2010年02月28日

エンディング後のお楽しみ?

思えば2月も今日で終了。で、今月1回もゲームネタを書いていないことに気付く…。たらーっ(汗) えっ、そんなの気にしてるの本人だけ?まぁまぁ、そう言わずにお付き合いください。パンチ

汽笛攻略本.JPGゼルダの伝説 大地の汽笛』の攻略本を買いました(半月前ですけど…たらーっ(汗))。ちなみに、私、このソフトは1月下旬にエンディングを見終えており、世間的には「何を今更?」と思うことだろう…というか、私自身もそう思うし…。パンチ

ただ、今までゼルダシリーズは攻略本とセットで購入してきたので、やっぱりないと寂しいもの…(?)。基本的に楽しんだゲームは売らずにいつまでもとっておく私としては、一つのコレクションとしても、やっぱり攻略本は買っておくべきでしょう。

まぁ、正直に言うと、「もったいない」という気持ちはありつつも、ちょうど本屋のスタンプが一杯になって、500円引きになるんで、衝動的に買ってしまったという所が大きかったりして…。あせあせ(飛び散る汗)

なお、本屋にて売られていた攻略本は3種。
・NintendoDREAM 1260円
・デンゲキ 1050円
・ファミ通 1050円

さて、私はどれを買ったでしょう?パンチ 即座に金額をみて、一番安いものを狙ったため、ニンドリ版は脚下。がく〜(落胆した顔) ファミ通には(週刊ファミ通で)結構世話になっているんで、見慣れてはいるものの、「たまには…」と、デンゲキ(メディアワークス)版を購入しました。

ちなみに、エンディングは見たものの、完全攻略をしたわけではなく、各大地に存在するうさぎ10匹ずつGetとか、スタンプラリーとか、完全攻略をするにはまだまだやることはあったりします。まぁ、特に今やりたいゲームもないので(何しろ今月一件もゲームネタ投稿してないくらいですから…パンチ)、完全攻略目指して、かつせっかくなので(?)、一からプレイしております…。これでこそ、攻略本を買った意味があるかと…。爆弾

ということで、ネット上の攻略記事を印刷したものは、気持ち良く廃棄させていただきました!フリーダイヤル それにしても、『夢幻の砂時計』の時も感じたが、「何だこの分厚さは…(350ページ以上)」と、本箱の空きスペースを再検討せねばならなかった…さて、どの攻略本が押入れ行きになるでしょうか?ふらふら
posted by chachu at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

フィギュアといえば…

昨日は浅田真央のフィギュアスケートでの活躍、お見事でした。子供達の小学校でも、TV観戦しているクラスも多かったとか…(まぁ、メリハリが大切なんでしょうが…)。たらーっ(汗) マスコミには散々あおられて、多くのプレッシャーがかかる中、あれだけの演技を魅せられるのは、“さすが”の一言に尽きるかと思います。本人悔しそうでしたが、キムヨナの演技が完璧過ぎたと思うしかないでしょうね…。

私の職場でも「今年のオリンピックは金が一つもとれなくて、寂しいね」とか平然と語る人がいますが、「だったら、お前がやってみろ!」と正直言いたくなります。まぁ、言うことなら誰にでもできますんで…。むかっ(怒り)

ということで、本日は“フィギュアつながり”で、仮面ライダーWのソフビ情報を…って、全然違〜う。爆弾

仮面ライダーWの放送が開始された際に記事にしましたが、9つのフォームチェンジに関して、「塗装を変更するだけで、いくつものフォームを作成することが可能になる」なんてことを書き(実際には、若干の造形変更はされていることが判明するんですが)、当時からそんな予感はあったのですが、やっぱり登場するようです、全9フォームが!目

ただ、普通に販売したら、基本の3フォーム以外はそれほどの売れ行きが期待できないので、こちらは“通販限定”のようです。プレミアムバンダイより完全受注生産にて受付中です。
http://p-bandai.jp/b-boys-shop/w/
・ライダーヒーローシリーズW EX 仮面ライダーW サイクロンスタイル3体セット
・ライダーヒーローシリーズW EX 仮面ライダーW ヒートスタイル3体セット
・ライダーヒーローシリーズW EX 仮面ライダーW ルナスタイル3体セット
でそれぞれ構成されており、各3,465円です。普段ソフビは、ビック○メラで630〜700円(+ポイント10%)でGetしているだけに、一体当りに換算すると2倍とまではいかないが、それに近い金額なんだよなぁ…。たらーっ(汗)

これを買う人と言えば、既に商品展開されている3フォーム(+ファングジョーカーで実際は4フォームですけど)を買ってしまった人がほとんどだと思われますが、その3フォーム(=サイクロンジョーカー、ヒートメタル、ルナトリガー)は一般販売品とは差別化を図っているようで、(劇場版の特別仕様販売などと同様に)重塗装版にて販売される模様。

そう、ヒートメタルを見た際に、「メタリック感がないよなぁ…。これじゃあ、銀ではなく灰色だよ〜!」とか嘆いていた人は、きっと多いことでしょう(?)。今回のは、重塗装版だけあって、写真でみても明らかに輝きを帯びてます!

買うならやっぱり9フォーム揃えたいですが、全部買えば1万円を超える結果となります…。ふらふら とりあえず、4月16日(金)15時まで受付(発送は6月下旬を予定)となってますんで、じっくり考えたいと思います…。ヒートトリガーとキカイダーとメタルダーの赤&青3体セットなら間違いなく飛びつくんですけどね…。パンチ
posted by chachu at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

王様の耳はロバの耳〜

ご存知イソップ童話。王様はロバの耳をしてして、床屋だけが知っていたものの、もちろん口止めされている。ある日、我慢できず井戸の奥に向かって叫んだら、井戸から井戸へと伝わって、バレバレになっちゃう話。

一昨日、上司と富士へ出張して来ました。さすがに浜松〜富士間は100km以上ありますので、東名高速を使ったところで、誰も文句は言わないんだろうが、11時にメーカーと待ち合わせに対し、朝8時に出掛けて、「行けるところまでは下で…」と経費削減に努める我が上司…。私は横に乗ってるだけなんで、どちらでも良いんですけどね…。たらーっ(汗)

一週間くらい前に営業に同行し、静岡まで出掛けた際に、訪問先がバイパスからすぐ近くの場所だったので、(経費節減もあり)バイパスで行ったら、大渋滞でかなり文句ブーブーで、個人的には「そこまで文句言うなら、もう少し早く出社してくれれば良かったのに…」と思ったりもした(一番混む時間に飛び込んでいったようなものだったしなぁ…)。とにかく、同じ課内でもかなりの温度差を感じざるを得なかった。

もちろん、そのことは課長の耳にも入っており、出張した日が(朝早く出たおかげもあり)かなり順調に進んで、結果的に全く高速を使わずに済んだことから、
日頃の行いかな?」
というセリフをしきりに強調しておりました。目

セミナーも問題なく進行し、帰りはさすがに東名へ。渋滞も特になく、順調に帰れる予定だったのですが…。客先から連絡が入ったとのことで、携帯から客先へと電話…。しばらく行くと、並走する車から赤いランプが登場…。気付かずに走る上司に、急いで声をかけるももちろん間に合わず…。結果、静岡インターにて約30分のストップをくらいました。ふらふら

1点減点および6000円の罰金をくらった上司でしたが、自分の予想した罰金より安かったからなのか、割と明るい顔で戻ってきた。話を聞くと、警察も申し訳なさそうに、
仕事の電話でしょうがないとは思うんですが、まぁ、ルールなんでこちらも見過ごすわけにはいかないんですよね」とか言ったとか…。そんなわけで、つかまった本人も思わず、
そちらも、仕事でしょうから、当然ですよ」と返したそうだ…。がく〜(落胆した顔)

そんなわけで、その後は課長の携帯が鳴った際には、私がとっておりました。ただ、「このことは内緒で」と言われたこともあり、一切、そのことには触れなかった。そんなわけで、昨日も本日も、誰かにしゃべりたくてしょうがない中、何とか誰にも言わずに過ごしていた矢先、別の人が「○○さん、つかまったんだって?」と情報を得てきました…まぁ、私は井戸に叫んだわけではないので、本人から直接聞いたんでしょうね…。どんっ(衝撃)

ということで、我慢できなくなったら、Blogで叫ぼうと思っていた(?)のですが、本日解禁となったとさ。めでたし、めでたし……で良いのか?爆弾
posted by chachu at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

マクドナルド見学?

娘(小学四年生)の友人が、マクドナルドに大人の付き添いなしに行ったという話を聞き、別の友人に「○○ちゃんはマックに子供だけで行ったんだって〜」と言ったら、その友人は「えっ、(行ったこと)ないの?」と逆に驚かれたそうだ。

学校で禁じられているのかどうかは知らないが(娘に聞く限りは別に何も言われてないみたい)、母親(私にとっての嫁)にとっては、「そんなのダメに決まっている」とのこと。で、私にとっては、特に学校で禁止になっているわけではないのなら、(帰宅途中の寄り道は除くが)自分の小遣いで遊びに出掛ける分には「ご自由に!」ってな感じ。

実際私も、帰宅途中はさすがになかったが、帰宅後、友人とゲームセンター行ったりしたし…あっ、ゲームセンターは学校で禁止になってたっけ…。爆弾 当時はファーストフードとかコンビニとかがなかっただけで、駄菓子屋(いや、正しくは、お菓子も売っているパン屋なんですけど…たらーっ(汗))で買い食いしたりとか、当り前のようにしていたので、「それが現代風に変わっただけ」というのが私の考え方。

ということで、父親にはOKと言われ、母親にはNGと言われた場合、どちらの言うことをきくでしょうか? それは当然、“自分に都合の良い方”を選ぶでしょう!がく〜(落胆した顔) ということで、娘が昨日、友人と一緒にマックに行ってきたらしい。ファーストフード

ただ、行ったは良いが、友達としゃべるために行ったようなもので、結局娘自身は何も食べていないようだった。返ってその方が問題があるような…せめて“スマイル0円”くらい注文してくれてれば…って、駄目か…。あせあせ(飛び散る汗)

で、結果、我が家の門限時刻に間に合わなくなった娘が友人の携帯電話(小四で持たせるのか?ふらふら)から、「△△ちゃんが食べ終わってから帰るから遅くなる」と、正直に家にTELが入ったことから、嫁にバレバレとなった(過去に、夜中に無言電話が続いたことから、ナンバーディスプレイにしている我が家)。電話

とりあえず、母親からはいろいろ言われたようですが、私は特にお咎めなし状態でした。そんな場合、娘に反省はあるのだろうか? いずれにしても、まずは、両親の意志統一が必要かもしれないなぁ…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 19:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

♪今は山中 今は浜〜

by 文部省唱歌『汽車
〜この曲と出だしが何気に似ているのがStephen Hatfield『KA HIA MANU』だったりする…(いや、出だしだけなんで、多分そんな風に思っているのは私だけかと…)。たらーっ(汗)

そんなことを言われても、「“KA HIA MANU”なんて曲は聞いたことがない」という人がほとんどでしょう。こちらは、合唱団VVが今度の演奏会(12月)にステージにあげようとしている曲であり、言語はタヒチ語。日本の合唱団でこの曲を扱われることは極めて稀なんじゃないかと思います。もちろん、私も全く知りませんでした。爆弾

もっと言えば、地理の苦手(正しくは社会科全般が苦手)な私なだけに“タヒチ”がどこにあるのかすらも知りませんでした。あっ、過去形じゃなく、現在進行形かも…。ふらふら

わかっていない合唱団員は私だけではなかったようで、指揮者Oさんよりタヒチの場所についても解説がありました。そもそもこの解説に火をつけてしまったのが、もう一人の指揮者Hさん(Oさんが指揮の時はBass)。
Hさん「最近、大地震で話題になったところ?」…って、それは“ハイチ”だぁ!爆弾 Hさん的にはあえてボケてみたつもりだったようですが、Oさんはギャグとしてはとらえてくれなく、結果“語りモード”へと突入…。

なお、しばらく話が続くことを予感した私は、隣のT君に話しかけ、
私「あぁ、Tの住んでいる、静岡県の隣にある県?」
T「それ、“アイチ(愛知)”」とか、無駄話モードに入っていたんで、結局、場所をつかめぬまま状態でした…あっ、やっぱり“現在進行形”でしたね…。たらーっ(汗)

ちなみに、そのことを我が家に告げると、
息子「あぁ、果物にもそんなのあったよね?」 私「それ、ライチ
娘「CMで“ペーター”とかやってるアルプスの少女…」 私「それ、ハイジ
息子「賭博堕天録の…」 私「それ、カイジ
と、そもそもが“タヒチ”であったことをすっかり感じさせなくしてくれた…。どんっ(衝撃) いずれにしても、家族の絆を感じさせる会話ですね!パンチ

話を戻して、指揮者Oさんが今年やる曲に関しては、昨年が三善晃『混声合唱のための 五つの民謡』の3曲をやって、かなり音取りに時間を費やしたという、難易度全快な反省(?)を踏まえて、「今年やる曲は音取りの簡単なものを!」と語っていた通り、確かに“KA HIA MANU”は音取りは苦労させられるところはほとんどなかった…音取り“”。そう、その楽譜にはちょっと変わった音符が描かれており、最近の合唱曲ではよくありがちな“雄叫び(?)”や“handclap(手拍子)”はもちろんのこと、“Bamboo”という文字が楽譜上の様々な場所に出現…。

なお、作曲家自身のHP(だったかな?)には、「竹を使う場合は使用するホールの許可を得ましょう」的な内容が記されているとか…(?)。いずれにしても、複数人でやることになりそうで、近いうちにバンブー隊が結成されるという噂もあります…。

もちろん、ホールの許可が得られなければ、結成しても、日の目を見る事もなく解散になりますので、その点はご了承願います…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

♪ビンボ〜×2 なみだ〜の貧乏〜

by 黒沢明とロス・プリモス『ラブユー貧乏

日曜日に児童合唱団の見学に行ったことは昨日の記事にある通りですが、早速合否通知が郵送されてきました。で、結果は“合格”でした!わーい(嬉しい顔) ということで、とりあえず“Blogのネタ”にならずに済んだかと(?)…。パンチ

で、午前中に見学をして、オーディションまでかなり時間があったので、我が家からは離れた普段行くことのない場所のブック○フに寄って来ました…って、その練習場所からも決して近いとは言えないんですけど…。たらーっ(汗)

そして、見つけました、福井あしび『マコトの王者〜REAL DEAL CHAMPION〜』の青コーネー。ちなみにそこには、赤コーナーと青コーナーの両方が置いてありました。5日前に赤コーナーを語った際、「そもそも古本でセット購入しようなんざ、まず無理な話」とか書いたが、そうでもなかったんですねぇ…。爆弾

マコト青1.jpgこちらは、姿が大地真(中身は天堂誠)編であり、赤コーナーを“お笑いサイド”と呼ぶならば、青は“クソ真面目サイド”と言うべきでしょう(?)。大金持ちの息子として何不自由なく育ってきた男が、突如多額の借金を背負い、自分の家の玄関より狭い部屋に家族4人で住むこととなり、朝は新聞配達、日中は工場勤務と働き尽くめでかつボクシングのトレーニングに励むという、とんでもない生活に遭遇します。

ただ、そんな環境に陥っても、本人は割とあっけらかんとしている感じです。というのも、家族に応援されている(今までは、名門の家系で親の仕事を継がねばならない使命がある中、拳一つの道を選んだため、家族はボクシングに理解を示すことなど有り得なかった)ことや、存分に動く体を使ってボクシングが出来る(ボロボロの体を技巧でカバーして、何とか王者を守り抜いてきた)こと等、天堂誠にしてみれば、些細な幸せを感じることのできる環境だったりもするからかと…。まぁ、大地真の大好物だった“卵かけごはん”は今後口にすることはまずないとは思いますが…。爆弾

ちなみに、ゲッサン連載版とは第一話が大きく加筆修正されております。というのも、赤と青で共通のストーリーの第一話だけに、あくまでも連載版は試合終了後は敗者となった天堂(中身:大地)サイドで話が進行していたため、要はこの時の大地サイドでの裏話が明かされることとなります。

それと赤コーネー同様こちらも、“ひと休みページ”は楽しませていただきました。三人の妹達に向かって、「あの男が戻ってくるまで、キサマたちは俺が守る!」と約束した第6話の後には、ヘビー級なのにスパーリングでボロ負けした織田といういわゆる“一回限り登場キャラ”が、「俺が戻るまで待ってろよ」だって…。あんたは全くお呼びじゃないぞ〜!爆弾
posted by chachu at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

♪ぼくのこいび〜とは黒い猫

by マリオ・パガーノ『黒ネコのタンゴ』〜娘がこれを歌うと、♪僕の黒猫は黒い猫  になっちゃったりして…。爆弾

過去に少年少女合唱団に(正式団員ではなく)“一般”で参加させてもらった息子(あっ、娘も含めてね…たらーっ(汗))。その後も「続けたい」という気持ちはあったものの、譜読みが全くできないこともあり、結果入団することはなかった…。

そのかわりに、静岡県合唱連盟理事長のT先生&奥様K先生(=ピアノの先生)にソルフェージュと声楽を習うようになってから、修行期間(?)二年弱が過ぎました。そして、昨日、とある児童合唱団のオーディションへと(私も同行し)行ってきました(浜松で名の知れた児童合唱団は3団体だと思うので、あえて伏せる必要もないと思いつつ、とりあえずまだ合否出てないんで…たらーっ(汗))。

そもそもは合唱団VVの指揮者Oさんが、4月からこの合唱団の指導をすることになったこともあり、まずはOさんから「(私の息子は)どう?」と、とりあえず私経由での勧誘。ただ、二年前のこともあったので、とりあえず、指揮者のH先生に確認をしてくれるということで、何を言われても良いよう、本人には内緒にしておきました…。がく〜(落胆した顔)

なお、H先生のことは、私も“知った顔”であり、実は息子の小学校にも何度か指導にやってきており、一応そこで目はつけてもらっていた(詳しくはこちら)。そんなこともあってか、先生からは快い返事をいただくこととなった。

で、息子にようやくその話をしたのが3日前(金曜日)のこと…。たらーっ(汗) 「まずは見学を…」と思って連絡をとっていたつもりが、その日(昨日)はオーディションもあるとのことで、急遽オーディションも受けることになって、ちょっと息子ビックリ状態…。

なお、オーディションは親も含めた面談と、自由曲一曲を歌うというもの。まぁ、面談と言っても、H先生は知った顔なんで、他の先生に私および息子のことを紹介しているのがメインで、まぁ、世間話をしに行った感じでしょうか?爆弾 

その後、息子の出番となり、昨年暮れの“アンダンテの会”でも披露した<タイトル>の曲を歌った。そうしたら、先生方、褒め殺し状態(?)で、オーディションが最後なのを良いことに、(アンダンテの会で歌ったもう一つの曲)グノーの『アヴェマリア』も「聞かせて欲しい」という思わぬ展開となりました…。たらーっ(汗)

なお、オーディションの結果は2〜3日後に手紙が来るらしいです。正直、これで落ちたらBlogのネタにしかならないかと…。爆弾
posted by chachu at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

♪W-B-X 2人の Body & Soul

by 上木彩矢 w TAKUYA 『W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜

仮面ライダーWのTVシリーズもいよいよ本日発売となりました(レンタルは一週間以上前から開始されてるみたいですけど…たらーっ(汗))。放送から半年足らずで発売される、最近のこの素早い対応には相変わらず驚かされますが、第1〜4話が収録されて、お値段6090円(税込み)には手が出ない私です…。ふらふら

W1.jpgまぁ、全話欠かさず観ている私ですので、今更観る必要もないとは思いつつ、実際観てみるとおそらく多くのことを忘れている気もしてならなかったりして…人間、年はとりたくないなぁ…。爆弾

いずれにしても、通常TV版のDVDには、ほとんど興味を抱くことのない私ですが、今回はちょっと注目しちゃってたりします。というのも、映像特典として、オリジナルショートストーリー『左翔太郎ハードボイルド妄想日記』なんてのがついてきて、それが、「〜もしも亜樹子が優秀な秘書だったら〜」と題して、スーツ姿でバッチリ決めた亜樹子と、大阪弁でしゃべりまくりフィリップ君が活躍しちゃう模様…。もちろん、本編では“ありえない設定”なだけに、ファンとしては見ておきたいもの(コワいもの見たさ?)かと思います。

亜樹子(演:山本ひかる)といえば、探偵事務所所長を“自分だけが”名乗っていて、仕事に首は突っ込むものの、むしろ足手まといな存在…。ただ、どこからともなく“スリッパ”を登場させ、誰それ構わず相手にツッコミをかける(引っ叩く)シーンでは、なかなか笑わせてくれる。

ということで、今までのライダーに登場するヒロイン達とは一線を画す存在でもあったりします。…いや、別にファンじゃないんですけど…。爆弾 毎回ヒロインがこんなだったら(…って、どんなんだぁ!パンチ)考えモノかもしれませんが、このWでは“良いスパイス”になっているかと思います。

そして、フィリップ君(演:菅田将暉)はご存知の通り、“二人で一人”のWに変身する片割れ。何かにのめりこんでしまった場合は別人だが、普段は“クールキャラ”。実際の性格がどちらに近いのかは、私も存じてませんが、この映像特典観て、子供の夢をこわすようなことにならないかとちょっと心配だったりして…。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、我が家的には関係ない(子供ももうじき中学生だし…)んで、余計なお世話かもしれませんが…。爆弾

いずれにしても、DVDはこれから毎月1巻ずつ発売されていく模様で、そこには上記の映像特典がつくらしい…。「もしも亜樹子が市議会議員だったら」、「もしも亜樹子がメイドだったら」と続く、“もしも亜樹子”シリーズ(?)が楽しめるのは、セル用のDVDのみのようですんで、買った方は是非とも感想を聞かせてくださ〜い!爆弾
posted by chachu at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

♪チョキチョキペタペタ ピンポンパン

子供の頃、そんな<タイトル>の曲を歌いながら、工作していた気がする。なお、私の2歳上の姉は「ピンポンパンは糊を使わずにセロテープばっかり使うから、仕上がりがきたない!」と怒ってました。いや、私的には糊より楽できて良かったんですけど…。たらーっ(汗)

仮面ライダー オフィシャルデータファイル』もついに100号が登場しました。当初の予定では、これにて、“コンプリート”となる予定でしたが、かなり前に125号までの延長が決まったようで、結果的には80%を集めたに過ぎません…。たらーっ(汗)

まだ、約半年近く続くということになるかと思いますが、その頃には現在放送中の“仮面ライダーW”も終幕間近な時期…まぁさすがに、これ以上の延長はないかとは思いますが…。爆弾

KRODF100.JPGで、記念すべき100号の表紙を飾ったのが、このディケイド。あっ、今回は予備知識(?)を得ていましたので、キバが登場した時のようにビックリするようなことはなかったです。これから、ディケイドキャラが毎週のようににぎわしてくれるんじゃないかと思います。

バインダーも10冊となり、以前より困っていた置き場所。横置きにして上に積み重ねております(方向を1冊ごとに180度反転させながら…じゃないと、傾いてしまい崩れますんで…)。そんなわけで、大きい地震がきたら100%落っこちてきます…気をつけてね、子供達!パンチ いずれにしても、こういう置き方すると、途中を読みたくなった場合には結構苦労すると思うのですが、今のところ、ファイリングする時以外途中を開くことはなかったりして…。爆弾

なお、私がファイリングしているのを横目で見た娘、
娘「これ、“仮面ライダー”のファイルじゃなくて、“怪獣”のファイルじゃない?」
すかさず、私言い返す
私「“怪獣”じゃなくて、“怪人”だよ!」…えっ、そうじゃなくて?たらーっ(汗)
まぁ、10冊に占める怪人の割合が大体4冊分といったところなんで、傍からみればそう思われるのはしょうがないかと…。ふらふら

それと、買い続けている読者への特典とも言うべき、オリジナル特大ブロマイドの全プレ。(今号までの)第5弾にて終了予定でしたが、第6弾(101号〜125号の各号についてくる応募券を専用はがきに貼って送るともらえます)も実施されます!“好評につきキャンペーン延長決定!”と記されてますが、どれくらいの人がこのブロマイドをGetしているのかは、かなり疑問を残すところ…。

とりあえず、第6弾のことを考える前に第5弾の申し込みの準備をしないと…。はい、各号の裏ページ右下の応募券を切って、糊付けする作業は結構面倒だったりして…(私と同じ苦しみを味わっている人が、果たして何人いることか…)。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

三年に一度の…

残念ながらオリンピックのことではありません…って、それは四年に一回だぁ!爆弾

私の所属する混声合唱団“ヴォア・ヴェール”(略称:VV)の第3回演奏会が行なわれたのが、2007年11月25日。あれから、2年以上が過ぎました。一応、三年に一回くらいを目安にしているみたいで、昨年の10月下旬ごろに、「コンサートをやりたいか?」どうかの意見集約がありました。

ただ、寂しいかな、“集約”できるような意見は、賛成および反対共にほとんど(全く?)なく…要するに、「やるならついて行きます」的な受け身な団員がいかに多いかを思い知らされる結果となった…いや、自分も含めてなんですけど…。たらーっ(汗)

で、結果的に
2010年12月5日(日) 於:福祉交流センター
にて、第4回演奏会を行なうことになりました。浜松周辺にお住まいの合唱に少しでも関心のある方々、この日のスケジュールは今からあけておいてください…。えっ、今からじゃ、忘れちゃう? 大丈夫です、今後ちょこちょここのBlogでも宣伝しますんで…。パンチ

なお、ステージにあげる曲が今週のメーリングリストにてほぼ明らかになったのですが、まず、指揮者Oさんのステージでは、『世界の民謡』を歌います。ちなみにテーマは“”です。リゾート あっ、浅倉南とは何の関係もありません(by タッチ…って、おいおい)。どんっ(衝撃)

まぁ、新曲も多いので、どんな曲をやるかは、今後練習風景と共に、私のBlogで明らかになっていくかと思いますががく〜(落胆した顔)、とにかく、日本では滅多に聞くことができない曲(Oさんは、「これだ!」という曲が見付かると、海外だろうとどこだろうと、平気で問い合わせかけちゃうという行動力の持ち主)も結構あったりしますんで、新鮮味はたっぷりお伝えできるかと思います。もちろん、私達も様々な刺激を与えていただいております…(嬉しい刺激かは別として…)。たらーっ(汗)

そして、作曲家兼指揮者のHさんのステージでは、昨年国文祭で全9曲を演奏した自身作曲の『辞世九首』が思いのほか(?)、団員からの支持を得て、「演奏会でやるなら全曲やりたい!」なんて意見も多く、本人非常に喜んでました。なので、まずこちらは“全曲”だと思って間違いないかと思われます…。

一応、Bassの方の約2名は「(Bass鬼門の)5番を除いた“辞世八首”で!」とか言ってみたのですが、聞く耳すら持ってもらえなかった…。ふらふら 今月、楽譜も出版されたし、浜松ではまだ2曲しか披露してないので、浜松での全曲披露は、この日に照準が当てられること間違いなしかと…。あっ、もちろん、本人の曲以外にも数曲が用意されております。

ということで、3月に福島行ったり、7月に思わぬジョイントやったり(今は秘密…というか、詳細不明なだけ?)、そして、12月にコンサートもあったりと、“ゆるい練習”が売りのはず(?)の合唱団VVですが、今年もなかなかハードな一年となりそうです…。ダッシュ(走り出すさま)
posted by chachu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする