2010年06月30日

そろばん終了

息子が小学校三年の秋ごろから始めたそろばん。「中学に入って部活に入るとなかなか厳しいのだろうなぁ」とは本人も親も思っていたが、それでも当初の目標だった「1級合格までは頑張りたい」と本人が言うので、とりあえず、様子をみてきました。

ただ、そろばん塾は週4日。水曜日を除いて残りの日は、部活を終え(正しくは早退し)〜そろばんに行って〜帰って基礎英語聞いて〜晩御飯・風呂+宿題というハードスケジュールな生活もいい加減限界に近づき、6月の検定試験を最後にやめることを決意しました。

ということで、3日前に検定試験を受けてきました。これが最後ということもあり、そろばんのない日にも可能な限り練習をするようになり、合格点も頻繁に取れるようになってきたのですが…。結果的には、“最後”というプレッシャーのあまり、途中緊張で手が動かない状態もあったとか…。たらーっ(汗) なので、結果を聞く前からほぼ見えている状況…。もうやだ〜(悲しい顔)

昨日ご挨拶に伺った嫁によれば、そろばんの先生も「今やめてしまうのはもったいないので、(そろばん塾は続けないにしても)次回の試験だけは受けてはどうですか?」なんて、商売抜きにした(?)ありがたいお言葉もいただきました。さぁ、どうするんでしょうか?フリーダイヤル

まぁ、普通に考えれば、(珠算の先生目指しているわけではないので)二級合格でも、就職活動時に履歴書に書いて全く恥ずかしくないし、二級でも一級でも一般の会社に勤めるなら、あまり関係ない気もします…。実際、初段を持っている私がそのことで仕事上有利に進んだことはないし…。爆弾

そんなわけで、私的には英語で書かれた賞状(今でももらえるのか?)が妙に格好良く感じて嬉しかった点が最も二級とは大きく異なるところかと…。ふらふら

いずれにしても、これにて息子の習い事は、2つ=金曜夜の“ソルフェージュ”と、日曜日の“児童合唱団”の練習となりました。で、部活が吹奏楽ですから、完全に音楽を中心とした生活になっていくんだなぁ…。たらーっ(汗)

世間的には「あの家は音大でも狙っているに違いない」とか思われても不思議じゃないということにふと気付き、私的には逆に焦りを感じてたりして…。あせあせ(飛び散る汗) 音楽は趣味的に楽しむのが一番だよなぁ…。爆弾 それに、少なくとも部活は、文化部が美術部と吹奏楽の選択肢しかなかったので、「美術部はあり得ない」という理由からなんですけどね…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

3Dゲーム

開催されて2週間が過ぎたE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2010。まぁ、場所がロサンゼルスなだけに、間違っても行くことのない私ですが、この時期はゲームの新たな話題が続々と入ってくるので、結構楽しみだったりする。

それにしても、最近は何かにつけて、“3D”が注目されてますね…。まぁ、私としては、映像がどれだけ美麗になろうが、3Dで見えようが、結果的にゲームが楽しめればそれが全てのように思ってたりして…。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、グラフィックの美麗さに力を入れるよりは3D映像の方が嬉しいかもしれませんけどね…。

プレイステーション3のモーションコントローラーとかも10月21日に発売が決まったようですね…ってPS3すら持ってませんけど…。ふらふら ファミ通でも写真で公開されておりました。パッと見、Wiiリモコンに良く似てる気が…(そう思っているのは、私だけではないはず…)。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、“直感的”を追及していくとこういう形状になるということにしておきましょう…。パンチ 

Xbox360は“Kinect(キネクト)”ですかぁ…。まぁ、究極のコントローラーというべきでしょうか?何しろ、自分の体の動きがコントローラーですからね…。ただ、「ゲームをやるのに、AボタンやBボタンくらいはあった方が良いんじゃないかなぁ」とどうしても思ってしまう私。まぁ、体験していないんで、想像だけでモノ言うなと言われるかもしれませんが…。

日本ではコアなゲーマーが多いとされるXbox360(あっ、コアなゲーマーじゃないけど我が家にもあったりして…爆弾)。Wiiリモコンもそうでしたが、こういうのって、ライトユーザーとかに好まれる仕様な気がするんですけど…。まぁ、PS3もXbox360も今までのコントローラーがなくなってしまうわけではないので、RPGゲームとかは今まで通りにプレイすることになるんでしょうけどね。ゲーム

で、私が最も肩入れしている任天堂。3DSは写真で見る限りはほとんどDSと同じような形をしておりますね…。これで裸眼で3Dが見られるなんて、是非体験してみたいですねぇ…。発売タイトルとしては、『nintendogs+cats』とか『Animal Crossing(どうぶつの森)』とかが並んでいるのを見て、既に娘が欲しそうです…。まぁ、こういうソフトは3Dに移植されるだけでも楽しみ方が変わるのかもしれませんね。

私の目を引いたのは『The Legend of Zelda:Ocarina of Time 3D(ゼルダの伝説 時のオカリナ)』。リアルゼルダもいよいよ携帯ゲーム機に移植される時代がやってきたんですね…しかも3Dとして…。そこは感心させらましたが、移植作品ばかりが目立っている気が…。

あっ、個人的注目は(3DSよりも)、Wiiソフトとしての、“ゼルダ”や“ドンキー”、そしてかなり待たされた“カービー”だったりして…。ふらふら
posted by chachu at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

♪さわやかに吹くだけでかぞえてしまう

6月なんで、さわやかではなかったなぁ…。どんっ(衝撃)
by 鈴木輝昭作曲『大地はまだ』より“五月の風は…

昨日の記事にて、合唱団VVが合唱仲間の結婚式に(余興で)歌ってきたことを記しましたが、彼女と比較的仲良くしている面々はここには参加することはなかった…なんて薄情な連中なんだ…。爆弾

あっ、薄情というのは嘘で、実は参加“しなかった”わけではなく、正しくは参加“できなかった”んですけどね…。何しろ、静岡市で翌日の演奏会に備えてリハーサルしていたと思いますんで…。

静大.JPGてなわけで、昨日は『静大混声OBOG現役合同合唱団第6回演奏会』が静岡市民文化会館大ホールにて開催されました。なお、もらったチラシには“OGOB現役”となっており、「(女性の)実権の強さが伺えるなぁ」とか思ってたんですけど、当日のパンフレットにはOBOG現役に修正されておりました。個人的にはこのまま行っていただきたかったんですけど…。爆弾

浜松市内の演奏会以外は滅多に聞きに行くことのない私ですが、昨日は知り合いの多くが出演するコンサートでしたので、珍しく遠出することとなりました(このホール、駅からも結構歩くんだよなぁ…)。電車 入場料も2000円とちょっと高めでしたが、さて私はいくら支払ったでしょうか?パンチ

この演奏会のステージは2つだけ。
第1ステージ:混声合唱とピアノのための『大地はまだ』…個人的に鈴木輝昭氏の曲は好きでもなく、嫌いでもなくといったところなんですが、(私の知り合いの)歌っている本人達は結構嫌っていたりして…。たらーっ(汗) ただ、どんな曲であれ、歌っていくうちに愛着もわくもの。少なくともステージを見ている限りは結構ノリノリ(?)で歌っているように見えましたけど…。あせあせ(飛び散る汗) 人数が多い(2ステは100人近かったと思うけど、1ステは80人くらいかな?)割には結構まとまっていたと思います(まぁ、学生時代にそういう環境で育ってきているメンバーだしね…)。

第2ステージ:G.フォーレ『レクイエム』op.48…通称“フォーレク”。フォーレは私の好きな作曲家の一人。この演奏会が開始された当初、「歌いに来ませんか?」なんて誘いももらってましたが、ソリストとしてではなかったのでパスしました(おいおい)。パンチ てなわけで、演奏聴いていると、ついBASSパートを歌いたくなっちゃうんだよねぇ…。たらーっ(汗)それはさておき、大人数だからといって、声量で押してくることのない演奏…良くも悪くも静大の演奏って感じかな?オケに消されてしまうこともなく、スッキリ聴くことが出来ました!

ちなみに、パンフレットの裏の広告には、小さくではあるものの、
プチ・ヴェール団員募集(特にテナー、ソプラノを歌ってくれる方)とありました…。いや、何となくはそんな話を聞いてましたけど、本当に載せちゃったんですね…。たらーっ(汗) う〜ん、BASSも人数的には募集かけてもおかしくないと思うのですが、さて何故でしょう?爆弾
posted by chachu at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

♪田舎の娘らが 踊りをおどっている

田舎の息子らは踊りをおどりませんでした…(?)。がく〜(落胆した顔) by 木下牧子作曲『夢みたものは…

先月、合唱団プチ・ヴェールの練習にて、Tさんの結婚祝いということで、本人の前で歌を聞かせたことを記しました(こちら)。そして、昨日結婚式当日を迎えました。わーい(嬉しい顔) 合唱団VVでは本人からの依頼により、<タイトル>の『夢みたものは…』を披露しました。

ただ、当日は雨。雨 前日(=通常のVV練習日)に「式場の駐車場は披露宴の参加者で置けない可能性が高いので、ちょっと離れるけどその周辺の駐車場に停めて…」なんて話も聞いていたので、私&嫁は電車&歩きで行くこととしました(徒歩10分程度)。そうしたら、多くの人(上記の発言者含む)が車で来て、しかも式場の駐車場に停めていた模様…。爆弾 あぁ、真に受けて損した気分だなぁ…。たらーっ(汗)

話を結婚式に戻して…。3時ごろに集合し、とりあえず全員揃ったところで、控え室へ…かなり広い部屋を準備していただきました。てなわけで、リハーサルをしましたが、軽く合わせて終了…。あとは待ち時間となり、どちらかというと7月11日のステージの打ち合わせがメインモードとなりました(注:さすがにそっちの曲を練習することはありませんでしたので…たらーっ(汗))。

二人の指揮者のうち、今回はHさんが指揮をしたわけなのですが…。通常、『夢みたものは…』といえば、ゆったりとしたテンポで歌うのが定番。ただ、そういった演奏を何度となく耳にしているHさんにとっては、そのほとんどの演奏で日本語がほとんど聞き取れないことを指摘。

なので、合唱経験者の少ないであろう披露宴出席者の人達に、歌詞をわかるように表現したいことが目的だと思うのですが、定番のテンポに比べると、かなり速めな演奏となりました。前日の練習でもそのテンポに躊躇した人もあり、「指揮をちゃんと見ろよ」と言わんばかりに“巻き”が入る始末…。まぁ、「歌って欲しい」と希望したTさん本人がこのテンポを求めていたかについては、かなり疑問を残すものの(歌い終わったら即退場となりましたので、本人に喜んでもらえたのかは、確認とれず…)、とりあえず事故なく終了しました。

で、終わってから代表Oさんの一言に「あっけなかった」とありました。確かにあっと言う間に終わってしまったので、その通りなのですが、「もしかして曲のつくりに対して言っているのか?」とか、あえて話を広げてみたりして…。爆弾

なお、ほぼ同時刻に息子の所属する吹奏楽部が浜松駅前でプロムナードコンサートを実施する予定でしたが、雨のため中止となりました。中一の息子は今回も特に楽器を演奏することはなく、“踊りを踊るだけ”だったみたいですので、ガッカリすることもなく、むしろ本人的には踊らないで済んでホッとしたのかもしれません…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

スーパーマリオギャラクシー2<その5>

このゲームが発売&購入してからもうじき一ヶ月が経とうとしております。現在のパワースターの数はといえば…120個を超えました! そう、エンディングはもちろんのこと、World Sステージまでクリアしております(World Sを終えたのは今日だけど…)!

まぁ、マリオのエンディングですんで、相変わらず感動こそ薄かったりします…。爆弾 アクションゲームは映像よりも、どちらかといえば“達成感”に感動するものかと…。あっ、それでも前作に登場した“あの女性”に再びお目にかかれたのと、チコ達とのお別れのシーンは一見の価値はあるんじゃないかな(すぐ再会しちゃいますけど…たらーっ(汗))?

ちなみに、World6の最終クッパ戦、ほとんど苦戦することなく一回でクリアできました。手(チョキ) クッパを倒してグランドスターを採ろうとした瞬間…うちの子供たちも注目する中…思わずビックリ&笑い。まぁ、一つのおまけみたいなもの(?)かもしれませんが、まだ戦いは終わってなかったんですね…。たらーっ(汗) 「簡単にはエンディングは見せてくれないのか?」と思ったものの、プレイしてみたらここは特に楽勝でした。

個人的に興味を魅かれたのは、World6の中盤にあった“なつかしの砦ギャラクシー”というステージ。オールドファンにはちょっと嬉しいサプライズ!ステージ名通り、懐かしさ漂います。地形がニンテンドー64ソフト『スーパーマリオ64』にてプレイした“バッタンキングのとりで”と瓜二つじゃないですかぁ!あっ、私、『スーパーマリオ64DS』でもプレイしてるんで、「懐かしい」ってほどでもないかもね…。たらーっ(汗)

更にWorld Sに突入すると、ゲームキューブ『スーパーマリオサンシャイン』とか前作とかのステージに似たものが…。そんなわけで、難易度が高いステージでしたが、結構楽しみながらプレイできました。ただ、“キングオブキングスギャラクシー”はひたすらボス戦なので、楽しいことはなかったか…。爆弾

で、「これで、クッパ倒して完全クリアか?」と思いきや、まだまだ続くんです…。がく〜(落胆した顔) はぁ、“グリーンスター”集めですかぁ…。ふらふら “緑”と聞いた時、てっきり、ルイージで2周目をクリアするものかと想像してたんですけど、全く違ってました…。てなわけで、この記事が<その6>に続かなかったら、面倒になって挫折したと思っていただければ…。パンチ
posted by chachu at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ペンケースマリオ

娘が保育園の頃、赤いペコちゃんのミニバッグがお気に入りで、出掛ける際には必ず持ち歩いていた。あまりにも頻繁に持ち歩いていたため、あっという間にボロボロとなったが、それでも本人は気にしていなかった。祖父(私の父親)とかも、「随分年季が入っているなぁ」なんてことを口にしていたので、その意味を知らない娘は褒められていると勘違いしたのか、嬉しそうにそれを手にしていた。

親である私には「もっと新しいのを買ってあげたら?」なんてことも言われたが、別に意地悪して買ってあげないわけではなく、本人が好きでそうしているのだから、むしろ「放っておいてくれ」ってな感じだった。まぁ、確かに私も使えるものは可能な限り使う主義(要するに貧乏性)なんですけど…。たらーっ(汗)

それから5年以上の月日が経ち、現在娘は小学五年生。母親と筆箱を買うだの買わないだのの討論をしていた。そう、現在使用している筆箱がパッと見、ボロボロとなっていて、どうやら友達からも「新しいの買えばぁ」とか言われて帰ってきたらしい。

まぁ、最近の小学生だとそういうことを発端にイジメられてしまう可能性とかもなきにしも(?)…とも思い、私も「欲しいなら買えばいいんじゃないの?」程度で留めておいた。

そうしたら、娘は「別に使えるから、今のままで良い」とのことでした。(注:私がそう言わせてるわけではありませんので…爆弾

そういえば…とふと思い出し、クラブニンテンドーの会員ページをチェック。 おぉ、ありましたよ、オリジナルペンケース。我が家のDSやWiiソフトの全てのポイントは私のモノとなってますんで(おかげで今年もプラチナ会員が確定)、赤と紺の2種のどちらが良いかの希望を取ると、赤が良いとのこと。何だ、現在のボロボロな筆箱に愛着があったわけじゃなかったのか…。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、無料なんで気軽に頼めたのかもしれませんね(注:私が気軽に頼めない環境を作っているわけではありません)。

ペンケース.JPG6月12日に申し込んで、一週間と経たずに送られてきました。さすが任天堂、対応速いです!で、添付画像ではわからないと思いますが、チャックのところが、マリオのドット絵になっているのがポイントです。

今までに比べてかなりコンパクトだったので、最初は、娘「入るかなぁ」なんて不安がってましたが、問題なく入り、現在は「使いやすい」との評価となりました。(注:私の前だからとりあえずそう言っているわけではない…と思いますふらふら

学校でも珍しモノ見たさに、持って行った初日は友人から、「どこで買ったの?」とか数人から聞かれたみたいで、話題となったようです。あっ、2日目以降はそんな話題も過去のこと状態だったようですけど…(所詮小学生の興味なんて…もうやだ〜(悲しい顔))。とにかく、「アイツの家貧乏なんだよ」とか変な噂をされることもないでしょう(注:今までそんな噂があったわけではない…と思いますんで…がく〜(落胆した顔))。
posted by chachu at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

♪100点満点いい気分

確か東ハトのスナック菓子のCMでこんなんあったと思うのですが…。フリーダイヤル

息子の中学校で初のテストが全教科返って来ました。てっきり、中間テストだと思っていた私。「随分、遅い中間だなぁ」とか、「中間なのに、技術家庭や美術もテストあるのかぁ」思っていたのですが、正しくは“1学期学力診断テスト”というみたいです。てなわけで、一学期はこの1回だけで、中間・期末とかじゃないんですね…。たらーっ(汗)

「最近の中学は皆そうなんだろうか?」と、嫁が周辺の中学校の情報を仕入れたところ、少なくとも周辺の中学校もそうであることが判明。ただ、息子の中学は2学期もテストは1回のみ。2学期に中間・期末がないのは周辺の中学とは異なるみたいです…。ふらふら

それはさておき、子供達に毎月の小遣いをそんなにあげていない我が家(というか、他の家がいくらなのか良くわからんが…)。テスト勉強のやる気アップのためにも、「100点とったら、1教科ごとに1000円あげよう!」と、息子と約束を交わす。

でも、100点は絶対無理なんです。えっ、「自分の子供に対して、いくら何でもそれは失礼だろう」って? いやいや、そうではなくて、物理的に不可能なんです。だって、50点満点ですから…。爆弾

ということで、50点満点なら1000円、更に45点以上も“おしかったで賞”ということで1教科ごとに100円あげるという条件も追加した(えらい金額に差があるなぁ…たらーっ(汗))。

で、結果的には満点はありませんでした…。もうやだ〜(悲しい顔) 本人的には、英語が最も自信があったようですが、残念ながら一問ミスってました。“?”をつけなきゃいけない疑問文のところが“.”(ピリオド)になっちゃってました。本人メチャクチャ悔しそう…。

ちなみに、英語以外に数学、理科も一問ミス。社会も含めて合計400円をGetしたことにはなります。よく頑張りました! でも、美術だけは本人も「全然できなかった」と言うだけのことがあり、ここでは間違ってもオープンには出来ないなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

てなわけで、クラスの子から「どこの塾通ってんの?」なんて質問もうけたようですが、塾には通わせておりません。以前にも語ったように、大学時代に塾講師や家庭教師経験のある私が、英語と数学のみ、週に一時間半程度直々に教えております。

ということで、英語と数学の点数が良かったのは、私的にもかなり嬉しい!わーい(嬉しい顔) これで、家庭教師依頼が殺到したらどうしよ〜…って、「ない、ない爆弾

いずれにしても、各学期に1回しかないことがわかった1000円Getチャンス。息子が数学か英語で満点とったら、お父さんにも臨時収入なんて条件がついたら、お父さんも燃えるんですけどね…。パンチ いや、鬼のような指導をしても、返って空回りすることは、塾講師時代に良くわかってますんで…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

竹病まぬ? 雨止まぬ中 カヒアマヌ

とりあえず、五七五にしてみましたが、いかがでしょう?パンチ …うちの合唱団にも国語のティーチャーがいますが、そっち方面の人は、決して添削しないようお願いします…。爆弾

いやぁ、梅雨ですねぇ、ジメジメしますねぇ…。雨 4日前(6月18日)の合唱団VVの練習の日も雨が降っておりました…。日頃の運動不足を解消しようと合唱練習には極力自転車を使用しておりますが、さすがに雨の日は車(嫁の運転)に相乗りしております…。車(セダン)

南アフリカ・カースニーカレッジ合唱団との交流コンサートまで、あと3週間を切りました。VVがステージにあげるのは3曲。
・ルカイ族民謡『鬼湖之戀』(先々週の記事
・三善晃『混声合唱のための五つの日本民謡』より “阿波踊り”(先週の記事
そして、もう一曲が<タイトル>に記した?本邦初演と噂される(団内で噂しているだけですけど…たらーっ(汗))Stephen Hatfield『KA HIA MANU』です。

何度か書いておりますが、この曲に必須な楽器(?)が“”。指揮者のOさんが男性全員分に行き渡るように、竹を購入。一人で持ち帰りするのはさすがに大変なので、車の人は基本的には持ち帰り、毎週持参することになっております。

私はチャリだから…」と当初は逃げるつもりでしたが、嫁が車で来ているので、結局、嫁が私のために竹を運んできてくれているのですが、「竹、頼むね!」とお願いして出かけたのに、見事に忘れてくれちゃうこともあったりして…。あせあせ(飛び散る汗)

で、先週の練習にて、雨の中なので「さすがに面倒だなぁ」と竹を持たずに車に乗ったところ、後から嫁が「忘れてるよ」と言わんばかりに竹を持ってくる…。まぁ、せっかく持ってきてくれたんで、しょうがないかぁ…。爆弾

そして、練習場所に到着。周囲を見回して、「あれ、竹がないぞ」とまず第一声。そう、考えることは皆同じ。指揮者Oさんも雨の中、竹を持ち運ぶ気持ちにはなれなかったようでした…。思わず一言、「せっかく、もってきたのに〜!」 あっ、前言通り、私一人だったら持ってきてなかったんですけどね…。爆弾

なお、男声の中には、「雨が染み込んで、いつもと違う鈍い音がする」とか「腐って、一人だけ音変わっちゃったりして」とか、冷やかしの声なんぞもありました。最終的に、竹を持ってきたのは、私を含め二名だけだったと思います…。

ただ、後半のOさん練習では、もちろん、ステージも近いですんで、この曲も練習。特に言葉に乗り切れてない人が多いので、歌詞のアクセントを意識しての練習が中心となりました。で、「全員で合わせましょう」となった際に、Oさんの一言
じゃあ、竹はいってもいいよ
…う〜ん、別にやりたくて待ってたわけじゃないんですけどぉ〜。どんっ(衝撃) この言葉を聞いて、「車にそのまま置いてきちゃえば良かったかも…」とか思っちゃったりして…。ふらふら

なお、竹は一人当たり二本ありますので、途中、一本を隣のT君の前に差し出し、一言、
竹、貸してあげてもいいよ
…合唱団VVの流行語大賞にノミネートしておきます(って、そんなのないけど…)爆弾
posted by chachu at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

♪今はもう秋

…いや、夏なんですけど…。どんっ(衝撃) by トワ・エ・モワ『誰もいない海

本日、Vシネマ『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕』が発売されているかと思います。“超全集版”Getしたかったんですけど、DVDはレンタルで充分なんだよなぁ…。ただ、今でもちょっと迷ってます。通常版を購入予定の方、是非超全集版で購入して、私に超全集だけ譲ってください…ちょっとだけ高く買います…。パンチ

ディケイド下.JPGで、本題。『仮面ライダーディケイド超全集<下巻>』が発売されておりました(税込み1500円)。あっ、上巻の記事はこちらですんで、よろしく!

ディケイド放送終了から半年くらいは小学館のHPをチェックしてたんですが、シンケンジャーですら超全集の単品販売がない状況ですから、「超全集、売れてないのでは?」と勝手な予想…。大体、上巻には、「2009年秋発売予定」と書かれておりましたので、それもあり、半ば諦めかけていたのですが、先日、本屋に行って絵本コーナーをクルクル回していたら(注:勇気のない大人は絶対に真似しないでください爆弾)、発見しました!3週間以上前の5月29日に発売されていたようでした…。

こちらはTV版では第20話以降の、ネガの世界、ディエンドの世界、シンケンジャーの世界、RX・BLACKの世界(南光太郎の世界?)、アマゾンの世界、そして、ライダー大戦の世界映画に続くの世界?)までが記載されております。そして、二つの劇場版はもちろんのこと、スピンオフムービーや、現在公開中の超電王3 EPSODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツまでもが網羅されております。さすが、超全集! というか、ディエンドの映画のタイミングを狙って発売した気もしないでもないが…(?)。たらーっ(汗)

スピンオフ作品=爆笑ショートムービーに関しては、まぁ、番外編だったし、ネット配信のみだったので、私はパスしちゃいましたけど、“序章”で終わってしまったOVA『真仮面ライダー』に関しても、貴重な写真がいくつか掲載されているのは嬉しかったです!わーい(嬉しい顔) “第一章”かぁ、私も是非見てみたいなぁ…。ふらふら

あっ、それと二日前に見てきた、EPSODE YELLOW を記事にした際、ディエンドのコンプリートフォームに対して、ライオトルーパーのことを「量産型のライダーをコンプリートフォームの中に入れるなんて」と文句書いちゃいましたけど、パンフレット上に一緒に載っていただけで、(ライオトルーパーを含まない)8大戦士を召還してました…失礼しました…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ドキ!知人だらけの演奏会

いや、ドキッとすることは何もないんですけど…。爆弾

本日は浜松合唱団の第23回定期演奏会へ家族三人で行って来ました。前売で嫁と私の二人分のチケットを買ってあったが、息子が部活がないことが(ようやく昨日になって)判明。声楽の指導でお世話になっているT先生が出演しますんで、可能ならいかないとね…。

で、よくよく聞いてみたら、L児童合唱団の指揮者のH先生も現在はこの合唱団に所属しているという。こりゃ、余程の予定がない限り、行くしかないわなぁ…。たらーっ(汗) 息子の分は知人に頼んで当日取り置きにしていただきました…意地でも定価で入らない気だったりして…。爆弾

1ステ 混声合唱組曲『白秋による三つの楽想』…私の好きな作曲家・萩原英彦のアカペラ曲で、実は耳にするのは今日が初めて…。結構楽しみだったんですが、曲の印象的には思ったほどではなかったなぁ…。(注:歌い手がどうこうという話ではなくてね…パンチ

2ステ 三善晃編曲『唱歌の四季』…「この合唱団でこの曲聞くのって、何回目だろう?」と思ってしまうほど、度々耳にしている曲かと思います。ただ、別に“十八番”と言うほどのもんでもないんだよなぁ…。たらーっ(汗) まぁ、この合唱団では合唱をよく知らない人のために、必ずマニアじゃなくても(?)取っ付き易いステージを用意しようという配慮なんでしょうけど…。最後のソプラノの高音は、ちょっと痛々しかったなぁ…(大変なのはわかるんだけど、どうしても、ここは耳がそっちに行っちゃうんだよなぁ)。あせあせ(飛び散る汗)

3ステ Ariel Quintana『Mass From Two Words』…作曲家の名前、“キンタナ”って読むんですね…思わず息子とアホな話をしちゃいました…。爆弾 曲の完成度は、このステージが3つのステージの中でダントツだったと思います。声もよく飛んで来ていたし、曲自体もなかなか良かったです。ソロも多い曲でしたが、女声ばかりなのが残念…あっ、自分が歌うわけじゃないから、残念ということはないか…。たらーっ(汗)

客入りは雨の中でしたが結構埋まっておりました。私の席はBass寄りの真ん中より前の方…。ちょっと、この場所失敗だったかも…。ふらふら Bassが安定しているためか、Bassの声がかなり目立ち(いや、悪い意味でなく…)、逆に女声(特にSop)があまり聞えなかったんだよなぁ…。次回から、この合唱団聞く時は、Sop寄りで聞くことにしようかと…。あせあせ(飛び散る汗)

で、いつもの如く、観客マナーですが、最初の方で私の斜め前やら、すぐ後ろやらで、演奏中に(小声にもならない)話し声が…。「今日もまた集中できないのかなぁ?」と不安を感じていましたが、それも最初だけで、後はイライラすることもなく、落ち着いて聞けました。るんるん 〜まぁ、本来これが当り前なんでしょうけどね…(その当り前が…)。

ちなみに、アンコールを2曲やったのですが、2曲目は“大地讃頌”で「観客の皆様も(歌える方は)どうぞ!」と言われたので、とりあえず多少抑え目に歌ってみたものの、少なくとも私の周囲は、声らしい声は聞えてきませんでした。あっ、隣のお子さんもそこそこ歌ってましたけど…って、うちの子じゃあ!パンチ 目立つつもりはなかったのですが、チラ見してくる女の子とかもいたりして…どうせ浮くなら、本気で歌っちゃえば良かったかも(?)。

いずれにしても、歌った後、隣のおじさんに「良い声ですね」と褒められ、思わず照れ笑い…。たらーっ(汗) いやぁ、本当はもっと良い声なんですけどねぇ(おいおい)。爆弾
posted by chachu at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする