2015年06月30日

ADSL終了?

その通知は突然のようにやってきた…。KDDIより「6月30日にてADSLのサービスが終了する」というお知らせ。それをビジネスチャンスと考えるNT〇の関連会社は、以前より続々と勧誘電話をしてくるので、「顧客リスト(個人情報)の出先を教えていただければ、こちらもあなたの質問にお答えします」でかわすことも何度か…って、私はほとんど電話とることないけど…。たらーっ(汗)

で、まだかなり先だと思っていたんだけど、気が付けば嫁より「どうしよう」と相談されて、「えっ、もうなの?」と思わず返す…。てっきり、切り替え時期までに、それに代わる移行キャンペーンが続々登場すると思っていたので、「ギリギリまで待った方がお得!」が私の考えでしたので…。がく〜(落胆した顔)

ちなみに我が家でNT〇の光に変更して困る(メールアドレスが変わっちゃう…)のは私だけ。あとは、全てauに統一している分の割引料金がなくなってしまうのは痛いのかもしれませんが、アドレス変更の必要はありません。

それにしても、(以前から情報こそ得られていたものの)「いくらなんでもこんなギリギリに連絡よこすのはひど過ぎだろう!」と思ってはいましたが、実はギリギリではなかったのです…。いろいろ調べていた嫁が「今年って2015年?」とか質問したかと思いきや、突然謝りはじめました。フリーダイヤル

そう、ADSLサービスが終了するのは“2016”年6月30日。終了までまだ1年あるではないですかぁ!爆弾 これで安心して以降調べるのをやめてしまいました。どんっ(衝撃) まぁ、ここで得た知識はきっと来年の今頃には役に立っていることでしょう。

周囲に同じような環境の人がいてくれれば、「一年後でしょ」とツッコまれて笑い話で終わったであろう状況ですが、職場の自分のグループの人達と(車同行にて)そんな話をしたら、「まだADSLなんてあったの?」ぐらいなことを言われたもんで、余計に焦らせる結果となったのだった。もうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに、auで引き続きネットの契約を結ぶには、うちのマンションだと(現在のものとは異なる)Wi-Fiルーターを使用する形になるようです。ガラケー家族な我が家的には、Wi-Fiが役に立つのは、(私が)タブレット使っている時 or ゲーム機で更新が求められた時くらいというのが現状…。まぁ、無駄に接続する機器増やしても仕方ないんで、仕切り直して一年間じっくりと考えたいと…って、きっと(お得なキャンペーンでも発掘しない限り)直前まで考えないんだろうなぁ…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by chachu at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

ドラマイブーム2015.4〜6月編<4>

医師たちの恋愛事情』(毎週木曜22:00 - 22:54 フジ系)…江洋医科大学附属病院内で勃発する医者同士の恋愛を描いたドラマ…まぁ、タイトルから“医療”ドラマだと思って観る人はいないだろうけど、あくまでも恋愛ドラマですね。

主人公の春樹(演:斎藤工)が天才外科でない(=腕を磨くために大学病院に来た)点が良かったです(まぁ、それでも手術は常に成功していたけど…)。恋愛よりも仕事だった千鶴(演:石田ゆり子)とは無難にくっついちゃいましたね…。

果たして、今後仕事との両立はうまくいくんでしょうか? まぁ、カップル3組の中では仁志&友子の両不倫組の行方が一番気になってたりして…(こっちはまさに修羅場だらけだったし…)。演じた伊原剛志のピンチを見る度に「死にたい(by トクボウ)」が私の頭の中を巡ってたりして…。爆弾 (個人的評価:4)

恋愛時代』(毎週木曜23:59 - 24:54 日テレ系)…たったの1年半で離婚をしておきながら、(それから2年半の月日が流れ)誰よりもお互いを知っている二人=理一郎&はるがそれぞれ婚活?に励む物語。まぁ、予想通り“元鞘”ってヤツでしたね…。二人を応援する各友人たち(理一郎の幼馴染・護とはるの先輩・小百合)は人が良過ぎです。

喧嘩するほど仲が良いとは言うものの、結局流産の時にダンナ・理一郎が寄り添わず、(仕事に行くふりして)実は死んだ赤ん坊を…というのを妻・はるに秘密にしていたことが原因。ここは親友であり産婦人科医でこの事実を知っていた幼馴染・護が、(離婚になる前に)こっそり伝えていればこんなことにはならなかったかと…。年中一緒に飲んでいる彼を見て「産婦人科医って暇なのか?」と勘違いしそうになったのは私だけでしょうか?どんっ(衝撃)(個人的評価:4)

ドS刑事』(毎週土曜21:00 - 21:54 日テレ系)…思わず言いたくなる「バッカじゃないの!」。多部未華子演ずるドSな刑事・黒井マヤが、相棒のイジリ所満載(マヤのおもちゃ?)の代官山巡査改め代官“様”(演:大倉忠義)が、公園の遊具をグルグル回しながら事件を解決へと導く…そんな物語です(って、どんな物語だぁ!爆弾)。

てっきり、この二人結ばれるんじゃないかなんて思っちゃいましたが、(仮に黒井さんにその気があっても)天然ボケな代官様が気付くはずもないわけでして…。たらーっ(汗) 最終回まで強力接着剤Sが登場するとは思ってなかったです。お笑い要素が強かった感もありますが、色々な意味で楽しませてもらいました(個人的評価:5)

7月まで続いちゃうドラマももう2作品(しかも1つは今日を含めてまだ3話も残ってます…たらーっ(汗))ありますので、そろそろ新ドラマも始まろうとしているものの、まだ<5>に続いちゃいます…。あっ、3作品ずつ区切ってますので、(先週終わった)『ワイルド・ヒーローズ』はもう2週間ほど引っ張っちゃいます…。ふらふら
posted by chachu at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(特撮以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

愛唱曲?

愛唱曲”とは…(本来は)合唱団で愛唱されている歌であり、いつでも気軽に団員皆で口ずさめるような曲の事を言うのではないかと思います。そう、“本来”は…。

演奏会&県民合唱祭が終了して、当面ステージもない合唱団VV。そして、現在充電期間中=模索中と思われるVVの両指揮者。こんな時にはすぐに音取りを済ませて、気持ち良くハモれるような曲=愛唱曲を歌おうという考えに対しては、特に異論はない。ただ、練習に“計画性”が感じられないため、モチベーションを維持していくのが正直困難だったりする(昨日は風邪ひいたことや、欠席者が多かったことも重なって余計にですけど…たらーっ(汗))。

前半Hさん練習。先週よりビクトリア『O Magnum Mysterium』を練習。ちなみに、この曲はVVがコンクールに出演した2年前(って、私は出なかったけど…)のG1になっていた曲。VVはG2=Copland『Have Mercy On Us, O My Lord』を選曲したものの、「せっかく楽譜にあるんだから」とこの曲も結構練習したことを覚えている。ただ、Hさん自身は練習したことすら忘れていたみたいですけど…。がく〜(落胆した顔)

團伊玖磨『二つの碑銘』より1.遠き日の&2.七里ヶ浜に関しては、練習はじめてかれこれ1ヶ月が経ちますが、特にこれという味付けはなし。楽譜に細かい指示が書かれているので、「楽譜通りに歌ってくれれば良い」とはいうものの、それが結構難しかったりするんですが、出来ていないところに対しても(って、出来ている所の方が少ない気もするがどんっ(衝撃))、これといったお咎め(指摘&指示)なし…。

この日のことではないが、松葉(< & >)が多用されているのは波を表しているとするならば、七里ヶ浜の波が荒波なのかそうでないのか…なんてことも気になる人もいたようでして…。ただ、そんな質問は全く想定していなかったようで、そもそも七里ヶ浜はどこにあるのか、Hさん「千葉でしたっけ?」とか言っている程度の愛唱ぶりですからねぇ…。むかっ(怒り) 曲を出す以上はそれなりの責任(最低限の予習)は果たすべきだと思います。

そして、後半Oさん練習。先週は新曲Palestrina『Missa Papae Marcelli』より“Kyrie”を練習して、Bassが完全に2パートに分かれていて人もいなくてロクに歌えなかった。そのため、今週は万全でのぞんでみたものの、この日練習することはなかった。爆弾

その代わりとなったのが、信長貴富編曲『ノスタルジア』より…。指揮者は愛唱曲と言っているが、ネタがなくなった時の“隙間”としてこの曲集で埋めているように思えてしまうのは私だけでしょうか?この日は『浜辺の歌』を(珍しく丁寧に)音取りしたら時間もなくなってきて、最後は『村の鍛冶屋』で見事に砕け散って終わったという、何とも腑に落ちない練習となったのだった…。ふらふら
posted by chachu at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

目覚めろ、その魂

アギト.jpgさぁ、(私のBlogでは)今回を含めてあと3人となった 講談社の仮面ライダーOfficial Mook『仮面ライダー平成』です。本日はVol.2 “仮面ライダーアギト”を語ります。人間は誰でもアギト(仮面ライダー)になる可能性を秘めていることを教えてくれた作品です…私もきっといつか…爆弾

何しろ、3人の仮面ライダーが登場するというだけで、当時は話題でしたね。この当時までは、@スタンダード系、Aメカニック系、Bバイオ系の大きくは3系列に分類されることもあった仮面ライダーシリーズ。アギトG3ギルスという3人のライダーがこの役割を担っていたかと思います。

まぁ、RXのように一人で3系列を兼ねたライダーもいましたけどね…。それはさておき、後半に4人目(バッタ系の)アナザーアギト(こちらは悪役だったこともあり、称号は得られてない)が登場し、私を含む多くのオールドファンを喜ばせてくれました。

ちなみに3人の中で個人的に最も好きだったのはギルス。噛付きがあったり、攻撃する際に奇声を発したりと、ワイルドさ全開でした。そして、苦難を背負っている(変身する度に蝕まれていく体)あたりも、オールドファンとしては嬉しかったりして…。

今では悪役だろうが弱かろうが(?)何でもありになってきた仮面ライダーですが、変身能力を持たないG3(特殊強化装甲服を装着する=警察により開発されたシステム)に当時のファンからは「仮面ライダーの称号を与えるなんて」という不満の声も上がっていたかと思います。

後にG3-Xへと強化されるわけですが、それでも決して強いとは思えなかったしね…。ある意味、“タックル”に近い立ち位置だったんじゃないかと…あっ、せめて“ライダーマン”と言うべきでしたか?どんっ(衝撃)

スペシャルインタビューは何と3人。G3=氷川誠を演じた要潤×そのシステムを開発した天才科学者・小沢澄子を演じた藤田瞳子×エリートのはずがG3として選ばれず根に持つ男・北條透を演じた山崎潤の警視庁の主たるメンバーが顔を合わせております。

ただ、3人の中での落としどころは(そこにはいない)柴田明良=尾室巡査。ふらふら 役どころも頼りなさ満載でしたけど、そうですかぁ、撮影時も緊張感なかったんですねぇ…。爆弾 小沢VS山崎のイヤミ合戦は私生活には及んでいないことがわかり、ちょっぴり残念でした(おいおいパンチ)。
posted by chachu at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

YouTubeアップ

ヴォア・ヴェール第六回演奏会が終了して、はや1ヶ月が経過しようとしております。CD制作は指揮者の方で進めてくれており、毎週少しずつ配布されております。まず、6月12日の練習にて第一弾(10枚限定)が出来上がってきたので、誰よりも早くもらっちゃいました。

すぐにwav(YouTube用音源)とmp3(CD渡るまでに耳にしたいメンバー向け)に変換は済ませましたが、映像を作成するのに(って表紙だけなんで、正しくはタイトル“画像”ですけど)手を染めたのが一昨日になってしまいました…まぁ、それでも他の人に任せるよりは早いアップなんじゃないかと…。あせあせ(飛び散る汗)

ということで、男声合唱団Big Goldの単独ステージ(2ステ)のみをYouTubeにアップしました。合同ステージ『コンポジションT』にもBGメンバーは出演しておりますが、こちらはそのうちvoixvertチャンネルの方に(動画付で?)アップされるんじゃないかと思いますので、私の方は遠慮(?)しておきます。

1.『Missa Mater Patris』より “Gloria” 作曲:Josquin des Pres


2.『Sea Shanty』より “Spanish Ladies” 編曲:A.Parker and R.Shaw


3.『いつからか野に立つて』より “虹” 作曲:木下牧子


4.『Barbershop Harmony』より“Sound Cerebration” 作曲:Tom Gentry


5. 宮城県民謡“斎太郎節”


感想等は既にこちらで書いてますんで、本日はこんなところで(手抜きか?パンチ)。
posted by chachu at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

ドラマイブーム2015.4〜6月編<3>

ようこそ、わが家へ』(毎週月曜21:00 - 21:54 フジ系)…「月9なのに、何でこんなに暗い話なんだ」と言いたくなったのは私だけではないだろう…。何しろ、主人公・健太が電車の割り込みを勇気を出して注意したら、家付近まで追い回され、以降、様々な嫌がらせが倉田家に降りかかってきたわけでして…。

父親は会社で営業部長に散々言いくるめられ、母親は陶芸教室の先生と不倫騒動(いや、片想い&盗聴)、妹はストーカーに…と犯人候補(怪しい人)が続々と登場していく中、「あんたも模倣犯かい」な展開。そして、最終回前には協力的だった明日香までもが真犯人と思わせるような締め方(&予告)を出す…この地点で、逆に私は「明日香は間違いなく白」だと思ってました。がく〜(落胆した顔)

最終回(だけは)すべてがハッピーになる(それまでは母親・珪子の天然ボケだけが救い所)のかと思いきや、最後の最後でドンデン返し(またしても花壇荒らされちゃって)。いやぁ、不幸のどん底まで落としたんだから、最後くらい浮かばれたまま終わっても良かったんじゃないかと…。たらーっ(汗)(個人的評価:3)

Dr.倫太郎』(毎週水曜22:00 - 23:00 日テレ系)…“心の病”の経験者としては、決して暗い話でなかったことが一番の注目点かもしれません。(死にたい患者とかいなかったし)比較的見やすかったです。堺雅人演ずる精神科医・日野倫太郎が「恋愛とは一過性の精神疾患のような状態」と表しながらも、一人の女性=芸者・夢及(演:蒼井優)を恋してしまう…まぁ、最後は告白して(相思相愛ながらも)フラれちゃうんだけどね…。ふらふら

倫太郎の幼馴染で、身の回りの世話までしてあげている水島がちょっと気の毒にも思えましたが、まぁ、結果的には落ち着く所に落ち着いた感じでした。倫太郎のファンで研修医の川上葉子を演じた(元シンケンピンク)高梨臨もそこそこ頑張ってましたが、夢及の母親・相澤るり子を演じた(仮面ライダーRxの名悪役・マリバロンの)高畑淳子の“悪っぷり”が凄かったです。(個人的評価:4)

アイムホーム』(毎週木曜21:00 - 21:54 テレ朝系)…最終回が15分延長で22時からのドラマと重なったため、こちらをリアルタイムで見るつもりだったが、Big Gold練習日だったため、すっかりそのことを忘れていて、肝心なラスト15分を見逃してしまったもうやだ〜(悲しい顔)…まぁ、金出せばオンデマンド視聴できるんだけど、まぁ、そこまでは…。ハッピーエンドになりそうなことは予想できたので良しとしておきます…。

記憶喪失になって、過去の悪かった自分すら忘れてしまうなんて、「根本にある性格は一生治らない」と思っている私的にはあり得ない設定でした…。爆弾 そんな主人公・家路久を演じたキムタクの一人二役(過去の自分・悪vs現在の自分・正義)は期待に反して(失礼パンチ)雰囲気出てました。「これが本当の“仮面夫婦”」ということで、仮面がとれるシーンが見れなかったのは心残りです。

ゲスト出演でしたけど、久の弟役だった(元タイムレッドの)永井大も兄のことが超嫌いな様が伝わってきてました。喧嘩では絶対負けなそうですが、きっと常に理詰めで負かされてたんでしょうね…って、ドラマなんだから…。どんっ(衝撃)(個人的評価:4)
posted by chachu at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(特撮以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

“4”

一昨日は月に一度の男声合唱団Big Goldの練習日。この日の新曲は三善晃作曲『クレーの絵本 第2集』より“死と炎”。選曲者は私。実は、昨年私が“三善晃を唄う会 in 淡路島”に参加することを決め、歌う曲の中に(この曲集の)“黄金の魚”が入っていて、楽譜を購入しようとしたら、オンデマンド(5部以上〜)だったため、BGメンバーで希望者募ったら、(自分を含めて)8人の方より希望をいただき、お陰様で社割で購入できました。

そんなわけで、「5年以内には必ずやります」宣言をしてしまったわけでして…。たらーっ(汗) まぁ、5年もあるので今回は先送りにする予定だったのですが、今回出そうと思っていた曲(松下耕“うつくしいもの”)を、自分の前の担当者が横取り(?)したのでがく〜(落胆した顔)、「だったら…」と予定を早めて、約束を果たすこととなりました。

ただ、基本的に三善晃の曲は音が難しい…。(いつものことですが)パート別MIDIを作成し、「(普段初見でも何とかなっている人も含めて)予習してきてね」とプレッシャーをかけ、この日の練習に至りました。楽譜上には二部音符が約96のテンポとなっておりますが、もちろん、そんなテンポでは正直練習にならないため、この日は ♩=96 にて練習してみました。

個人的感想としては、嬉しい意味での“予想外”でした。このテンポなら(もちろんあやしいところは所々存在するものの)見事通りました。るんるん 四声揃うところとかでいかにもな三善ハーモニーもバッチリ聞こえてきて、第一回目の練習としてはかなり満足です。来月以降は+10くらいずつ上げていって&強弱を中心とした楽譜指示も少しずつこなしていければと思ってます。

4周年を迎えたBG、そして担当者制度も4巡目、更に曲も40曲目。それにちなんで“”を題材にした曲を選んだ…はずはなく、偶然だったんだけどね…。爆弾 そんなBGですが、演奏会が終了し、一人また休団者がSecに出てしまい、寂しい思いをしていましたが、嬉しいことも!この日、大学生が一人見学に来てくれました(Bari)。

その場でということにはなりませんでしたが、入団も決まりました。わーい(嬉しい顔) そりゃ、団長と同じ苗字(Big Gold君)なんだから、もう入るしかないよね!がく〜(落胆した顔) うん、貴重なBari戦力になりそうです。

<次回練習>
日時:2015年7月16日(木)19:00〜21:30
場所:曳馬協働センター301会議室
追加曲:池辺晋一郎『花嫁人形』
問合せ:コメント欄にお願いします(見学者も歓迎です!)
posted by chachu at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

mini−で新連載?

ゲッサン2015-7.jpg今月のゲッサン=7月号を語ります。表紙&巻頭カラーを飾っているのは、言うまでもなく、あだち充MIX』。最新刊=7巻発売記念ということになるかと思いますが、この表紙を見て上杉達也と言われても、「違う〜」と否定することはできなかったりして…(もしかして狙ってやってるのかな?)。どんっ(衝撃) 付録=アナザーVer.ブックカバーもついてます。やっぱり、あだち充あってのゲッサンだよなぁ…。

『MIX』が甲子園に向けて熱く(&暑く)なっていきそうなのに対して、ゲッサン(全体)がいつにも増してブ“”い。まぁ、新連載も続いて、終わる作品がない状態が続いているんだから当然なんだけど…。坂ノ 睦『あやしや』が休載してますが、それでも900ページ弱(886ページ)もあるんだから、読む方もしんどいです。まぁ、薄いよりよっぽどありがたいんだけどね…(何よりも金額550円のままだし…)。

新連載では、原作:ゆきもり 作画:ロドリゲス井之上ガンプラ戦記 ジャブローズ・スカイ』がセンターカラーにてスタート。イケメン俳優が女性から声をかけられても自宅には決していれない…その理由が家ではヤスりまくっている(要はガンプラオタクで、部屋はガンダムだらけな状態)。更にはオレ設定(プラモ作りながら妄想している…こっちの画の方にかなり力が入っちゃってます…)が進行していくのもこの物語の特徴と思われます。

短期集中連載ではあるものの、笹及さい味噌汁でカンパイ!』もスタート。父親と二人暮らしの中学生・善と彼の幼馴染の八重のちょっと変わったコイバナとでも言うべきでしょうか?ただ、八重の目指すべくは善の“お母さん”…ということで、美味しい味噌汁(朝食)を作るべく、仲良く奮闘中です。

更に、もう一つの新連載が繭住翔太聖船のラー』。ただ、(今回こそ本誌にも掲載されていますが)<タイトル>の通り、あくまでもゲッサンminiマイナス(ルーキーを中心にした方向性の異なる読切作品集=別冊付録)にて新連載。現在+と−がほぼ隔月(先月は違ったけど)で別冊付録になってますので、“ほぼ隔月”連載という解釈で多分合っていると思います。がく〜(落胆した顔)

まぁ、実際には4月号のmini−にも掲載されてますので、正しくは“新”連載ではない気もしますが、なかなか笑える4コマギャグ漫画で、我が家的にも評判良です。横山裕二ツール・ド・本屋さん』(本誌の最後=ゲッサン読者ページ)と口裏を合わせたかのように、デブオチ(?)で締め括っているところもniceでしょうか?フリーダイヤル
posted by chachu at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

さぁ、ショータイムだ!

wizard.jpgコンプリート(創刊Vol.0は除いてですけど…)してはいるものの、私のBlogでは4冊分残している、講談社の仮面ライダーOfficial Mook『仮面ライダー平成』。最初はマイペースで綴っていこうと思ったものの、発売が完了しちゃうと、なんか残務処理するようでさっさと終わりたい気分にもなっちゃうなぁ…。パンチ

気を取り直して(?)、本日はVol.14 “仮面ライダーウィザード”を語っていきたいと思います。指輪の魔法使いな仮面ライダーです。魔法使いといえば、すぐに思いついたのは、魔法戦隊マジレンジャー。そして、各スタイルにはフレイム(通常)=赤、ウォーター=青、ハリケーン=緑、ランド=黄で「これでピンクが登場したら、一人でスーパー戦隊じゃないか」とか思ったけど、さすがにピンクは登場しませんでした。どんっ(衝撃)

謎の多かった白い魔法使いですが、この本にはしっかり(いやカッコ書きなので、“しっかり”というほどではないけど…)仮面ライダーワイズマンと記されております。ワイズマンとはファントム=敵のボスになりますので、要は一人で正義と悪の両方に加担していたわけでして…。

この目的が実の娘であるコヨミを復活させるためだったと知った時には、「親バカも大概にしておけ!」とか言いたくなって、個人的には正直興ざめしてしまった(とはいえ、最後まで欠かさず視聴してるんだけどね)。たらーっ(汗)

スペシャルインタビューは、敵幹部・メデューサ(=ミサ)と仮面ライダーメイジ(=飯森真由)の一人二役を演じた中山絵梨奈。複数の仮面ライダーに出演した人がここに登場することが多かったので、個人的予想は川口真五(かつては(響鬼で)仮面ライダー轟鬼、そして、今作でも仮面ライダーメイジ(は3色=3人いる量産型ライダー)を演じた)だったのですが、見事にはずれましたね。

ちなみに、残り一人のメイジは中学生が変身しちゃってますので、「さすが量産型(何でもあり)」ってな感じであり、更には、どう見てもスカート姿でしたんで、個人的には違和感がありありだった…。(誰も言ってないと思うけど)“オカマライダー”として私の中にはインプットされてしまった(真由メイジが最初に登場して女性ライダーが植えつけられてたこともあるかもしれないけど…)。爆弾

あっ、インタビューではもちろん一人二役についても語っております。演じやすかったのは真由(何しろ人間で、高校生ですからねがく〜(落胆した顔))だったそうですが、個人的にはメデューサやってる方が好きだったかなぁ…。
posted by chachu at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーローのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

Now again?

昨日はアクトシティ浜松に於いて第60回県民合唱祭が行われました。私が出演したのは2団体。とはいえ、13:00〜15:00にプチ・ヴェールの当日練習がありました。まぁ、当日だったら出演者が皆集まるので効率は良いんだろうけどね…。たらーっ(汗)

この日のプチメンバーは14名。おっ、こないだの演奏会の時よりも人多いじゃん!とはいえ、Tenorは一人だけ。ふらふら 演奏会の時には親戚の不幸で欠席だった大学生(って、Tenorは2名とも“一応”大学生なんだけど…)が、この日も特に連絡らしいものがないままに欠席。むかっ(怒り)  まぁ、個人的には最初から当てにはしていなかったけど、それでもTenorコンバートの準備も特にすることなく、放置状態だった。

まぁ、それでも講評には(女声をもう少し充実させると…とは書かれたけど)「Tenor弱い」と書かれることもなかったので、Tenor一人でもバランスは取れていたということにしておこう。がく〜(落胆した顔) まぁ、1曲は五声だったのでこちらはソロ状態は避けられたんだけどね。

プチ・ヴェール @Dowland作曲『Come again』 AMorley作曲『Now is the month of Maying』

メンバーの誰もが1曲目がMayingであると思っていたのだが、どこでどう手違いがあったのか、プログラムを見ると曲順が見事に逆転していた。それに気付いたのが、練習終わってお茶していた時。一応、メーリスにて緊急連絡こそ入ったものの、もちろん、PCメールの人達は周囲に気の利いた人でもいない限り、知らないわけでして…。たらーっ(汗)

そんなわけで、リハ前に私「曲順変わったって聞いてる?」とか、確認してみると、「どうせまた(騙そうとしている)」と半信半疑…というより“ほぼ疑”な状態だった…。え〜い、狼が来たぞぉ〜っ!爆弾 とりあえず、「♪Now again〜(始まりは同じ音)とか歌っちゃったらどうしよう」という冗談は実現に移されることなく、無難に歌ってきました。フリーダイヤル

ヴォア・ヴェール @Palestrina作曲『Sicut cervus desiderat』 AKostiainen『Veret tuli mun silimihini』

トリ”を飾ることとなったVV。トリにふさわしい演奏ができたかどうかは疑問ですが、講評を見る限りは3人の審査員皆ベタ褒め状態。50団体目ということで、講師も疲れ切って耳もどうにかなっちゃってた説もあります…(比較的短めな講評が並んでいたし…)。どんっ(衝撃)  まぁ、こちらも事故なく演奏できたので、とりあえず良しとしておきましょう。シャープダイヤル
posted by chachu at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする