2012年04月30日

ジリツって?

@ものすごく速く走れるようになること(びゅば〜す)
A雲を動かせるようになること(ほい ほい ほい)
〜ジリツできないと〜
@病気ばかりするようになる(う〜ん う〜ん)
Aすごくやせてしまう(擬音なし)
B体が臭くなってしまう(ぷぷ〜ん)
Cある日知らないおじさんが来て どんどん知らない所に連れて行かれて どこかにしまわれてしまう(さァどんどんしまっちゃうからね)
by いがらしみきお『ぼのぼの』3巻

一昨日=4月28日(土)は、子供達の中学校の授業参観でした。現在来浜中の祖父(私の実父)も連れて、3人で参加。早速廊下で息子の部活顧問でもあり、娘の担任でもある先生に出会う。嫁が吹奏楽の役員もしているので、そこで立ち話が始まる。後ろで待っていると、「どうぞ、お通りください」だって…。たらーっ(汗)

いやぁ、ついこないだ(娘の入学式)でも挨拶しているし、過去にも息子の部活の大会とか(嫁が参加できなかった際の)総会にも参加したことがあるので、そろそろ顔を覚えてもらえると嬉しいなぁと…。たらーっ(汗) まぁ、先生方も生徒たちの顔と名前を覚えるので手一杯なのかもしれないけどね…。

授業は何かと言えば、もう定番とも言うべきか“道徳”。嫁も言わんでも良いのに「先生の音楽が見たかったです」なんて言うもんだから、先生も「音楽だったら1000倍気が楽なんですけど…」だって…。まぁ、気の知れた父兄に対して言った言葉として、聞き流しておきましょう…。パンチ

で、娘達の授業テーマはといえば、“挨拶について考えよう”といったもの。そこでは見知らぬおじさんにいきなり「おはよう」と声をかけられ、無視してしまった主人公(?)のその後の気持ちの移り変わりを描いて、そこから生徒達の意見を聞いていくと言った内容だった。少なくとも、小学校の時には「見知らぬ人に声をかけられてもついていかないように!」と言われていたので、無視をしたことは正解だと思ったのは私だけなんだろうか(おいおい)。爆弾

それはさておき、3人の子に各1ページを任せて読み進んでいた中で、見知らぬおじさんのはずなのに、3ページ目には名前がついていた。その名も“コソおじさん”。…いや、“今日こそ おじさんに…”というのを“今日 こそおじさんに…”と読み間違えただけだで、一瞬生徒達もどよめいたものの、その後はおとなしく聞いていたのでした。そんな中、私はその“コソおじさん”が頭の中を巡って、吹き出しそうになるのを抑えることで手一杯でした(最終的に挨拶できたのかもわかってなかったりして…パンチ)。ところで、見知らぬおじさん=コソおじさんはどんどんしまっちゃうんだろうか?爆弾

中三の息子の方は、研修旅行の発表を出席番号順に一人一人行うといったもの。Power Point&大型モニターまで使ってなかなか手の込んだものでした。で、最後のまとめで、各自の思う“自立とは”で締め括る。息子が家で「自立って何だろう?」とか考えていたのはこれだったのかぁ。独り言なのか嫁との会話中だったのかはわからないが、横から私が「雲を自由に動かせることだ」と言ったら、息子は以降おとなしく作文していた(多分、相手にしている余裕がなかったんだろう…もうやだ〜(悲しい顔))。

で、息子の担任が自立に関して、「ほとんどの人が、人に頼らないことや、自分でやることを自立としてまとめていたが、人に頼ることだって自立」なんてことを述べていたと嫁伝いで聞きました。おそらく「何でも自分の中で解決しようとせず、時には人に頼ることも重要!」とでも言いたかったのではないかと推測するが、人に頼ることを自立と言ったら、少なくとも国語のテストでは×もらうよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

名声学園?

いや、“明青”学園です…。てなわけで、4月も終わりに迫ってきましたので、今日こそ(?)ゲッサン5月号の話題です。言い訳ですが、4月は出張も多く、思ったようにBlogアップができなかったので…。たらーっ(汗)

ゲッサン2012-5.jpgまずは、表紙&センターカラーは佐原ミズ『鉄楽レトラ』です。何気に“麗しカラー”と書かれておりますが、まさにその言葉がピッタリ…とか言いながら、“うるおし”なのか“うるわし”なのか、そしてその意味も良くわかってなかったりして…。パンチ2ヶ月間の充電期間を済ませ、単行本も2巻が今月発売されており、忙しかったのかそうでないのか良くわからない状況ですが、いずれにしても今月は23ページとちょっと寂しめでした…。

で、その表紙をめくって、衝撃を受けた来月より連載のあだち充大型新連載の詳細ピンナップ。その作品名は『MIX』。既にニュースにもなっており、様々な噂が飛び交っておりますが、そこには、

 舞台は明青学園− 上杉兄弟の伝説から26年、 今、再び運命の兄弟が明青学園の扉を開く。

と書かれているのみ…。そして、明青学園の前で二人の子供がキャッチボールしている姿が描かれておりますが、この二人が誰なのかは不明な状態…一人は達也っぽいけど、あだち充の主人公は毎回達也だからなぁ…。爆弾 いずれにしても、来月からのこの連載(既に半月切ってますが…たらーっ(汗))楽しみです! いやぁ、これで『QあんどA』は「つなぎ作品だったんだなぁ…」と改めて思ってみたり…。パンチ

今月より新連載となった佐伯幸之助『アダンダイ〜妖怪絵師録花錦絵〜』。若き日の葛飾北斎を描く物語のようですが、それはさておき、ゲッサンで読切を複数回残した漫画家が続々と連載デビューを飾るのは嬉しいです!あっ、先月の小川麻衣子も、先々月の坂ノ睦も(あくまでもオリジナル=原作なしが初めてなだけで)デビューはとっくに飾ってたんだっけ…。たらーっ(汗) それはさておき、やっぱりゲッサンは大型ルーキー達に活躍の場を与えてくれる雑誌だと改めて感じさせてもらいました。

とはいえ、今月最終回を迎えたのも、原作付ではあるものの初めての連載を飾り約2年間の連載を無事終了した、原作:武論尊 作画:マツセダイチの『FULL SWING』。娘がこの作品を結構(単行本を買うまでには至りませんでしたが)気に入っておりました。毎回主人公がバトンタッチして変わっていくのが斬新だったこの作品。最終回はまさに集大成とも言うべきもので、過去の主人公たちが続々登場して有終の美を飾った感じです。ただ、その過去のエピソードが私の頭の中からすっかり消滅していたため、キャラは何となく覚えてはいるものの、エピソードが思い出せなかったのが残念です…。爆弾

ちなみに、我が家的注目は、かんばまゆこの読切『怪盗カトリ』。画は相変わらず(いや、以前と比較すればかなりうまくはなってますが…)ですが、たまに読むと、笑わせてくれるぞ、この漫画家! このまま、たまに読切を読ませてくれるのが我が家的にはベストと家族4人が皆同じ評価をしておりました…えっ、褒めてない?パンチ
posted by chachu at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

♪魚の半身 なまめかし

by 西野りーあ詩『うろくずやかた

昨日は合唱団VVの通常練習。「9連休の人?」なんていう指揮者からの質問に手をあげなかった私。そう、昨日のメモリアル休暇も含めて10連休フリーダイヤル…のはずだったのだが、早速事件(?)が…。

9時半ごろに自宅の電話に上司から連絡が入る…。「お客さんが困っているから、(時間があるなら)行ってもらえないか?」とのことで…。たらーっ(汗) で、行ってみれば特に問題なく稼働…。俺の半日を返してくれ〜!ちっ(怒った顔) そんなわけで、9.5連休になってしまいました…(えっ、それでも十分だろって?)。とにかく、ろくに確認もせずに連絡してくるお客さん、そして、その連絡をほとんど丸投げ状態で私にふってくる上司にガッカリさせられた日だったなぁ…(もちろん、この分の借り=半休は別にとります)。

おっと合唱の話だったっけ…。まず、何も考えずにひたすら金曜日に練習会場を押さえるHさん。先週の地点で「5月4日は練習するのか?」という質問に、両指揮者が出席できないため中止にしようという結論に至ったはずだった。私がせっかくまつぼっくり(浜松市スポーツ・文化施設予約システム)でも10日前までならキャンセル可能なことを忠告していたにもかかわらず、結局そのまま…。ある意味、「団費にゆとりのある団体だからこそなせるワザだなぁ」と感じてみたり…。たらーっ(汗)

そんな前置き(?)から始まったこの日の練習。前半Hさん練習では<タイトル>の自作曲(4番)を実施。日本語の曲を日本語らしく聞かせるために、作曲時に音の高さもイントネーションに近くなるように気をつけていると(本人は)語っているのだが…。少なくとも、この曲の始めの<タイトル>部=Bassソリに対しては、「“半身”ではなく“阪神”だよなぁ」と(実は以前から思っていたのだが)昨日は自らそれを認めていたりして…。たらーっ(汗)

Wにして、はじめて登場する“うろくず館”。そこに行けばどんな夢もかなうという…あっ、嘘です…。爆弾 まぁ、理想郷(=ガンダーラ)とは真逆の世界なのかな?個人的には、(“阪神”を引きずって)道頓堀のカーネル・サンダースを思い出さずにはいられなかった…って、それは“人魚”じゃなくて“人形”だぁ!パンチ

そして、後半Oさん練習。KAN『愛は勝つ』の練習が中心となりました。「譜面通りじゃなくて良いから、KANのように歌ってほしい」と常々言っているOさん。原曲を知らない人や、合唱とカラオケを歌い分けてる人以外には、その辺の歌い分けは難しいんだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

そんな中、「♪carry onのところは英語っぽく!」というOさんの指摘に、隣にいるSさんが珍しく「英語っぽくじゃなくて、“英語”そのものだから…」とこっそりツッコんでいたので、横で私がわざと(会話中)「♪モ〜チョメチェ〜 ウ〜ヴァワレチェ〜(注:もとめてうばわれて)」とか歌ったみたら、これがSさんにはツボだったようで、歌い始めても吹き出しそうにしているので、自分でやっておきながら、私まで吹き出しちゃいました…。パンチ
posted by chachu at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

カツオのたたき骨あり?

嫁が遭遇し(しかもかなり大きめ)、その場では文句たらたらだったがむかっ(怒り)、結局店に苦情は言ってなかったなぁ…。

本日よりGWに突入!10連休です。まぁ、会社のカレンダー上は明日からなんですけど…。たらーっ(汗)

毎年書いてる気もしますが、うちの会社にはメモリアル休暇なる制度が設けられており、誕生日は休み(誕生日は休日の場合にはその前後に休むことが可能)。そんなわけで、毎年人より一日多く休むことができます。わーい(嬉しい顔) とはいえ、GWで10連休取れるのは、今回が初めてかもしれないなぁ…。

なお、昨日より祖父(私の実父)が埼玉より来浜しております。子供達の休みに合わせると、言うまでもなく3〜6日の4連休のみ(?)ですんで、せっかくならと一人暮らしの親を私の休みに呼んで、たまには親孝行しようかと…。もちろん、子供達が連休に入ったら埼玉にも行きますんで、祖父の新幹線代も片道で済むし…。がく〜(落胆した顔) いやぁ、これでようやくGAROの最終回が観れるなぁ…。爆弾

そして、昨日は(私の前に)娘の誕生日。我が家では誕生日の夕食は基本外食で、本人の希望する店に行っております。娘の場合は毎年恒例と言っても良いかもしれませんが、寿司が希望(もちろん回転どんっ(衝撃))。そう言えば、回転じゃない寿司屋がどこにあるのか、よくわかってないよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗) いずれにしても、くら寿司へと行って参りました。

休日に行くとゲロ混みのこの店ですが、平日はそうでもないようで、わざわざ19時に予約まで入れて(しかも5分以上遅刻しちゃったりして…パンチ)おいたけど、全く意味はなさなかったなぁ…。まぁ、予約が出来ることはわかったので、今後の対策(?)には使えるかもしれません。

中一になった娘ですが、未だに“ビッくらポン!”には興味があるようで…。ただ、あの皿カウンター回収システムはある意味戦略かもしれないなぁ…。というのも、目の前に積まれた皿が見えないと、知らず知らずどんどん食べちゃってる気がした…。

ということで、一人平均10皿以上を難なくクリアしちゃって(祖父と私はビールも飲んで)、娘は締めに茶碗蒸しも頼んで、なかなかのお値段になっておりました。まぁ、普通に寿司屋に行くことを思えば、大した金額ではないんですけどね…。たらーっ(汗) ちなみに、ビッくらポン!は2回当たりが出たようですが、どんなのが出たのかは確認していません…。がく〜(落胆した顔)

で、この日は嫁も出勤日だったために、ケーキがまだだったため、帰りに宮竹町のイトーヨーカドーに寄ってみるが、そこのケーキ屋さんが知らない間に撤退してたみたいで…。たらーっ(汗) 結局、(子供達の基礎英語もあったので)一旦家に戻って、それから再度嫁が出直して市野町まで…。とりあえず、コンビニのケーキにならなくて安心する娘だった…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

おまとめ機能?

昨日今日は富士に出張でした。今回は見事に(?)雲隠れな富士山。もうやだ〜(悲しい顔) 先週は息子が修学旅行…改め“研修”旅行でデジカメを持っていくことができなかったので、「今回こそは!」と思ったものの、見事はずれ…いやぁ、デジカメ持って行かなくて良かったなぁ…って、持って行っていないんかい!パンチ

で、(もちろん富士山には何の関係もない話ですけどどんっ(衝撃))先週の出張から帰った際(って、一週間前の話になるんだけど)、プレミアムバンダイより、2種6体のソフビが届いておりました。

movie大戦.jpg恐竜グリード&映司グリード”の重塗装版+ポセイドン、アクア、なでしこ、そしてオーズ スーパータトバコンボの“MOVIE大戦セット(MEGA MAXセット?)”になります。注文したのは共に12月の予約開始後すぐでしたんで、4ヶ月が経過したことになります。そんなわけで、恐竜グリードと映司グリードは「どっちが映司だったっけ?」なんて一瞬考えてみたり…。あせあせ(飛び散る汗)

発注開始が1週間違ったため(それぞれ即予約した故)、それぞれに送料525円がかかるのがちょっぴりもったいなく思っていた私。たらーっ(汗) そうしたら、3月下旬になってプレミアムバンダイより「ご注文後のおまとめ機能」に関するメールが届く。要は、「まとめて送れば送料は半分で済むよ」的なアドバイスで、今更一方の到着が多少(発送開始は5日間の差)遅れることになろうが、正直どうでも良いわけで…。パンチ そんなわけで、おまとめしてみました。

金額は、5,250円+2,625円+525円=8,400円。一体あたり1,400円ということになる。市販ソフビの2倍以上(注:あくまでもビック○メラ売価を基準にしてます…)かかっていることになるんだよなぁ…。たらーっ(汗)

ということで、フォーゼ怪人=ゾディアーツは市販のもののみGetすることとしました。ちなみに、スコーピオン・ゾディアーツ(ゾディアーツコレクション01)は既にGetしておりますが、タイミングをのがしたのでパンチ、02=レオ・ゾディアーツをGetした際に、セットでアップしたいと思います…って、1ヶ月以上先の話だぁ!爆弾
posted by chachu at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

♪かざぐるままわれ みずぐるままわれ

個人的には、水車は“まわれ”じゃなくて“まわせ”なんですけどね…。どんっ(衝撃) by 新実徳英作曲 『北極星の子守歌

先週に引き続き合唱漬けな日々となりました。とはいえ、(先週は3日連チャンでしたが)今回は木金日の1日休み有の3日間で、今回も全て異なる団体でした。明日はまたまた出張が控えております(とはいえ、明後日には帰ってくるんですけどね…たらーっ(汗))ということで、今回もダイジェスト版にてお届けします…。パンチ

Big Gold>4月19日(木)…この日の課題曲は、新実徳英作曲 『北極星の子守歌』。Secondに主旋律の集まるこの曲。これでSecondの出席率があがることを祈ります…。爆弾なお、今まで快出席だったBassT君が出張のため欠席…おかげでBassは私のみでした…。とはいえ、久々の二桁メンバーの出席となったのは嬉しかったです。

いつもは出席者の曲を一通り通すのが後半練習なのですが、さすがに合唱祭までこの練習を含めてあと2回ということで、F.メンデルスゾーン『Beati Mortui』と佐藤賢太郎『前へ』の練習が中心となりました。まぁ、私が先月持ってきた『Vive L'Amour』ももちろん練習させていただきましたけど…。パンチ ちなみに、『Beati Mortui』には4パートのソロ(カルテッド)があったりするのですが、このソリストもこの日に決定。少なくともBassは“欠席裁判”となりました。どんっ(衝撃)

VV>4月20日(金)…合唱祭の曲として決まった矢野顕子『ごはんができたよ』を久々に歌いました。そんな時は大概は楽譜忘れが続出するのですが、この日は意外にも(?)ほとんどの人が持参しておりました。

Oさん指揮のポピュラー曲『愛は勝つ』では、合唱らしさはいらないので、通りかかった人(注:プロムナードコンサートで演奏する曲ですんで…)が思わず一緒に口ずさみたくなるよう、KAN風に歌うよう指示が出ているのに対して、Hさん指揮の上記曲は「合唱の美しさを出しつつ、ポピュラー要素も出しながら…」という方針でした。

求めていることはわからなくもないけど、それが表現できれば苦労しないよなぁ…。たらーっ(汗) それと、音程のない歌詞pyum pyumのアクセントに関して、前回初めて指示があった(と思われる)のですが、それを何気に聞いていた娘が、私の後部席でマリオの擬音を出していたのは「私の子だなぁ」と思わされたり…。パンチ

静大混声OBOG現役合同合唱団>4月22日(日)…いや、静大のOBではないのですが(もちろん、現役でも…爆弾)。8月にマーラー交響曲第2番『復活』を歌う参加合唱団の一つで、とりあえず、団名が上記のように決まったそうです…長い団名だなぁ…。たらーっ(汗) いずれにしても、来月より行われる合同練習では、この団名を語ってくれとのことで、「ヴォアヴェールです」とか「Big Goldです、良かったら一緒に男声合唱しませんか?」とかはNG Wordだそうです…。パンチ

私が参加したのは、全4回中2回でしたが、指導者のT先生(年下だけど…たらーっ(汗))の指導は結構新鮮で楽しく過ごすことができました。なかでも発声練習に30分以上の時間を使っていただけに、普段発声練習する文化のない私にはいろいろ勉強になりました。

で、結構褒めてくれた中で、昨日も「Bassの低音、良くなってるねぇ」とのことで、「自分がそんな低音出せたら家で(一人で)低声出して遊んじゃう」とか語ってました。私的には、「それだけの高音が出せて、低音まで望むのは贅沢以外の何物でもないでしょう」とツッコみたい気持ちと、「そうそう、低音で家で遊んじゃうんだよねぇ(特に風呂がお勧め!)」とうなずきたくなる気持ちとの、両方が合い混じっていたりして…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

研修旅行終了

息子が無事、2泊3日(4月19日〜21日)の奈良&京都の“研修”旅行から帰ってきました。前にも書いた通り、2日目は(集団ではなく)単独行動をするというこの旅行。まぁ、“無事”とはいえ、何事も無かったわけではないんだけどね…。たらーっ(汗)

19日は(まだ書いてないけど…)男声合唱団Big Goldの練習日。練習中に嫁がやってきて私が呼び出される…。何があったのかと思えば、学校から連絡があった模様。初日で興奮したのか、いずれにしても割とパニックになりがちなうちの息子。かつ、声がデカいために本人的にはちょっとしたことのつもりでも、周囲には大事に聞こえてしまうんだなぁ…。ふらふら

そんなわけで、財布をなくしたり(カバンの中を良く見たらあったようで…)、カメラを置き忘れそうになったり(タクシーの運転手がすぐ気付いて、その場で声をかけてもらったらしい)、一日の疲れからか、夜に集合写真の撮影時に自分のクラスの中にいなかったり(他のクラスに紛れこんでいたとか)で、担任が翌日の「個人研修に行かせるのが心配」ということで、家庭の判断に委ねたらしく、一旦保留にして私の意見を聞きに(徒歩一分の)練習場所に足を運んできた。くつ

そんなのは家と学校で判断することではなく、“本人がどうしたいか”が一番重要なことであり、“本人”と話をするべきことなのでは?と私は判断。そもそも、家庭の方では、事前に承諾して、かつ名古屋城の予行演習(?)までしてきて、今更個人研修を中止させられた日には、間違いなく残りの旅行もこのことを引きずっていくことが予想できるわけでして…。フリーダイヤル

我が家的には、本人と話をして、結果本人がそれでも個人研修を希望したので、「“学校からStopがかからない限りは”予定通りでお願いしたい」と告げる。担任も(本気で思っているかは別として)「できれば、(学校側も)個人研修をさせてあげたい」旨の発言をしていたようで…その割には随分長い電話だったよなぁ…。爆弾

いずれにしても、二日目。GPS機能付の携帯電話を持たされ(注:うちの子だけ特別に持たされているわけではなく、個人研修の全員に持たされてますんで…)、複数回担任から息子へと様子確認のTELがあったようですが携帯電話、無事に過ごすことができたようです(私的には個人行動よりも集団行動の方が返って心配だったりして…たらーっ(汗))。

家を出る前には「修学旅行といえば、“まくら投げ”出来るかなぁ(注:宿泊は3〜4人が一部屋だそうで…)」なんて、いらぬ心配をしていた息子。まさか、一歩間違えば集団研修になっていたかもしれない危機に遭遇するとは思ってもいなかっただろう…。

まぁ、我が家的には割と日常茶飯事な話で、担任&本人の話を聞く限りぶっちゃけ“想定内”のこと。学校側も行ってから心配するなら、もっと事前にやりようはあっただろう…と思わずにはいられなかった。ふらふら とはいえ、いろいろ心配してくれて、まめに連絡をとってくれた担任には感謝をすべきなんでしょうね…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

スーパーヒーロー大戦 来た〜〜〜ァ!

ということで、本日より劇場公開となった『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』を観にTOHOシネマズ浜松へと行ってきました。

ムビチケ.jpgで、TOHOシネマズで大いに宣伝しているムビチケカードを(本人の希望とは関係なく)初めて手にしてしまったので、「せっかくなら」と起床後にインターネットで座席予約。(初回でも席には余裕があったのですが混むのは嫌だったので)3回目=14:10〜に予約。まぁ、予約時はガラガラでも、実際入ってみれば、私の両隣に人がいて、かつ右隣はスナック菓子をむさぼる小学生達で、(普段は上映に割とギリギリなだけに周囲の席の状況は大体わかるだけに)ちょっと残念な結果だった。

それと、インターネットで予約すると「どれだけ楽ちんなのか?」とちょっぴり期待もあったが、予約が済むとメールが送信され、そこにある“購入番号”は、自動発券機から発券する際には必須となり、パソコンでメールをしている私には、この購入番号を控えておくのは面倒な作業。まぁ、並んで待ってることを思えば、大した作業ではないかもしれないけど…。たらーっ(汗) ということで、「予約が済んだ」と思って安心して(メールを確認せずに)ムビチケだけ持って劇場に行っても何の役にも立ちませんのでご注意を!がく〜(落胆した顔)

ようやく、肝心な映画の内容…ということで、ここからは“ネタバレ注意”でよろしくです。

まずは、事前情報としてもちろん得ていたが、中心となるのは、平成ライダーの記念すべき10番目として他の仮面ライダーにカードで変身しちゃうディケイド=門矢士と、つい数ヶ月前まで活躍していた前戦隊ゴーカイジャーのゴーカイレッド=マーベラスで、初っ端から1号からストロンガーまでの昭和ライダー7人がマーベラス一人にあっけなくやられちゃったりします。

え〜っ、ザンギャックに6人がかりでもあんなに苦戦していたゴーカイジャーなのに、昭和ライダー7人がかりでこの弱さってどうなの?」と嘆きたくなったのは、私だけではないだろう…。パンチ

まぁ、士もマーベラスも言うまでもなく、それぞれが「ライダーを」「スーパー戦隊を」守るために大ショッカー大首領だの大ザンギャック大帝王だのをやっていたわけであり、最後は一緒に戦うという展開は予想通り…というか、そうじゃないと困るんだけどね…。たらーっ(汗)

なお、この二人以外に物語に大きく関わる(まぁ、消されずに生き残っていた人達ということで)のが、ジョー(=ゴーカイブルー)、ハカセ(=ゴーカイグリーン)、海東大樹(=ディエンド)、そして泉比奈(オーズのヒロイン役)の4人。「何故(映司もすぐに消されちゃう中)比奈ちゃんが…」とツッコみたい気持ちもあったが、もちろん、そこに“華”が必要なわけでして…。かなりのミニスカートでかつ顔に似合わぬ相変わらずの怪力ぶりで活躍しておりました。

最後に、今回はドクトルG(&その正体のカニレーザー)が今風にデザインし直され、「仮面ラ〜イダ」の独特なイントネーションも真似ていたりするわけなのですが、個人的には、ドクトルGの最期にV3が寝てるだけというのはあまりにも気の毒で、昭和ライダーの活躍チャンスまで奪われてしまったのが、寂し過ぎだったなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

ダボウの声?

以前合唱団VVで、♪ダボ〜ダボ〜 トイラントラボ〜 とか歌ったような気がするが、それとは全く関係ないです…って、大体、♪Double double toil and trouble だし…。爆弾

月蛇7.jpg月の蛇〜水滸伝異聞〜』7巻=最終巻をGet…って、手に入れたのは3月末だったりしますけど…。たらーっ(汗)そんなわけで、出張から帰宅&娘の家庭教師(って、これも一度も記事にしていなかったなぁがく〜(落胆した顔))もあったりしますが、これ以上の停滞は危険なので…(?)。

ちなみに、発売は3月12日なので、三週間と持たず古本に出てしまったことになります…(ブック○フにて250円でGet)。個人的には嬉しいような、寂しいような複雑な気分です…。たらーっ(汗)

なお、作者のあとがきには「自分の趣味全開で好き放題描かせてもらった」なんてありますので、趣味に走った作品といえばマニアックに走りがちな気もしますが、この作品は決してそんなことはなく、水滸伝をよく知らない私でも大いに楽しめた作品だったと思います。

ただ、6巻では全く歯が立たなかった梁山泊最強の男・林冲に対して、「蛇棒の声が聞こえた」というだけで、勝利することができる(しかも割とすんなりと)というのはちょっと出来過ぎ感があったよなぁ…。しかも、数百年に一人とも言われている“蛇棒の声が聞こえる者”なのに、守りたい気持ちが強くする…なんて理由は、あまりにも理由が単純過ぎなんじゃないかと…。ふらふら

そんなわけで、個人的にはもっと長期戦を覚悟…というか期待していただけに、あっけない幕切れに少しガッカリさせられはしたが、とりあえず、しばらくは手元に置いておこうかと思っております。まぁ、さすがに梁山泊に勝っちゃったら、水滸伝ファンが怒っちゃうだろうし、そんな中でハッピーエンドに納めるためには、「なるほど」と思える幕切れでもあったしね。
posted by chachu at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

松明?

13日(金)〜15日(日)まで3日連続で(それぞれ異なる団にて)合唱練習な日々でした。明日より先週に引き続き宿泊出張ですんで、3団体一気にダイジェストでお届けします。がく〜(落胆した顔)

VV>合唱祭の曲が正式決定しました。てっきり、ポピュラー路線で2曲やるのかと思いきや、ポピュラー曲は1曲のみ(=矢野顕子『ごはんができたよ』)となりました。そして、もう1曲はHenk Badings『Missa Brevis』より“Agnus Dei”をやるようです。

こうなった理由は、定かではないですが、とりあえず、Hさん指揮曲を合唱祭ステージに、同時開催イベントとして、浜松市合唱連盟主催で、第1回合唱プロムナードコンサート「コーラスinソラモ」なるものが開催されるんで、こちらを指揮者Oさんに固めたのかな? まぁ、ポピュラー曲が得意な合唱団ではないので、個人的には1曲でも良かったかなぁと…(かと言って、ミサ曲が得意な合唱団でもないんだけどね…あせあせ(飛び散る汗))。

コール・ナチュ>とりあえず、正式には決まっていなかった団名は、予定通り“コール・ナチュ”となりました(個人的には“凍るな・チュッ♡”でも良かったんだけど…爆弾 )。我が家的には、私、嫁、息子が出演予定になっていましたが、娘一人蚊帳の外で寂しそうでしたんで、本人に確認したら、「出演したい」とのことで、家族4人での出演がほぼ決まりました。

個人的には、意外な所=曲順をどうするかで結構時間を要したりしました。何しろ、2曲目は“やり逃げ”できる曲というのがキーワードになっちゃったりして…。たらーっ(汗) まぁ、飲み会の勢いで合唱祭に出演することになった団体なだけに、これはこれでありかもしれない(?)

プチ・ヴェール>指揮者が合唱祭当日に参加できないことが判明(団内では「“お見合い”するのでは?」と勝手な噂を立てて盛り上がってたりして…パンチ)。

そのため、先月やった新曲2曲で(指揮なしで)出るのは危険ではないかという意見もありましたが、練習していく中で、とりあえず途中で演奏が“止まらなそう”なので、あと一回の練習を残すのみで、出席率も(パートによって)イマイチな状況ではあるものの、新曲2曲で出演することにしました。

なお、<タイトル>ですが、John Wilbye 『Thus saith my Cloris bright』の和訳をBassメンバー3人で確認中に、“松明(たいまつ)”という文字が目につき、私「まつあき?」と振ってみたら、それがM君「松崎(しげる)?」へと転じ、♪美しい人生よ かぎりない喜びよ な展開となって、思わず笑いが止まらなかった…。どんっ(衝撃)
posted by chachu at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする