2013年05月15日

休Blog?

今までほぼ毎日のように書いてきたBlogですが、諸事情によりしばらくお休みさせていただきます。
…とか書きながら、「合唱記事は可能な限り書きたい」なんて思いもあるので、どうなるかは未定?

〜いずれにしても、頻繁に読みに来てくれている方、ご承知ください。

書きたい気持ちが向上したら、また私らしい記事をたっぷり書きたいと思ってます!
posted by chachu at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

クエレ?

昨日はプチ・ヴェールの月に一度の練習日でした…と言っても、4月は最終週に実施されたので、2週間ぶりではあったんですけどね…。

昨日はSop 2人、Alt 2人、Ten 2人、Bass 3人で指揮者を含めて辛うじて二桁という少人数ながらもパートバランスは良い感じでした(って、あくまでも「人数的には」なので、前で聴いている指揮者としてはバランスが良かったのかは不明なところですけど…どんっ(衝撃))。とはいえ、最初の30分くらいはTenor不在状態でしたけど…。たらーっ(汗)

昨日は新曲『白き花鳥図』よりU.数珠かけ鳩 の音取り練習から開始。私が入団する前の合唱団VVで歌ったことのある曲なんですが、“私が入団する前”だけに歌ったことのある人はといえばこの合唱団の中では2名。その2名も「歌っているだけに音は完璧!」なんてこともないわけでして…。がく〜(落胆した顔)

一曲目の“黎明”がかなり激しい曲で、それとは対照的に(pやmpを中心として、mfが辛うじて存在する)あっさり系(?)な曲。ちなみに、私が『白き花鳥図』を推した際にやりたかったのはこの2曲。

最初に指揮者は「(この組曲から)少なくとも1曲はやる」といった発言をしていたので、3組曲全20曲が存在するこの楽譜がもったいない気はしていましたが、とりあえず3曲(残り1曲は後日のお楽しみ?)やることが決まって、ちょっと嬉しかったり…あっ、楽譜が有効活用できるからだけが理由ではないですけどね…。パンチ とりあえず、秋までステージがないので、その間のモチベーション継続ということも狙いかと思います。

前半にこの曲+T.黎明をやって、後半はシューベルト作曲 千原英喜編曲『冬の旅』より3.Gefrorne Tränen(凍った涙)を歌う。そろそろ言葉(ドイツ語)にも慣れてきた…ら良いんですけどね…。あせあせ(飛び散る汗) 音も所々あやしい所がありますが、それ以上に言葉を何とかしたいなぁ…。Quelleが相変わらずクエレ(実際にはクヴェレ)の人もいたしなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

浮玉?

我が家(賃貸集合住宅)のトイレ。水を流してから一定の時間が過ぎれば普通は止まると思うのですが、ここ数ヶ月ずっとポタポタと流れっ放しで気になっておりました。まぁ、水道料金が突然アップすることもなかったこともあり、放置していたのですが、夜中にトイレ起きた時とかに結構音もしていたので…。たらーっ(汗)

嫁が管理会社に電話すると、どうやら現在はここの集合住宅の管理会社ではなくなってしまったようでして…。ふらふら 最初は受付の人が親切に対応しようとしてくれたようですけど、さすがに関係ないとわかればそれ以上の対応はないわけでして…(まぁ、当然だよなぁ…)。

で、大家に直接電話して、そこから水道会社経由にて翌日嫁の携帯へ。土曜(私が在宅)or月曜(嫁が在宅)のどちらかで見に来てもらうようお願いしたら、最初は月曜と言っていたが、結局土曜日に変更となって…入っていた予定がキャンセルになったのかな?

結論から言うと、タンク内の浮玉が本来の位置まで戻りきれていないようで、交換が必要とのこと。で、その浮玉は取寄せになるためにもうしばらく時間が必要となるようです…。まぁ、ここに住んでから17年経ってますし、老朽化ということになるんだろうなぁ…。ふらふら

もっと言えば、ここに住んでから数年が過ぎた頃だったか、似たような現象があったので、管理会社に連絡をしたら、タンクの中にペットボトルが入っていたとかで、冷たい視線を浴びせられたことがあった。もちろん「うちは入れていない」と主張。結局、以前の住人が入れてそのまま放置状態だったんだよなぁ…とか考えると、当然の老朽化なのかもしれないけど…。どんっ(衝撃)

いずれにしても、「今までも放置していたんだから、取寄せまでの期間は我慢すれば良い」と言われればそれまでなのかもしれないけど、原因がわかってしまうと、余分な水道料金がかかっているというのは腑に落ちないところもあるわけでして…。あせあせ(飛び散る汗)

すると業者の方から、止水栓部を10円玉(って、もちろんネジまわしで良いのだろうけど…)などでひねれば、その流れは止められるとの話。止めてしまえばタンク内の水がなくなって、結局再度元の状態に戻さない限り水は流れない…まぁ、当たり前のことなんですけどね…。たらーっ(汗)

とりあえず、子供達にもそのことを説明して、娘に10円玉で止水栓のネジ部をひねらせてみたものの、なかなかひねることが出来ない…。ふらふら それもあって、結果的には放置状態で、業者からの連絡待ち状態です…。あぁ、年を取りたくないのは人間だけじゃないよなぁ…。たらーっ(汗)
posted by chachu at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

降格?

先週はGW中でお休みとなった合唱団VV(まぁ、どっちみち埼玉に帰省していたので、個人的にもお休みだったんだけど…)。2週間ぶりの練習となりました。

この日は雨雨でしたので、(通常は自転車で単独行動ですが)車で嫁&娘と(娘の習い事経由にて)練習場所へと向かう…。結局、19:50ごろの到着になってしまいました…。ところが、行ってみるとSopは誰もいなかったりして…。ふらふら

そんなわけで、(高音は出ないものの)最近すっかりコンバート要因となっているうちの嫁がSopを務めることとなったのですが(というか、特に言われずして勝手にやってる気もするが…)、前半Hさん練習のPoulenc『Salve Regina』を通して、指揮者も“お墨付き”ということになった…のかな?

で、<タイトル>のように、ここしばらく出席率の悪いSopの中からAltへ“降格”させるなんて話が(もちろん冗談で)出ておりました。で、それでも駄目ならBassへ“降格”なんだと…。隣のT君は、「更に降格するとTenor!」とか語っていたけど、もちろん、誰もそうは思ってくれないわけでして…。もうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに、それから10分程度した頃か、(正式の)Sop一名がようやく現われましたが、以降人数が増えることはありませんでした…。相変わらず、寂しい状況だよなぁ…。たらーっ(汗)

そんな中、出席したSop一名より、「突然練習に来て、本番立っちゃう人がいるのは困る」なんて発言あり…。「えっ、あなたもその一人では?」と言わんばかりに、場内ざわついておりました…。どんっ(衝撃) まぁ、“標準値”をどこに置くかによって感じ方も人それぞれなのかもしれないけどねぇ…。今のSopだと、月一回だけ練習来たとしても、出席率高い方に分類される気もするし…。

後半Oさん練習。間宮芳生『合唱のためのコンポジションT』より第W楽章を軽く歌ってみる。いつこの組曲が日の目を見る(=ステージにあげること)になるのか…なんて話も出て、指揮者的にはどうやら“年内”を目指しているようです。まぁ、その鍵を握っているのはやっぱりSopなんだろうなぁ…。いずれにしても、一曲通す(る?)こともなく、Presto前までで終了。曲の雰囲気をSopに伝えることが目的だったのかな?がく〜(落胆した顔)

で、昨日の練習の中心となったのが、信長貴富『ゆずり葉の木の下で』より“「ゆずり葉」に寄せるバラード”(終曲)。何度かお伝えしてますが、7月28日の児童合唱団のジョイントコンサートに賛助出演するVV。その際に歌うのがこの組曲。

GW中に出演メンバーを確認すべく、メーリングリストが流れておりました。それを見ると(既に不参加連絡があった人を除いても)30人以上で、しかもコンバートを考慮すればとってもバランス良い人数(各パート8名)にまとめられておりました。とりあえず、その後の欠席連絡は今の所ないとのことで、Oさん的には期待(安心?)しているようですが、果たしてどうなることやら…まぁ、まずはパートバランスの良い状態で合わせてみたいよなぁ…。ふらふら
posted by chachu at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

特撮プロレス?

実家(埼玉)に行った際に、4月より始まった二つの特撮番組を録画予約してきました。

その一つは、4月5日より毎週金曜日25:23〜25:53にテレビ東京にて放送開始された『牙狼<GARO>〜闇を照らす者〜』。まぁ、こちらは愛知県に済む合唱仲間に(GWまでの)DVD録画予約(by テレビ愛知)をお願いしてあったし、更にはバンダイチャンネルでも(期間限定の)無料試聴が可能になっていたので、特に必要なかったんですけどね…。たらーっ(汗)

とりあえず、保険の意味で(おいおいパンチ)予約させてもらうこととしました…。あっ、滞在中に放送された第5話“夢 Nightmare”も、もちろん(深夜番組ですんで録画予約して…)視聴させていただきました。TV

フィイヤーレオン.jpgで、もう一つの番組はといえば、4月6日より毎週土曜日22:00〜22:30にTOKYO MXにて放送されている『ファイヤーレオン』。もちろん、情報は事前にキャッチしており、公式サイトで「ニコニコ動画とYouTubeでRound1を配信中」と出ていたので、第一話についてはYouTubeにて視聴しておりました。目

主人公となる剛藤タケルはプロレスラーを目指す大学生で日々トレーニングに励む。その敵となるのは、悪のプロレス組織ジャードが生み出すのが、プロレスラーと猛獣のDNA操作で生み出された“バイオレスラー”。そんな強敵に、いくら世界最強のプロレスラーを目指しているとはいえ、レスラーの卵のタケルがかなうはずはないわけでして…。ふらふら

ということで、突如として現れたソルジャーマスクを装着することにより、ファイヤーレオンへと変身を遂げるわけでして…。更に腰のチャンピオンベルトにより戦いはプロレスのリング(に似たサバイヴ・フィールド)へと変化していきます…そんな物語。

パッと見、秋田のご当地ヒーロー・超神ネイガー(沖縄の琉神マブヤーでももちろんOKなんだけど…)に似ていると思ったら、それもそのはず。ネイガーの生みの親である海老名保氏が制作に携わっているようです。

そんなわけで、Round1には超神ネイガーがゲストとして登場…まぁ、あくまでも“ゲスト”ですんで、ストーリーにかかわってくることも残念ながらなさそうですが、私が埼玉で視聴したRound5でも超耕21ガッターという新潟のご当地ヒーローも登場。様々なご当地ヒーローがゲストキャラクターとして登場するのも、この番組の特徴となるようです。

更には、ブシロードも制作にかかわっており、ブシモで提供するソーシャルゲーム『全国ヒーロー スラッシュバトル』との連動も果たすようです。いやぁ、スマートフォン向けのゲームだけに興味…というか“”のない私ですが、各県のローカルヒーロー達の知名度アップにつながってくれることに期待しております!
posted by chachu at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

“新”番組?

HH2013-6.jpgハイパーホビー6月号の話題です。まぁ、何よりもショックだったのは、定価が1300円(税込)にあがってしまったことだよなぁ…って、先月号での次号予告からわかっていたことだし、1〜3月号で付録付きで特別定価1300円で販売された地点で、そんな予感もあったんですけど…。たらーっ(汗)

表紙真ん中を飾っているのが、シージェッター海斗。今月号では“ヒーロー最前線”と題して、巻頭より6大ヒーローを特集しております。で、その巻頭の巻頭(?)を飾っているのが、石巻のローカルヒーロー…というか、もう“ローカル”の枠を完全に超えてしまっていると思いますが、この海斗です。

“撮り下ろし新作ムービー誌面公開”となってますが、情報的にはシージェッター海斗のテーマソングを歌う遠藤正明(そうかぁ、石巻出身だったんだねぇ…)のインタビュー以外はそんなに新鮮な話題はなかったかなぁ…。たらーっ(汗)

表紙の左上には、先月号ではシルエットのみに留まっていた新ウルトラマン=ウルトラマンギンガが登場。どうやら、現在テレビ東京では毎週水曜17:30〜18:00に放送中の(静岡県では相変わらず視聴不可ではありまずが…)『ウルトラマン列伝』が7月3日よりリニューアルして『新ウルトラマン列伝』(“新”が付くだけで、いかにもベタだよなぁ…どんっ(衝撃))となるようで、ウルトラマンギンガは7月10日より連続放送されるようです。

“連続放送”といっても、毎週ということではなく、7〜8月期に6エピソード、11〜12月期に5エピソードを放送するということのようですが…。まぁ、ウルトラゼロが3分間番組だっただけに、「今回も(枠内だけに)3分番組ということはないよね?」という不安もありますが、「メビウス以来の本格テレビシリーズ」と記されてますので、こちらは期待しても良いかと思います。

あとは(6大ヒーローの特集ではありませんが)、『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』の特集はGoodでした。1〜4痛(話)のストーリー紹介があったり、前作の設定との変更点(例.都築丈博=ドクターZではない とか、信夫ではなく美月がペンタゴンにスカウトされた etc)が解説されていたり、更には(前作の時にも特集してくれた)“アキバまめ知識・痛!”とか…。

まぁ、役に立つ知識かは別としてがく〜(落胆した顔)、アキバレンジャーを観る上では知っていた方が間違いなく楽しめる知識だろうなぁ…。
posted by chachu at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

俺は天高の連中全員と友達になる男 如月弦太朗?

フォーゼ超全集.jpg仮面ライダーフォーゼ超全集』が私の誕生日=4月30日に発売され、自分への誕生日プレゼントとして(?)最寄りの本屋に行って参りました(って、一週間前の話になっちゃうけど…たらーっ(汗))。

とりあえず、目立たない所(子供向けの本が集まる、くるくる回る棚の所)に2冊しか置いてなかったのは寂しかったですがもうやだ〜(悲しい顔)、放送終了から8ヶ月が過ぎたにもかかわらず、仕入れてくれていることに感謝すべきかもしれません(?)。なお、金額は1575円(税込)…この価格では子供の棚に置いてあっても売れませんよ、本屋さん!どんっ(衝撃)

表紙を見る限り“俺は天高の連中全員と友達になる男 如月弦太朗!”というのが、さもタイトルのように感じてしまいますが、下にはちゃんと『仮面ライダーフォーゼ超全集』と書かれております。間違っても弦太朗の写真集ではありませんので、福士蒼汰ファンの方は勘違いのないようお願いします…。がく〜(落胆した顔)

小学館のフォーゼの(絵本ではない)本としては、昨年5月に“超ヒーローファイル”が発売されて、その際にはてっきりこのシリーズの“2”が登場すると思い込んでいましたが(その時の記事はこちら)、結局待てども発売されず…。改めて、“超全集”として発売されることになったようです。まぁ、この超全集も昨冬に登場する“予定”だったようですけど…。たらーっ(汗)

そんなわけで、アストロスイッチ大図鑑とか、TV+映画ストーリー紹介(超ヒーローファイルは1〜26話までのTVストーリーを紹介でもちろん超全集はそれらも含めた完全版、映画に関しては(超全集は)現在も上映中のスーパーヒーロー大戦Z(さすがにわずかなページだけど…)までを含む)とか、構成は変えてあるものの、(同じテレビくんデラックス愛蔵版なだけに)もちろん被っている箇所も多いわけでして…。ふらふら

いやぁ、超全集出るってわかってたら、超ヒーローファイルは買わなかったんだけどね…って、待ち切れなかったかもしれないけど…。どんっ(衝撃) もちろん、“深み”という点では超全集の方が(解説いっぱいだしページ数も約1.5倍だし)充実しておりました。

なお、ポスターとしては、表がこの作品のヒロインである(にもかかわらず宇宙オタクの)ユウキ(演:清水富美加)で、裏が石森プロが描き下ろしたフォーゼ&石森ヒーロー大集合ポスターとなっておりました。後ろの方の2ページ使ってユウキの卒業旅行と題し、JAXA種子島宇宙センターの紹介ページ(インタビュー含む)なんかも載ってましたが、個人的にはあまり重要じゃなかったなぁ…。パンチ

それはさておき、フォーゼファンの方には懐かしむ意味でも是非Getしていただきたいですし、“超全集”ファンはウィザードの超全集を発売していただくためにも(予定あるんだろうか?)、是非売り上げに貢献しましょうがく〜(落胆した顔)…で、オーズの超全集はやっぱり出ないんだよねぇ…えっ、いい加減あきらめろって?どんっ(衝撃)
posted by chachu at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

電池切れ?

2泊3日にて埼玉の実家に帰省してきました。まぁ、祖父(私の実父)が一週間ほど浜松に遊びに来ていたので、それを送り届けることがメインではあったんですけどね…。車(セダン) あっ、それと浜松では観ることの出来ないテレビ東京系の録画の変更(祖父は録画予約等の操作が一切できないんで…)も重要な目的だったりして…(おいおいどんっ(衝撃))。

“録画予約”といえば、(現在娘が単行本をコレクトしている)『FAIRY TAIL』のアニメ、3月で終了しちゃってたんですねぇ…。たらーっ(汗) おそらく、原作に追い付きかけていることが理由なんだと思いますが、何とも中途半端な幕切れでした(…って、実家で観ている時間も限られていたので、ほとんどはDVDにダビングしてきたので、まともには観てないんだけど…パンチ)。

今回は、嫁が仕事で一緒に行くことができませんでした…。ふらふら さぁ、食事の支度どうしよう…。がく〜(落胆した顔) とはいえ、朝はどうせパンだし&初日夜は定番の外食ですんで、実際には2日目の昼&夜の心配だけだったんですけどね…。日頃一人暮らしの祖父はそんなに気にしていなかったようで、焼きそばやったり焼肉やったりで過ごすこととなりました。

行き帰り渋滞にはそんなに巻き込まれずに済みましたが(特に帰りは順調)、行き(3日)の清水〜御殿場間で東名だと70分、新東名だと55分と掲示板に記されていたので、新東名へとチェンジ! トンネル(広くて明るいのは良いんだけどね)と山ばかりの道ですが、この(晴天の中の)山が祖父には嬉しかったようで、カメラを出して、写真を何枚も撮影しておりました。祖父的には東名が渋滞していてラッキーだったかもしれない…。

帰りは、娘が助手席に乗ってくれました。やっぱり、長旅ですんで、CD変えたり、水筒の蓋をあけたりとか、何かと横にいてくれた方が便利なことが多いのでありがたかったのですが、14時を過ぎた頃からうとうととしだし、結局眠りについちゃいました…。眠い(睡眠) やっぱり、運転手は一人より二人が良いなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

なお、昼食はちょうど12時頃に海老名に到着で、“空有”状態を事前に確認して寄ってみたのですが、さすが海老名と言うべきか、それでも席を確保するのに多少時間がかかりました…。一応、子供達にお金を渡し、私は確保した席の見張り番…。

それから娘が戻ってきて、私も注文へ。注文自体はさっさと終了したのですが、待てども待てども持たされた受信機(出来上がるとピ〜ピ〜ッと音で知らせてくれるヤツ)の音が鳴らない…。ふらふら すると、「コロッケそばを頼まれた〇〇番をお持ちのお客様〜」とか、店員が座席をまわっておりました。

どうやら、“電池切れ”だったらしく、結局再度作り直してくれたみたいですが、いやぁ、こんなこともあるんだねぇ…。まぁ、それでも娘が食べ終わるまでには食べ終わっちゃったんですけどね…。がく〜(落胆した顔)
posted by chachu at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

スーパーヒーロー大戦Z

今週はずっと続いた“一昨日シリーズ”?がく〜(落胆した顔) 本日も同じく一昨日のこと(なお、明日からは埼玉に向いますので、Blogはお休みします…)。一昨日はTOHOシネマズ浜松に映画を観に行って来ました。

実はこの日って、私の誕生日でもあったので、嫁が気を利かせてくれて、この日は休みになるようにスケジュールを組んでくれました。で、観に行った映画はといえば、言わずと知れた(?)『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』…って、<タイトル>に既に書いてるし…。パンチ まぁ、嫁がギャバンのファンでもあるので、前売券も2枚分買ってありましたので…(注:無理矢理誘ったわけではありません…たらーっ(汗))。

〜この辺からは一部ネタバレ含んでますので、ご注意ください!〜
大戦Z.jpgパンフレットの真ん中こそ仮面ライダーウィザードが表紙を飾っておりますが、今回主役となるのは、宇佐見ヨーコ(イエローバスター)と、十文字撃(宇宙刑事ギャバン)。そこに伊狩鎧(ゴーカイシルバー)が所々で絡んでくるような感じで、ギャバンファンがメインターゲット層ということになるのかな?

そんなわけで、仮面ライダーウィザード獣電戦隊キョウリュウジャーといった現在放送中のヒーローが見たくて劇場に足を運ぼうと思っている人には、ちょっと(かなり?)物足りないかもしれません…。

まぁ、今年もいわゆる“お祭り”映画だったわけでして…。様々なヒーローが登場するのが一番の見所なのかもしれませんね。個人的には、もちろんたくさんの東映ヒーローが登場するのは嬉しいんだけど、これだけめまぐるしいヒーロー入れ代わり立ち代わり状態だと、返って印象を薄くするだけのような気がしました。ふらふら パンフレット上には登場リストとかもあったけど、例えば、私「あれ、仮面ライダーWも登場してたんだぁ」とか思ってみたりしたし…。パンチ 毎年映画を観に行っている私的にはそろそろ勢揃いもなくしてくれても良いかなぁと…。

6つのメタルヒーローキーにて、メタルヒーロー6人が登場するわけなんですが(宇宙刑事シリーズ三部作も大きくはメタルヒーローに分類されるからこそ)これこそ勢揃いさせてあげても良かったんじゃないかと(滅多にスポット当たらないだけに…)。たらーっ(汗) まぁ、今回はヒーローキーを使う関係上、変身するゴーカイジャーの人数に合わせるしかなかったのかもしれないけど…。

個人的見所は、ビート・J・スタッグの森の管理人ぶり(あっ、登場はわずかで完全なお笑い役です…)と、宇宙鉄人キョーダイン(今回も敵サイドですけど)の最期に見せた武士道精神(?)…まぁ、一般的見所としては何の参考にもならないと思いつつ…。どんっ(衝撃) あっ、それと映画終了後に「ヒーローは彼らだけではない」とキカイダーのシルエットが登場していたのにはちょっとビックリ。さぁ、キカイダーが映画化されるのはいつの日か?
posted by chachu at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

略して浜少?

浜松少年少女合唱団 第14回定期演奏会を聴きに、アクトシティ浜松中ホールへと足を運びました。

何しろ、我が家にはチケット(招待券)が4枚ありましたので…。こちらは、うちの娘の(一緒に通学している)友人(=昨年のVV演奏会にも足を運んでくれた)よりチケットをいただきました。嫁は出勤日で息子は部活でしたので、代わりに祖父を誘って連れ出しました。そんなわけで、とりあえず3枚は利用させていただいたので、こんなとこで許してください…。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、娘の中学校からは何と4人が出演(先輩が二人で同輩が二人)。そんなわけで、客席に娘の知り合いも結構いたようで、声をかけたりかけられたり…ちょっと恥ずかしそうな感じでした(まぁ、中学生になると親と一緒のところはあまり見られたくないのかもしれませんね?)。

創立15周年記念ということで、何と全7ステージで構成されたプログラム…とはいえ、1〜2曲程度で構成されたステージなんかもいくつかあって、休憩も1回のみで2時間程度の合唱のプログラムとしては一般的な演奏会(?)となりました(いやぁ、昨年の自分達=VVの演奏会がどうしても頭にあるからなぁ…どんっ(衝撃))。

なお、VVにも招待券が来ておりました。こちらは、指揮者であり日曜作曲家のHさん宛に届いたようで宣伝しておりました。この合唱団より割と頻繁に作曲or編曲依頼をもらうようで、今年は、NHK連続テレビ小説「純と愛」主題歌の『いちばん近くに』という曲を編曲していたようです。

1曲だけで構成されたステージがこれにあたるのですが、(児童合唱用ではなく)混声アンサンブル用に書かれた曲。しかも男声パートはTenorのみ…。まぁ、いかにも「この合唱団のために書きました」という仕上がりになっておりました。Hさんチックなハモリが(客席で聞いている限り)ほとんど感じられなかったのが、個人的には残念かな…(いや、自分の合唱団で歌うこと想定したら「結構良いかも(ってBassがないから無理なんだけど)」とか思ってみたり…パンチ)。

最終ステージでは、委嘱初演ということで、信長貴富作曲の『やなせたかしの詩による3つのうた』より 希望の歌 / 愛するネッシー / ありがとう野菜 を演奏しておりました。児童合唱曲ということで、信長氏はやなせたかしの詩を選んだようですが、どれもなかなか良い感じで楽しく聴くことができました。るんるん

なお、演奏を聴きに浜松まで初演を聴きに来てくれた信長氏本人が壇上に立って、指揮者の岸先生がインタビュー(対談?)していましたが、う〜ん、相変わらず真面目な人だよなぁ…間違っても話上手ではないし…爆弾(過去=3年前に浜松市合唱連盟講習会で講師してもらったこともあるので、わかってはいましたけど…)

それにしても、ステージによっては振付まであったりする中、全曲暗譜で歌っちゃうのはさすがです!いやぁ、少しは見習わなきゃいけないよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする