2015年04月29日

魔笛剣?

3月に『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』が公開され、しばらくは過去の映像中心になっちゃうのかと思っていたウルトラマンシリーズ。失礼しました、地味にではあるものの(って、これも失礼だぁ!パンチ)新作を届けてくれてます…。

それが『ウルトラファイトビクトリー』。そのタイトルの通り、『ウルトラマンギンガS』のもう一人のウルトラマン=ウルトラマンビクトリー(地底人・ショウ)を主人公にした物語で、『新ウルトラマン列伝』内にて3月31日より放送されてます。

いわゆるスピンオフ作品になるわけですが、残念なのは1話当たりの放送時間が約3分であるということ。全13回を予定しているとのことですが、単純計算で3×13=39…30分番組だったら、2回持たず終了しちゃうわけでして…さすがに寂しめだなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

テレビ東京の映らない静岡県民としては、すっかりお馴染みのウルトラチャンネル(YouTube)にお世話になっております。ちなみに、本日第4話が公開されております。“期間限定”と記されているのでそのうち見られなくなっちゃうとは思いますが、現在は第1話から全て鑑賞可能です。

もちろん、ビクトリー自身も新たなる力を得るわけでして、青と銀を基調としたビクトリーナイトへと(第3話にて)パワーアップします。これで怪獣パーツを武装しなくなっちゃうのかな?

個人的に注目したのは、ビクトリーナイトへの変身アイテムでもあり武器でもある“ナイトティンバー”。<タイトル>にあるように魔笛剣=笛でもあり、変形させて剣として攻撃することも出来る。う〜ん、かつてゲッサンで連載されていた『楽神王〜vero musica〜』を読んだ際にも書いた気がするけど、「楽器は武器に使っちゃダメだよね!」と音楽にかかわる人間としてはとりあえず言っておきます。爆弾

なお、この“ナイトティンバー”を届けに来たのが、ウルトラマンヒカリ。“ブルー族”でもあり二番手ウルトラマン(by ウルトラマンメビウス)でもあるので、このアイテムの調達役(いや、“開発者”と言うべきなんだろうけど…)としてはうってつけでした。

メビウス放送時も「“ヒカリ”というネーミングってどうよ?」と思っていたが、そうかぁNTTグループの意向(=フレッツ光)だったのかぁ…今更ながら、大人の事情を思い知らされました。がく〜(落胆した顔) ちなみに、ギンガに変身するのが(礼堂)ヒカルなので、時に混同してみたり…。爆弾
posted by chachu at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

すべてを破壊し、すべてをつなげ!

ディケイド.jpg2週間前に書いた仮面ライダーW編にて、“折り返し地点間近”と書きながらも、“(創刊0号を含めない)8冊目”とか書いてしまいましたが、後になって「0号含めなきゃ、8冊目/全15冊 は折り返しだよなぁ」と自己(事故?)ツッコミをかけながらも、結局編集しわすれてましたので、ここで訂正しておきます。がく〜(落胆した顔)

ということで、本日は折り返しを迎えた仮面ライダーOfficial Mook『仮面ライダー平成』の(0号“含めて”)9冊目のVol.10“仮面ライダーディケイド”=ピンクカラーのバーコードライダー? を語ります。裏には「いよいよバインダーも2個目に入りました」とあるので、折り返しであることは間違いなしです…。パンチ

そうかぁ、バインダー2冊買うと1600×2=3200円+税(256円)がかかっちゃうんだなぁ…元々(場所もとるので)買う気はなかったけど、現状隙間に無理やり収納しちゃってる私としては「これで正解だったなぁ」と改めて思ってみたり…。なお、全号そろったらしまう場所は考えたいと思ってます…。たらーっ(汗)

平成10周年記念作品ということで、続々と過去の平成ライダーを登場させたこのお祭り作品(?)。ただ、それまでの1月放送開始から9月放送開始へとシフトする計画(要するに戦隊が2月開始でバンダイさんの玩具を売るための戦略がメインじゃないかと…)もあって、全31話と短めだったのは残念でした。

それでも各ライダーの世界が2話完結だと、計算上は5ヶ月持たず終わっちゃう計算になるので、その後どうなっちゃうのかと心配してみたら、シンケンジャーの世界、昭和と平成の狭間?のBLACK RXの世界、昭和の異色ライダーのアマゾンの世界とか、ますますお祭りモードで、仕舞には(劇場版にて)オール仮面ライダー揃い踏みとなっちゃうんだから、お祭りモードも更に加速したわけでして…。

そして、スペシャルインタビューは、ヒロイン・光夏海を演じた森カンナ。今ではTVドラマでも結構見かけるようになりましたが、当時は(主役の井上正大と共に)芝居の経験がほとんどなくて(ファッションモデル出身)、大変だったようです。うん、わかるわかる…って、おい!どんっ(衝撃)

いずれにしても、“夏みかん”とか“笑いのツボ”とか、懐かしきコメントで思わずニヤリとしてしまいました。個人的には、ヒロインでありながら、(劇場版のみではあるものの)仮面ライダー=キバーラを演じた感想とか語ってくれると嬉しかったのですが、そこは一切触れられていないのはちょっぴり残念だったなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

合コン練

団内ではすっかり定着した(と勝手に思っている)合コン=(VV、BG、プチによる)合同でのコンポジションT練習が昨日行われました。こちらは言うまでもなくラストステージ曲となりますので、引き続きアンコールも合同で行うことが予想されるわけでして…。

ということで、最後の合同練習までにはさすがに楽譜が用意されるであろうとは思いつつ、BG事務局としては催促メールを流したわけでして…。一応、これでも個人的には待ったつもりだったのですがたらーっ(汗)、「ちょうど書こうとしていた」とのこと。う〜ん、そば屋の出前状態な気もしないでも…。爆弾

いずれにしても、(最後の合同練習ではなく)昨日楽譜が渡り、練習もすることとなりました。もちろん、曲は内緒です(アンコールがかからなかった場合を考慮して?)。がく〜(落胆した顔) 今回も、1時間女声+2時間混声+1時間男声という時間割になっており、混声練習の最初にこの曲の音取り練として30分が費やされました。

指揮者Oさんの編曲だと思われますが、各パートに配慮した作り(それぞれに主旋律あり)になっているのと、Bass内オクターブdiv(終わりのEの音)とかは、思わずニヤリとしてしまった…。まぁ、「書かなくてもどうせやるんでしょ!」という声が今にも聞こえてきそうだけど…。どんっ(衝撃)

そして、コンポ混声=U〜W楽章練習。少しずつ皆が曲に慣れてきたこともあってか、所々にテンポ変更の指示有。正しくは(音取りに集中すべくゆったりテンポで行っていたのをようやく)やりたかったテンポに修正したといった所でしょうか?

なお、男声が四部にdivする箇所のパート分けは実ははっきりと確認していなかった(私は主にT楽章=男声三部のことしか頭になかったので…)。昨日の練習では、Tenor下が一人しかいないことが判明。まぁ、それでもしっかり声は指揮者に届いていたので、問題はないのですが、欠席者にTen下がいるかどうかを考えたり…(本家のVVにいました…というか、それが普痛でBG頼りにされるのは困っちゃうけどね…たらーっ(汗))。

残り1時間弱でT楽章と『Congaudeant catholici』の2曲を練習。福島アンコンで歌って皆安心しちゃったのか、T楽章はかなりバラバラだったなぁ…。あせあせ(飛び散る汗) まぁ、ハヤシコトバなだけにバラバラなのが良い面もあるのですが、掛け合いは合わせたいという指示は私も同感です。

最後に『Congaudeant catholici』。コンドゥクトゥス=行列の歩行に合わせて歌われたということもあり、歩行しながら歌ってみてテンポを合わせてみましたが、楽譜を見ながら歩いてますんで、様になるはずもないわけで…。Oさん「まずは曲をちゃんと覚えて」という結論に至りました。ふらふら
posted by chachu at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

マニュアル通り?

本日は娘の誕生日。家族イベントとして、誕生日には本人が希望する夕食を指定することができる我が家。でも、本日は娘の通う高校の吹奏楽部の演奏会を聴きに行きたいとのことで、実際には昨日済ませてしまいました。とりあえず、「どうせ、4日後に私の誕生日だし、なしでも良いのでは?」と意地悪発言してみたものの、最終的には前祝いをすることにしました。レストラン

娘が希望したのは、嫁の誕生日で“アクシデント”により、たまたま入った店=イタリアンレストラン タルタルーガ。前回言った際に、かなり気に入ったようで、その時から決めていたようです。

なお、浜松市内に4店舗存在するこの店。前回は北へ向かいましたが、今回は南に向かいました(我が家からだと、こっちの方がちょっとだけ近いこともあり)。事前に場所の確認も兼ねてネット検索しましたが、この店舗の特徴としては、キッズが遊べる大型遊具(高さ4.5mのすべり台)が設置されていること。う〜ん、我が家には正直意味のないものだよなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)

もちろん、それだけでは(小さな)子連れの家族のみがターゲットになっちゃうので、静かでまったりできる席も用意されていた。そんなわけで、まったりシートを希望してこの店に臨んだわけですが…。我が家がここに到着した時には、まったり側は満席となっており、やむなくやかまシート側へまわることとなりました…。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、基本は食べ放題なんで、ドリンクバーを付けるor付けないくらいしか選択の余地はないため、ドリンクバーなしを4人分頼んだんですが、それでも、店員「こちらの中からお選び下さい」〜ちょっとの間があり、何を言いたいのかを理解するのに苦しんだが、嫁「大人4人ですけど…」と言ったら、店員も承知してくれた…。どんっ(衝撃)

要するに、大人、小学生、幼児、シルバーの4種の価格帯が用意されていて、「見りゃわかるだろ」とツッコみたくなったものの、娘はガッカリしながら<タイトル>を語ったわけでして…。思わず、私「小学生4人とか言ったら、(まさかそのまま受けることはないとは思うが)笑ってくれたのかなぁ?」なんて思ってみたり…。フリーダイヤル

それにしても、ピザorパスタは食べ終わるまで注文ができないわけで、頼んだ時には「まだ食べられる」と思っていても、待っている間にサラダやらパフェやらをつまみに行っちゃうので、最後のデザートピザは正直余分で、久々にギブアップ状態でした。ふらふら

そんな中、コードレスでない(席から遠い)ために、ボタン押し間違えて別のものまで頼みかけた嫁。キャンセルに苦労(結局店員の所へ直接)してましたが、「もう満腹」状態にて、パスタを持ってこられた日には、「またやっちまったか?」と一瞬青ざめたが、結果的には単に隣の注文と間違えただけだった…。私「頼んでませんけど…」とは言いつつ、家族4人で動揺は隠せず、それまで注文した品を調べちゃいました…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

ため息?

どっちみち明日が合同練習日なので、通常はパスする毎週金曜のVV練習。ただ、気持ちがスッキリしないので、記すことにします…すべては自分のストレス解消のため…(おいおいパンチ)。

前半Hさん練習。私が練習に顔を出したのは19:40ごろ。この日はPoulencクリスマスのための4つのモテット』の練習。演奏会まで1ヶ月となり、“まとめ”に入っているのは決して悪いことではない。まぁ、合唱団の持っている表現力が突然変わるわけでもないので、ある意味“妥協”も必要になってくるわけでして…。通し中心の練習になるのは良いとは思うけど、数を重ねるだけでは、正直歌っていても楽しくない。

Hodie Christus natus est”に至ってはひどかった。歌い始めてすぐに、私「随分ゆっくりなテンポだなぁ」と思ったが、私が言っても反論されるだけなので、あえて黙っていた。そこへ、もう一人の指揮者=Oさんが指摘。

メトロノームを取り出し、自分はそれくらいのテンポで振っていると主張し、仕舞には「楽譜上のテンポよりも速く歌いたい派が増えて嬉しい」とまで言い出す始末。爆弾 誰かが録音していればそれと比較して、本人も納得させられたんだろうが、その後も言い続けたOさんに対し、最後まで自分のテンポが遅かったを認めず、「“途中で”どうしてもテンポが遅れる」という話にすりかえちゃうんだから、もう話にならない…。むかっ(怒り)

そして、細かい指摘なく繰り返すこと3度目になって、さすがにSop方面からも大きなため息がもれる…。私も続けば良かったかなぁどんっ(衝撃)…って、どっちみち空気の読めない指導者には聞こえてない(or 気にしてない)ような気もするけど…。

その一方で、後半Oさん練習=間宮芳生コンポジションT』練習は対照的なものでした。U楽章のAlt&Bassユニゾン部 ♪ヤラ〜ヨ〜イデャ… に関して、Bassの個別練習に突入。割と最近の練習でだったか、皆がブレスしてしまう箇所(ヨーイデャの後)に対して“ノンブレ”指示があったため、そこを意識したあまり、(一人だとカンブレも出来ないので)ついブレス機会を逃してしまった私…。たらーっ(汗)

同様に、息が続かない人も多かったBass陣。ただ、目的はブレスチェックではなかったようでして…。がく〜(落胆した顔) 言葉(ハヤシコトバ)の歌い回しがメインのようでした。ということで、個人練習はAltに続き、合わせて良しと思いきや、引き続きTenor+Sopと出席した団員全員が個人レッスンすることとなった。

まぁ、そこに“褒め言葉”と“ダメ出し”の両方が“全員”にあったのは「さすが」と思ったが、逆に予想通り練習時間は一気に減り、間もなくタイムアップとなったのだった…。時計
posted by chachu at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

ムジカ

まじか.jpgムジカ=Musicaとは、ラテン語、イタリア語、スペイン語等で“音楽=music”を意味する言葉。浜松の合唱団でも、身近に“musica”を名乗る団体はあるが、合唱関係者であれば、ムジカをカムチャと間違えることはないだろう…いや、ふと思い出しちゃったんで、つい…。(関連記事はこちら

この『ムジカ』をタイトルとした漫画が存在し、Alt Kさんがうちの嫁に「是非読んで!」と貸し出される(作者:かかし朝浩)。その際に私にも読んでほしいとのことだったのですが、私「少女漫画だろ」とか素っ気ない返答をしてみたところ、Kさん「違う…と思います」とのこと。

バーズコミックスと書かれており、調べてみると幻冬舎コミックスという出版社より発行されている『月刊コミックバーズ』(6月号=4月30日発売より『月刊バーズ』として新装)にて連載されていたといった情報まではキャッチできたが、肝心な少年漫画かどうかについては結果的にはよくわからなかった(確かに少女漫画ではないと思うけど、少年漫画とも断定できない気が…)。たらーっ(汗)

何しろ、休刊して別会社に渡って復刊を繰り返してきた漫画のようで、私は目にしたことがない。Wikiによれば、一部の大型書店や漫画専門店でしか発売されていないため、“都市伝説雑誌”とも呼ばれているとか?がく〜(落胆した顔)

それはさておき、先日の練習にて嫁が返却しそびれたのを良いことに読んでみました。うん、彼女が私に進めた理由がわかりました。何しろ、主人公がシューマン(ロベルト&クララ)。VVにてシューマン曲を選曲している私(かつ漫画好きな私)としては、(良くも悪くも)興味を持ってこの漫画に接することはできたわけでして…。

ベルリオーズロックンローラーだったり、ワーグナーが“凶悪”っぽかったり…この作曲家のファンはどう思うかはわからないけど(注:私はCDを数枚持ってる程度なので、ファンではない)、漫画キャラとしてのインパクトとしてはGoodじゃないかと思います。ただ、2巻で完結ということで、無理矢理終わらせた感じは否めないかな?ふらふら

2巻完結と知りながらも、“恋バナ”メイン(?)のようでしたので、ロベルトの師匠&クララの父であるフリードリヒ・ヴィークと、二人が結婚に至るまでにどんな戦い(訴訟までしてくっついた)をするのかに注目してましたが、言うまでもなく、若かりし頃の二人で終わっちゃってます。どんっ(衝撃)

もちろん、リストブラームスも登場しないわけで(まぁ、逆に登場させたら風呂敷広げ過ぎでまとまるはずもないんだけど…)、そこはロマン派音楽を愛する私としては「残念(消化不良)」としか言いようがなかったなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

悪玉退治?

健康診断にて、一次審査を通過(いや、通過しちゃ駄目なんだけど…)して、はや2ヶ月以上が経過し、本日は二次審査を受けに(って、強制ですけど)聖隷病院に向かいました。あっ、要は“再検”です。どんっ(衝撃)

朝職場に着くと、(始業前に)1.PCを起動して2.食券をだして、3.煙草を吸いに離れへ向かうのが日課(?)の私。実は、2月の健康診断の際、上司に 私「煙草は吸ってないですよね?」と確認したところ、上司「どこにもそんなことは書いてないけどね(でも、自分は吸ってない)」なんて会話をして、「書いてないなら一本くらい」とお言葉に甘えてしまった私。ちゃんと、別紙に書いてあったじゃないですかぁ!爆弾

そんなわけで、結果が真っ赤だった理由付ができちゃったため(単なる言い訳ですけど…)、暴飲暴食に気を付け、前日にお菓子(夜食)を外すだけで結構余裕こいちゃってた私。結果的に、前回の結果:LDL-C(悪玉コレステロール)が168(基準値:70〜139)mg/dgだったものは、相変わらず160と基準値を大きく超えてしまいました…。てなわけで、悪玉退治ならず(煙草は無関係だった)ということになります。ふらふら

まぁ、それでも8下がったので「良い方向に向かっている」というちょっと甘め(?)とも思える医師の評価により、経過観察ということで自己負担0の範囲(ここを突破してしまうと有給とって、かかった費用も自己負担になるらしい)で何とか終えることができた。

ちなみに、9:30より受付(もちろん10分以上前に到着してましたが)で、同じ会社から2名(フロアは違いますが)が私とほぼ同時に到着したため、ちょうど私の前の診察がこの二人で、彼らが呼ばれると「次は自分だ」とわかりやすく進行していきました。

ただ、最後だけ(二人が経過観察で帰った後)10分以上待たされ、「もしかして…」とか不安な気持ちになってみたり…。たらーっ(汗) まぁ、それでも11時ごろには終了してたんで、一人になって長く感じただけなのかもしれないけど、血液検査は血をとってから結果が出るまで1時間かかるのは以前と変わってない気がする…って、三年でそんなに変わることもないだろうけど…。がく〜(落胆した顔)

それはさておき、血を採った際に「しっかり押さえてください」とは皆に言っているのだが、荷物があったのでそれを手にしようとした際に、再度同じことを言われ、「じゃあ、どうやって荷物をとるんだ」と心の叫び。むかっ(怒り) 以降、しっかり押さえすぎたのか、「そろそろ良いか」と手を外そうとしたら、指先が真っ赤(血で染まる)になってました…今後、止血の後は手洗いをしないよう心掛けたいと…。フリーダイヤル
posted by chachu at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

艶い?

ゲッサン2015-5.jpg今月のゲッサン=5月号を語ります。表紙(+センターカラー)を飾っているのが、石井あゆみ信長協奏曲』。最新刊=12巻が発売されたこともあり、アナザーVer.ブックカバーも付いております。嫁がコレクトしているこの単行本ですが、9巻以降は動きが止まっちゃってます。たらーっ(汗) まぁ、ドラマ化以降は入手が困難というべきでしょうか(お高め価格になっちゃったため、購入ストップしてるという説もあるけど…)?パンチ

なお、表紙こそ信長ですが、センターカラー表紙は松永久秀。数少ないタイムスリップ者の一人で平成ではヤクザだった男。極道らしい散り際を見せてくれます。何故か、でかい態度と生意気な言動が売り?の長可くんが使者となって、松永の前に…となると普通なら喧嘩をおっぱじめちゃうのかと思いきや、意外な展開へと転じるわけでして…。

来月号で創刊6周年となるため、今月より新連載攻勢です。今月は二人のルーキーによる新連載。うち一つが島崎結汰だって小山くんが艶い』。史上最速で連載獲得ということで、新人賞準グランプリを獲得した作品と同じ作品にてデビューを飾っております。

フェチまっっっしぐらコメディということで、“純和風テイスト”と書くべきか、“男らしからぬ”と書くべきか、変わった転校生小山君とその個性がどツボの日田さん。最後に下ネタ爆発しちゃってます…。爆弾 とにかく、インパクトの強い異色作品(だからこその最速デビューなんだろうけど…)で、何気に“艶(つや)い”という言葉が我が家的には浸透し、この作品を表現する時は「つやい」と略?してます。

ついでに準グランプリ受賞した作品も第0話として掲載されていますが、実は半年前にも掲載されてますので、我が家的には不要だったなぁ…。たらーっ(汗)

おっと、もう一つの新連載=田岡りき吾輩の部屋である』の方も語っておかないとね。26ページですが、3話構成です(来月からのページ数に注目かな?どんっ(衝撃))。ワンルームに一人暮らしする大学生と彼の言動をこっそりツッコんでいるカバの置物。哲学系“部屋”コメディー(?)ということで、部屋にある“吸盤”やら“ほこり”やら“難読メール”やら…と正直一般人には「どうでも良い」ことを考察してくれてます…。がく〜(落胆した顔)

最後に、いつものかんばまゆこネタですが、5月12日に『錦田警部はどろぼうがお好き』&『迷宮入り探偵』の単行本が同時発売だそうです。未だ連載陣には入れない(来月号の予告等には名を連ねていない…)ものの、自称・連載=連続読切掲載を重ねてきた苦労が実った感じです。まぁ、本人も半信半疑みたいですけど…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

フライング?

一昨日のVVの練習、いよいよ演奏会前らしくなってきました。後半のHさん練習では、ユーミンステージの楽器との(通し中心での)合わせを行いました。

ちなみに、楽器は曲により異なり、最大で4種の楽器が入ります。中にはTen Oさんが楽器に入る曲もあり、貴重なTenor戦力を失うことが心配されてましたが、休団中だったYさんも(無理矢理?)加わることになり、かつ、Oさんも「この曲なら歌いながらできると思う」とか、弾き語りまで検討しているようです。

ただ、Oさん「歌いながらだと、ノッてきちゃって楽器の音が大きくなっちゃうかも」なんて発言もあったり…。たらーっ(汗) それだけだったらまだ良いかもしれない…。この日も気持ちが高まったからなのか、歌詞の間違いやら自分で勝手に編曲してみたり等、当日への不安を感じさせる場面がいくつかあったりして、弾き語りは禁止にした方が無難にステージは収まるような気もしてみたり…。がく〜(落胆した顔)

元々はア・カペラ編曲シリーズのはずでしたので、『ダンデライオン』以外は最初は全てア・カペラ用に編曲されたものだったのですが、『西へ』ステージのSchumannのホルン&フルートに影響されたために、「だったらこのステージも…」となったわけでして、合唱メンバーには楽器のイメージだけは話としてはあったものの、楽譜自体は手渡されていなかった。

卒業写真』に関しては、途中で楽器の間奏が入る箇所の追加楽譜はあったものの、ここも合唱の動きのみ(楽器楽譜なし)。Bass先行でBassはひたすら“リズム隊”ですんで、パーカッションが入るんだったら、正直リズム隊は不要。それこそ編曲しなおして、もう少し歌える箇所を増やしてくれたら嬉しいのに、そういう配慮は期待してはいけないわけで…。たらーっ(汗)

そして、パーカッション先行でBassがそれに続くように書き換えられたこの曲にて、Bassが入る直前に間(休符)があるため、ついそこで入ってしまった私。パンチ その後に他パートが続くため他パートもそれにつられてうまく入れなかったため、(指揮者よりも)団員よりアンコール(やり直し)が求められました。

そうしたら、2回目も同じミスがBassにあり…。あっ、さすがに私も同じミスを2回はしませんので、犯人は私ではないです。この際、指揮者はキョトンとして、「何故入れないのか」を不思議がっている様子。私だけならまだしも、2/3の人が入れなかったら、(もちろん責任はBassにあるものの)「自分の指揮がわかりにくいのでは?」とか、多少は感じてくれると嬉しいんだけどなぁ…。ふらふら

まぁ、練習後に修正楽譜もPDFで配布されましたので、今後はなくなるとは思いますけどね。とりあえず、これの前ステージがBig Goldステージで完全燃焼しちゃってると思うので、ここでBassが鳴ってなくても決してわざとではないですので…って、言い訳先行かい!どんっ(衝撃)
posted by chachu at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

C シャンティ?

一昨日は月に一度の男声合唱団Big Goldの練習日でした。VV演奏会まで一ヶ月半を切りましたので、今月、来月は演奏会用の曲=5曲の練習になります。

で、突然にもBariの要Hさんより、休団の連絡有…。家庭の事情で本人にとっても苦渋の決断ということになるかと思うので、去る者を追うような行為は(したいけど)できないわけでして…。たらーっ(汗) まぁ、Hさんがいなくても現在は2名のBariがいますので、この日の練習を見る限りは、決してバランスも悪くはなかったようで、このままいく感じかな?

なお、Hさんが選択した曲『Spanish Ladies』は人気投票にて同率2位票を獲得してますので、今更やらないという選択肢はもちろんないわけでして…。Hさんもしっかり根回ししてくれたようで、Sec Iさんが(自分の曲も含めて)担当してくれることとなりました。るんるん

この曲のおいしいBari Solo部は「練習ごとにソリストを変更して歌って欲しい」という選曲者の意向でしたが、この日はさすがに一通りソリストを決める必要があったわけでして…。てっきり、本人が顔を出してくれると思っていたので、そこでソリスト指名してもらおうと思ってましたが、(後で確認してみたら)「練習行けそうもない」という訂正メールも入ってたんですね…。ふらふら

そんなわけで、保留にしておきましたが、いざ練習に入ったら、(誰から言われることも無く)お約束のように私がSoloやらせていただきました。もちろん、おいしいSoloなので歌いたかったことは間違いないのですが、個人的にはHさんSoloでやりたかったです(練習中も結局やってないもんなぁ…)。

で、“シーシャンティー”を英語でつづると、私「SでもCでもどちらも可能」とか言ったら、普通“Sea Shanty” or “Sea Chanty”だと想像してくれると思ったら、隣のT君、<タイトル>を想像しちゃったらしい爆弾…さすがにこの略はないよなぁ…まぁ、今後ネタで使うことはあるかもしれないか?

いずれにしても、5曲中不安とされていた英語2曲=『Sound Celebration』&『Spanish Ladies』も少しずつ歌い慣れてきました。あと2回の練習がありますので、少なくとも自己満足のレベルにはなってきているかと思います。心配はBGステージが2番手(/全体6ステ)なので、(ここで燃え尽きて)後のステージに体力が持たない事だったりして…。あせあせ(飛び散る汗)

<次回練習>
日時:2015年5月7日(木)19:00〜21:30
場所:曳馬協同センター301会議室
追加曲:なし(演奏会に向けた練習)
問合せ:コメント欄にお願いします(見学者も歓迎です!)
posted by chachu at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする