2011年05月31日

輝けヒーロー きらめけヒロイン

…なんて<タイトル>だと、私のBlogの場合にはまず特撮ネタなんですが、本日は違います…。たらーっ(汗) 息子のスポーツ祭のスローガンより一部抜粋してみました。

本来ならば、5月28日(土)&29日(日)に予定されていた、娘の運動会&息子のスポーツ祭。言うまでもなく、(台風接近による)雨により延期となり、二人とも本日実施となりました。ということで、昨年に引き続き同日開催となってしまった…。ふらふら

ちなみに、私はとりあえず午前中に最低限のやる仕事を済ませ、午後は半休をとらせていただきました。実は、昨日まではあまり休もうとは思ってなかったのですが、嫁が娘の方に付きっきりになってしまうというのを息子に宣言していたのを聞いて、思わず気の毒になってしまったので…。ふらふら そんなわけで、私が見に行ったことを息子の方は全く知らなかったようでした…まぁ、「行けない」と母親に断言されていたので、客席は眼中になかったかと…。目

運動が決して得意ではないうちの子達だけに、わざわざ(リレーがメインとなる)午後から行っても…と思いきや、運動と関係のないところに実は活躍場所が用意されてたりして…。あせあせ(飛び散る汗)

13:00に息子の中学校へ(娘も午後一で金管バンドの演奏はあったが嫁に任せる)。一応(スポーツ祭用の)応援団に自ら進んで入っていたようで、午後一の応援合戦を目にすることとなった。学ラン着ている人が何人かいたので、息子もその一人なのかと思いきや、応援団メンバーでも全員が前にでるわけではないようで…。たらーっ(汗) 〜まぁ、一生懸命応援している姿が見られたので、とりあえず良しとしておきましょう。

その後の綱引きまでを見て、小学校へ移動。今度は娘の活躍を…はい、こちらもくどいようですが、“運動方面”ではありません…。放送係をやっている娘が午後は放送席にて実況生中継(?)するとのことで、小学校に到着すると早速娘の声をキャッチ。「〇組速いです、△組頑張ってください」というセリフしかないんだよ…と家で嘆いた娘の予告通り、ほとんどそのセリフのオンパレードでした…。爆弾

14:45には息子の吹奏楽部演奏が控えていたのですが、実は全く同じ時間(閉会式の最初)にがんばったことの発表(二年、四年、六年より各一名)を娘がするとのことで、進行的に15分くらい前倒しになっていたので、娘の発表を聞いてから、再び息子の学校へ戻ることとなった。

そうしたら、息子達の学校も(少なくとも綱引きまでは10分くらい遅れていたはずなのだが)ちょっと早めに進行していた模様。5分前くらいには着いていたはずなのに、昨年同様、男子=セーラー服、女子=学ランの吹奏楽部メンバーがほぼ全員集まっておりました。ただ、そこに息子の姿がないぞ〜。どんっ(衝撃)

何となく予想はついていたが、どうやら着替えに手間取った模様。まぁ、そのおかげで彼らの演奏を最初から聴けたので、ある意味息子に感謝すべきかもしれない…(娘の発表を聞かず、余裕で着いてたら言うこと違ったかもしれないが…パンチ)。とりあえず、いつ降り出してもおかしくない雲行きの中、全く雨に降られることなく終了して良かったです。曇り
posted by chachu at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

ガメル&メズール復活!

昨日の『仮面ライダーオーズ』オンエアにて、ガメルとメズールが復活し、久々にグリード4幹部が勢揃いしました。それにしても、コアメダル&セルメダルを頑張って揃えたウヴァなのに、早々に裏切られちゃったりして、ちょっと気の毒だなぁ…。やっぱりついていくなら賢い(実際には“悪賢い”ですけど)方=カザリ側が良いよなぁ…。たらーっ(汗)

ガメズル.JPGそんな復活に合わせるかのように登場した、ライダーグリードコレクション03ガメルと04メズールのソフビ。早速、いつものビッ〇カメラにてGetしました(各630円=25%引き)。ちなみに、昨日買いに行ったのですが、台風接近のため外は雨。雨 いつもなら自転車で行くところですが、さすがにこの雨だったので車で行くことにしました。

浜松駅前のビッ〇カメラでは、提携している駐車場であれば、(何でも良いから買い物さえすれば)1時間分の駐車場券がもらえる。もちろん、それを狙って行ったのですが、「もし、売り切れだった時には何を買い物しよう?」なんてことは全く予想していなかったわけで…あれっないぞ〜!ふらふら 周りをよく見回したら、下の方に辛うじて1体ずつ残っていました、よかったぁ…。う〜ん、この二人がそんなに人気があるとは思えないので(失礼パンチ)、きっとあまり仕入れなかったんだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗) とにかく、手に入ってホッとしてます。

なお、先月ウヴァとカザリのソフビをGetした際には、「TV放送からはすっかり姿を消してしまったこの2体(=ガメル&メズール)が果たして売れるのかは、結構疑問だったりします…。」なんて書いちゃいましたが、復活することを計算に入れて、この時期に発売だったんですねぇ…ちょっとやられた気分です…。

で、やっぱり、アンク完全体のソフビは登場しないんだよね?(…って、まだ言ってる)パンチ
posted by chachu at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

French Canadian Folk Songって?

合唱の輸入楽譜といえば、日本では通常はパナ〇ジカを利用するのが一般。そんな中、指揮者Hさんが主に前半練習担当の際に、人が揃うまでの間を狙ってやっている(VVには珍しい)ミサ曲(そのうちネタにしようと思っているのであえて曲名は語りませんが…パンチ)も実は輸入楽譜だったりします。こちらはパネ〇ジカを利用しても手に入ったと思われますが(?)、あえてインターネットより直接購入したようです。そう、冊数がまとまるようならこの方が安いという噂…。まぁ、団員としては何の手もかけず安く済むなら、それに越したことはないんですけどね…。たらーっ(汗)

そして、2週間前の合唱団VVにて、何気に2曲の楽譜が置かれていた。どちらも輸入楽譜。仕入れルートは特に聞きませんでした。だって、“無料”だったから…。爆弾 団員数の増加により懐的に余裕のあるこの合唱団故に、今回の2曲の楽譜代は特別サービスのようです。

こちらは2曲とも指揮者Oさんの選択曲のようで、2日前=5月27日にこのうちの1曲の音取り練習が行われました。今年はOさん練習は『嫁ぐ娘に』にほとんどの時間を費やす一年になるのかと思っていたのですが、そろそろ飽きてきたのかもしれません…。爆弾 それはさておき、その曲とはスティーブンハットフィールド『O-Yo-Yo』という曲。

楽譜の表紙には<タイトル>のように、“French Canadian Folk Song”と記されておりますが、地理に疎い私的には、この楽譜をもらった際に自宅にて「フランスの曲 or カナダの曲?」と嫁に確認しちゃいましたがふらふら、そのまんまフランス系カナダ人の民謡ということになるようです。30分ほど遅刻していった私としては、ホワイトボードにいろいろと描かれた様子のみを伺うことはできましたが、その講義に参加できなかった私としては、ちょっとホッとしてたりして…。パンチ

最初から最後までSoliとChorusに分かれているという地点で、普段とは異質な臭いが漂いますが(?)、1ページ目から早速“@Handclap”が…。更には、2ページ目でAfinger snap、BThigh snap(登場した小節には“slap”と書かれていたが、ネタが思い浮かばなかった…どんっ(衝撃))、更にページをめくるとCFirst against palmなんてのもあったりして…。

@は言うまでもなくいわゆる拍手、Aは“指パッチン”…ここまでは過去のVVでも体験しているが、Bは平手で腿を叩くという“もみじまんじゅう”とでも呼んでおきましょうか?そして、Cは一方の手をグーにして、もう一方のパーの手にパンチをする…今朝のヒーロータイムでも同様のポーズを目にした気がする…。爆弾

そんな4種のclapを使い分けながら、合唱を聴かせるという、以前の松下耕『狩俣ぬくいちゃ』に苦しめられた思いがここで蘇ることになりますが、今回の曲は、音的にはそれほど難しくなさそう…特に男声はSoliを担当するみたいだし…なのですが、この4種のclap(clapじゃなくてtrap?)にかなり苦労させられそうな予感です。もちろん、この日の練習もついていけませんでした…。ふらふら

あっ、ステージ披露は全く予定されていませんし、そもそもこの楽譜を手渡された際に「いつやるんだ?」という疑問が多くの団員に生じておりましたが、少なくともその疑問には早々に答えちゃってました…。爆弾 で、Oさんの一言「楽しみですね」…って、楽しみなのは指揮者だけの気が…。どんっ(衝撃)
posted by chachu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

仮面サイダー第3弾<その後>

サイダー3.JPG仮面サイダー第3弾も無事コンプリートしました。とりあえず、第一弾、第二弾の空き缶も捨てずにとってあるので、今まで置いてあった冷蔵庫には納まりきれなくなり、いよいよ別の部屋へと移動…。もし大きな地震が起こったら、間違いなく我が家には空き缶が飛散(悲惨?)することだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

隣町のスーパー・かき〇やに嫁&娘が買い物に行った際に、娘より「仮面サイダー売ってたよ!」という報告を受ける。この時既に2or3種くらいをGetしていた時だったと思うが、もちろんそんな話を聞いたら、行かないわけにはいかない…。で、行ってみると、何と金額も78円(消費税は込みだったか別だったか忘れたが…)で売られておりました。ただ、レジの真ん前のショーケースに置かれていたために、少々恥ずかしい思いをしました…まぁ、それでもしばらくそこにかがみこんでチョイスしておりましたが…。ふらふら

もちろん、ここでも全てが揃っていたわけではないので、この地点で、残りあと2種となった。その2種とは、仮面ライダー新1号(顔)とゴールド缶(新1号)。“大果汁バトル ウルトラウォーター”も“秘密炭酸ゴレンジャー”も売られていたが、どれもゴールド缶はなかっただけに、一応レア缶ということになるんでしょうか?

で、そのゴールド缶については、我が家の最寄のダイドー自販機にて、一時はナタデココのドリンクに変わってしまいガッカリしていたが、それから間もなく見事復活! それを記念して(?)娘が仮面サイダーを買って、初めてGetしたのがこのゴールド缶でした。そんなわけで、ちょっと興奮気味で、合唱団VVのメンバーにも自慢していた(金曜の習い事&親の合唱の待ち時間に飲んでいる)娘だが、もちろん誰も羨ましいと思ってくれる人はいなかった…。いや、話を聞いてくれるだけでもありがたいことだと思うべきだろう…。ふらふら

以降、とりあえずGetした缶の消費に走っておりましたので、自販機の前での緊張感(?)はなかなか味わえなかったのですが、先週の合唱の時に持っていくのを忘れたので、買ってみたら1号が登場…あっ、百発百中というわけではなく、その間も何度か(持参するのを忘れて)買ってますけどね…。パンチ いずれにしても、今回も無事コンプリートできてよかったです。というか、今回は娘の協力あればこそかもしれませんけど…。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、この中に1個だけまだ中身が入っているものがあるのですが、さてどれでしょう?爆弾 いや、当たっても何かプレゼントがあるわけでもないし、正直、勘を頼り(缶=カンだけに?パンチ)にするしかないと思うので、おもしろみは何もないんですが、蜂女缶はまだ飲んでなかったりします。これを飲み終えて、仮面サイダー第3弾の“ミッションコンプリート”になるかと…(息子の聞いている基礎英語2より引用⇒横浜中華街に自転車で何とか辿り着いた3人の子供達が思わず言ったセリフなんですが、先生にまだ帰り道が残っていると釘をさされる…って、わざわざ解説しなくて良かったか…)。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

虎とうさぎ

二日連続でペットの話…ではありません…(ていうか、虎をペットにするはずもないし…)。爆弾

T&B.jpgサンライズが送るヒーローアニメ『TIGER & BUNNY』をご存知でしょうか?もちろん、静岡県内では放送されるはずもないのですが…。たらーっ(汗) 放送局はMBS、TOKYO MX、BS11など。ちなみに、どれも観る事のできない私ですが、バンダイチャンネルにて毎週1話ずつ無料配信されているので、それを拝見させてもらってます(現在は第8話が一週間無料で、第一話はずっと無料になってます)。

そもそもこの番組を視聴し出したのは、キャラクター原案・ヒーローデザインを桂正和が行っているということから。桂正和といえば、私が週刊少年ジャンプにハマッていた中学校時代に、『ウィングマン』を連載していたことを思い出す。まぁ、単行本も特に集めてなかったし、そんなに好きではなかったんですけどね…(失礼)。パンチ とりあえず、中学時代は変身ヒーローから卒業していた時期なので、今読んだらまた違うかもしれないなぁ…(って、だったら“卒業”とはいえないけど)。ふらふら なお、桂正和の画はその当時からGoodでした。

で、肝心な内容はといえば、職業をヒーロー(&ヒロイン)として持つ複数の特殊能力者(=NEXT)達の活躍を描いたもの。個人的には、『仮面ライダー剣(ブレイド)』がちょっと思い起こされた。それはさておき、そんなヒーローの中でもワイルドタイガー=虎徹バーナビー・ブルックスJr.(本名で活動している)のデコボココンビを主人公に物語は展開されていく。もちろん、(物語内では)人気がなかろうが、ミスが多かろうが、私としては虎徹を応援しております

ベテラン(おじさん?)ヒーロー虎徹は、自分のヒーローとしての信念と誇りを持ち、正義感と義理人情に厚い熱血男。それに対し、バーナビー(通称:バニー)は冷静沈着で有能なヒーローだが、あくまでも「ヒーローは仕事」と割り切っている。そんな二人ですんで、もちろん意見はことごとく対立するわけで、そこが観ていておもしろかったり(個人的見所だったり)します。

そんな『TIGER & BUNNY』のBluray&DVD第一巻が明日(5月27日)リリースされます。ただ、収録されてるのは1話のみなので、私のように「1回観られれば…」なんて方は、バンダイチャンネルで視聴すれば無料ですんで…いや、営業妨害する気はないけど…。パンチ Blurayのみ初回限定版と通常版の2種が発売される模様(初回限定:3150円、通常:2650円、DVD:2100円)。なお、初回限定版には桂正和描き下ろしイラスト使用特製ブックケースほか豪華特典がついてくるようです。買う買わないは別としてパンチ、ヒーロー好きには是非目にしていただきたいアニメです!
posted by chachu at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

亀は万年

そのまんまです…って、内輪ネタですけど…。パンチ

昨日、我が家に“”がやってきました。合唱仲間で一人暮らしのM君が、どうやら岩手県のとある被災地に10日間くらい出張するようで、ペットの亀を預かってくれる人を探しておりました。最初に、一人暮らしの女性Sさん(Alt)に声をかけてみたようですが、見事にふられたようで…。爆弾 あっ、実際には「閉め切りの部屋の中で死んでしまったら…」というのを心配したようでしたので、一応フォローしておきます。

うちの子供達が生き物好きなのかどうかを尋ねられましたが、私「全然」と返してしまいましたが、よく考えてみたら、うちの娘って小学校で生き物係やったこともあったっけ…。パンチ 祖父家に行った際にも金魚のエサやりをやりたいとか言っているので、結構観察好きなのかもしれないなぁ…。

いずれにしても、結果的には私が預かることになったわけでして、昨晩より面倒をみております。娘が学校から帰ってきて、家に誰もいない時には寂しい時間(かどうかは不明だが…)を紛らすにはGoodかもしれません。

で、いざ届けられてみると、何と2匹。まぁ、何匹とは語っておりませんでしたので、私が勝手に一匹だと思い込んでいたのですが…。たらーっ(汗) 一匹はとっても元気が良いのですが、もう一匹がほとんど動かず、甲羅の中に首をひっこめて、かなりの確率で水中に潜んでおります。もしかして、神経質なんでしょうか? いずれにしても、名前をつけたら絶対どっちがどっちかを間違えない感じです(あっ、ちなみに名前は既につけてあるようですが、あえて聞きませんでしたふらふら)。

そんなわけで、エサをあげてもほとんどを元気ハツラツな一匹が食べまくってしまいます。時にもう一匹を足場にしてまでもバクバク喰らいついちゃってます。まさに、肉食系と草食系ってな感じでしょうか?う〜ん、草食くん(仮名)の方が心配だなぁ…。たらーっ(汗)

なお、エサは何をあげて良いのかもわからず(飼い主曰く「何でも食べる」とか言ってましたが)、飼い主にエサを持参していただきました。一日一回で良いとは言われたものの、娘が「あげたい」と言うので、夕方に少量のエサをあげることを許可しました。あげ過ぎて水を腐らせないよう注意したいところです…。ちなみに、水を取り替えるのは、水道の水ダイレクトはやめた方が良いということくらいは私も存じているのですが、そのために、何とバケツまで持参していたので、(もちろん我が家にもバケツくらいはありますが)せっかくなのでバケツもセットで預かることとしました。がく〜(落胆した顔)

一日経ちましたが、結構癒されてます。10日後には愛着がわいちゃって別れが惜しくなっちゃったりしてね…。いや、そんなことを考える前に、長生き代表の生き物を殺してしまわぬよう気をつける方が先だったりして…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

♪しあわせよ しあわせよ A〜

by 信長貴富『しあわせよカタツムリにのって』…“しあわせ”という歌詞が何度となく連呼されるこの曲。指揮者はちょっぴり寂しそうな面影でした…。ふらふら

浜松バンドスピリットを息子達の演奏のみで速攻で帰ってしまった私(昨日の記事より)。実はこの日は合唱団プチ・ヴェールの練習がありました。6月5日の県民合唱祭に向けた最後の練習。ステージ前の練習は普段のせまい練習場所は極力避けて、はまホール(教育文化会館)の一室を借りることの多いプチですが、そうかはまホールが全部ふさがっていたのは、このイベントのせいかぁ…。どんっ(衝撃) いずれにしても、“いつもの”我が家から徒歩一分の公民館にて練習を行いました。

ただ、この日は練習前に雨が降っていたこともあり、湿度がかなり高め…。一応防音室で二重サッシの効果もあってか、かなり蒸し暑い…。たらーっ(汗) ということで、チョコチョコ換気休憩(?)が入ることとなった。

ジョン・ファーマー『Fair Phyllis I saw』では、1パートずつ抜けて、3パートで歌うといったことを試みる。その主旨は、本番であるパートが落ちた時でも対処できるように…とは、私の勝手な憶測…。パンチ 実際には、自分がどこのパートを聴きながら歌っているのか、および、あまり耳にしていないパートの動きを知る(聴く)ことで、全体の動きを把握しようということが狙いだったと思われます。ただ、どのパートが抜けても、大きな失敗はなかったため、結論としてはどのパートも他パートはあまり聞いてないということになるのかな?爆弾

なお、前回の練習ではイマイチBassのみがテンポのつかめなかった ♪but after her lover の掛け合い…あっ、前回の練習記事で、この歌詞を<タイトル>にまでしておきながら、その解説するのを忘れちゃってました…。たらーっ(汗) そう、前回の練習ではBass内で誰が正しく歌えているのかわからない(もしかしたら、誰も正しくない?)状態だったこの小節も、この日は最初に指揮者より「間違えた人?」という問いに対して一名のみの申告(私は仮に間違えていたとしても、自分では正しいと思って歌っているのでパンチ、その一名ではありません)こそありましたが、その後は特に指揮者より指摘されることはなかった。ということは、大丈夫だったということか、もしくはあきらめたのか…。がく〜(落胆した顔)

で、もう一曲の信長貴富作曲『しあわせよカタツムリにのって』。divになるとSopやTenは一人一パート状態(Tenは本番3名の可能性もあるが…)。Tenのdiv(こらえていよう)部では「早くわかれたがっている」という指摘あり。せめてパート内くらい仲良くしようよ〜!あせあせ(飛び散る汗) そして、Sop最後のdivでは、不思議な音が聴こえてくる。どうやら、間違えて音をとってしまったようで、あえて難しい音で歌おうと頑張っていたようでした…。ふらふら 正しい音を確認して「こっちのが簡単!」…って、そりゃあそうでしょ。爆弾

ちなみに、Bassはプチ史上初の4人が出演予定。なので、カタツムリの練習中には所々で、私「Tenに協力しようか?」とつぶやいてみるも、結果的にはつぶやきにしかならなかった…。ふらふら まぁ、本番は大ホールですんで、バランスとか考えていると、こじんまり状態になるので、そうならないように頑張ります…えっ、それじゃあ駄目?どんっ(衝撃)
posted by chachu at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

Hamamatsu Band Sprit Vol.4

昨日は息子の所属する吹奏楽部も出演するということで、『第4回 浜松バンドスピリット』なるものに行って来ました(於:はまホール)。中一だと、この頃は即戦力以外の部員は“お手伝いさん”で、息子も昨年は当然そのお手伝いさんの一人だったので(私も足を運ぶことはありませんでしたが)、中二の今年はもちろんステージに立っておりました。

“バンドスピリット”なんて随分格好良しなネーミングだなぁと思いつつ、合唱でいうところの“合唱祭”みたいなもの…といえばそうなのだが、そうじゃないと言えばそうじゃない気もするし…って、どっちじゃあ!パンチ

大きく異なるのは、入場料がかかる(500円)という点でしょうか?パンチ 大会概要を見る限りは、コンクール前の試演会のようですんで、合唱だったらおそらく無料なんじゃないかと…。たらーっ(汗)

いずれにしても、我が家は3人で聴きに行きましたので、1500円を支払うこととなりました。ついでに言うと、私はこの日は後に予定が控えていましたので、息子の学校の演奏を聴いてすぐに会場を後にしてますんで、間違いなく元はとれなかっただろう…。爆弾

出演団体は中学校部門8団体、小学校・高校部門4団体ということで、コンクールに出ようとしている団体の一部有志が集まって行われている模様。中学の部は午前4団体、午後4団体で、息子達の中学校は昼一だったので、ちょうどお昼休みで学生達が外で昼食をしている中を会場入り…。階段のところで堂々とスカートオープンで食事している娘達はどうかと…(注:もちろん短パンはいてますので、変な期待?はしないように!)。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、コンクール前の試演会というだけあって、各団体課題曲1曲と自由曲1曲ずつを演奏。中学の部では課題曲は全ての団体で、喜歌劇『軽騎兵』序曲。合唱コンクールの課題曲は4つの曲から選曲できるのはもしかして幸せなのかもしれない…。パンチ 複数団体で毎回同じ課題曲だなんて、ずっと聴いている客や審査員はさぞかししんどいのではないかと…。ふらふら とりあえず、(小学校では金管バンドに入っている)娘もこの後の演奏は全て聴いたとのことで、ちょっと尊敬に値するかもと思ったりして…。どんっ(衝撃)

なお、テナーサックスを担当する息子は、実は自由曲にはソロがあり、中三の先輩はテナーサックスには一人もいないとのことで、どうなることかと思いましたが、どうやら、先生の判断により他の楽器と一緒にその部分を演奏したようで、聴いている私も「多分ここかな?」ぐらいで、完全にはわかりませんでした…。たらーっ(汗) まぁ、はっきり気付けなかった=逆に恥ずかしいソロではなかったということにはなるのかな?がく〜(落胆した顔) なお、先生曰くマイナーな自由曲だから、審査員も(テナーサックスソロじゃなくても)きっと気付かないという目論みのようです…。爆弾
posted by chachu at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

スライ・クーパー コレクション

うちの最寄のスーパーが倒産してから3ヶ月半。ようやく、新しい店がオープンしました。ちなみに、今回もスーパーで、(私はまだ行ってませんが)嫁曰く浜〇ストアとそんなに大差はないようで…。あせあせ(飛び散る汗) 二の舞にならないことを祈るばかりです…。

スラコレ.jpgということで、クライスーパー…じゃなくてスライクーパーパンチ…かなり久々のゲームカテゴリーです。PS3を買って2ヶ月が過ぎてしまいましたが、最初にプレイしたのがこのゲーム『スライクーパーコレクション』です。1、2(PS2にて)を過去にプレイしている私としては、日本では発売されなかった“3”がやりたくてこのソフトを購入しました。GE〇にて、新品でしたが3000円を切っていたので、思わず飛びついちゃいました…。ゲーム

ただ、ムチ打ちが影響しているのか、結構3D酔いしました…。特に視点の変更は自身で行う必要があるため、これで焦って視点変更したりすると、かなりの確立で酔っちゃってました…。おかげで疲れている時にはあまりプレイする気が起こらず…。それもあって、休日をゲーム浸りなむなしい一日として過ごすことがすっかりなくなりました…喜んで良い(酔い?)のか?爆弾 ただ、約1ヶ月という期間を経てようやくエンディングムービーを観るに至りました。わーい(嬉しい顔) もちろん、完全クリアしようと思えば、まだまだやらなければならないことは多いのですが、あまりそうしたいという欲望には(今のところ)かられないなぁ…。たらーっ(汗)

個人的に何気に気になったのは、1も2も全年齢対象=CEROAだったはずなのですが、このコレクションはCEROBなこと。実際に3しかプレイしていない私ですが、何故これでBなのかが意味不明でした。酔いやすいのが理由ということはないだろうし…。たらーっ(汗)

財宝の眠るクーパー家の宝庫の話を聞いて、その宝庫を開けるために特殊技能を持つ専門家が必要ということで、各分野のスペシャリストを求めてスライ達の旅が始まるってな展開。なので、(自分でキャラ指定こそ出来ないが)操作可能なキャラクターが前作(今までは3人のクーパーギャングに仲間が加わるなんてことは考えてもみなかっただけに)と比べて、かなり増えているのが特徴です。相変わらずのアメコミチックなムービーは我が家的には好評で、私のプレイ中にはほとんど興味をひかなかった子供達も、各ボス戦終了後に「ムービーを見せてやる」と言うと、子供達が集まってきたりしてました…。

6つあるエピソードの中では、私的には最初のエピソード“恐怖のオペラ”が最も興味をひきました。何しろ、このエピソードのボス=オクタビオが元々は最高のテノール歌手だったが、ロック音楽が人気が出てオペラを聴く人がいなくなったために、悪に染まってしまったという過程が過程だっただけに(もちろんツッコミ所は満載なエピソードではあるものの)、声で攻撃したりとかもなかなかGoodでした。まぁ、全ボス戦共通で、すんなりクリアはさせてはもらえませんでしたけど…。ふらふら

それにしても、スライのカルマリータ(女性警部)への愛はてっきりからかってるだけだと思ってましたが、本気だったんですね…。私だったらジャンボになった地点(我が家的には大笑いでしたがパンチ)でその愛情も縮小傾向だったのではないかと…。爆弾
posted by chachu at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

♪名も知らぬ 遠き島より

流れ寄る 椰子の実ひとつ♪ by 信長貴富編曲 無伴奏混声合唱による日本名歌集“ノスタルジア”より『椰子の実

昨日はVV練習日。前半のHさん練習は約2週間後(6月5日)の県民合唱祭で披露する2曲を練習。ちなみに、演奏曲は(コンクールでも演奏予定の)本人作曲の『富士の高嶺に』は予定通り“初演”します。で、もう1曲はといえば、最終的には本人の突然の思いつきで、昨年のコンサートのアンコールにて歌った、ゴダイゴ『ガンダーラ』を歌うこととなりました。

押入れの荷物と化した楽譜を探すのには苦労しました…。ちなみに、探した時には見つからず、別の楽譜の整理をしていた時に発掘されたんですけどね…ってことは、苦労するほど探していないということか…。パンチ

最近の練習ではほとんど毎週のように歌っているものの、毎度軽く通して終了となるこの曲。この曲にはあまり力を入れていないのかと思いきや、「こういうポップスこそ、(合唱マニアでない?)お客さん全般に楽しんでもらえるし、しっかり聞かせたい」という意向を持っていることが判明。ただ、言っていることがそのまま行動に移されるかどうかは別の話でして…。たらーっ(汗)

とりあえず、昨日に関してはそう言った手前(?)、いつもの倍(とはいえ、いつもがいつもだけに多くの時間を割いたわけではないですが)くらいの練習を行ってました…。

後半oさん練習は<タイトル>の曲を中心に音取り練習。ちなみに、新曲です。この楽譜=ノスタルジアもしばらく(2年以上)眠っていたものを久々に発掘しました。7月のはまホールフェスティバルというイベントにて、25分という演奏時間が与えられているため、個人的には『嫁ぐ娘に』全曲やっても良いのでは?と思ったが、指揮者oさんの判断でこの組曲からは3曲、残り2曲をノスタルジアの中からやることとなりました。てっきり、『嫁ぐ娘に』が難曲なので、まだまだ音がままならない状況だからというのが3曲にした理由かと思ったが、「客層を考えると…」となんて発言が飛び出してました…。爆弾

そんなわけで、少なくとも負担を軽減することが目的ではないため、信長貴富編曲の『椰子の実』は結構難易度高かったりするわけでして…。どういうわけか、時間をしきりに気にするoさんはさらっと音取りを済ませて、「この曲、音とれました」と結構強引に進めていました。本人的にも多少引け目を感じたのか、「音、と“”ました」と言い改めておりました…。がく〜(落胆した顔)

『嫁ぐ娘に』からは5.かどで を練習。ただ、ここでも焦っている様子。結局、この曲にてタイムオーバーとなったのですが、何をそんなに焦っていたのかは私には不明なままだった。というか、時間がないなら、無理に新曲やらなくても良いような…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする