2010年08月31日

♪すみわたりし 空にもにかよう

by スコットランド民謡『アーニーローリー』…あれ、私の持っているグリークラブアルバム1には“イギリス民謡”と書かれているぞ…。まぁ、日本から見ればそんなに大きな差はないということで…。爆弾

子供達の新学期が幕開けとなりました。娘(小五)は昨日、息子(中一)は本日、猛暑が続く中ではありますが、学校生活が始まっております。ただ、家を出ようとする息子がジャージ姿で出掛けようとしたのに、思わず目が点になりました…夏休みボケじゃあ!爆弾

それはさておき、二学期よりもちょっとだけ早く(=一昨日より)、子供達のミュージカル練習も始まりました。毎年12月に行なわれるピアノ発表会(息子は声楽ですけど…たらーっ(汗))での恒例の(個人発表後の)出し物(?)となります。嫁の話では、役一つ決めるのも、結構難色を示しているようで…。まぁ、うちの子達は先生の指示に対して、特に嫌がることもなく即決定なんで、そこは先生的には結構楽できてるとは思いますが、まぁ、ピアノを習いに行くのがメインの子達にとって、歌を歌うのは恥ずかしいことなのかもしれませんね…。ふらふら

一昨年は『ピーターパン』、昨年は『不思議の国のアリス』ときて、今年はといえば…『アニー』をやるんだそうです。あっ、私はミュージカルには疎いので名前聞いても良くわからなかったりして…。たらーっ(汗)そんなわけで<タイトル>で勘弁してください…。パンチ

で、昨年も一昨年も習いに行っているわけでもないのに、先生からのお誘いで出演してしまった娘。今年はあくまでも“生徒として”出演します。そう、昨年習っていた習字は先生が引退し自動消滅、更には水泳はやめて、生け花教室(これも月1〜2回程度)だけになっていたので、「何かやりたい習い事あるか?」と聞いたところ、K先生のところ限定でピアノを習いたいと言う。どうやら、生徒でもないのにミュージカルに出演することは娘なりに気がひけていたらしい…。

動機が不純な気がしてならないがあせあせ(飛び散る汗)、ピアノは保育園時代〜小一の頃に習ってはいたものの、先生の家が結構遠く、(半分親の都合で)やめさせてしまった過去もあるので、とりあえず習うのを許可し、(確か)4月から習い始めております。

ちなみに、その相談を嫁がK先生に持ちかけた際、(ちょっと天然の入っている先生だけに)息子が「中学になるからソルフェージュ(+声楽)やめます」と言われるのかと思ってドキドキしたんだそうです…。がく〜(落胆した顔) 個人的には児童合唱団もそれなりにやっていけてるようなので、やめさせてもOKなんですけどね…。パンチ

そんなわけで、12月には私&嫁の合唱団VVのコンサートやら、息子のライオネット児童合唱団のコンサートやら、息子&娘の発表会(アンダンテの会)やらと、音楽絡みの家族イベント盛り沢山…出費も盛り沢山だなぁ…。爆弾
posted by chachu at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

♪Ngana Ngana Ngana Yahna

by Stephen Leek 『Ngana』〜オーストラリア民謡で、特に前半はNgana(ンガナ)以外の歌詞はほとんど登場しません…。

ヴォア・ヴェール 第4回演奏会』のチラシが刷り上ってきました。演奏会マネージャーなんていう役職が出来、その役となったBASSの隣のT君が「随分と張り切ってるのかなぁ」なんて思ったが、気がつけば約3ヵ月後(12月5日)に迫っておりました…。あせあせ(飛び散る汗)

3日前=8月27日の後半のOさん練習では、<タイトル>の曲を中心に練習。なお、この曲は若干の Hand clap があることが主な理由と思われますが、コンサートでは暗譜となっております…。ちなみに、Oさんステージでは全7曲中4曲が暗譜…“暗譜の文化”を定着させたいという想いがひしひしと伝わってきますなぁ…。たらーっ(汗)

で、私にとっては、4曲の中ではこの『Ngana』が最大の難所だったりします。歌詞はほとんどNGANAで、音も比較的やさしいこの曲…そんなわけで指揮者は「歌詞も少ないし、そんなに(暗譜が)難しくはないでしょ!」と、自分が暗譜しないことをいいことに平然と語っておりましたが、そう思うんならやってみてくれよ〜。爆弾

とりあえず、暗譜のことは忘れて(現実逃避がく〜(落胆した顔))、この曲に何度となく登場する“Ngana”。更に様々なバリエーション(?)で登場する“Ngana”に対して、八分休符の後に登場した場合(いわゆる裏で入る場合)“ga”にアクセントをつけ、休符じゃない場合は“N”にアクセントという指示があった。裏ページの注記にもそのようなことが書いてあるらしい…訳す気には全くなれないのだが…。パンチ

でも、楽譜をよく見ると、割とアクセントは多く記述されており、特にラストのカノン部においては、裏表関係なく、全て“N”にアクセントが入っているじゃないかぁ…。爆弾 まぁ、カノン部はどうやら女声のみで演じるようなので、私的にはどっちでも良いんですけどね…。がく〜(落胆した顔)

そういえば、カノン部に関しては、“本番直前までこのパート分けは、誰になるかはお楽しみ状態”と個人的には予想していたのですが、(はっきりと宣言されたわけではないですが)どうやら男声陣は「ごゆっくりおくつろぎ願います」タイムと判断して良いのかな? いずれにしても、暗譜が軽減できるのはウェルカムだったりして…。爆弾
posted by chachu at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

♪さぁおまえの罪を数え

魂に踏みとどまれ♪ by 鳴海壮吉(吉川晃司)『Nobody's Perfect
〜左翔太郎が鳴海壮吉から受け継いだ決めゼリフ=「さぁ、お前の罪を数えろ」は、今後「“仮面ライダーW”と言えば?」と聞かれたら、間違いなく連想する名ゼリフとなりました。Blogの中ではなかなか使う場面がないのが残念です…。爆弾

仮面ライダーWも本日にて最終回。今年も一話も逃がさず、一年間のTV放映を見終えました。それにしても、以前のライダー映画はパラレルワールドという位置づけで、映画を見なくてもTVはTVの世界でストーリーが進行しているが、最近では劇場版との連動を意識しているのか、今回も映画を観ていないといくつか不明な点も出てくるのではないかと思います。あっ、この辺から、ネタバレ注意!ということで、まだ観ていない方ご承知願います…。

今回は44話と45話の間の話が劇場版という位置づけなので、最終話を観て「あれ、翔太郎一人でも何で(仮面ライダージョーカーに)変身できるの?」とか、「知らぬ間に、鳴海亜樹子と照井竜=アクセルがラブラブになっちゃってる」とか疑問に思っちゃった人は、とりあえず、今からでも劇場版を観に行った方が良いかもしれない…。たらーっ(汗)

先週(48話)で、最後の変身を遂げ、最大の敵であるユートピアを倒し、フィリップが消失してしまうもうやだ〜(悲しい顔) という波乱があってから一週間が経ち…あっ、もう一年後の話になっちゃうわけですね…。パンチ

いずれにしても、時が経とうが、まるで恋人でも失ったかのように寂しそうな翔太郎。(私を含めて)視聴者の多くも、「二人で一人の仮面ライダーがこのまま一人で終わるはずはないだろう」と、必ずやフィリップが戻って来ることを期待していたはず…もちろん、その期待は裏切られることはありませんでしたぁ!(一瞬の襲撃でヒヤッとさせられる場面こそあったものの…というか、個人的にはここは、物語を盛り上げるために予想できる範囲だったかと…爆弾

ハーフボイルドさを思いっきり出した翔太郎と、相変わらず冷静沈着(でも愛らしい)なフィリップという名コンビが揃っての変身…「やっぱりこれが仮面ライダーWだぁ」と誰もが思ったことでしょう! 主役を務めた二人の役者=桐山漣&菅田将暉も良い感じでした(今後にも期待してます)。 わーい(嬉しい顔)

まぁ、シュラウドが最後までマスクとグラサンを外さなかったことと、あれだけ争っていた園咲家の人達が、何か妙に良い人達になって、さわやか系になっていたのは、個人的には残念なところかな…。ふらふら

来週から始める000(オーズ)ももちろん、欠かさず観るつもりですが、この冬にはW&000のコンビで劇場版も決まったようですので、まだWも終わっていないかと…。今度はオーズ中心になるのかもしれませんが、たまには(ご当地ヒーローじゃあるまいし)風都以外も守っていただければと…。爆弾
posted by chachu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

これはまずいねぇ

実写版『怪物くん』にてお巡りさんが名文句として使用していたこの<タイトル>のセリフ。我が家では、娘&私が今でも使用させていただいております。

沖縄のローカルヒーローの枠を超えた“ご当地ヒーロー”(いや、呼び方変えただけで何も変わってませんけど…というか、良い呼び方が見付からなかったのね…)琉神マブヤーネタを、8月が終わる前にもう一つ…(って、前回の記事もGetしてから半月経ってアップしたんですけど…)。あせあせ(飛び散る汗)

8月16日に記事にした通り、龍神ガナシー戦闘員クーバーの携帯ストラップをおみやげとして、買ってきてもらったことを記しました。あれから、もちろんお金は払わせていただきました(但し、全額ではなく、本人の「○円で良いです」という額をそのまま…)。なので、いくら払ったのかはここではノーコメントということで…。パンチ

というのも、ローカルヒーローグッズとしては、携帯ストラップ(もしくはキーホルダー)を中心にコレクトしている私。そのことを、おみやげ買ってきてくれたKさんが承知しているのか、いないのかはわかりませんが、予期していなかったお土産もあったのでした…。それが、琉神マブヤーの醗酵ウコン粒スライドケースです。いくつか種類はあるようですが、悪の軍団マジムンの紅一点=マングーチュがデザインされたものをいただきました。それしかなかったのか、もしくは選んで買ってきたのか…もし選んで買ったとしたら、ある意味「やるなぁ」ってな感じですけど…。たらーっ(汗)

ウコン.JPG名称には“加工食品”とも書かれていたので、「見た目は錠剤にしか見えないけど、ラムネにも見えなくないし…」ととりあえず、かじってみた。そうしたら…<タイトル>へ…。爆弾 あまりのまずさに、嫁に「食べてみて」と勧めてみる(おいおい)。パンチ で、嫁が内容を確認してみると、お召し上がり方なんてのも記されておりました。
栄養補助食品として1日15粒ぐらい、数回に分けて、そのまま水などでお召し上がりください。
…あっ、かんじゃダメだったのね…。あせあせ(飛び散る汗)

なお、この中に入っているのは25粒。1日15粒のペースだと、2日かからずアウトですねぇ…(上記のように記すのなら、せめて30粒の方が良かったかと…)。まだ、半分以上残ってますので、試しに食べてみたい(?)人がいれば中身だけはプレゼントしたいと…。がく〜(落胆した顔)

いずれにしても、この金額分はおごりにしてもらっても、決してまずくはないかと…。ふらふら
posted by chachu at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

♪Ride On Now 必ずその鍵がある

by 吉川晃司『KEY〜胸のドアを暴け
たまには仕事の話でもしますか…。

一昨日〜昨日にかけての2日間、磐田市のとあるユーザー先へ講習へ出掛けてきました。客先で講師をすることは別に珍しいことではないのですが、最近だと喫煙場所がどこにあるのかは確認必須事項。まぁ、喫煙者はどこの会社でも肩身の狭い思いをしていることは、やむなしだとは思っている…。ふらふら

で、この会社は結構大きな会社で、セキュリティもしっかりしている。ドアがあるところにかなりの割合で認証が必要となっていた。そう、講習部屋から喫煙場所まで行くのにも、一つのセキュリティを乗り越えなければならなかった。パスワード 講習受講者2名は2名とも煙草は吸わなかった…。禁煙

ちなみに、出る際には問題なく出られるのだが、入る際に認証が必要…。そんなわけで、「5分後くらいにドアを開けに来てもらえますか?」と一言断ってから、喫煙場所に移動することとなった…。ふらふら

まぁ、煙草の話をあまりすると、「これを機に禁煙すればいいじゃん」とか「一日や二日、吸わなくたって死にやしない」とか、禁煙者から攻撃を受けそうなので、ここは百歩譲ることとしよう(おいおい)。どんっ(衝撃)

食事においてもその会社の食堂は広く、メニューも充実。一般の人も利用でき、現金で支払いが可能…ときたら、外に食べに行くことはせず、そこで食べるのが金額的にも時間的にも有効な手段。もちろん、食堂から講習部屋に行くのも一つのセキュリティを越える必要はあったが、食事休憩時はさすがに人の出入りも激しいので、難なくクリアすることが出来た。ダッシュ(走り出すさま)

じゃあ、何が一番困ったかと言えば、実はトイレだったりする…。トイレ 何とトイレから戻って来る際にもセキュリティかかってるじゃないかぁ!爆弾 最初は知らずに(過去に数度訪問しているので、場所は知っていたので)「トイレお借りします」と一応断って部屋を出ると、トイレから戻った際、受講者がトイレの前に立っている…そう、私が閉じ込められないよう、戻って来るのを待っていてくれたのだ…。たらーっ(汗)

そして、昨日…昼食を終えて、人の波で部屋には戻れたものの、トイレの近い私としては午後の開始前には一度トイレに行っておきたい…。「誰かしらいるだろう」とか思い、トイレを済ませると…(男性こそ誰もいなかったものの)おっ、予想通り、オバちゃんがトイレから出てきたぁ! 来客バッジはしているので、怪しまれることもなく、
私「すいません、出られなくなっちゃったんですけど…
オバちゃん「あっ、私のカードじゃ、そっちの部門には入れないと思うよ…」

〜そう、トイレの位置はいわゆる渡り廊下のようなポジションで、二つの部門が別々のドアから出入りしていた…。そんなわけで、私「あっ、じゃあ、もうしばらく待ってみます」 そのオバちゃん…改め、“優しい御姉様”がもう一度トイレを確認し、私が行きたい部門の人にお願いしてくれたおかげで、ようやく解放されました…。

セキュリティ対策がしっかりしているのは、良い事だとは思うのですが、「せめて終日滞在者にはカードの予備とかを(その都度で良いから)持たせてくれると嬉しいなぁ」と思った次第です…。いずれにしても、変なところに気を遣う二日間は無事終了しました。ふぅ〜っ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

仮面サイダー 第2弾

仮面サイダー(第一弾)を4月上旬にコンプリート後は、たまにウルトラ大怪獣レモネードを買っておりました。ウルトラコーラの方はといえば…すいません、甘いコーラは得意ではないので…。爆弾

いずれにしても、ウルトラ大怪獣レモネードも実はラッキー缶を除いて、一通り集まっておりました。「まぁ、簡単にはラッキー缶は出ないよなぁ」と、それ以降はほとんど買うことはなくなっていたのですが…。

娘が私に“ビッグニュース”と言わんばかりに、私に話しかけてきた。「今日、久しぶりにウルトラレモネードを買ったら、ほらこれ!」と、ウィンダムの缶を出してきた。そう、第二弾が登場したらしい…。これみてきっと「何を今更」とか思っている人も多いんだろうなぁ…。だって、これ、6月上旬には発売されてたみたいだし…。たらーっ(汗)

というのも、ダイドーの自動販売機の見本は遠目では間違いなく判断できない…というか、「もしかして以前の見本のままなんじゃないの?」とも思ってしまう…。だって、仮面サイダーは第一弾で新1号、第二弾で新2号を見本として使用…手袋やブーツがなきゃ、上半身だけなら一緒じゃないかぁ…。爆弾

ということで、まだまだ暑い夏を乗り切るためには、仮面サイダーしかないでしょ!パンチ 第二弾もコンプリート目指していきたいと思います。

戦闘い〜ん.JPGちなみに、製品ラインナップとしては、やはり昭和ライダー(いや、Rxは一応違うけど…たらーっ(汗))。そりゃ“復刻堂ヒーローズ缶”ですから、平成ライダーに期待してはいけないでしょう(とはいえ、第三弾があるなら出して欲しいけど…パンチ)。
@旧1号 A新2号 Bライダーマン Cアマゾン Dスーパー1 EBLACK Rx Fタックル G戦闘員 H旧2号変身
〜個人的にはアマゾンとタックルが嬉しい! あれ、今回はラッキー缶はないのね…。ふらふら まぁ、Hが第一弾のラッキー缶と同じなので、こちらは別にGetできなくても良いかなぁ…。どんっ(衝撃)

で、早速娘がアマゾンをGet!我が家に現在あるのは、あとは戦闘員の2種のみ…まぁ、これからに期待してください(?)がく〜(落胆した顔)。 何気に第一弾の戦闘員が顔で、今回の戦闘員が上半身となっているので、合体してみました。なかなか良い感じでしょ!

なお、ウルトラ大怪獣レモネードも同様にラッキー缶はなく、ラッキー缶だったカネゴンは第二弾のラインナップとして登場。冬になる頃にはレモネードも良いかもしれない…。爆弾
posted by chachu at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

♪自転車で行きたいな スルリスルリと

スルっと、荷物が落ちちゃったりして…。たらーっ(汗) by スピッツ『自転車

息子の自転車を買いに行きました(8月22日=息子にとって久々の“予定のない日曜日”)。というのも、小学校低学年の時に買ってから、5年以上の歳月が流れ、当然体にも合わなくなってきていたので…。というか今にして思えば、中一のついこの間まで、「よくこのサイズ=20インチに乗っていられたなぁ」と思ったりして…。えっ、だったら、もっと早く買ってやれって?あせあせ(飛び散る汗)

最近は児童合唱団の練習の時に、(雨の日以外は)活用しておりまして、実は前のカゴがぶっ壊れており、持ち物を身につけて運転しておりました…。多分、このカゴだけでも、それを見た知り合いは「貧乏生活なのかなぁ?」と余計な心配をしちゃうんだろうなぁ…まぁ、否定はしませんけど…。爆弾

親二人の自転車は(何年前に買ったかはすっかり忘れたが)、どちらも近所の自転車屋(個人経営)にて…。というのも、パンクした時に修理を頼むのは、言うまでもなく近所がBetterなわけでして、過去にも何度も世話になっていたにもかかわらず、都合の良い時だけ利用するというのも気がひけたというのが、正直その店舗で買った一番の理由…。ふらふら

なお、その店長(いや、個人経営なんで、修理のおっさんであったりもするが…たらーっ(汗))曰く「量販店には(金額では負けても)モノでは絶対に負けない」と断言していたようでしたので、いわゆる「安かろう悪かろうなんだろうなぁ」とは思うのだけれど、かといって、量販店で買ったものでも、自転車自体(パンクを除いて)そんなに簡単に壊れるものでもないかと…。爆弾

いずれにしても、今回は義理も果たした(?)ところで、(家から2kmくらいの)ホームセンターにて購入。24インチタイプのもので、店頭にある、いわゆるリーゾナブルなもので、念のため、足が届くかを確認したところ、「あれ、ギアはないの?」だって…。爆弾 一応、父も母もギアチェンジの出来ない自転車に乗ってるんですけど…。ふらふら ということで、一応ギア付きの自転車も見るだけ見たけど、やっぱり金額がねぇ…。どんっ(衝撃)

なお、色は銀色。娘がもう少し大きくなった際に、お下がりとして利用することを見据えて、男女問わず乗れるカラーを選択しました。たらーっ(汗) ということで、20インチチャリ(男の子用)が欲しいという浜松周辺にお住まいの方、“限定1名様”に差し上げます…もちろん、カゴは壊れたままですけど…。爆弾
posted by chachu at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

“コンテスタント”と“ピアニスト”

6月に一色まことピアノの森』の劇場作品をスカパーで視聴し、「単行本を集めたい!」と語っていた娘(当時の記事はこちら)。以降、(娘ではなく)私が古本屋を都度チェックし、ようやく二桁=10冊までたどりつきました(現在18巻まで発売中)。

うち、3冊は埼玉帰省中に祖父より買ってもらいました。昨日の記事にもある通り、息子の誕生日プレゼントでゲームソフトを買いに古本○場へ行った際、娘に何もなしでは不憫に思ったのか、祖父より「欲しい古本があれば買ってあげるよ」とのことで、『ピアノの森』を探す…いや、娘に代わって私が探す…。爆弾 そうしたら、最新刊=18巻があったので(普通は古い方から集めていくのかもしれないが)、「最近のヤツの方が手に入りにくいと思うから、後ろ(新しい)方から買ってもらいな!」と娘の物なのに(アドバイスというよりむしろ)余計な口を出す親がいた…それは私です。パンチ

でも待てよ?“1〜14巻値下げしました”と書かれているが、18巻のことは何も触れてないぞ…値札が貼っていないので、通常価格=270円で良いのか? 更に16巻には380円の値札が貼ってある…えっ、これならブック○フで買う方が安いぞ…。たらーっ(汗)

ピアノの森18.jpg一応店員に(16巻のことは触れずに)18巻の価格を尋ねると、「値札の貼っていないものは定価が550円以上600円以下のものは270円」とのこと。さぁ、正しいのは16巻 or 18巻? そんなわけで、(あえて16巻は選ばずに)18巻、12巻、11巻を買ってもらうこととなった…。

ちなみに残り7冊は、ブック○フを中心に105円〜150円で買ったものになります。いやぁ、とりあえず話はつながりますが、結構間が抜けると、途中を知りたくなりますねぇ…。パンチ 娘よりもむしろ私がハマっちゃってる気がします…。たらーっ(汗)

なお、18巻はショパンコンクール2次予選開催中で、“完璧なピアノ”を特徴としていた雨宮修平が、“コンテスタント”から“ピアニスト”へと成長します。それまでは技術だけが先行したイマジネーション(想像力)のないピアノだったものが一転し、ピアノと一体となり、客席にも心に深く響く演奏を伝えることをこの大舞台でやってのけます。

で、そのきっかけを与えたのが、アダムスキであることは間違いないのですが、前述した通り、間が抜けちゃってるんで私も詳細はわかりません…。爆弾 まぁ、ちょうどネタバレにならなくて良いかと…。あせあせ(飛び散る汗) いずれにしても、娘は350円では買う気はないみたいなので、しばらくはこの状態は続くんだろうなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

♪みんながそろったら

We're gonna have a hearty party tonight♪ by 竹内まりや『今夜はHearty Party

埼玉の実家帰省時、息子が祖父(私の父)より、「遅くなったけど、誕生日プレゼントにゲームでも買ってあげる」と言われる。あれ、普段はGWの時に、4月生まれの娘と6月生まれの息子に併せて買ってもらっているので、今回も同様のはずなのだが…。たらーっ(汗) 祖父曰く「あれは、中学校の入学祝い」だったらしい…知らなかったなぁ。あせあせ(飛び散る汗) じゃあ、遠慮なく…。爆弾

ただ、そんなことは予想していなかったため、息子は自分の小遣いを使って欲しいソフトは先月入手済み…。そんなわけで、買ってくれるてとはいえ、何を買おうか迷っていた。ちなみに、娘は特に祝い事もないためふらふら、もちろんゲームを買ってもらえるはずもなく、娘も喜びそうなゲームがBetterだった。そこで私が「Wii パーティーなんか良いんじゃない?」と提案してみたところ、あっさり、息子「いいねぇ」とのことだった。

ウィーパ.jpgということで、現在兄妹で一緒にプレイすることの多い、このWii パーティー。言うまでもなく、パーティゲーム。一人でも遊べますが、複数人でプレイしてこそ、本当の楽しさを味わうことが出来るかと思います。ただ、我が家にあるWiiリモコンは二つですんで、私がハマってしまうことでもなければ、Wiiリモコンは当面二つのままでしょう。爆弾

あっ、嵐がCMでやっていた通り、リモコンなくても複数人で遊べる、びんかんバクダン(=Wiiリモコンをバクダンに見立てて、ゆらさない様に、次の人に渡していく)のようなゲームもいくつか用意されてるようで、母親を交えてプレイしてましたけど、ほとんどはリモコンが必要になるかと思います。

個人的な印象は、『マリオパーティ』と『はじめてのWii』を足して2で割ったような感じ。老若男女を問わず、気軽に誰でも遊べて、かつゲームの中に自分の分身=Miiを参加させることで、より身近に感じることが出来るってのが特徴なんじゃないかと思います。

逆に一人でじっくりプレイ派の私にはあまり向かないかもしれないなぁ…。昨日も書いた通り、現在は『レイトン教授と魔神の笛』を攻略中ですんで、息子も私を誘ってくることはありません。えっ、そうじゃなくても誘いたくないんじゃないかって? いや、それはないと思います…多分…。あせあせ(飛び散る汗)

昔、ダイガンダーの玩具(ゲームも内蔵したDXロボで、更に別売のロボを合体させることで全く違った“第3のゲーム”が楽しめるという仕様)で、既にダイガンダーは持っており、実家では“別ロボ”を買ってもらったところ、その日から息子が急に浜松に帰りたくなる病が発生したことがあり、先に「Wiiソフトは浜松に帰らないと出来ないから、“帰りたい”とか言っちゃダメだよ」と念を押してみた所、「いつの話してんだ」とでも言いたそうな、息子の不満そうな顔があったりして…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

魔神の笛

お盆休みで浜松にUターンした際、ニンテンドーDSソフト『レイトン教授と魔神の笛』を買いました。昨年11月26日に発売されたソフトで、その当時の記事にも、「“値崩れ”おこすまで気長に待っていきたいなぁと思ってます…」と予告済(?)でした…。

寄ったブック○フが10%オフのキャンペーンを実施しており、2450円の更に10%引き=2205円でGetしましたので、まぁこんなもんでしょう。がく〜(落胆した顔)

うちの家族は4人ともレイトンが気に入っているので、私がやっていない時にはプレイすることを許可しているのですが(3人分まではデータ作成が可能)、それでも今の所、私以外はプレイしておりません。その代わり、私がプレイしていると、息子や娘が寄ってきます…いやぁ、人気者は辛いなぁ(おいおい)。爆弾 両隣に子供達が覗き込むことを前提にプレイしますんで、もちろん、冷房は欠かせません…。ふらふら

過去のレイトンシリーズ3作もそうでしたが、やり始めると、続きが気になって「今日はここまで」と区切ることがなかなか出来ないんだよなぁ…。たらーっ(汗) ということで、今までよりは時間をかけたつもりでしたが、昨日、エンディングを見ました。まぁ、一週間以上プレイしましたんで、良しとしてください。たらーっ(汗)

この“魔神の笛”は、レイトン教授とルークの出会いのエピソードですんで、ルークが「レイトンさん」と呼んでいるところがちょっと新鮮だったりして…。それにしても、今回初登場の(自称)助手のレミにしても、後に(これも自称)弟子のルークにしても、図々しく言ったモン勝ちな感じで、「それで良いのか、レイトン」ってな感じです…。あせあせ(飛び散る汗) もちろん、それぞれに活躍の場はあるわけで、動物の言葉のわかるルークや、格闘には欠かせないレミとかね…。爆弾

謎解きは「わからない」とか「時間がかかりそう」とか思ったら、潔くヒントを見れば割とスムーズに進行します。がく〜(落胆した顔) あっ、あくまでも本編中に限定しますけどね…。ということで、現在はレイトンからの挑戦状を全て出現させるべく、ミニゲーム(レイトンのかばんの中の、ミニチュアトレイン、ミラクルフィッシュ、人形劇)に奮闘中。その後はもちろん、“超難問”が待ち受けております。

ちなみに、皆で爆笑したのが人形劇。おぼえた演技を使って演目を大団円へと導いていくもの=[ ]に当てはまる言葉を入れ、文章を完成させていく なのですが、間違えた場合に失敗しちゃった内容まで解説してくれるのがツボでした。とりあえず、すぐに大団円へと導かず、間違えてみることが重要です!どんっ(衝撃)

本編の物語としては、謎解きはもちろん楽しかったですが、ラグーシには結構感動させられました。海賊達(仲間)の帰りを待つ、巨大クジラ…って、“ラブーン”だ(by ONE PIECE)!パンチ じゃあ、蒲郡にある複合型マリンリゾート地の…って、それは“ラグーナ”。もしくは、菊地桃子が踊りながら歌う自称・ロックバンドの…って、それは“ラムー”。爆弾  遠くなってきたのでそんなところにして、“可愛らしい恐竜の”ラグーシの、ユラの病気を救うべく必死な姿に魅せられました。もうやだ〜(悲しい顔)

あっ、最後に期待の(?)魔神…“合体”こそ用意されていたものの、イマイチのルックスでしたね…って、そういうゲームじゃないし…。爆弾
posted by chachu at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする