2011年09月29日

ビデオ DVD blu-ray…

DVDレコーダーを買いました…って、一ヶ月前の話ですけど…。爆弾

えっ、blu-rayレコーダーじゃないのかって? はい、DVDレコーダーです(キッパリ)。何しろ、地デジを録画するのが目的ですから…。今まで、プレステ2やXBOX360でDVDを観ていた我が家としては、blu-rayもプレイヤーとしてならプレステ3がありますし、今の所間に合ってます…。ただ、家電ショップはほとんどがblu-rayで、探すのにはちょっと苦労しました…。たらーっ(汗) 

電源を入れてからテレビに表示されるまで、結構時間がかかるのが難点。まぁ、安い買い物だったので仕方がないのと、今までゲーム機が起動することを考えれば大きな差はないかと…。パンチ

一応、HDDがあることを前提に選択しましたので、実はDVDへの録画は一度も使ってなかったりして…。たらーっ(汗) そのHDDも320GBあるし、録っては消してを繰り返してますんで、しばらくはDVDはプレイヤーとしてしか使わないだろうなぁ…。がく〜(落胆した顔)

静岡県のローカルヒーロー『からくり侍 セッシャー1』が日曜6時30分から(再放送もあるが、こちらは木曜の深夜枠だし…)ですんで、ここは毎週予約を入れてあります。こんな時間にまず起きることのない娘もこれで安心…。がく〜(落胆した顔) まぁ、7時半からのゴーカイジャーもこの流れで予約入れておけば良いのかもしれないが、ここはリアルタイムで観たいし、大概は目が覚めるので…。爆弾

それと、『名探偵コナン・工藤新一への挑戦状』(コナンの実写ドラマ版)も毎週予約にして観ております。とはいえ、本日最終回ですんで、明日以降に予約解除を忘れないようにしないと…来週は勝手に番組が違うから録画をやめてくれるなんて便利な機能はついていないよなぁ…?

そのコナンのアニメが土曜の18時だっただけに、今まで視聴することのなかった裏番組『バクマン。』。接骨院では5巻まで読んで通院終了となったが、アニメもちょうどその辺りが放送されていた(実際には再放送だが…)ので、録画するようになった。

そうしたら、一緒に観た息子も完全にハマリ、「単行本を集めたい!」と口にしたことがきっかけで、最寄のブック〇フに足を運び、運が良い事に11巻を除く現在発売中の14巻までをまとめてGet!ちなみに、このブック〇フでは「子育て支援を応援します」ということで、子供を連れてしずおか子育て優待カードを見せると、5%がオフになるということで、息子を連れて初めてこのカードを使ってみました。とはいえ、160円程度の割引ですけど…。たらーっ(汗) 現在、家族4人でこの漫画にハマっております!

アニメの方の『バクマン。」も再放送が終わり、10月1日より第2シリーズが放送開始。しかも時間は17時30分からということで、コナンの裏番組じゃなくなっているではありませんかぁ! ただ、子供達がその時間はミュージカル練習になっていることが多いため、録画はせざるを得ないんだろうなぁ…。TV

いずれにしても、現在も使用可能なビデオデッキ(VHS)が2つも残っている。もちろん、どちらも安物ですが現在は接続すらされていないので、正直お荷物と化してしまった。ただ、さすがに長年使ってきたので、簡単には捨てられないんだよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

“最大強振”と書いて“フルスィング”と読む

ガオパンダ”をご存知だろうか?2001年にスーパー戦隊の25th記念作品『百獣戦隊ガオレンジャー』に登場したパワーアニマルの人気をうけ、小学館『てれびくん』誌上にて限定100名にプレゼントされた商品がそれ。こちらは、ガオポーラー&ガオベアーの色違い以外の何物でもなく、そんなわけで熊はパンダになることは出来なかった…。ふらふら

一歩97.JPGそんな10年前の出来事を森川ジョージが知っていたどうかはわからない…。ただ、4日前にGetした『はじめの一歩』97巻を読んで、個人的にはガオパンダのことを思い浮かべずにはいられなかった…。

日曜日にGe〇に行きました。目的はいらないゲームを売ること。ちなみにゲームキューブ本体も持って行った(WiiでもGCソフトはプレイできるためお荷物になっていましたんで…)のですが、引き取りすらしてもらえなかった…。もうやだ〜(悲しい顔) それはさておき、この査定をしてもらっている間に古本(正しくは“古漫画”だが…)売り場をチェックしていたら、発売から一週間ちょっとしか経っていないこの『はじめの一歩』97巻が売られていることを発見! もちろん“息子のために”即Getしたのでした(250円)。

鷹村の世界ミドル級タイトルマッチの防衛戦。挑戦者は……えっと、名前なんでしたっけ?爆弾 まぁ、相手の名前などどうでも良い、格下相手で印象に残るはずのない試合なのだから…。パンチ 個人的には鷹村の入場時のコスチュームが熊の毛皮に色塗って登場した不気味なパンダの姿だけが印象に残ってしまった…。ふらふら

もちろん、今巻のメインとなるのは96巻の時にも語った幕之内一歩 VS 小島寿人。終わってみれば一発KO。ここまで引っ張っておいて、これだけですかぁ!たらーっ(汗)ボクシングは暴力ではない」「今後は会長の教えに二度と背くことなく、二人三脚で突き進んでいこう」こんなところが一歩の教訓でしょうか? 次の相手こそ、世界ランカーなんですよね?…まぁ、次の一歩の闘いを描く頃には間違いなく100巻超えてるんでしょうけど…。あせあせ(飛び散る汗)

なお、この後はA級トーナメント(同じ事務所の青木、木村、板垣達の闘い)ですんで、勝敗の予想がつかない分、楽しみだったりしますが、適度な長さで決着をつけていっていただければと…。ふらふら
posted by chachu at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

地球に厳しく?

ゲッサン10月号の感想です。今月こそは読んだらすぐ感想をアップしようと思っていたのですが、やっぱり駄目でした…。パンチ まぁ、ギリギリじゃない分、気持ち前進ということで…。たらーっ(汗)

ゲッサン2011-10.JPG表紙&巻頭カラーは、今月より新連載の田中ほさな時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。』です。もちろん、ゲッサンの中で漫画タイトルの最も長い作品です…。がく〜(落胆した顔) 先月の予告を見た時には、「もしかして、少女漫画系?」なんて思いましたが、読んでみたら全く違っておりました。

「地球に“やさしく”ではなく、“厳しい”というのはどういうこと?」とは誰しもが疑問に思うことかもしれないし、その“僕”に該当する空木宗也もこの疑問を投げているのですが、第一話でそれを語るはずもなく…。あせあせ(飛び散る汗) いずれにしても、未来からやって来た時坂暦がその未来を変えるため(正しくは空木君に変えてもらうために)ゴミの分別を邪魔するという今のところ意味不明な展開となっております…。ふらふら

それと、ゲッサン読者には(プチ読切が中心ではあるものの)すっかりおなじみとなったルーキー・瀬戸ミクモが短期集中連載を開始。全4話のようですが、こうしてルーキーにチャンスを与える機会を作ってもらえるのは嬉しい!『ココロ、デッサン』というロボットと人間のコイバナを描いたもので、内容的には「おもしろくなくはない」…ってなところではありますが…。パンチ

8月号で編集長の市原氏が「なかなかまとまったページを空けるのが難しいので、どこかでルーキー別冊付録をつけなきゃなーと思っている」なんて書いていたので、個人的にはその別冊付録を期待していたのですが、先月の地点で「短期集中連載枠を確保してどんどんルーキーたちに暴れてもらおうと思っております」と方向転換され、ちょっとガックリ。たらーっ(汗)ただ、それが早速実行されていたのは市原氏もただのデブではなかったと…(って、あだち充や横山裕二の漫画で見ているだけで、実物はどこまで太っているのか知りませんが…爆弾)。

10月7日よりテレビ東京系列で深夜枠で実写ドラマ化される『ここが噂のエル・パラシオ』の役者達もカラーページで発表されております。猛女(?)・桜花を演じるのは佐藤江梨子ということで、まぁ適役なんじゃないでしょうか。「一度目にしてみたい」とは思いつつ、静岡県では放送されませんので、愛知の合唱仲間にお願いするほどではないかと…。パンチ

最後に、最近ではすっかり「2ヶ月に1回連載されれば良いかな?」なんて個人的に思っている村枝賢一妹先生 渚』は(2ヶ月連続で描いてましたんで)、今月は休載…。まさか、これを予期しての“短期集中連載枠”でないよなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

ありがとう そしてありがとう

by “キング・オブ・ヒーロー”ことスカイハイの口癖 〜同じ単語を2度繰り返しても、決して格好良いとは思わないが、妙に耳に残ってしまうのは私だけなんだろうか?

T&B.jpgバンダイチャンネルにて毎週1話ずつ無料配信された『TIGER & BUNNY』も最終回(25話)を迎えました。キャラクター原案・ヒーローデザインを桂正和が行っているということから見始めたこのアニメですが、結構ハマってしまい、ほぼ欠かさず見ておりました。過去の記事はこちらをどうぞ。

今まで嫌いだった人がいきなり好きになることはほとんどない。逆に、今まで好きだった人を(ある出来事をきっかけに)嫌いになるなんてことは、比較的起こり得る話なんじゃないかと…。たらーっ(汗)

ワイルドタイガー(鏑木虎徹)とバーナビー・ブルックスJr.の二人は、最初はやむなくコンビを組まされて、バーナビーは完全にタイガーを邪魔者扱いにしてました。ところが、自分の両親の仇であるジェイクをタイガーとの連携で倒してからは、今までのことが嘘のように虎徹を慕うようになりました。まぁ、(現実とは違ってパンチ)いつかは仲良くなるとは思ってましたが、突然の変わりようにはちょっと違和感。それまで「おじさん」とバカにした呼び方しかしていなかったことが嘘のようでした…。ふらふら

「折り返し点(13話)で二人が仲良くなって、この後はどうすんだ?」なんて余計な心配をしてみたものの、その必要はありませんでした。復讐を終えたと思っていたバーナビーですが、真犯人は他に存在することが発覚。同じ頃、虎徹は能力の減退が起こり、5分間身体能力が100倍になるという特殊能力は次第に短くなっていき、悩んだ挙句引退を決意するのですが、相棒(バーナビー)がそんな状況に陥ってしまったため、言うに言えない状態。結局、最終話でようやくそのことを告げたのでした…。

で、タイガーは引退するのかと思いきや、「ヒーローは永遠に不滅!」ということで、1年後には能力が1分しかもたないワイルドタイガー・ワンミニットとして2部リーグのヒーローに復帰…という展開は、いかにもタイガーらしくて、微笑ましいラストとなりました。

ただ、敵組織=ウロボロスはまだ全滅していない…というのは、最近良くある「ファンからの支持が得られれば、続編もあり得るぞ」ということなんだろうなぁ…。ふらふら で、仮に続きがあったとしたら、タイガーはまともに戦えないので、ギャグ要素にしかならない…まさか、NEXT能力が発現した楓(虎徹の娘)が主人公になっちゃう…なんてことはないか…。爆弾
posted by chachu at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

平和について考えろ

えっ、いきなり命令形ですかぁ?あせあせ(飛び散る汗)

本日は娘の授業参観に行ってきました。授業参観と言えば、てっきり今回も“道徳”オンリーなのかと思いきや、今回は自由参観。1時間目から5時間目までの好きな時間に自由に参観することができるようになっておりました(おそらく休日にこの形式で実施されたのは初めてなんじゃないかと思います)。

娘曰く「1時間目の書写だけはこないで!」とのこと。誰しも苦手教科は見に来て欲しくないということでこの時間は遠慮しました…というか、早くても『ONE PIECE』を見てから出掛けようと思っていたので、1&2時間目はあり得なかったりして…。爆弾

この日の時間割を確認して、嫁からは娘の担任が“社会”を専門教科としているので、3時間目の社会が勧められたが、私が選んだのは4時間目の“国語”。だって、社会は私の苦手教科なので、授業についていけなかったら恥ずかしいし…。爆弾 算数の授業が娘達の時間割になかったのが残念だったなぁ…。パンチ

六年生の親&子供は放課後に修学旅行の説明会があるため、5時間目=学活とセットで参加していた親も多かったのではないかと思われます。学活の内容はといえば、“お金の使い方”ということで、個人的には興味なし。どんっ(衝撃) 修学旅行の説明会は嫁が参加してくれるということで、私は4時間目のみ見させていただくこととしました…。そのため、普段の参観会のように後部に親があふれんばかりに並ぶこともなく、大体4〜5名の入れ替わりな感じでした。

国語の授業内容は、“平和”について考えてみようとのことでした。やわらかい先生の言動とは裏腹に、黒板にはいきなり<タイトル>のように書き出されて、ちょっとビックリ。たらーっ(汗) ただ、先生の字はおせじにも綺麗とは言えず(失礼パンチ)、“る”と“ろ”の区別がつきにくいことが判明。

後半30分が作文タイムで正直ヒマだったので、担任が気をつかって、「お子さんのところに行って貰って良いので…」と言ってくれたので、娘のところに言って、私「あの字は、“考えろ”、それとも“考える”?」と確認してみました。どうやら、“考える”が正解だったようです…って、せっかくの担任の気遣いを何だと思ってるんだぁ!爆弾

なお、授業の最初には、“平和”とは何かを2行くらいで表して数人に発表してもらうとのことで、制限時間3分が与えられた。私も一応考えてみましたが、平和…3分…ときたら、やっぱり“ウルトラマン”を想像せずにはいられないでしょう…って、“3分”は考えなくて良いんだって…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

♪beat it〜

確かに英語の"i"は日本語の“イ”よりも“エ”に近いです。by マイケル・ジャクソン『BEAT IT

合唱コンクール関東大会まで約一週間となりました。昨日は合唱団VVの練習日。前半のOさん練習はいつもより早めに切り上げ、後半のHさん練習=コンクールで演奏する曲へとバトンタッチ。この後半開始の際にOさんの一言「コンクールの練習“でも”やりますか」は思わず本音が出ちゃったんでしょうか?爆弾

…と前振りをして責任逃れの体制を作っておいて…。パンチ あくまでも“個人的”にはですが、関東大会出場が決まった時、正直複雑な気持ちだった。もちろん、県代表に選ばれたのは嬉しいこと(結果を聞いた時は歓声をあげて喜びました!)です。ただ、これにより少なくとも1ヶ月以上は、今まで散々練習してきた曲を更に歌い続けなければならない…。あっ、週一回の練習で“散々”なんて書いたら、学生達に怒られるかもしれないが…。ふらふら

趣味の合唱は楽しむことをモットーにするべきと考える私。特に県大会後のコンクール練習は、ぶっちゃけ楽しめていない。もしかしたら楽しもうとしていないだけなのかもしれないが…。たらーっ(汗) 練習がマンネリ化しているように思えてならない…。

普段はステージに向けて綱渡り状態のVVだけに、もしかしてそれに慣れてしまったのだろうか…って、指揮者が暴走しかけた時には、間違いなく反発してますんで、それはないだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

「暗譜済ませれば、それがゴールか?」と聞かれれば、答えはもちろん"No"。音楽に完璧というものはないわけで、県大会の自分達の演奏を聴いても、まだまだやるべき課題は山積みだとは思います…。ただ、練習自体はそれを克服するために何を取り組んでいるのか…もちろん、1ヶ月の間ではできることよりできないことの方が多いのかもしれませんが、最近は何となく歌って何となく終わっているような感じで、例えば数週間欠席していて、ある日突然出席したとしても、そこで演奏の変化に驚かされることもない感じ…。まぁ、実際に数週間欠席が続いたことがないので、実際はどうなのかはやってみないと…。パンチ

とりあえず、昨日の練習では『A DREAM WITHIN A DREAM』で(今までも散々言われてきてますが)、<タイトル>のような例をあげて「この発音に近く」とのことで、改めて耳にしてみて確かに日本語の“ビート・イット”とは大きく異なることを確認。

それと、NHK教育の『えいごであそぼ』のことにも触れていたのですが、誰もついていくことは出来ず、指揮者のみが楽しそうに話していた…。というか、小さい子供もいないのについていけたら、それは周囲からヤバい目で見られるに違いない…。ふらふら とか言っている私は(小さい子供もいないのに)、特撮ヒーロー番組ネタなら問題なくついていっちゃいますけど…。爆弾

それはさておき、いろいろ書きましたが、泣いても笑ってもコンクールまで残す練習はあと1回。県外で歌う機会は滅多にないですんで、楽しんで歌ってきたいと思ってます…あっ、悲しい曲は、“悲しそうに楽しんで”かな?
posted by chachu at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

♪わたしになれ キラリとsailor diamonds

by 小枝『キラリ☆セーラードリーム

SAILORMOON.jpg美少女戦士セーラームーン Super Special DVD-BOX』が本日発売されました(31,500円)。

“スーパー”で“スペシャル”というだけあって、TVシリーズ全49話収録はもちろんのこと、オリジナルDVD(当時はビデオもあったけど、ビデオで買っちゃった人は今頃後悔してるんだろうなぁ…たらーっ(汗))として放送終了後に作成された、戦いから4年後のうさぎ=セーラームーンと地場衛=タキシード仮面の結婚までの戦い復活(?)を描いた“Special Act”(2004年11月)や、セーラーV誕生までを描いた“Act ZERO”(2005年3月)も含めたコンプリート版となっております。

漫画・アニメをほとんど見たことがない私でしたが、長年スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズを取り続けてきたスタッフによるセーラームーンの実写版ということで、特撮ファンとして毎週観させていただきました。更には、オリジナルDVDもレンタルして2話とも観ております。もっといえば、小学館から発売されたメモリアルブックも持ってたりします(いやぁ、さすがにこの時はレジの人と目が合わせられなかったなぁ…あせあせ(飛び散る汗))。

個人的には、月野うさぎ=セーラームーン を演じた沢井美優には、放送後も特撮番組で活躍してくれることを願っていたが、『トミカヒーロー レスキューフォース』にて辛うじて登場した程度に残念ながら留まってしまってます…。それよりも、気がつけばNHK教育テレビ『テレビでフランス語』で生徒役として登場していた時には軽いショックを受けてみたり…。ふらふら

タキシード仮面を演じた渋江譲二は仮面ライダー威吹鬼(2005)、カラオケボックスの店員・元基の黄川田将也は劇場版『仮面ライダー THE FIRST』にて仮面ライダー1号、セーラールナ(ルナの人間体)を演じた小池里奈は仮面ライダーキバ(2008)にて野村静香としてレギュラー出演など、セーラームーン出演以降も特撮ヒーロー番組で活躍した俳優も多かったりします(5人のヒロインの名がここにあがらないのは寂しいですけど…たらーっ(汗))。更には、四天王の一人ネフライトを演じた松本博之が『仮面ライダーオーズ』でも敵役で、グリード幹部怪人の一人・ガメルを演じたのは記憶に新しいところ。

今ではハリウッドデビューも果たしている北川景子とか、カリスマモデルとなった安座間美優のファンは、彼女達自身にとっては“若気の至り”と思っているかもしれないが爆弾、そういう意味でも“必見”かもしれないなぁ…?がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

台風上陸

台風が珍しく(私の住む)浜松にもやってきました。浜松市内でも非難勧告が出ていたとか…。たらーっ(汗) 実は我が家も3Fに住んでいるにもかかわらず、浸水してました(?)。もちろん、窓は閉まっていたのに(いや、開ける勇気はないだろう…どんっ(衝撃))、防水工事がしっかりできていないのか、部屋の中に水がしみ込んでいて、娘が頑張ってふいていたとか…。ふらふら

なお、本日私は終日講習。ただ、お客さんが来社されての講習だったため、私は特に困ることはなかった…。パンチ いや、それでも昼の段階では「中止にしておけば良かったか?」なんて、後悔先に立たずな状態でしたがたらーっ(汗)、講習が終了する夕方には雨はやみ、風も弱まってきてホッとしました。とはいえ、現在も強風の範囲ですけど…。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、言うまでもないですが、娘の通う小学校は本日休み。で、息子の通う中学校はといえば、中一と中三は休みでした…えっ、意味がわからない?爆弾

息子達中二は、昨日〜今日にかけて、運悪く林間学校でした。場所は引佐町(一応浜松市内ですけど)のかわな野外活動センター…って、小学校の林間学校の時も確かここだったような…。たらーっ(汗) で、昨晩父兄へのメールあり。特に激しい雨に見舞われることなく一日を過ごせたという報告と、二日目(=今日)は予定を早めて学校に戻るという連絡だった。

本日、昼過ぎはまさに台風が迫っていた頃…。そこに父兄へのお迎え依頼連絡がやってきたとのことで、車が一台しかない我が家としては(私が会社に乗ってっちゃってますんで)、嫁が歩いて迎えに行くしかなかった…。あせあせ(飛び散る汗) 

まさに、「家に帰るまでが林間学校」という言葉にふさわしく(?)、息子&嫁で激しい雨&風と戦いながら何とか帰宅したようです…カッパを着ていたのに、すっかり中までビショビショだったみたいだけど…。雨

きっと、この林間学校は息子にとって“忘れることのできない思い出”となったことだろうなぁ…(おいおい)。爆弾
posted by chachu at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

♪空が燃える 闇を照らす

by 影山ヒロノブ『Warrior 〜闇を駆けるキバ〜

kiba.jpgこのBlogでも9月7日に記事にした、牙狼<GARO>初のビデオオリジナル作品『呀〈KIBA〉〜暗黒騎士鎧伝〜』をDVDレンタルしてきました。

ガロの宿敵として登場した暗黒騎士・キバを主人公としたスピンオフ作品で、このキバに変身するのはもちろんTVシリーズと同様に京本政樹。何故、彼=魔戒騎士・バラゴが暗黒騎士になってしまったのかをキバの語りと共に、過去に遡って語られるといったもの。

この作品の特徴とも言うべき“映像絵巻”(実写+イラスト+VFX)に関しては、確かに雨宮慶太ならではの世界観は味わえました。ただ、GAROはアクションシーンのクォリティの高さが一番の魅力と思っている私としては、その魅力がこの映像絵巻によって半減。なので、「OVなだけに低予算で作らざるを得なかったのかなぁ?」なんて思ってしまった…。ふらふら

もちろん、映画と比較するべきではないとは思うが、かつてのTVシリーズでは、深夜番組とは思えないクォリティの高さにかなりの衝撃を受けていた作品なだけに(期待も高かったので)正直そこは残念だったなぁ…。たらーっ(汗) その分も含めて、10月から始まるTVシリーズ第二弾に期待したいところです…(まぁ、静岡県は放送予定ないんですけどね…爆弾)。

あっ、そんな中、かつてのTVシリーズにて主人公・冴島鋼牙と共に欠かせない存在だった、ヒロイン・御月カオルが、今回は化粧の濃い(?)ホラーの始祖・メシアと化して、見事なアクションを演じているシーンは要注目です(演:肘井美佳)!今まで単なるヒロイン(?)だったのが「もったいない」と思えるほどでした。

ただ、個人的に「GAROは冴島鋼牙(演:小西遼生)がいないと不完全燃焼だよなぁ」とこの外伝を見て改めて感じました…(別に京本政樹が嫌いなわけではないので、勘違いのないよう…)。たらーっ(汗)
posted by chachu at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

節電〜なしよ?

東日本大震災の影響により、今夏は特に節電対策がさわがれておりました。もちろん、うちの会社でも15%の省電力が叫ばれ、例年よりも更に厳しい夏を過ごすこととなりました。そんな中、私の住む集合住宅ではそれに反した行為が見受けられました。いや、先に言い訳しておくと自分を含めた住人には責任はあまりないと思われます。それが、ちょうど我が家の棟(1〜3F)の階段灯が24時間つけっ放し状態であること。

1Fにあるスイッチが通常は自動となっていて明るさを感知するのですが、もちろん手動でオン・オフ切り替えられることも可能。ただ、ここが壊れていて消灯することができない。そんなわけで、少なくとも我が家は、(嫁が)マンション管理会社に複数回のTELを入れたのですが、2ヶ月以上経った今でも現状維持の状態…。たらーっ(汗)

ちなみに、その間に(隣は空き家となっているため)我が家のみが関係するのですが、3Fの階段灯がつかなくて真っ暗になっていたことがあり、(スイッチの故障で消灯できないことも併せて)連絡をしたこともあったのですが、数日後に3Fの照明のみが交換され、スイッチはそのまま放置された状態だった。そんなわけで、周囲から見たら、さぞかしヒンシュクを買っていることだろうなぁ…。ふらふら

我が家の周囲が住宅ラッシュ…というほどではないが、先週完成見学会をした三階建ての家と、(ずっと駐車場となっていた箇所に)現在基礎工事を行っている家と2棟が立て続けにすぐ西側で施工されております。三階建ては我が家の周囲にはなかっただけに、こないだの見学会でもベランダから顔を出した人の姿を拝見してみたり…って、別に覗いたつもりはないんですけどね…。たらーっ(汗)

その時に昔とったきねづかも含めて(=15年くらい前は建築の仕事をしていたので、決して家を見るのは嫌いではない)にぎやかしに行って、ついでに、そのベランダから「あの目の前の集合住宅、昼間っから階段灯がつきっぱなしですねぇ…この節電が叫ばれる中で…」なんて言ってみようかとも思ったが、こういうところは話し込むと名前書かされて、自作自演がバレバレになっちゃうからねぇ…。結局、何もせず仕舞でした。がく〜(落胆した顔)

まぁ、ずっとオフのままだったら管理会社も急いで電気屋呼んでくれるんだろうけど、オンのままだととりあえず生活に支障はないのですが、果たしていつまでこの状態が続くんだろうか? 見かけた方は、是非とも“管理会社に”苦情をご連絡願います。パンチ
posted by chachu at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする