巻超えてりゃ、簡単じゃないけど…)ということなのかもしれませんね…。まぁ、無理やり引っ張っている感はないので良いと思います。

原哲夫氏の前書きでは、<タイトル>の“ROUGAN”という試練がやってきたことに触れております。一瞬、「何のことやら?」と思いましたが、普通にローマ字読みすれば良かったんですね…。ふらふら 以前から、円錐角膜で視力があまり使い物になっていないと言われる中、それにプラスしてROUGAN(いや、普通に書けば良いのでしょうが…)ときた日には、続けてほしくてもどんどん厳しくなっていくのかもしれませんね…いや、私は経験するような年齢じゃないので(…って、あと数年後かもしれないが…たらーっ(汗))どの程度厳しいものなのかはよくわかりませんけどね…。

なお、北斗神拳1800年の歴史を振り返る中、空海やら織田信長やらと歴史上に実在する人物まで登場…個人的には拒絶反応が…。爆弾 で、そんな歴史上の重要人物の側近には、必ず拳志郎にソックリな人物がいたりして…。「これも、俺の前世」だそうです…。いやぁ、これが逆に現実味をなくしているような…。どんっ(衝撃)

まぁ、歴史上に北斗神拳が実在したら、まさに「100人やってきても大丈夫!」ってな、どっかのモノオキ状態かもしれませんなぁ…。パンチ
posted by chachu at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

♪黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ

僕の恋人は黒いネコ♪ by マリオ・パガーノ『黒ネコのタンゴ

昨日は子供達の発表会『アンダンテの会』へと行って参りました。今年で2回目の出演となり、場所は昨年に引き続き(というか、毎年ここなんだろうか?)ウェディング セントラルパーク レストラン ル・シェルという所でした。はい、その名の通り、結婚式で使われることが多いだけに、高級な料理が数品出てくる故、お値段も居酒屋の比じゃあありません…(まぁ場所代も含んでいるんだろうけど…)。

プログラムには第一部にて13人の門下生達が名を連ねている中、うちの息子だけ(Vol)とふられておりました…あれ、昨年のコピーでしょうか?爆弾 もしかして、どこかの国ではVocalの略をVolとか言う国があるんでしょうか(真剣に悩んじゃいそうです…もし、本当にそうならご指摘くださ〜い!)たらーっ(汗) 今年も、“ピアノ発表会”の中で、唯一の“声楽”でした。

で、息子はといえば、本番時の入場からガッチガッチ…。ブレスの後の音が安定しないのは、相変わらずな感じでしたが、昨年に比べて進歩はあったと思います。まぁ、正直、グノーのアヴェマリアなんて、T先生もよく小学生に歌わせたなぁという感じです…。もちろん、曲が歌い手を成長させることもあるので、この辺は指導者がどうこうという話ではありませんので、誤解のないよう…。いずれにしても2曲目の<タイトル>の曲の方が、少し緊張からも解放されたのか、のびのびと(注:野比のび太ではない爆弾)歌えてました。るんるん

一部終了後、食事会を経て(個人的には食事しながら演奏を聴く方が嬉しかったりして…パンチ)、第二部へと突入。ミュージカル『不思議の国のアリス』にて、息子は“白うさぎ”をやるとは聞いてましたが、“いかれ帽子屋”も兼務しておりました。一人二役をしっかり使い分けているのは、立派だったと思います(親バカ?パンチ)。ただ、昨年も思いましたが、息子だけは、絶対にマイクなしにしていただいた方が、聴いている人達も落ち着いてきけるよなぁ…。ふらふら

娘の“デブでわがままで底意地の悪い暴君(ハートの女王)”ぶりもなかなかでした。それ以上に、セリフの子達の身長に合わせてマイクの高さを調整したり、舞台が変わる時の椅子やらの持ち運びなどの裏方的なこともよくこなしておりました。もしかして、仕切り屋かも?がく〜(落胆した顔)

先生も(リハを聴いて)かなり不安要素は多かったようですが、何とか無事に終幕しました。ただ、息子的には所々ミスもあったようで、ちょっと悔やんでいたので、
私「失敗は成功の何とかって言うじゃん」と慰めの言葉。
娘「何とかって何?」
息子「“もと”じゃない?」 嫁「“”とも言うと思う」
私「“”だったかな?」…って、それじゃあ、全く慰めになってないし…。爆弾
posted by chachu at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

New SUPER MARIO BROS.Wii<その3>

プレイしはじめてから半月が経った『NewスーパーマリオブラザーズWii』。現在の進行状況はといえば、World5のジャングル地帯の砦をクリアした辺りにおります。とりあえず、折り返し点を越えたので、これから苦戦することもより増えていくと思われますので、年内は間違いなく満喫できるでしょう!

DS版の時もそうでしたが、砦や城をクリアしないとセーブができない。もちろん、途中でやめたい時に中断はできますが、中断の場合はあくまでも“一度だけ”続きができるというだけで、そこでもしリセットボタンを押そうものなら、あくまでもセーブポイントからのプレイとなります。あっ、もちろんゲームオーバーした場合も同様ですが、マリオの残り数も現在90くらいあるので、子供達のプレイでゲームオーバーを拝ませていただきました…(嫌味かぁパンチ)。

ただ、残り数が増えてはいるものの、緑の「!」マークを見ることも増えてきてます(同じコースで8回ミスをすると出現し、ルイージがお手本プレイを見せてクリアしてくれる)。個人的にはこれが現れた際の「ピコンピコン」という音が雑音にしか聞こえないんですけど…。爆弾 設定でオフに出来ると嬉しかったなぁと…。たらーっ(汗)

いずれにしても、各ステージのスターコインを3つコンプリートするまでは先に進んでいないので、結果的に繰り返しプレイをしているうちに残り数も増えているってな感じ。無限1UPとかやさしいステージを何回もプレイするような手は使っておりませんので…あっ、ただ終了する前に、(中断ではなく)セーブしておきたくて、ワールド1の砦は使わせていただいたことは何度かありますけどね…。パンチ

あっ、それと隠しゴールのあるステージなんかも、とりあえずもう一つのゴールも目指しております。これにより大砲に進めるようになり、先のステージへワープできるのですが、
W1-3、W2-6 の隠しゴール → World5へ
W3-お化け屋敷、W4-お化け屋敷 → World6へ

ということなので、どっちか一方で出現させちゃえばもう一方はあまり意味なくなったりします…。大砲でワープすると、初めての時はセーブできるんですが、2回目(別ステージからの大砲)に飛んでいってもセーブ聞いてこないしね…。ふらふら いや、それでも(DS版もそうでしたが)全ての道を切り開くことに意義があるんじゃないかと…。たらーっ(汗) ちなみに、DS版の時はスタート画面のファイル選択上に星マークが1コ分増えただけなんですけどね…。

あっ、12月24日発売のファミ通は付録にマリオの攻略手引書がついちゃうみたいです。1100号という記念号なんで、お値段も480円と通常より高めですが、攻略本買うよりよっぽど安いかと…まぁ、付録と攻略本じゃあ厚さは比べ物にならないとは思いますが、個人的には付録くらいの厚さで良いので、安くしていただきたいと…。爆弾
posted by chachu at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

♪さようなら また会える日まで

by GReeeeN『遥か

Rookies.jpg約半年に公開された映画『ROOKIES -卒業-』が12月4日にDVD化されましたので、すぐに(その週末)レンタル屋に行きましたが、店頭にズラリと並べられた全てがレンタル中…まぁ、予想はしていたんだけどね…。ふらふら で、それから約2週間が経過し、ようやくレンタルすることが出来ました。

家族皆で観ましたが、このDVDを最も望んでいたのは実は小六の息子だったりする…。映画公開時も迷ったあげく、「DVDまで待つ!」と語ったのでした…。まぁ、親が映画代出してあげれば、きっと「行く」と言ったんでしょうけど…。爆弾 ということで、普段は私がメインでレンタルしているので、子供への負担はさせていないということを、あえて断っておきパンチ、今回は息子も負担をしております…くれぐれも「可愛そうに〜」とか言わないように…。あせあせ(飛び散る汗)

で、内容はといえば、言わずと知れたドラマ(というか、元は森田まさのり漫画ですが)『ROOKIES』の完結編。不良学生だった(身なりや言葉使いは相変わらずですけど…)ニコガク野球部が先生の多大なる影響もあり、高三の最後の夏の切符をかけて甲子園を目指していく…。ただ、そんな中、ハプニングが続出し…ってな展開です。野球

まぁ、感動を誘っているのは見え見えなんですが(失礼パンチ)、それでも涙せずにはいられなかったなぁ…。もうやだ〜(悲しい顔) 元野球部の人とかが見たら、「甲子園を目指す球児達が、どれだけの苦労を積んでいると思ってんだぁ!」と怒ってもおかしくはないとは思いつつ、とりあえず私は文化部だったおかげか(?)がく〜(落胆した顔)、感動させていただきました。いやぁ、年とってくると涙腺もろくなって駄目だなぁ…映画館行ってたら、ちょっと醜態さらすことになったかも…(いや、どうせ誰も見ちゃいないだろうけど…爆弾)。

なお、この映画のみに登場し、甲子園に向けて活躍する新入生・赤星(演:山本 裕典)は元仮面ライダーサソード。湯舟(演:五十嵐隼士)=ウルトラマンメビウスやら、岡田(演:佐藤健)=仮面ライダー電王 も含めて同じチームに3人のヒーローが集結しちゃうのも見逃せないところかと…(おいおい)。どんっ(衝撃)
posted by chachu at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする