2012年01月31日

研修旅行?

えっ、“修学旅行”じゃないの? 一応、goo辞書によれば、下記の通り。
修学…学問をおさめること。学んで知識を得ること。
研修…職務上必要とされる知識や技能を高めるために、ある期間特別に勉強や実習をすること。

先週の金曜日=1月27日のこと。この日は息子(中二)の授業参観日。ただ、私は当然仕事ですんで、嫁任せになったのですが、授業終了後、子供達も含めて修学旅行に関する話を聞くこととなった。昔は全員参加が義務のようになっていたが、プリントが配布され、一応、参加します欄にチェックを入れるようになっていたようです。まぁ、どっちにしても「本日、記入して出してください」だったようですので、念のための確認ってヤツなんだろうが…。

で、以前から話には聞いていたのだが、息子達の修学旅行 in 京都 は二泊三日のうちの二日目は、基本“ひとり旅”となるらしい。おそらく、学年主任の方針だと思いますが、集団で行動するよりも、各個人が自分で行先を決めた方が目的を持って行動もするわけで、いろいろな意味で学べることももっともだと思う。

ただ、常日頃、車で行動することがほとんどの浜松の子供達。うちの子達も赤電(遠州鉄道)で浜松駅までの往復以外は、ほとんど一人で電車に乗ったこともないわけで、「電車間違えて違う方面に行ったりしないだろうか?」など心配はつきなかったりする…。たらーっ(汗)

そんな親のためなのか、プリントにはその希望調査もあったようで、一人で行動するのか or 集団で行動するのかといった記入欄もあった模様。てっきり、グループ行動を希望する人達が多いのかと思いきや、周囲では、親「一人でいいね?」子「うん」といった会話がいろいろな所から繰り広げられたようです。

息子としても一人で行動するのを希望したようですが、母親的にはやっぱり心配だったようで、最終的にはそれぞれを選択し、本人希望と親希望をそれぞれ記入して出したとか…。ふらふら もちろん、事前調査も念入りにするだろうし、各個人にGPS機能のついた携帯電話(緊急先にのみ連絡可能なもの)が手渡されるらしいので、私(父親)的には「本人が希望しているならそれで良いのでは?」と思っておりますが、まぁ、母親が心配する気持ちもわからなくはないよなぁ…。たらーっ(汗)

まぁ、あくまでも“調査”ですんで、最終決定ではないものの、一部の子供をのぞき2日目は一人旅をすることがほぼ確定な雰囲気なようです。自分が学生時代のことを考えたら、間違いなくグループ行動を希望するだろうなぁ…。爆弾 何しろ、地理の苦手な私にとっては、大阪と京都のどっちが(東京方面から)近いのかすら分かってなかったし…。パンチ

で、(提出用とは別に)配布されたプリントを見せてもらって、思わず驚いたのが、<タイトル>のように、(修学旅行ではなく)“研修旅行”となっていたこと。雑魚寝部屋で夜友達とまくら投げや会話を楽しむことをメインとしていた私たちとは異なりパンチ、「本当に勉強しにいくんだなぁ」ってな感じです。

いずれにしても、電車の乗り方を学習する旅行にならないことを祈るばかりです…。爆弾
posted by chachu at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

蒸着!

ギャバン.jpg昨日書いた仮面ライダーフォーゼ マグネットステイツのソフビをGetする一週間も前にGetしていたのが、この宇宙刑事ギャバンのソフビ。

30年経った現在、こうして見ても色褪せることのない秀逸なデザイン!個人的には石ノ森ヒーローを好む私ですが、ギャバンには石ノ森ヒーローにはない別の良さがありますねぇ…いや、ギャバンだけではなく、宇宙刑事シリーズ(+シャリバン、シャイダー)全般に言えることではあるのですが…。

こちらは、劇場版『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』が公開となった1月21日に発売となりました。公開初日に映画を観に行った私は、映画館の2階=トイザ○スに置かれていることを確認。定価1050円が999円となっておりました。そんなわけで、ここでは購入を見合わせ、いつものビッ○カメラへと向かおうと、映画終了後外に出ると、外は雨…。たらーっ(汗)

「きっと午後からは晴れるだろう!」と楽観的に自転車で映画に向かってしまい、しかも傘もなし(おいおい)。雨 パンフレットを濡らさぬように持ち帰ることがやっとで、その足でビッ○カメラへ行くようなよろしく勇気(というか、ただの無謀だよなぁ…たらーっ(汗))は持ち合わせていなかった。

そして、日曜日(22日)。この日はすっかり雨も上がり、ちょうどアクトで合唱の練習も合ったため、練習後にビッ○カメラへ…。玩具売場でギャバンを探すも…ない、ない、どこにもないぞぉ〜! 戦隊玩具周辺はもちろん、仮面ライダーのソフビ売場も、ウルトラマンのソフビ売場も、何周しても出てこない…(諦めきれずに何度も見直してしまった…)。

ということで、結局、トイザ○スに向かって、999円にてGetすることとなりました。まぁ、雨に濡れながら行ってみたら売られてなかった…とならずに済んで良かったということにしておきましょう!爆弾 ついでに、トイザ○スで私が買った時には、たった一日にしてあと5個(そもそもの仕入れが少ない気がするが…)くらいになっていたので、買えて良かったと考えるべきなのかもしれません。

で、来年、再来年とそれぞれ30周年を迎えるシャリバンやシャイダー達はスタンダードソフビ化計画(というより、映画出演計画が先なんだろうけど…)はないんですよね?あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

磁石の力

本日のTVオンエアにて登場の仮面ライダーフォーゼ マグネットステイツ。No.30のNマグネットスイッチとNo.31のSマグネットスイッチでステイツチェンジしたいわゆる新フォームです。

マグネット.jpgということで、早速本日浜松駅前ビック○メラに行ってスタンダードソフビをGet!金額がいつもよりちょっと高めの700円にて販売されておりましたが、定価の方も945円(キャノン分割高?)ですんで、いつもよりも割引率は高め=約26%引き…って1%の差ですが…。たらーっ(汗)

写真ではわかりにくいと思いますが、全身にラメ素材が使用されております。まぁ、これで光沢感は出てるんですが、どうでしょうこのフォーム? 格好良いとは言い難いような…。ふらふら

買ってきたソフビを目にした小六の娘が一言「カッコ悪ぅ〜」。爆弾 宇宙服を意識しないと首なしライダーになっちゃうよなぁ…。ついでに、後ろ姿を見て、ふと地獄大使が頭をよぎってしまったのは私だけなんだろうか?フリーダイヤル

〜今放送をまだ観ることのできない方、ここからネタバレあるんでご注意を!〜
仮面ライダー部のブレインである賢吾に絶交を言い渡された弦太朗でしたが、実はお互いがお互いを思いやるゆえの行動。で、賢吾の誤解を解いたのが、朔田流星(=メテオ)というのはちょっと意外な展開。まだ友達…というか、味方になるにはちょっと早い気がしてみたり…。パンチ

いすれにしても、この二人を今回のマグネットステイツにちなんで、“磁石”で例えたのはGood!お互いの思い合う気持ちが磁石のNとN(いやSとSでも良いんだけど…パンチ)のように反発していただけということで、賢吾の方もそれを認めて仲直り…といったわかりやすい友情物語(個人的にはこういう単純なの好きです)が展開されておりました。

あとは、流星が突然いなくなって、現状「逃げ足が速い」で落ち着いてますが、普通なら「正体がメテオなのでは?」と疑う部員がいてもおかしくないんじゃないかというツッコみたい気持ちでいっぱいだったり…。まぁ、今バレちゃうと今後の展開がつまらなくなると思うので、良しとしておきましょう。爆弾
posted by chachu at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

VVのVトレ?

アンコンまであと一週間となりました。それでも、合唱団VVは相変わらずマイペースな練習。前半がHさん練習=アンコンの曲の練習、後半がOさんの練習=アンコンとは全く関係ない練習となりました。

マイペースといえば、団員の出席率も相変わらずの感じで、前半においては、Sopが一人だけ…。たらーっ(汗) 一応、アンコンにはSopは7名が参加するはずなのですが、特に焦りはないようです(?)。いや、中にはインフルエンザになってしまった人もいたりで、もちろん、やむない事情もある人もいるようですけどね。

で、アンコンのメンバーにも変動あり…。Sop1名、Alt1名、Ten1名より欠席表明あり…。今年より複数団体で掛け持ちができるようになったアンコンですが、特に指揮者の方からは補充の意向もない様子…。ふらふら ただ、うちの嫁が思ったより出演が遅い(今年は最後の出演なので…)おかげで、娘のユネスコお泊り行事を送り出してから、駆け付ければ間に合うことが判明したので、Altは±0。更には先週消息不明となったSop若手ホープもSopメンバーからの押しにより、プチとの掛け持ちを決めてくれたようで、こちらも±0。ということで、現状はS7、A4、T2、B3の16名での出演になる予定です。まぁ、例年だったらそれでもMAXの人数なんですけどね…。それにしても、バランス悪いなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

後半のOさん練習。趣向を変えて、いきなりの発声練習で幕をあける…(注:この合唱団では練習はじめに発声練習をする文化がありません)。Sopが1人(しかも新人)からようやく一人増え、ホッとした様子。しかし、それも束の間の喜びだった。『牧歌〜内蒙民歌〜』の練習に入って間もなく、個人攻撃が待っておりました。

Sop二人に個々にワンフレーズ歌わせて、発声指導へと転じていく。普段はあまり聞くことのできない個々人の声が聞けるのは、ある意味新鮮でなかなか楽しかった。しかし、客観的に聞いている場合ではなくなってくる…。そう、個人練習はSopだけではなく、全パートに及んだ…。いやぁ、ソロがある時は喜んでやる私ですが、知っている顔が周囲にある中というのは何ともやりにくかったり…。

そんな中、BassのI氏。「今日は頭が痛いんで…」などと言い訳先行。で、Oさん「今日はやめとく?」 Iさん「いやいや、やりますけど…」だって。爆弾 これを聞いて、「何だかんだ言いながら結局やるなら、その言い訳の時間が無駄だろう!」と言いたくなったのは私だけではないはず。いずれにしても、各人をまず最初に褒めながら(よくこれだけ褒め言葉を見つけるもんだと感心したが)、その上で各人の課題を指摘。そして、再度皆で合わせてみると、全く違う声(音量)になっているということで、普段いかに手抜きな人が多いのかを知る結果となった(?)。

ちなみに、Alt個人練習が始まったとタイミングを思ったら、見計らったように姿を現したSopMさん。結局、個人練習をパスする結果となって、練習後に周囲から集中攻撃を受けることとなった…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

みそかん?

30歳のことをみそじ(三十路)ということはありますが、30巻のことを“みそかん”ということはありません…(もちろん、みそ+みかん=みそかん という新商品が!…なんてこともありません)。パンチ

『はじめの一歩』98巻の記事をちょうど一週間前に書きましたが、その際に、「少なくとも『FAIRY TAIL』の方は近日中には書きたいと思ってます…」なんてことを記しておりました。さぁ、一週間は近日中なんでしょうか?どんっ(衝撃)

FT30.jpgそんなわけで、本日は真島ヒロ『FAIRY TAIL』の記念すべき30巻のことを語りたいと思います。こちらは、一週間前にも書いた通り、息子が祖父から“新品で”買ってもらったもので、そんなわけで帯も付いておりました。その帯には、劇場版アニメ公開決定!! 2012年8月18日(土)全国ロードショー!! といったビッグニュースと、2月17日(金)に第3弾の特装版(オリジナルDVD&真島ヒロの描き下ろし絵コンテ付きで1980円)といった我が家的にはスモールニュース(?)が記されておりました。

相変わらず、静岡県はFTアニメの放送はありませんが、さすがに映画はやるんだよなぁ…?とか言いつつ、おそらくDVDになるまで待つ可能性は高いんですけどね…。爆弾 この映画を機に静岡県でもアニメが放送されることを祈っております…とはいえ、3年遅れで初話からスタートとかは勘弁ですけどね…。ふらふら

で、肝心な30巻ですが、長かった“天狼島編”がようやく終幕。マスター(=マカロフ)、生きてて良かったですね…って、そんな予感はあったんだけど…。たらーっ(汗) それにしてもS級試験が中止だなんて…てっきり、これでナツやグレイはS級魔導士になるんだとばかり思ってましたが、そこはちょっと残念だったかなぁ…(まぁ、試験はあくまでもおまけ的要素だったって感じです…)。

ギルダーツとカナの親子対面(というか、ようやく真実がギルダーツに明かされるわけで、対面は年中してるんだろうけど…)は、感動を誘うシーンとなりました。マカロフとラクサスの久々の祖父孫対面での説教とかは、感動こそないものの、これはこれで個人的には良かったです!で、話は急展開を迎えるわけなんですが…。

舞台が何と7年後。作者曰く「長期連載をしていると、時間を進めるっていうのは新鮮味を与える一つのエッセンスなわけですが…」はい、『ONE PIECE』の2年後なんてのは、まさにその一つなんじゃないかと思います。「あまりにもいろんな作品でやっていることなので、変化球にしてみました」とのこと。そんなわけで、7年後の世界でも(大人なナツ達ではなく)“いつも通り”のフェアリーテイルが存在しております…って、知らない人にはわけわからんだろうけど…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

みろんパン

みかん+メロンパン=みろんパン …まぁ、決してナイスなネーミングではないけど、味はGoodでした!

そんなわけで、浜松市特産の“三ケ日みかん”のピューレを使った、形はメロンパンで、味はみかんな“みろんパン”。何気にホイップクリーム&みかんジャムも入って、お値段も126円(税込)と買い求めやすい金額。3日前(22日(日))に娘と自転車で散策(?)した際に、コンビニ=サークルKに寄って買ってみました。

嫁の話では「結構な人気で売り切れちゃうこともある」なんて聞いていたので、「これはもう買うっきゃない」なんて思っていたが、寄ってみたら、入り口すぐにもいくつかあって、パン置き場にもこれでもかと言わんばかりに大量に置かれておりました…。あぁ、ガセネタだったかぁ…。爆弾

ちなみに、私が最初に情報を得たのは、静岡では数少ないFMラジオ局の“K-MIX”(通勤時には大概はこちらを聞いている…まぁ、正しくは“かかっている”のような気もするが…)。なので、みかんのお水 ちゅう などと同様に、てっきりK-MIXとサークルKサンクスの共同開発だとい思っていたのですが、どうやら今回はK-MIXは関係ないようです。何とこちらは、浜松工業高校手芸調理部の生徒9人とサークルKサンクスの共同開発によるものらしい。やるなぁ、高校生!

とりあえず、試しにということで、1コだけ買ってみる。昼食時間に近かったため、娘と半分ずつに分けて、コンビニ外で早々にたいらげてしまった…。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、家に帰れば当然その話にはなるわけでして…。息子はこの日も部活だったので、いないものと思っていのに、どうやらこの日は午前中のみだったようで…。言うまでもなく、羨ましがられる結果となった。(といっても、午後の合唱練習の帰りに嫁が買って息子と分け合ったようなので、わずかな優越感ですが…パンチ

1月17日〜2月13日まで、県内の342店舗のサークルKサンクスにて販売されるようですので、県内の方はもちろん、静岡県に来たら、サークルK or サンクスに是非寄ってみましょう(注:まわしものではありません…どんっ(衝撃)

で、本日家に帰ると、うちと同じアパートに住む、コンビニでパートしている奥様よりいただきものがあったようで…はい、もらったものは、もちろん“みろんパン”。いやぁ、ありがたみが半減しちゃったなぁ…。爆弾
posted by chachu at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

何の“D”?

私が大学生時代〜新入社員時代に、毎週買っていた漫画雑誌が週刊ヤングマガジン。その頃に連載開始された作品の一つに、しげの秀一頭文字D(イニシャル・ディー )』があります。で、こちらは現在も連載中のようで、今月44巻も発売されたらしい…。

D.jpgちなみに、私にとっての車の運転は決して好きなものではなく、「峠をせめる」なんてことは夢にも思ったことはない…。パンチ ただ、(単行本を集めるほどではないが)この漫画は毎週欠かさず読んでいた。更に、スカパーを視聴しはじめた頃(かれこれ10年近く前の話になると思うが…)、我が家が契約していたアニマックスでFirst Stage が放送されており、結構夢中になった。当時にしてはなかなか質の高いCGバトルだったと思います。

で、昨年10月より久々にアニマックスを契約してみたら(当初の目的は「仮面ライダードラゴンナイト」が観たかったからなんですが…)、Goodなタイミングでテレビシリーズ・劇場版・OVA(全7シリーズ/69エピソード)が放送されていく。また、冬休みにも一挙放送とかあって、結果的には一通り(First,Second,Extra,Third,Battle,総集編)を網羅することとなった。

そして、一昨日(1月22日(日))よりいよいよ放送開始となったのが、『頭文字D Fourth Stage』。19:00〜21:00まで4話分まとめて放送されました。個人的には主人公・藤原拓海が、普段はボケ〜ッとして頼りなさそうなのに、いざバトルになると散々拓海の車=AE86(ハチロク)のことをバカにしていた相手を、結果的に打ち負かしてしまう…といった展開が好きだった。

ただ、このFourth Stageでは、もう群馬エリアでは敵なし状態で、県外遠征スペシャルチーム“プロジェクトD”に参加して、愛車ハチロクもすっかりエンジンはレース仕様になっていたりで、そういう意味では“強い者いじめ”にならなくなってしまったのが残念です…。がく〜(落胆した顔)

なお、拓海のはじめの頃は、車のことには全くの無関心で、自分の車がハチロクであることも知らず、「トレノならトレノと言ってくれ」とか言っているのが、妙に共感の持てた私でした…。爆弾 今じゃあ随分メカにも詳しくなってきちゃって、個人的には寂しいです…。どんっ(衝撃)

いずれにしても、これから全24話をじっくりと楽しんでいきたいと思います…って、毎週4話ずつだと2月末には終わっちゃうのかな? 個人的に、一番気になるのは、プロジェクトDの“D”が果たして何のDなのか…“ドリフト”とか“ドライブ”とか割と単純に考えていた私ですが、あえてリーダー・高橋涼介がもったいぶっているのを見ると、奥が深いのではないかと…(?)。
posted by chachu at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

♪ほら いま 飛び立つ 音楽の空

飛び立つなら良いけど、飛び出さないでくれよ〜!爆弾 by 宮川彬良作曲『音のつばさ

宮川彬良氏をご存知でしょうか? 宇宙戦艦ヤマトの作曲者=宮川泰の息子であり、NHK教育テレビ“クインテット”のアキラさんと言えばピンと来る人も多いのかな? その宮川彬良が浜松にやってきて演奏会を行います。

宮川彬良「歌と舞台音楽の世界」
日時:2月26日(日) 13:30開場 14:00開演
場所:アクトシティ浜松中ホール


こちらの第二部にて、<タイトル>の曲をはじめとした組曲『少年の時計』より5曲を演奏するのですが、そこには、浜松合唱団、浜松フラウエンコール、オエステ、男声合唱団オーロラ、そして、私の所属するヴォア・ヴェール…といった面々の浜松の市民合唱団の有志達が参加します。で、その初めての練習が昨日、アクトシティ大ホール リハーサル室にて行われました。

我が家は私だけでなく、嫁も、更には(合唱団VVの名を借りて)娘も参加しようと思っております。ということで、この練習には家族3人で参加したのですが、練習会場に入って、私の結構楽しみにしていた思いも一気に吹っ飛んでしまった…。ふらふら

何と年配者の多いことだろう…。たらーっ(汗) 知ってる顔がほとんどないぞ〜!どうしたんだ、浜○合唱団〜!どんっ(衝撃) ちなみにVVメンバーは団員の半数弱が(当日は)出席予定で、うちBassは4人(昨日は1名は欠席)。昨日の参加者の(私を除いた)2人は最後尾の端を陣取っており、私が入った時には、その周辺は完全に埋まってしまった状態でした…。

で、昨日は音取りも兼ねながら、パート別→全体→パート別→全体→一曲全体通し ってな感じで、2時間で5曲を一通り歌ってみる。裏拍で入るところでの飛び出しなんかはかわいいもので、休符があろうがなかろうがかまわず伸ばし続けてみたり、ユニゾン部で「ここは女声、ここは男声」と指導者のT先生からの指示があっても、女声のところで複数人の男声の声が聞こえてみたり…(さらなる指摘にも我関せず状態だし…)。いやぁ、とにかく周囲の男声の方々には驚かされることだらけでした…。そんなわけで、かつての静岡国文祭(in 伊豆の国)での練習が、私の脳裏にちらつく結果となった。爆弾

ちなみに、練習は全日のゲネプロ含めてあとたったの2回。今後、各団で練習するのかどうかは不明(まぁ、少なくともVVではやらないだろうなぁパンチ)ですが、今のままでは間違いなくマズイ状況だよなぁ…。たらーっ(汗)

なお、チケットは一般:1500円、学生:1000円ですが、出演者から購入した場合は、割引きあります!って、散々なこと書いておいて、今更私から購入してくれる人はいないだろうなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

♪うちゅうけい〜ぃじ〜 ギャ〜バン

by 串田アキラ『宇宙刑事ギャバン
この曲と、♪でんしせんたい〜デンジマン という(電子戦隊デンジマンのエンディング)曲は似ているよなぁ…。がく〜(落胆した顔)
ついでに、♪特急指令〜ソルブレイン も似てると思うんだけど、この3曲が全て思い浮かべられる人はどんだけいるんだろう?あせあせ(飛び散る汗)

昨日は映画を観にTOHOシネマズ浜松へと行ってきました。観てきた映画はといえば、言うまでもないかもしれませんが、昨日より公開の『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』です。通常の映画と比べれば時間的には短め…でも、その分お値段も安めの1200円!まぁ、通常は前売り券を買う派の私としては(普段映画は1300円&特典付で入場してますので)あまりお得感はないんですけどね…。どんっ(衝撃)

宇宙海賊刑事.jpgで、今回もおそらく一人で観に行くことになると思っていた私ですが、「一緒に行きたい」と言ってくれる家族がいました。それが、何と嫁だったりします。ギャバンがTV放送されたのが1982年(まぁこの映画が30周年記念の作品ですんで当然なんですが…)。当時の私は小学校高学年でヒーロー作品から卒業していた時(あっ、今はすっかり復活しちゃってるんで卒業ではないですが…)。それに対し、小学校低学年の嫁はまさに“ギャバン世代”だった。そんなわけで、夫婦でこの映画を観に行ったわけですが、言うまでもなく子連れ中心で、夫婦のみでの鑑賞はおそらく我が家だけだったろうなぁ…。

相変わらず、VSシリーズとは名ばかりで、最初こそ対立しているものの、最終的には力を合わせて戦うのですが、そうかぁ、マーベラス(=ゴーカイレッド)が子供の頃に一条寺烈(=ギャバン)とは出会ってたんですね。その少年時代のマーベラス役を『怪物くん』でヒロシ役を演じた濱田龍臣氏が演じております。ちなみに彼は『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』というウルトラ映画にも登場してますんで、あと仮面ライダーに出演すれば、子役にして日本の3大ヒーロー総なめになっちゃいます。いやぁ、うらやましいなぁ…。パンチ

それにしても、まさか蒸着プロセスがナレーションまで入って大スクリーンで見られるとは思ってませんでした。ここは私よりも嫁の方が興奮気味だったかもしれない(隣のおっさんがそんなシーンで携帯やってたと文句言ってたし…たらーっ(汗))。電子星獣ドルの登場ももちろんのこと、必殺技ギャバンダイナミックの登場とか、もしかしたら(ゴーカイジャーファンよりも)ギャバンファンの方が喜ぶ映画かもしれません。

まぁ、大葉健二がギャバンとバトルケニア(曙四郎)、デンジブルー(青梅大五郎)の一人三役を務めている地点で、大きなお友達がターゲットになっている気もしないでもないが、変身後まで“三役揃い踏み”(もちろん史上初)が実現するとは正直思ってもみませんでした…まぁ、完全なサービスであり、物語からははずれたサービス企画ではありますが…。ふらふら

物語としても、「よろしく勇気!」をキーワードに結構まとまっていたので、単なるお祭り映画に終わらなかったんじゃないかと思います。それにしても、ゴーカイジャー達は一番年上のマーベラス(演:小澤亮太)ですら1988年生まれですんで、ギャバンの存在は辛うじて知っていても名前だけってな人達がほとんどなんだよなぁ…軽いショックを受けてみたり…。爆弾
posted by chachu at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

♪ミゼレレ ノービス×3

by Henk Badings 『Missa Brevis』より“Gloria”
ということで、ようやくアンコン曲の練習について語ります…。

アンコンまであと2週間となりました。出演順も決まったようでして、一般の部の9団体出演中の9番目…珍しくくじ運が良かったらしい…。がく〜(落胆した顔)今年から関東大会が出来たアンサンブルコンテスト。9団体中この希望を出しているのが4団体。で、それとは別に例年通り福島での全国大会もあるのですが(注:コンクールと異なり、関東大会と全国大会は“別物”になっております)、こちらを希望したのが2団体。全国より関東の方が価値あるんでしょうか?たらーっ(汗) あっ、「埼玉に行きたい!」という理由なら許しましょう!爆弾

ちなみに、合唱団VVは毎度のことながら、来るものは拒まぬ主義で(?)どちらにも希望を出しているようです。ただ、昨日の練習を見る限り、先のことなどは考えなくても良い感じでした…。

後半のHさん練習。練習曲は『Missa Brevis』より“Kylie”と“Gloria”の2曲のみ。さすがにアンコン2週間前だったので、普段は出席率の低いSopもほとんどのメンバーがそろっておりました。にもかかわらず、昨日は正直崩壊状態で、「えっ、もしかして初見?」とか聞きたくなってしまうほど悲惨な状況で、指揮者の指示はSopに集中。仕舞には音取りをせざるを得ないといった結果でした。

というのも、Sopのエースが欠席。ついでにSop若手のホープが(前半のOさん練習にはいたのに)消息不明になってしまう…って、単に早退しただけだとは思うが…。パンチ 彼女たちの抜けた穴は確かに大きいことはわかるのですが、ただ、この二人はアンコン本番にはVVで出演しないんだよなぁ…(このことはSopメンバーもとっくに把握できているはず…)。

まぁ、そういう意味では現状把握としてはちょうど良かったのかもしれませんが、私的にも結構ショッキングな練習結果となりました…。残り2回+当日練習で果たしてどこまで変われるのか…とりあえず、今後に期待しておきましょう。

まぁ、そんな状況なんで当然なのかもしれませんが、多くの人達が楽譜にカブりつき状態。「曲はゆっくりでも入り(拍)まで遅れないで!」などを繰り返し指示していくうちに、「糸ひき納豆のように!」なんてことも言い出し、団員もどう反応して良いかわからなくなってみたり…。たらーっ(汗)

どうやら、「指揮が“引っ張ったら”一緒についてきて(引っ張られて)欲しい」といった意図(注:“糸”ではない)だったようだが、いずれにしても、今はそれ以前の問題だよなぁ…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする