2010年09月30日

♪心に太陽 あこがれは今

by 吉川晃司『心に太陽』〜この歌詞の後に ♪心が痛いよ〜 なって歌詞もあったりしますが、ギャグめいた曲ではありませんので…。あせあせ(飛び散る汗)

本日で9月も終了です。タバコもいよいよ増税…。会社も明日より下半期へと突入。更にはクールビズも本日で終了。そして、クラブニンテンドーの2010年度のポイントの締めも本日。ということで、本日はゲームネタにしてみましょうか…(おいおい)。がく〜(落胆した顔)

大神伝.jpgそんな本日9月30日、ニンテンドーDSソフト『大神伝 〜小さき太陽〜』が発売されました(5040円)。なお、“だいしんでん”ではなく、“おおかみでん”と読みます(…って、言われなくてもわかってるって?どんっ(衝撃))。ついでに、<タイトル>とは単に太陽つながりです…。パンチ 前作プレステ2ソフト『大神』が登場したのが2006年で(私はベストプライス版登場後Get)、昨年Wiiへと移植された際には私も記事にさせていただきました(当時の記事はこちら)。

プレステ2でプレイした時も、このゲームの肝とも言うべき“筆しらべ”は「アナログスティックよりもタッチペンの方が合うよなぁ」なんて会話を当時した覚えがあるのですが、実際にDSでプレイ出来る時がやって参りました!これはもう楽しみです!…とか言いながら、既に(ちょっとだけですが)プレイ済だったりして…。パンチ

というのも、DSステーションにて『大神伝』のダウンロードプレイが出来るという情報を得たからには、「もうダウンロードするしかないでしょう」ということで…。たらーっ(汗) まぁ、体験版ですから本当にさわりの部分だけではあるものの、やっぱり“筆しらべ”は良い感じにプレイできました。前作同様、和風テイストな味のあるグラフィックはDSでも顕在ってとこです。

ちなみに、DSステーションは設置してある店に行くものですが、私はWii+PC(Wi-Fi USB コネクター)にてダウンロードをしました。最近、ほとんどWi-Fi使ってなかったのですが、○カフィーの更新のせいか、まず、『レイトン教授と魔神の笛』の“週間ナゾ通信”をダウンロードしようとしたところ、何度やっても接続できず…ってな現象に遭遇。

どうやら、PC側にWEPキーが設定されているだかで、そのキーをDS側でも入力しなければならない…。「誰もそんなの設定した覚えがないぞ」と、調べるのも面倒臭かったので、ファイヤーウォールを無効に…(まがりなりにもコンピュータ業界に勤めている人のやることとは思えないような…)。爆弾 以降、未だに調べておらず、Wi-Fi使いたい時だけファイヤーウォールを無効にしてたりして…。パンチ

それはさておき、今回の主人公となるのが前作の主人公=アマテラス の子供となるチビテラス。アマテラズは女性でしたが、今回は果たしてどっち? …それもさておき、そのチビテラスと、進行具合によって異なる相棒たちと共に冒険を進めて行きます。体験版は前作のお笑い剣士(?)スサノオの息子のクニヌシ。そうか、クシナダはスサノオと結婚しちゃったのねぇ…人生捨てたかも…(?)。爆弾

「早く体験版の続きがプレイしたい」と思いつつも、ベスト版への期待もあったりして…。パンチ Wiiソフト『大神 Best Price!』も今月(9月9日)に発売された(2100円)ことを考えると、それほど待たずにベストプライス版も登場するかも…って、Wii版は今回の続編発売記念=相乗効果を狙ってという戦略とも思えるが…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

♪リベ〜ラ リベラマイルド

by CRAZY HORSE DE PARIS “リベラマイルド日本たばこ”のCM

beck.JPG最寄の本屋に何気に置いてあったハロルド作石の『BECK』お試し読み小冊子。実は今まで読んだことがなかったので、9月4日より実写版が映画化されて話題になっていることもあり、とりあえずいただいてきました…。

なお、ハロルド作石といえば、個人的には『ゴリラーマン』が好きでコミックスは全19巻すべてGetしていました(残念ながら過去形ですけど…たらーっ(汗))。不良グループの高校生活(喧嘩がメインな気もするが…)を描いた学園漫画で、タバコを吸ってるシーンが当り前のように登場する(今だと問題になっちゃうかもしれないなぁ…)。禁煙

主人公のゴリラーマンこと池戸定治は、顔がゴリラに似てるからそんなあだ名で呼ばれているのだが、本人は何気に鹿賀丈史に似てると思ってたり…。爆弾 好物はドリンクタイプのカロリーメイト(ミルク味)だったり、好きなタバコはリベラだったりと…私もこの漫画を読んで、とりあえずどちらも試してみたっけ…(リベラは友人にあげようとしたが、一口だけ口にして以降拒まれた)。とにかく、無口=ノッポさん状態 で「主人公が一言も口聞かずに大丈夫なのか?」という読者の不安もなんのその。最終回にやっと一言という幕切れだった。

『BECK』人気に便乗してか、そんな『ゴリラーマン』もヤングマガジンコミックスで、新世紀リマスターとして続々登場しております。本屋で見たときには昔ながらの表紙に約20年前を懐かしみました…。あせあせ(飛び散る汗)

あっ、『BECK』の話題しようと思ってたんだっけ…。パンチ お試し読み版は(平凡で退屈な毎日を送っていた)コユキが、(天才ギタリスト)南竜介と出会ったことをきっかけに、バンド=BECKで初ライブを迎えるシーンから、そのライブは散々な結果となるものの、ボーカルとして思わぬ才能を発揮し、正式に一員となり練習に励んでいくあたりが描かれております(30ページちょい)。

このお試し読みを読んだ嫁&息子も「おもしろそう!」とは言ったが、「映画に行きたい」とか「コミック集めたい」とかの発言は誰からも聞くことはできなかったなぁ…まぁ、DVDレンタルまで待ってみますか…。パンチ

“俺様ライダー”の天道総司=仮面ライダーカブトを演じた水嶋ヒロが南竜介役、気弱で喧嘩も弱くアンラッキーの星の元に生まれてきたような野上良太郎=仮面ライダー電王を演じた佐藤健がコユキ役を務めるという、まさに引き継がれる平成ライダー魂な作品…ってことはないよなぁ…。爆弾
posted by chachu at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

♪neues Laub(ノイエスラ〜ウプ)

by メンデルスゾーン『Herbstlied(秋の歌)』〜Laubのbは“ブ”とは読みません…。たらーっ(汗)

一昨日は合唱団プチ・ヴェールの今月2回目の練習日。もちろん、10月3日に開催される浜松市民合唱祭に向けた練習。なお、これが終わったら、11月下旬に開催される県民芸術祭に出演しようかどうしようか…なんて話が出ていたのですが、この日の打合せで、出演することがほぼ決まりました。月一ペースのプチですんで、ステージの終了した月はお休みが定番だったのですが…ちょっと残念…。爆弾

私はローカルヒーローショーが終了して、即はまホール(練習場所)へと向かったのですが、10分程度の遅刻…。この日は本番一週間前練習ということもあり、集まり具合は結構良い感じでした。いろいろな意味でスタートダッシュの苦手なプチとしては、らしくないといったところでしょうか?パンチ

歌の方の“スタートダッシュ”に関しては、いい加減学習しないといけないということで(?)、指揮者曰く「リハの時に今回はしっかりやる」とのこと。なお、1曲目は『Lerchengesang(ひばりの歌)』で女声のみで始まるんで、仮に今回も出だしに失敗したとしても、男声陣には責任なしという気楽な立場(おいおい)。がく〜(落胆した顔)

とりあえず、散々団員が苦戦していたドイツ語ですが、結構慣れてきた感じはします。ただ、テンポが速いことやそれなりに高音があったりで、温まるまでしばらくお待ちください状態を経てからというのが辛いところですけど…。あせあせ(飛び散る汗) で、ドイツ語といえば子音を立てないとそれっぽく聞えない感じですが、これを皆でやるとまず揃わずに汚くなる傾向があります(高校時代に皆で子音頑張りすぎて、後で自分達の演奏聞いてショックうけたっけ…ふらふら)。

<タイトル>に関しても私は結構 Laubのbの子音を結構頑張って立てていたつもりなのですが、隣のT君のたまたま質問で「ラウ“”」とか言ってる始末…。単に聞いていないのか、もしくは聞こえていないのか…聞いてないことにしておこう…。どんっ(衝撃)

そんなわけで、子音部が割と人任せになっているメンバー。指揮者から、「誰でも良いからここの子音歌って〜!」と嘆かれる結果となった。ふらふら

なお、芸術祭では、指揮者「メンデルスゾーンはもうやらない」とのことです。ということで、最初で最後(かも?)のプチ・ヴェールのドイツ語ステージをお聞き逃がしなく! ついでに本番の際の、一言アピール(私が書いてます)もお聞き逃がしなく!がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

オオグテって何だ?

昨日は娘と二人で『浜松アリーナ20周年感謝祭』に足を運んでみました。というのも、ローカルヒーローのカッセイカマンがやってくるとの情報をキャッチし、娘も(これが目当てではないが…ふらふら)「行ってみたい」とのことでしたので…。

10:40ごろ現地に着き、早速タイムスケジュールを確認。ローカルヒーローのショーは13:00〜14:00だったので、半ばあきらめておりました。ただ、結論から言うと、観てきました! 娘にチョコチョコ「帰りたい?」と確認しつつ、娘「どっちでも良いよ、でもパパが見たいでしょ」だって…。私に気を使ったこの発言に、気持ち的にはちょっと複雑…。あせあせ(飛び散る汗)

まずはサブアリーナにて軽スポーツ体験。バスケットゴールシュートやらストラックアウトほか10種類くらい用意されており、娘は一通り体験。私が横で見ていると、結構空いていたこともあり、「お父さんもやってください」と係員からお誘いが…。たらーっ(汗) 娘に負けて恥をかきたくなかったので遠慮するも、結構強引。3種目くらいは一緒にやることとなった…。ふらふら

その後、昔遊び体験コーナーへ。娘はけん玉にかなり時間を費やしておりました。まぁ、時間制限もなかったし、担当者がかなり熱の入った指導をしてましたので…。

フリーマーケットを見たり、スーパーボールすくいをやったりした後、昼食を済ませた地点で12;15頃。帰ろうかどうしようか考えつつ、メインアリーナへ…。ローカルアイドル(?)のステージを後ろの方で見つつ、そのまま13:00に突入。

オードウ.JPG@環境保全怪獣 オードウ…愛知県豊田市からの参加(写真左)。私達はフリマ見ている時に偶然見かけて、思わず周囲にいた子が「ゴジラ?」と質問し、首を大きく横に振っておりました…。爆弾

ABAT-ZO 遠州忍者列伝 彩賀〜SAIGA〜…浜松のローカルヒーローです(写真右)。私は清水みなと祭りにて既にショーは拝見済。あの時に比べると音響はかなり良い感じになっておりました。ただ、(今回は含めず)あと1回のイベント出演にて、活動休止(しかも無期限…)だそうです。司会者も来場者に「ラッキーです」と強調しておりました…。どんっ(衝撃)

B地域戦隊カッセイカマン…長野県下條村からの参戦。こちらも清水みなと祭りに来ていましたが、この時は食事時間と重なったこともあり、ほとんど見ていなかったため、今回はフルで見させていただきました。ダイコンレッドオオグテブルーコスモスピンクという3人のローカル戦隊ですが、釣り竿を武器にしたブルーの“オオグテ”って何だ? 〜調べてみたら、この村の人造湖=“おおぐて湖”のことらしい。個人的には、敵キャラの組織名=フキョーダのネーミングがGoodだったと…。がく〜(落胆した顔)

これが終わって、帰ろうとすると外は(小降りではあるものの)雨が…。小雨 自転車で出掛けたことを後悔するべきか、長居したことを後悔すべきか…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ご当地ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

♪スィヤ ハ〜ンペン食うか 二円食えんコース

う〜ん、これで暗譜はいけるかな?(“二円”は“煮えん”でも、逆に“食えん”は“九円”でも可パンチ) by 南アフリカ民謡『SIYAHAMBA』のちょっと替歌爆弾 〜本日は昨日の予告通り(?)、合唱団VVネタでいきたいと思います。

9月に入ってから、突然指揮者Oさんが「新曲やります!」と持ってきたのが<タイトル>の曲。突然とりあげた理由はといえば、L児童合唱団も指導するOさんが、先月ワルシャワに演奏旅行をし、そのワルシャワの高校合唱団でも上記の曲をレパートリーにしていたようで、かつ、7月の南アフリカ・カースニーカレッジ合唱団との交流コンサートで、(一緒にワルシャワに行った)児童合唱団・JC浜松も歌っており、急遽ワルシャワステージのアンコールで歌うことになったとか…。

で、更にはOさんの自宅本棚にその楽譜があったという…一体どんな本棚なんだ?爆弾

とりあえず、既に耳にもしていて愛唱歌的に気軽に歌えそうな曲なので、特にブーイングもなく受け入れることが出来ました(おいおいパンチ)。次の次のステージ=11月末に行なわれる県民芸術祭にて披露予定です!

なお、次のステージ=浜松市民合唱祭までは、あと一週間となりました。そんな中、一昨日の練習に新入団員(というか、実際には見学者だと思うんだが…たらーっ(汗))がSopとTenorに一人ずつ…。おぉっ、新婚さん、いらっしゃ〜いがく〜(落胆した顔) うちの合唱団の夫婦率がこれでますますアップしました(うちを含めて5夫婦)。

そんなわけで、その練習の際に浮上した「打ち上げ」。その夫婦と、カースニー後に入団したBassのH君の歓迎会を兼ねて行なうそうです。あれ、H君はカースニーの打ち上げに参加していたのを見たよなぁ…なんて話題が出るや否や、本人から一言、
「あの時は払ってますから」 とのこと。フリーダイヤル

そうか、歓迎会はおごってもらうのが前提だったんですね…。あせあせ(飛び散る汗) 最近の若者っぽい発言(なのか?)に思わず笑ってしまいました。
posted by chachu at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

♪ゆったり、たっぷり、の〜んびり〜

by ホテル三日月のCM 〜千葉県木更津市にあるのが“龍宮城”スパ ホテル三日月 ですんで、市民音楽祭やコンサートで“浦島太郎”を歌う合唱団VVの人達は、ステージ前に一度宿泊しておいても損は……あるかもね…。爆弾

で、今日は合唱ネタではありませんので、VV記事を期待していた人がもしいたら、明日へ続くということで…。パンチ 本日は、娘の自由参観に行って来ました。通常は1学期の平日だったと思うので、行ったことはなかったですが、今回は土曜開催となったので、足を運んでみました。

授業参観とそう変わることのない“自由参観”は一日のどの時間に参加しても構わないというもので、人によっては給食の時間に参入し、子供の給食を半分Getするなんてことも…あるんだろうか(おいおい)。がく〜(落胆した顔)

とりあえず、娘に、私「どの授業がお勧め?」と聞くと、割と即答で「算数」と答えた。ちなみにこの算数は、担任が教えていない教科だったりする…。たらーっ(汗) いや、決して担任の先生が嫌いなわけではなく、算数の先生がおもしろいから…ということにしておこう。爆弾

そんなわけで、3時間目の授業開始(10時20分)に合わせて、嫁と共に10時ごろ家を出る。着いたら休み時間で、嫁の顔を見るや否や、「あっ、○○ちゃん(娘のこと)のお母さん!」とか、「○○ちゃんに似てる〜!」なんて、クラスメイトが近寄ってきて、嫁と会話をしていた。お父さんは眼中になかったようでしたので、しばしワープゾーンに待機しておりました(?)。あっ、それから、母親が娘に似てるのではなく、娘が母親に似ているということですので、そこんとこ間違えないようよろしく!どんっ(衝撃)

算数は担任が教えていないというわけではなく、いくつかのクラス合同にした上で、レベルによって、3つのクラスに分けて行なわれている。まぁ、塾とかだったらA、B、Cクラスみたいに表されるのかもしれないが、小学校では、たっぷり、じっくり、しっかりという名でレベル分けが行なわれている。これを聞くたびに、必ず私の脳裏を巡る<タイトル>の歌…。爆弾

ちなみに、娘は“たっぷり”コース。もちろん、私の娘だけに(ここ強調パンチ)、一番レベルの高いクラスです。いずれにしても、息子も過去に教わった際に結構気に入っていた先生のようで、娘がイチオシな理由もわかった気がしました。ただ、観客(?)はうちを含めて6人くらいだったので、おそらく、PTA集会の関係上午後からの参加者が多かったのかもしれません…。たらーっ(汗) そんなわけで、母ちゃん達のダベリ声を聞くことなく、落ち着いて参観することが出来ました。

授業は“平均”を学んでおりました。
みかんからジュース絞って120mlとれる。30個では何mlとれるか?
…なんて問題だったと思うのですが、思わず、「何個のジュースから120mlとれるか書いてないぞ!」とか、「オレンジの大きさで何mlになるかわからないのでは?」と突っ込みたくなりました…。先生それから間もなく、“平均で”と入れるのを忘れたことに気付いたようで、その追記を見て、ちょっと安心して呟いているお父さんを見かけました。おぉ〜っ、同志よ〜!爆弾

途中、隣の担任の先生の授業も見学してこようとしましたが、2〜3人のギャラリーしかおらず、入ろうとしたら目が合ってしまったので、すぐに撤退してきちゃいました…覚えてろよ!(おいおい)パンチ
posted by chachu at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

♪こいつは正に だ・い・めいわく

by ユニコーン『大迷惑』…三年二ヶ月くらい一人旅していただけると助かるんですけど…。たらーっ(汗) で、何が“大迷惑”なのかといえば、集合住宅住まいの我が家の(相変わらずな)隣のオバちゃん

半年前にも(ちょっとだけ)書いた通り、このオバちゃん、三人の子供達を家に残し、毎晩のように黙々と車の中で、携帯片手にピコピコやっている(多分メールだと思うが…)。携帯電話

まぁ、三人の子供達とはいえ、一人はもう就職もしたようなので、上の娘に家事を任せているのかもしれないが、夏の間などエンジンはもちろんかけっ放し(まぁ、おデブ体型なので暑がりなのはほぼ間違いないだろう爆弾)。

どうして、すぐ近くの家に帰らないのか不思議でしょうがない…。母子家庭で(うちと同じく)小五の娘がいるのだから、なおさらな気がするのですが…。ふらふら ついでに、ガソリン代だってもったいないと思うんですが…子供に見られたくない何かがあるんでしょうかね?

で、最近そんな車中で携帯病(?)が感染したのか、うちのフロアのちょうど真下(アパートの住人じゃなくても借りられる駐車スペース)から、夜中の12時ごろに私がトイレに行くとエンジン音が思いっきり聞えてくる。うちは3階で寝室もちょうど反対なので、特に寝るのに支障はないが、1階の人は“迷惑”以外の何ものでもないだろう。

私「どうしようもないのが、また増えたみたい」と夜中のエンジンの話をすると、
嫁「あぁ、それうちの隣だと思うよ」だって…。爆弾

どうやら、上の娘が就職した関係で、最近車を買ったらしく、その車を我が家の隣の駐車スペース(部屋番号の入っている通常の場所)に停めるようになったのですが、その母親が車をどこに停めているかといえば、夜中のエンジン音現場らしい…。とりあえず、どうしようもないヤツが増えたわけではなく、単に移動しただけだったようで安心した…って安心なのか?がく〜(落胆した顔) いや、「隣の車が変わった地点で気付け!」という意見もあるだろうが、二台持っているなんて全く予想していなかったもので…。あせあせ(飛び散る汗)

1Fの住人の皆さん、キレていいですよ〜!…いや、むしろ、キレてください爆弾 ということで、個人的には、今時のアパート住人らしく(?)、「ご近所さんには無関心でありたい」と思っているのですが、どうやら、相手は無関心にさせてくれないようで…ふぅ〜〜っ。ふらふら
posted by chachu at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

♪夏の旋律(しらべ)とは 愛の言霊

by サザンオールスターズ『愛の言霊 〜Spiritual Message〜』〜言霊は言霊でも、その言霊は「マカレ― マカレ― マガレ!!」(禁句の一言)…ホラーテイストたっぷりです…。モバQ

娘が『あずまんが大王』を毎週レンタルしているのに付き添っている私。こちらも後1回付き合えば終了となりますが、一緒に行くだけではつまらないので、私も過去に興味はあったものの結果置き去り(?)になってしまったDVDをレンタルしてきました。それが、『ミラーマンREFLEX 』。

reflex.JPG何しろ、12月13日に公開される『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(前売券を既に手にしております)に現代版のミラーマン=ミラーナイトが登場するとあっては、『ミラーマンREFLEX』も「実は観ていませんでした」じゃ済まされないかと思いまして…まぁ、理由はどうでも良いんですけどね…。爆弾

こちらは、2006年1月に公開となった映画ですけど、静岡県はもちろんのこと、地方に住む人達のほとんどが目にすることのできなかった映画じゃないかと思います。この映画での未公開シーンを含めて、完全3部作としてDVDで登場したものを、3年という歳月を経て、ようやく見ることが出来ました。いや、あの当時も借りようかどうしようかと悩みはしたんだけど、小学生の息子には少々内容が厳しいものだと思ったので、あえて借りるのを控えたのですが、結局、中学生になった息子でも一緒に観ることはありませんでした…。どんっ(衝撃)

まぁ、顕界(うつしよ)だの、幽世(かくりよ)だの、邪仙(じゃせん)だの、審神者(さにわ)だの専門用語(?)が続出して、最初から見ていないとついて行くのがかなり厳しい…まぁ、ぶっちゃけ、“大きなお友達”向けな作品となっております…。たらーっ(汗)

FOCUS1 帰神、FOCUS2 蠱毒、FOCUS3 鎮魂…このサブタイトルからして難しいよなぁ…。たらーっ(汗) 円谷作品もいろいろと(主軸のウルトラマンシリーズでさえも)ターゲット層を変更しつつ、試行錯誤していた当時の様子が伺える感じかなぁ…。もちろん、私的にはどちらでも問題なしなんですけどね…。

城南工業大学の研究員・緋呂亜佐美が研究の末見付けてしまった“言霊”。それによって、呼び出されてしまった邪仙(一言で言えば“敵”です)。その邪仙の出現を察知して、それと戦う一人の男・影山鑑(あきら)と一人の少女・ももそ。鑑がミラーマンREFLEXに変身するためには、審神者(さにわ)の力が必要不可欠となり、それをももそが担っている。そう、鑑は姪っ子であるはずの、ももそには頭が上がらなかったりする…この二人の関係、goodです!

鑑を演じたのが、『仮面ライダーアギト PROJECT G4』で仮面ライダーG4を演じた唐渡亮。G4の時もそうですが、決してイケメンではないですが、この手の役(苦難を背負ったヒーロー役?)はハマリ役じゃないでしょうか? そして、ももそを演じたのが、『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』で栗原天音役 & 『仮面ライダー THE NEXT』にてちはるの友人・菊間琴美役を演じた(というか、実際にはNEXT映画の方が後ですけど…たらーっ(汗)石田未来。二人の名演が光った作品となっております。それと、ももその父親・影山恭太郎に元祖ミラーマン=石田信之が登場しているあたりも憎い演出かと思います。

なお、一通りの結末を見せこれにて終幕と思いきや、最後にいかにも「続編やりますよ」な展開、昨年の『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』は“今年”がありましたが、2004年の『ULTRAMAN』のように“2”の告知までしておいてフェードアウトしたものもあり…円谷も希望的観測で走っちゃってる気がしますが、『ミラーマンREFLEX』も後者(フェードアウト)しちゃった一つなんだろうなぁ…そんなわけで、この一幕がちょっと後味を悪くしてたりして…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ありえないことではない!

by 大門マサト…中学生なのに4留ってどういうこと?その答えは“変な天才”だから…(実際、20年後には博士になっちゃってるみたいですんで…)。たらーっ(汗) それはさておき、その“変な天才”が様々な仮説を立てて、それらが全てつながった時に発される<タイトル>のセリフ…今後、私のBlogでも活用したいなぁ。爆弾

侍ポニーテール.jpg島本和彦アスカ@未来系』第3巻をGetしました。買ったブック○フがちょうどキャンペーンで1割引(350円が315円)でGetしました。発売から1ヶ月ちょいでGet出来たのは嬉しいですが、残念ながらこの巻にて最終巻となります。もうやだ〜(悲しい顔)

作者本人にとってはかなりお気に入りの作品だったようで、24時間やっているハンバーガー店(=○クドナルド)で、最終回のネームが完成した瞬間に涙がぼろぼろこぼれたとか…。その作者の想いとは裏腹に人気はイマイチだったようで…。爆弾 3巻で終わりなのはちょっと寂しいですねぇ…。たらーっ(汗)

デビュー前から“宇宙SFギャグ”が描きたかったようですが、それだと読む人を選ぶため、“学園モノ”へと転じていくことが、『アオイホノオ』(一応フィクションですが…)にて明かされておりますが、島本氏もようやく自分の描きたかった作品が『アスカ@未来系』で描けたということですかね(“宇宙”ではないが、SFギャグなのは確か)?ただ、前巻Get時に記事にしましたが、“自分のやりたいこと=売れない”の道をあえて選んでしまった気がします…。ふらふら

なお、私も最初のうちは、富士鷹ジュビロ同様「島本が何を描きたいのかよくわからん」な状態でしたが、最後までじっくり読んでみると、噛めば噛むほど味は出てくる作品だと思います…もちろん、ファンじゃなきゃ噛む前に未消化な可能性も大ですけど…。爆弾

この巻では敵の首領・ホウジョウ(未来系)によって拉致されてしまった愛果(現在)を、アスカ(未来系)と(この巻の表紙も飾っている)級友のオサカベ(現在)と、天才留年生・マサト(現在)を率いて奪還へと向かいます。そこでようやく様々な謎が明らかになっていきます。そう、1巻のあとがきにて、「スッキリわかる日がいますって!そっからが本当におもしろくなるんだ!」と語っておりました…。約束どおりその日こそやってきましたけど、その時には完結しちゃってるじゃないですかぁ〜。もうやだ〜(悲しい顔)

とにかく、個人的には、ハッピーエンドなのが嬉しかったのと、涙こそ出ませんでしたが(おいおいパンチ)、未来へと帰っていくアスカのシーンおよび、描き下ろしの未来の世界の話(4P)はなかなか感動的でした。もちろん、所々にギャグを絡ませるのは、島本ワールドならではです。

そんなわけで、しばらくは古本屋に売ることなく、保管しておきたいと思います。しばらく経ったその後は…古本屋に売ってしまう可能性も……
ありえないことではない…かな?爆弾
posted by chachu at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

♪友よ お前のためならば

アマゾンライダーここにあり♪ by 子門真人『アマゾンライダーここにあり

新SPIRITS3.JPG村枝賢一新仮面ライダーSPIRITS』の第3巻が発売されました。通常版(600円)と、第一話をフルカラー化した別冊が付く“特装版”(1000円)が発売されましたが、私が購入したのは通常版の方です…。この単行本は(“新”じゃないZKC版含めて)全て新品で買ってるので許してやってください…。爆弾

この巻にて、アマゾンライダー編が終幕します。そして、第10話においてはサブタイトルが<タイトル>の歌詞をそのまま引用し、仮死状態だったアマゾンが復活した際に、この曲の歌詞がド〜ンと登場しちゃいます。村枝氏のこういう魅せ方、個人的にはかなり気に入っております!

それと、サブキャラの活躍のさせ方も見事です。モグラ獣人、岡村マサヒコ、インカの長老バゴー…仮面ライダーだけではなく、その“仲間達”にもドラマを与えてくれます。そんなマサヒコの活躍をたたえてか、巻末特別インタビューでは、岡村マサヒコ役を演じた松田洋治氏がアラフォーな姿となって語っております…。

アマゾンの腕もろともギギの腕輪を奪ったゼロ大帝。その腕を自身に強制結合させ、擬似アマゾンな姿となりました(ゼロ大帝=小太りなおっさん? とはとても思えぬほど格好良くなりました爆弾)。アマゾンが生死をさまよう中、ゼクロスが戦い続けます。そして、ライダーの仲間達の活躍もあり、ついにアマゾンが…ってな展開。“友”が奇跡を呼び起こすというのが、いかにもアマゾン編らしくてGoodでした。

もちろん、戦いはまだまだ続きます。次はスーパー1編へと突入。平成ライダーに負けるな、昭和ライダー達…って、平成ライダーも応援してますけど…。パンチ
posted by chachu at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする